木村拓哉とマツコは高校の同級生だった!?仲は良いの?モデルデビューした次女は?

木村拓哉さんとマツコさんが同じ高校出身で同級生だったという事実は、もう10年近く前から噂されていました。以前はツーショット共演がNGとまで言われていた二人ですが、2012年ごろから共演することが増えてきました。ふたりは一体、どんな高校生だったのでしょうか?

木村拓哉の出身中学・高校は?

木村拓哉さんは、1988年に千葉市立磯辺第一中学校を卒業し、千葉県立犢橋(こてはし)高等学校に入学しました。中学3年生の冬からジャニーズ事務所に所属していた木村拓哉さん。芸能活動が忙しくなったこともあり、高校2年次は都立代々木高校(現在は廃校)に編入しています。

木村拓哉とマツコが同じ高校だったって本当?!

実は、マツコ・デラックスさんが通っていた高校も千葉県立犢橋高等学校。しかも生まれも同じ1972年です。マツコさんはもともと出身校を公にしていたため、一部の木村拓哉さんのファンは気が付いて、噂になっていたようです。木村拓哉さんは2年生のときに転校してしまったので、1年間だけ同じ高校に通っていたということになりますね。

ところで、2012年にツーショット共演が解禁されたばかりのころ、こんな噂が流れました。「木村拓哉さんとマツコさんは演劇部の幽霊部員同士で、学校をサボっては菓子パンを食う仲だった」これは事実なのでしょうか?事実だとしたら、けっこう仲良しだったんじゃないかって思いますよね。

木村拓哉とマツコは高校で同じ部活に所属していた!?

ほとんど接点のなかった二人

2015年11月16日の『SMAP×SMAP』「シャッフルビストロ」第3弾で、木村拓哉さんは、マツコさんと再会したの会話についてこう語っています。「俺、どいつがお前になったか分かんねえ」

どうやら木村拓哉さんは、高校時代の同級生と現在のマツコ・デラックスさんが一致しないようです。それに対して、マツコさんも「そこはそのままでいいわ」と答えたのだとか。マツコさんらしい返答ですね。

同級生なのは本当

スマスマで木村拓哉さん本人の口からこのことを明かされるまでは、「木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんが同級生」という話はほとんど都市伝説のような扱いでした。そのため、この番組放送後は、ネットニュースで取り上げられたりと、世間で騒がれました。

部活が一緒だったという噂はデマでした

2015年11月27日放送のラジオ『木村拓哉の What’s UP SMAP!』では、スマスマを観たリスナーから「キャプテン(木村さんのこと)もマツコさんも演劇部の幽霊部員だったって本当ですか?」という質問が寄せられたました。

これに対し、木村さん本人は「犢橋高校では演劇部ではなくバスケ部に所属していた」ことを明かしています。どうやら、マツコさんの言うように、二人の高校時代に「語るべきエピソードがない」と言うのは本当のようですね。

木村拓哉はどんな高校生だった?

木村拓哉さんのジャニーズ事務所入所は1987年の11月15日。中学3年生の2学期です。ちょうど中間テストがあるころでしょうか。犢橋高校に通っていた時期はすでに芸能活動をしはじめていたことがわかりますね。木村拓哉さんはかなり目立つ生徒だったことでしょう。

2018年2月22日発売の『週刊新潮』で、母親の木村方子さんは、木村拓哉さんがこの時期にひどいイジメにあっていたことを明かしています。嫉妬ややっかみから地元の不良に目をつけられ、暴行を受けていた過去があるのだそうです。

多忙な高校時代

それをおくびにも出さず、これだけのトップアイドルになった木村拓哉さん。そんな背景を知ってしまったら、ただ単にカッコいいスーパースターというだけじゃなく、「木村拓哉」という人物像にますます深みが増しますね。

高校生当時、イヤでも目立つ存在だったであろう木村拓哉さん。1月18日放送の『月曜まで夜更かし』の中で、マツコさんも高校生当時の木村拓哉さんについて「可愛かったのよ〜」と振り返っています。

