綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

N811 edanitukamarukamereon TP V4 - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

今や、知らない人はいないであろう国民的俳優の綾野剛さん。ミステリアスな雰囲気はとても魅力的ですが、それゆえにネットでは様々な憶測が飛び交っています。今回は、そんな綾野剛さんの過去や生い立ちについて検証していきたいと思います。

綾野剛さんが”血を残したくない”と語る切ない過去

綾野剛さんは以前「自分の血を残したくないから結婚なんて嫌だ」と語っていました。高校時代、ご両親が離婚していることで結婚なんてしたくない、子供を作りたくないという結婚観をもってしまったようです。

?size=m - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!
instagram logo - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

また、子供という存在を特殊に感じていたようで、子供に見つめられるとドキッとしてしまう。畏怖のようなものを感じてしまうと語っていたのも印象的です。今は子供を素直にかわいいと思えるようになったようでホッとします。

現在の結婚観

かつて、血を残したくないと語っていた綾野剛さんも現在は結婚願望をお持ちのようです。当時のことをナルシシズムが強かったと反省しているとのこと。子供が20歳の時、ご自身が50代であればアクティブに動いていられるから30代後半で結婚をしたいと考えているようです。

?size=m - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!
instagram logo - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

また、俳優仲間である小栗旬さん、向井理さん、山田孝之さん達は結婚してから笑顔が魅力的になったと感じているようです。向井さんから「笑顔得意になるよ。子供と毎日いるから」と言われたことが綾野剛さんの結婚観に大きく影響を与えたようです。

結婚観から考察

綾野剛さんの結婚観からするとおそらく、子供が欲しいというのが優先されているのかなと感じます。それでも、血を残したくないなんて悲しい価値観ではなくなったことは綾野剛さん本人にとっては良いことだし、ファンにとっては応援したくなりますね。

綾野剛さんの過去には孤独な幼少時代

お父さんは事業、お母さんはスナック経営と忙しい家庭で育ったようで、幼い頃は託児所に預けられていたとのことです。一人で過ごす時間も多かったようで、誰もいない家で一人、押し入れに入り好きなものを手の届く範囲に置いていたようです。幼少期には辛い思い出だったかと思います。

?size=m - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!
instagram logo - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

ご近所の方に預けられていた時、なんの変哲のないカレーを食べさせてもらい「こんなにおいしいカレーは初めて」だと言ったそうです。俗にいう”家庭の味”みたいなものが綾野剛さんにはなかったのかもしれません。とても切なく悲しい過去です。

?size=m - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!
instagram logo - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

思春期

綾野剛さんが中高生の頃、お父さんの事業が失敗。自宅を差し押さえられてしまい、引っ越すことになったようです。その時期にご両親は離婚。思春期の多感な時期にこんな状況は大変だっただろうと思います。反抗期でもあったであろうこの時期。

ただでさえ、不安やストレス、不満を抱えるこの時期ですからやり場のない思いを抱えていたのだろうと容易に想像できます。結果論ではありますが、こういった経験があったからこそ、綾野剛さんはミステリアスで魅力的なのかもしれません。こういったエピソードを知るとさらに応援したい気持ちが強まりました。

過去との決別”仮面ライダー555”で育った役者としての綾野剛

綾野剛さんは、石田秀範監督を恩人と呼んでいます。役者、綾野剛の生みの親とまで言うほどです。2003年、仮面ライダー555の監督をしていた石田監督は、小遣い稼ぎ程度の気持ちしかない、プロ意識のない綾野剛さんに対し、23テイクも取り直しをしたというエピソードがあります。

?size=m - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!
instagram logo - 綾野剛は韓国人との噂は本当?切ない過去と生い立ちを徹底検証!!

当時、何度も撮り直し、いやな思いをしていた綾野剛さんですが、「初めて大人にしっかり胸倉をつかんでもらえた気がした」と語っています。つかんで離してもらえない、そんな状況が綾野剛さんの意識を変えたようです。

役者として本気になれた

素人でもテレビに映る以上、視聴者はプロとしてみている。お前には敬意が足りない。そんなことを23回のテイクの中で伝えていたとのことです。言葉ではなく、行動で伝えていた、それをする監督もすごいし、それを理解しようと努力した綾野剛さんもすごい。役者、綾野剛は石田監督によって開花したことは間違いないようです。

役者としての成長

綾野剛さんは、すさまじい成長を遂げました。もともと陸上に打ち込むスポーツマンであったので、努力を惜しまなかったようです。台本図書館に通い、台本を見ては映画を観て、映画を観ては台本を見る。

演技の勉強のために繰り返し行っていたようです。すごく地道で、時間のかかることだと思います。努力を惜しまない綾野剛さんだからこそできたのだと思います。地道な努力の上に、今の綾野剛さんがあるようです。

綾野剛さんの過去からわかった母への愛情

次のページへ