川原亜矢子の今現在!引退後に復帰?現在の夫や子供は? エンタメ

川原亜矢子の今現在!引退後に復帰?現在の夫や子供は?

目次

[表示]

川原亜矢子の引退理由は?①事務所と揉めていたから?

イメージを大事にする事務所と揉めていたことが引退理由ではないかと言われています。当時の関口大輔さんは既婚者であったことから、交際を反対されていたようです。

事務所に所属していることで、この先の交際や結婚を阻まれると危惧した川原亜矢子さんが、事務所との契約停止を申し出たとされています。

川原亜矢子の引退理由は?②結婚を控えての引退?

関口大輔さんは、2011年の9月に元嫁との離婚が成立しています。また、仕事面においては当時ヒットしていた月9の「リッチマン、プアウーマン」のプロデュースに多忙にしていた時期でもあります。

これは、結婚を見据えた川原亜矢子さんが、準備期間として、芸能界を引退して将来の夫になる関口大輔さんとの生活の準備を進めていたのではないかとも言われています。

川原亜矢子の引退理由は?③真矢みきとの確執?

2011年には、当時所属していた事務所であるブルーミングエージェンシーに宝塚出身の大物女優として名を馳せている、真矢みきさんが移籍してきた年でもあります。

真矢みきさんのネームバリュー、人気度合い、CMの出演本数、一般人からの人気ランキングなど、どれを取っても川原亜矢子さんは、一段劣ってしまいました。

もちろん、直接2人の間で小競り合いのようなことは無かったそうですが、川原亜矢子さんには、これまで看板女優としてのプライドもあったようです。

事務所に対しての不信感を持った川原亜矢子さんから、契約解除の話を、持ち掛けたのではないかと言われています。

2015年フライングボックスに所属し芸能活動再開!

2015年12月に突如、芸能界に復帰を果たします。芸能界事務所は、フライングボックスに所属します。フライングボックスは、女優の小島聖さん、小野ゆり子さん、俳優は若葉竜也さん等が所属しています。

復帰後は、「なんでも鑑定団」などのバラエティに出演をしながら、少しずつ本復帰をしていきました。やがて、映画やドラマと本来、引退前にしていた女優業も始め、順調なスタートを切りました。

2017年11月30日フライングボックスとの契約終了

フライングボックスのホームページには、2017年9月にNHKのドラマ「全力疾走」に出演するというアナウンスを最後に川原亜矢子さんに関する仕事に関してコメントが停止します。

2017年11月には、フライングボックスと契約終了を発表しています。契約解除の理由に関しては、川原亜矢子さんの口から語られることはありませんでした。

現在はフリー?「Polar Bear Inc.」に所属?

女優の仕事を続けながらも、現在の芸能事務所はPolar Bear Inc.に所属しています。事務所の規模としては、小さい規模であることから、個人事務所ではないかとも言われています。

仕事の獲得は、ある程度事務所の規模にも依存するとされています。しかし川原亜矢子さんは2018年からは舞台の仕事や、基礎化粧品のクオニスイメージキャラクターなど、順調な仕事ぶりを見せてみます。

川原亜矢子は若い頃、パリコレに出演していた!モデルとしての活動は?

川原亜矢子さんの芸能界スタートはモデルから入りました。デビュー後すぐに女優にも挑戦します。その後、渡仏してパリコレモデルを経験しています。

どのような経緯でモデルとして成功の道を歩み始めたのでしょうか。これまでに務めた華やかな履歴をご紹介します。

川原亜矢子の実家や出身高校は?

川原亜矢子さんは大阪府が出身地です。高校は加納高校です。当時の偏差値は39なので、あまり学業に力を入れてはなかったようです。

川原亜矢子さんが卒業した後で2004年に府立盾津高校との合併されたことで、かわち高校という名前に変更になっています。

スカウトがきっかけで、1987年からモデルとして活動

中学生の頃から身長が伸び始め、加納高校に通っていた高校1年生の頃にモデルとしてスカウトされます。これがきっかけで、1987年からモデルとして活動を始めます。

「mc sister」の専属モデルだった

モデルとしてスタートを切った川原亜矢子さんは、「mc sister」というティーン向けの雑誌で専属モデルとして活躍を始めます。

当時の雑誌の中では、かなりの人気でモデルのオーディションは1万倍という高倍率で、他の雑誌と比較しても圧倒的な人気を誇っていました。

専属モデル出身の有名女優は、長谷川京子さんや宮沢りえさんといった、大物女優を輩出しています。

1990年に「ZUCCa」でパリコレデビュー

1990年には、「ZUCCa」でパリコレモデルとしてデビューを果たします。手応えを感じた川原亜矢子さんは、フランスで本格的にモデルとして活動を継続する決意をしました。

パリコレモデル時の画像はある?

パリコレモデルとして動き始めた川原亜矢子さんの当時の画像を見る限り、海外のモデルに交じっても劣らない活躍をしたのも納得する程の、体系の良さと美貌で、大手ブランドモデルを務めました。

1991年から拠点をフランス・パリに移しコレクションモデルに

1991年には、フランスに本格的に拠点を移動し、パリコレモデルとしてスタートを切ります。やがて1993年にシーズンモデルとしてデビューを果たします。

世界中のファッション界の関係者から注目を浴びることになります。やがて、世界的に有名なブランドのショーへ連続で出演する程の人気を誇るようになります。

翌年1994年には、パリコレモデルの実績を買われた川原亜矢子さんは、活躍の場をニューヨーク、ミラノにも進出して、さらにモデルとしての知名度を高めました。

フランス語が堪能?