木村拓哉とマツコのプロフィール

1972年の11月13日生まれ。元SMAPのメンバーで、俳優や歌手、声優として、マルチに活躍されています。妻は歌手の工藤静香さん。二児の父でもあり、娘が2人います。長女は心美さん。次女は光希さん。光希さんは最近、Kōkiという名前でモデルとしてデビューしました。木村拓哉さんのきれいなお顔立ちにそっくりです。

1972年の10月26日生まれ。コラムニスト・エッセイストであり、女装タレント。2005年にTOKYO MXの『5時に夢中!』でコメンテーターとしてレギュラー出演したことがきっかけで、テレビの出演が増え始めました。今では、番組の司会者を務めるなど、マルチに活躍されています。

木村拓哉とマツコ、高校のころから仲が良いの?

木村拓哉さんの高校時代

高校でかなり目立つ存在だったであろう木村拓哉さん。木村拓哉さんはそのころ高校生活と芸能活動を両立しながら、嫉妬によるイジメにも立ち向かっていました。15〜16歳の少年にはかなりハードな環境だったと考えられます。

木村拓哉さんの方はマツコさんを覚えていなかった!

マツコさんが高校生時代の木村拓哉さんを「木村拓哉」と認識し覚えている一方で、心身ともに多忙な高校生だった木村拓哉さんが、たった1年しか在籍していなかった高校の接点のない同級生を覚えていなかったとしても、無理もないことでしょう。そもそも当時はまだマツコさんは「マツコ・デラックス」ではなかったのですから。

でも今は仲良し!?

2017年11月に体調不良により入院したマツコさん。2018年1月11日放送の『夜の巷を徘徊する』で、入院中に木村拓哉さんから「水を買え」という個性的なお見舞いメールが届いたエピソードを話しています。これって、仲が良い相手にしか送れない内容ですよね。番組中もとても良い雰囲気でした。

木村拓哉とマツコの仲良しエピソード!

娘さんがマツコさんのファンだということもあり、木村拓哉さんはよくマツコさんの番組をチェックしているそうです。木村拓哉さんは画面の向こうのマツコさんの苦労が理解できる立場にあり、そして実は同級生だったという繋がりも手伝ってか、特別な親近感を持ち始めているようです。

「全部マツコに背負わせて」

2017年4月の『夜の巷を徘徊する』では、ご意見番としてのポジションを期待されるマツコさんの精神的な負担を心配する一幕がありました。「テレビ局の人たちが自分たちじゃ言えねえな、ってことを全部マツコに背負わせて」と木村拓哉さんが言うと、マツコさんは「全部ぶっちゃけちゃったから言うけど、疲れてます」と本音をポロリ。

「じゃあ、一緒に住んでよ」

同年11月、多忙のためか心労のためか、マツコさんは三半規管にウイルスが入り入院することになってしまいました。これを受けて2018年1月11日放送の『夜の巷を徘徊する』では、木村拓哉さんはマツコさんの食生活を心配し、マツコさんは「じゃあ、一緒に住んでよ」と答え、「まあ、ありっちゃありかな」と笑って応じる一幕も。

木村拓哉は『夜の巷を徘徊する』に何回出演してるの?

毎週木曜深夜0時15分に放送されている(一部地域除く)『夜の巷を徘徊する』は、マツコ・デラックスさんがいろんな街を気ままに徘徊しながら、巷に息づく人々と交流する番組です。木村拓哉さんは、今年2018年の1月11日・18日放送回に出演されていましたが、じつは、去年の2017年4月27日、5月4日にも出演されています。

木村拓哉が番組中にマツコと徘徊した場所は?

