川原亜矢子の今現在!引退後に復帰?現在の夫や子供は? エンタメ

川原亜矢子の今現在!引退後に復帰?現在の夫や子供は?

目次

[表示]

女優やモデル以外にキャスターもしている?

女優として活躍しながらも、活動の場を広げるべく2006年からキャスター、ナレーター、司会にも挑戦しています。

「NEWS ZERO」の木曜レギュラーを務めていた

2006年から2007年までの期間に、日本テレビの深夜のニュース枠である「NEWS ZEROの木曜日のレギュラーを務めていました。

「あさイチ」の旅人にも出演

2010年からは、NHKの朝番組で有名な「あさイチ」の旬旅10のコーナーを担当しています。箱根や南房総のグルメを紹介しています。

「川原亜矢子は韓国人」という噂がある?本当なの?

川原亜矢子さんに関して検索をすると、不思議と「韓国人」というワードが出てきます。度々噂になるようですが、どういった理由で韓国人と見なされるのでしょうか。

川原亜矢子は韓国人?噂の出所は?

明確に、韓国国籍ではないかと明確に問題提起をしているソースは特にみあたりません。出所に関しては不明です。川原亜矢子さんの発言にも、自身の出身に関してそのようなコメントはありません。

ハーフという噂もある?デマ?

もし、噂になる理由があるとしたら、ハーフではないかと噂もあります。川原亜矢子さんの日本人女性にしては高い身長と、エキゾチックな容姿が、日本人離れしているからでしょう。

川原亜矢子さんのご両親の国籍に関しては特に情報がありません。ハーフ説に関しても、否定も肯定もできませんが、デマではないかという意見が多いようです。

川原亜矢子だけじゃない!日本人パリコレモデルは結構たくさんいる

川原亜矢子さんは、長い期間パリコレモデルをしていましたが、他にも日本人でランウェイを飾ったモデルがいます。モデルの最高峰と呼ばれるパリコレモデルとして活躍した日本人をご紹介します。

日本人パリコレモデル①冨永愛

パリコレモデルと言われて真っ先に思いつくのは富永愛さんではないでしょうか。179㎝という高身長は9頭身とも言われています。

高校生の頃に掲載された雑誌「VOGUE」を、見たファッションブランドの関係者によって弱冠17歳でスカウトされ、パリコレモデルとして活躍しました。

私生活では、2004年に結婚、2005年に出産後、暫くパリコレモデルを休業していましたが、2006年からは、子育てをしながらモデルとして復帰しています。

日本人パリコレモデル②アンミカ

アンミカさんは1972年生まれの韓国出身のモデルです。パリコレモデルとしてのデビューは1993年です。「マーティン・グラント」、「シンイチロウアラカワ」といったブランドのモデルをしています。

化粧品のプロデュースをしたり、世界マナーの講師をするなどモデル以外で活躍をしています。美容に関して高い意識を持っています。

ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスターとしての知識、アロマアドバイザーの資格も持っています。ダイエット本や、自叙伝の出版など幅広い活躍をしています。

日本人パリコレモデル③杏

杏さんは、女優としてのイメージが強い女性ですが、5歳からモデルとして活躍しています。パリコレにおいては2005年にデビューし、ルイヴィトンなどのブランドモデルを務めました。

大御所俳優の渡辺謙さんの実の娘で、暫くは素性を隠して活動をしていました。配偶者は、俳優の東出昌大さんです。現在は、3児の母親として芸能活動を続けています。

東出昌大さんもパリコレ出身

杏さんの配偶者である東出昌大さんも、実はパリコレモデルとして活躍していました。俳優のイメージが強いかもしれませんが、元はメンズノンノの専属モデルをしていました。

2006年から2011年までパリコレに出演していました。主に「ヨウジヤマモト」、「ZUCCa」のモデルを務めていたそうです。

2012年より俳優の活動を始めています。2013年にNHK朝の連続ドラマ「ごちそうさん」において、ヒロイン杏さんが演じる主人公の、配偶者役として出演し、一気にブレイクしました。

出会いはパリだった

実は2人の出会いは、ドラマではなく、2006年のパリの街中でした。モデルとして活躍する杏さんを知っていた東出昌大さんが、パリの街中で見かけて声を掛けたというエピソードがあるそうです。

日本人パリコレモデル④CHHARU

CHIHARUさんは、1992年生まれで、17歳でスカウトをきっかけにして、2009年に東京コレクションにてデビューをしています。

2013年のパリコレにて本格的に世界デビューを果たしました。黒髪のボブカットと独特な顔立ちが特徴です。プライベートではインスタグラムで、ファッションを披露しています。