川原亜矢子さんは、最終的には7年間に渡ってパリに滞在しています。そのためフランス語が自ずと話せるようになっていったようです。

有名モデルエージェンシーKarin Models(カリンモデル)に所属

パリコレのモデルとして活動するにあたり、フランスのモデル事務所に入る必要があります。川原亜矢子さんは、Karin-Modelという有名なモデル事務所に所属しました。

川原亜矢子がモデルを務めた主なブランドは?

1991年に「ZUCCa」を皮切りに、パリコレモデルとしてデビューをした後は沢山のブランドに携わっています。例えば、日本発であれば「モリハナエ」、「イッセイミヤケ」のモデルを務めています。

海外発であれば、「ソニア・リキエル」、「ニナリッチ」をはじめとした有名ブランドのモデルを務めています。川原亜矢子さんがランウェイを飾ったブランドをご紹介します。

モデルを務めたブランド①シャネル

世界的に名の知れたブランドとしては、「シャネル」です。パリコレのオートクチュール部門で、モデルを務めました。同社のカールラガーフェルド氏に気に入られたことがきっかけでした。

モデルを務めたブランド②クリスチャン・ラクロア

1994年から1995年にかけて「クリスチャン・ラクロア」のウィメンズ・プレタポルテ部門において、パリコレモデルを務めています。

モデルを務めたブランド③イヴ・サン・ローラン

1994年には「イブ・サンローラン」のウィメンズ・プレタポルテ部門のモデルとしても登場しています。

映画「イヴ・サンローラン」にも出演している

イヴ・サンローランは、同名の映画が公開されています。若き頃のイヴ・サンローランの軌跡を、友人のピエール・ベルジェの視点から描かれた作品です。

この作品中においてイヴ・サンローランが登用した日本人として川原亜矢子さんが出演しています。

モデルを務めたブランド④ロレアル

ロレアルのCMに出演時は、ミラ・ジョボビッチやビヨンセの3人と共演しています。残念ながらこのCMは、日本では放送されていないようです。

日本では雑誌「Domani」「marisol」の専属モデルだった

渡仏して多くのブランドのモデルを務めた川原亜矢子さんは、1998年に突如、パリコレモデルから身を引きます。拠点を完全にフランスから日本に移して、活動を開始します。

1998年から2004年までを「Domani」、2007年から2009年までを「marisol」の専属モテルを務めます。多くの表紙を飾っています。

川原亜矢子の女優としての活躍は?

モデルとしてデビューし、当時の人気ファッション雑誌で専属モデルを始めた川原亜矢子さんですが、1989年から女優業を開始します。活躍の場は留まることを知らずキャスターにも挑戦しています。

1989年映画「キッチン」で女優デビュー

1989年、吉本ばななさん原作の人気小説の「キッチン」にて女優としてデビューを果たします。デビュー作品でありながら、主人公の桜井みかげ役を演じています。

当時の川原亜矢子さんは、ショートカットで現在とは雰囲気が随分異なります。女優経験が無かったのですが、その素人のような演技が却って良かったと評価されています。

1998年パリからの帰国後に女優として本格的に活動

映画で鮮烈なデビューをして、すぐに渡仏してパリコレモデルに転身しますが、1998年に、再度日本に拠点を移動して女優としての道を本格的に歩み始めます。

1999年からは「週末婚」、「ヤマダ一家の辛抱」など連続ドラマに出演をしました。

山村美紗サスペンスに出演

2008年には、ミステリの女王と呼ばれる山村美沙サスペンスシリーズの1つである「京都 門司港殺人事件」に出演します。川原亜矢子さんは、主役で売れないライターという役割を演じています。

共演者には、山村美沙さんの実の娘で女優の山村紅葉さんや、俳優の東幹久さん、池内淳子さんが脇を固めています。

東幹久のことを大切な人と言っていた?

山村美沙サスペンスのシリーズとして、東幹久さんと探偵役コンビとして、2004年から共演をしています。2人は、幼馴染であるといいう設定から、気心の知れた関係性が垣間見える演技をします。

川原亜矢子さんはインタビューで東幹久さんのことを「大切な人」、「私にとって兄のような存在」と、意味深コメントしています。

ドラマ「TOKYOコントロール」で主演を演じる

カナダで航空管制官の訓練を受けた、キャリア志向の女性を演じており、英語が堪能な川原亜矢子さんが英語で、各旅客機に指示を出す様子がサマになっており、絶妙なキャスティングです。

ドラマのストーリーには、本当にあった航空事故をモチーフにして作られており、本格派ドラマです。予算が少ないことから、撮影は大半をスタジオのセットで賄われています。

しかし、3Dチャンネルと連携した、テレビドラマ初の3D番組となり、クオリティの高さと、新しい試みが高い評価を受けています。

ドラマ「TOKYOエアポート」にも出演

ドラマ「TOKYOコントロール」には続編ドラマが作られました。航空管制官の女性を主人公にした作品で、「TOKYOエアポート」というタイトルです。

主演は深田恭子さんで、最終回のゲストとして、アメリカの連邦航空局で働いているという設定で、川原亜矢子さんが終盤に登場しています。

クオリティの高さは変わらず人気の作品となりました。YouTubeにおいてスピンオフのショートドラマも制作されるほどで注目の高さを表しています。

本田翼や石原さとみと共演!ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」

人気若手女優の石原さとみさん、本田翼さんが共演する人気ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」にゲストとして出演します。

このドラマは、ファッション雑誌の編集者になることを夢見る主人公が入社した出版社で、校閲の部署に配置され、編集部への移動に希望を繋ぎながら、校閲として切磋琢磨するストーリーです。

川原亜矢子さんは、伝説のスタイリストという設定です。ファッションモデルとしてのキャリアを持つ川原亜矢子さんが演じるにはピッタリの役割でした。

NEXT:女優やモデル以外にキャスターもしている?
2/3