ふたりが1月11日の放送で徘徊したのは、「豊川稲荷別院」「湯島天満宮(湯島天神)」、1月18日の放送で回ったのは、「東京大神宮」です。2017年4月27日には「毛利庭園」、5月4日には「浅草寺」を徘徊しています。

豊川稲荷別院

1月11日の放送で回った神社です。東京都港区赤坂にあります。ふたりはここで『豊川稲荷家元屋』の稲荷寿司を頂いていました。70年前から変わらない美味しさで、揚がとってもジューシーだそうでうすよ!

湯島天満宮(湯島天神)

1月11日の放送で回った神社です。東京都文京区湯島にあります。途中でふたりが立ち寄ったお蕎麦屋さんは、『古拙』というそうです。木村拓哉さんは「鴨だしつけ蕎麦」、マツコさんは「鶏天そば」を頂いていました。

東京大神宮

1月18日の放送で回った神社です。東京都千代田区富士見にあります。ふたりはここでおみくじを引き、木村拓哉さんは「おみくじ」で大吉、マツコさんは「花見くじ」で大吉をとうとう引き当てました!良かったですね!

木村拓哉とマツコが2017年に徘徊した場所は?

毛利庭園

2017年4月27日の放送で回った場所です。東京都港区六本木にあります。ふたりは六本木ヒルズサイドの地下2回にある『新-ARATA-』というお店のカウンターでお食事しています。木村拓哉さんの召し上がっていたメニューは「辛味南蛮つくねのせいろ蕎麦」だそうですよ!

浅草寺

2017年5月4日の放送で回った神社です。東京都台東区浅草にあります。ふたりはこのときおみくじを引いて、なんと揃って「凶」を引いてしまいました。2018年の年明けの放送は、そのリベンジだったというわけです。それにしても、大吉はなかなか出ませんね。

木村拓哉の高校生の次女はどんな娘?

木村拓哉さんの次女である光希(ミツキ)さんは、現在15歳で、高校1年生。Kōki(コウキ)という名前で2018年5月28日発売のファッション誌『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)7月号で表紙を飾りました。木村拓哉さんに似ている!ということで、話題になっています。

「木村拓哉の娘である」ことが分かると、Kōkiさん個人のInstagramのフォロワーも、それまでは9000人ほどでしたが、5月28日以降うなぎのぼりに増え、6月20日現在では83万人以上になっています。

光希さんはインターナショナルスクールへ通っていました。本人もとても努力家で、英語、フランス語も話せるトライリンガルだそうです。さらに最近、スペイン語も習い始めたそうですよ!そのほかにも、作曲を手がけたこともあるのだとか。

木村拓哉の高校生の長女はどんな娘?

木村拓哉さんの長女である心美(ここみ)さんは、現在18歳で、高校3年生。フルートコンクールで最優秀賞に選ばれるなど、音楽の才能があるほか、光希さんと同じくトライリンガルでもあるそうですよ!

心美さんのメディアの露出は現在のところありませんが、母親である工藤静香さんのInstagramや、KōkiさんのInstagramに、「心美さんが撮ってくれた写真」が投稿されています。

「シャクヤクの花とお母さん」「アジサイの花と妹」をモチーフに選んでいますね。繊細で優しそうな人柄を感じます。それに、お母さんや妹を撮った写真がこんなにステキに決まるなんて、やっぱりスターの家族なんだなぁ、という感じがしますね。

木村拓哉さんの今後の活動は?

2016年のSMAP解散騒動は、木村拓哉さんにとっても、つらい一年になったと思います。当時は、まるで公開処刑のような謝罪会見の異様な様子が取り沙汰されました。もう2年も前のことになるんですね。メンバー全員が幸せになって欲しいものです。

今後の活動について、さまざまな憶測や噂が飛び交っていますが、ラジオのパーソナリティの仕事を続けながら、ドラマや映画にも出演されていることから、役者としての活動に重点を置いているように思います。2018年8月公開予定の「検察側の罪人」や2019年公開予定の「マスカレード・ホテル」でも、主役を務めるそうです!楽しみですね!