日本人パリコレモデル⑤森泉

森泉さんは、1982年生まれで、19歳でモデルとしてデビューします。第48回 FCEモデル・オブ・ザ・イヤーを受賞してモデルとしての揺るぎないポジションを得ることに成功します。

 その後パリコレモデルとして活躍をしています。2005年からは日本のバラエティ番組で司会としての活躍を見せます。

森泉さんの父方の祖母は、森英恵で、父親がハナヱモリの元社長でした。妹は森星で、ファッションモデルとして活躍しています。家族はファッション関連の仕事に付いている人が多いことで有名です。

日本人パリコレモデル⑥山田優

山田優さんは、1984年生まれで、2000年に「Cancan」においてモデルデビューをします。桂由美さんのコレクションのモデルを務めました。現在は、2児の母として仕事を控えめにしているようです。

日本人パリコレモデル⑦松岡モナ

松岡モナさんは、1998年生まれで、アメリカ人の日本人のハーフで、9歳までアメリカのアリゾナ州で育ちました。帰国後は、母親が東京のモデル事務所に応募したことがきっかけでモデルを始めます。

2014年にパリコレでモデルとしてランウェイを歩きました。インスタグラムではフォロワー数が、世界第10位にランクインしたことがある程の人気ぶりです。

日本人パリコレモデル⑧福士リナ

福祉リナさんは1999年生まれで、日本とフィリピン、アメリカのスリークォーターだそうです。力強い目元は、エキゾチックという言葉がマッチします。

中学3年生の頃に原宿でスカウトをされたことで、モデルを始めて、徐々に名前を売り出しました。ショーや雑誌面での活躍を経て、2016年のパリコレにおいてルイヴィトンのモデルを務めました。

日本人パリコレモデル⑨江原美希

江原美希さんは1995年生まれで、長いストレートの黒髪が特徴的です。アルバイト先のショッピングセンターでスカウトを受けてモデルとしての道を歩みはじめます。

デビューして2ヶ月にしてパリコレモデルとしてデビューを果たします。ルイ・ヴィトンやフェンディ等の数々の有名ブランドのモデルとして活躍しています。

日本人パリコレモデル⑩萬波ユカ

萬波ユカさんは、1991年生まれで、モデルを本格的に始める前は看護師として勤務していた異色の経歴の持ち主です。看護師を辞めた後で東京に上京して、モデルの仕事をスタートしました。

ユニクロのキャンペーンモデルを経て、ミラノファッションウィークでフェンディのモデルとしてランウェイデビューを飾りました。

川原亜矢子はトークで魅せる

川原亜矢子さんは、1991年から住居をパリに移して、本格的にパリコレモデルとして活躍しました。美貌を兼ね備え、凛とした雰囲気を放ち、フランス語も堪能です。

そんなパーフェクトとも言える川原亜矢子さんが、チョコレートのイベントに参加し、フランス時代の思い出として「渡仏したばかりの頃は孤独が辛かった」と当時の心境を吐露しています。

今でこそ3ヶ国語を自在に操る才媛として通っていますが、話せない時代はコミュケーションが取れず辛い思いもしたようです。チョコレートを食べて優しい気持ちになれたと語っています。

弱みを見せて観客の心を捉える

煌びやかな思い出話だけをすることで、より川原亜矢子さんのパーフェクトさは、より強調されます。しかし聞き手としては、面白みに欠けるというのも事実です。

パリコレモデル成功の裏には、こんな過去もあったのだと共感できる話の方が耳に入り、記憶に残りやすくなります。そういった周囲が求めるエピソードを披露する大人力を持っています。

川原亜矢子さんは、さり気ない気遣いによるトークにより、イベントを盛り上げる大人力を発揮して、モデル業ではなくても魅せる力があります。

川原亜矢子は結婚後に女優として再復帰している

川原亜矢子さんは、高校生の時に人気のファッション雑誌「mc sister」の専属モデルになった後で1991年から1998年まで渡仏してパリコレモデルとして活躍しました。

パリコレモデルを引退後は、日本で女優として活躍しています。2011年に一時的に芸能界を引退していますが、現在は、復帰して順調に女優としての活躍を見せています。

2012年には、テレビドラマの「TOKYOコントロール」へ出演を機に出会った元フジテレビの、プロデューサーと結婚しています。

川原亜矢子に関連する記事はこちら

3/3