山岡久乃の死因は?葬儀では養女が喪主?結婚から離婚などのまとめ!

山岡久乃さんは国民的な女優でしたが、「渡る世間は鬼ばかり」の降板などで騒がれました。すでに亡くなっており、葬儀には養女が現れました。結婚していましたが離婚し、子供もいないとされていたため、話題になりました。死因を含め、情報をまとめました。

山岡久乃の死因は?胆管癌だった?葬儀の喪主は養女?

Free-Photos / Pixabay

山岡久乃さんはお母さん役としての人気を確立していた女優です。準主演や主演作品も多数あり、国民的な知名度も高く、多くの人に愛されながら活躍していました。

現在は死去しており、山岡久乃さんの葬儀には共演者やスタッフなど、関わった大勢の人の他に、山岡久乃さんのファンも集まり、盛大なものとなりました。

山岡久乃さんは亡くなる少し前に、老後の生活を送る予定の場所を決めて引っ越しの準備もしており、そのことについてコメントも発表していました。

山岡久乃のプロフィールは?

  • 本名 山岡比佐乃(やまおかひさの)
  • 生年月日:1926年8月27日
  • 没年月日:1999年2月15日(72歳没)
  • 出生地:東京都大田区
  • 死没地:神奈川県川崎市
  • 身長:162cm

山岡久乃さんは「日本のお母さん」としての印象が強く、理想の母親像として多くの人から人気を得ていました。死去する前には、突然の代表作品の降板や、病気の発表で驚きの声が上がっていました。

私生活はスキーや乗馬といったアウトドアな趣味がある一方で、編み物が好きというイメージ通りの繊細な趣味も持っていました。

山岡久乃は、1999年2月15日胆管癌による心不全のため死去

DarkoStojanovic / Pixabay

女優としての地位を確立していた山岡久乃さんでしたが、自身の代表作品とも言えるドラマを突然自らの意思で降板した事で、世間を騒がせました。

当時は山岡久乃さん本人からは何も公表されず、様々な噂が流れました。その後山岡久乃さんは、癌を患っていると公表しました。

公表からわずか数ヶ月後に、胆管癌からくる心不全が死因となり、山岡久乃さんは亡くなっています。

芸能界の娘?長山藍子も最期に駆け付けた

山岡久乃さんは亡くなる前に、自身の死期が近い事をさとり、終活をしていたそうです。最後までしっかりした人だった山岡久乃さんには、芸能界での娘と呼ばれる程仲の良い女性がいました。

それが女優の長山藍子さんで、私生活でも仲が良く、仙台で仕事を終え、神奈川県の病院にいた山岡久乃さんの元に駆け付けました。

親族や他の女優が声を掛けても、意識不明で反応の無い危篤状態だったのですが、駆け付けた長山藍子さんの「お母さん」という呼びかけに答えるように、最後に目を開けたそうです。

葬儀では、養女が喪主を務めることに

webandi / Pixabay

山岡久乃さんの葬儀では、養女の山岡泰子さんが喪主を務めました。山岡久乃さんに養女がいる事は知られていなかったため、驚きの声も上がりましたが、葬儀は滞りなく行われました。

NEXT 葬儀にはたくさんの俳優や女優が参列