スレンダーマン事件とは?都市伝説を信じた少女達が起こした衝撃事件 社会

スレンダーマン事件とは?都市伝説を信じた少女達が起こした衝撃事件

2018年には映画も公開され、都市伝説の中でも最恐と言われるスレンダーマン。この空想上の怪物を信じた少女達が起こしたことで話題となったスレンダーマン事件とは、どのような事件なのでしょう?裁判の判決なども含め、スレンダーマン事件の詳細を紹介していきます。

目次

[表示]

スレンダーマンが現実に?スレンダーマン事件とは?

Free-Photos / Pixabay

インターネット発祥の都市伝説である、スレンダーマン。見たら死ぬと言われるこの怪物の存在を信じた少女達が起こした事件が、スレンダーマン事件です。

ここでは、中学生の少女達が起こした残酷な事件・スレンダーマン事件の概要を紹介していきます。

スレンダーマンとは?

StockSnap / Pixabay

スレンダーマンとは、2009年にインターネット上で誕生した架空のキャラクターです。体が細く、異常に手足が長く、背が高いという外見的特徴を持ちます。

また、顔は目も鼻も口もないのっぺらぼうで、主に子供をターゲットとして付け狙い、誘拐して殺害することもあると言います。

スレンダーマン事件は2014年のアメリカで起きた

stux / Pixabay

スレンダーマン事件は、2014年5月にアメリカ合衆国のウィスコンシン州で起こった事件です。

この事件は、2人の少女が同級生の少女に襲い掛かるという傷害事件でしたが、この動機に都市伝説としてネットで話題となっていたスレンダーマンが関係していたことから、大きな話題を呼びました。

事件の概要は?12歳の少女がナイフでめった刺しに?

スレンダーマン事件の被害者となったのは、事件当時12歳であったペイトン・ロートナーさんです。

何者かにめった刺しにされたペイトンさんが、ウィスコンシン州の森の近くで保護されたことで、事件が明らかになりました。

彼女の体には19ヶ所もの刺し傷があり、中にはあと少しで心臓に達するものもあったと言います。しかし、運よく通りすがった人に保護された彼女は、病院に搬送されて一命をとりとめました。

容疑者は同級生だった二人の少女、アニッサ・ワイヤーとモーガン・ガイザー

4657743 / Pixabay

ペイトンさんの供述により、このような凶行を行った犯人が彼女の同級生である12歳の少女、アニッサ・ウェイアーとモーガン・ゲイザーであることが判明しました。

3人は友人であり、事件の前日に容疑者宅にとまりに来ていたペイトンさんは、真夜中に彼女達に突然襲われてナイフでめった刺しにされたと言います。

犯行理由は、スレンダーマンの手下になるためだった?

アニッサとモーガンは、ペイトンさんに恨みがあるわけではありませんでした。2人がこのような凶行に及んだのは「スレンダーマンの手下になるため」だと言うのです。

ネットに上がっているスレンダーマンの話を鵜呑みにした2人は、彼の代わりに子供を殺すことで手下として認めてもらえると思い込んでいたと言います。

スレンダーマン事件が起きた理由は?事件の詳細まとめ

qimono / Pixabay

スレンダーマン事件が日本でも話題になった理由としては、上で紹介したような奇妙な犯行動機があげられます。

ここでは、2人の少女がなぜスレンダーマンに傾倒したのか?犯行動機や、事件の詳細を紹介していきます。

学校でいじめを受けていたアニッサ・ワイヤーとモーガン・ガイザー

Counselling / Pixabay

アニッサとモーガンの2人は、それぞれクラスでは浮いた存在であったようで、周囲やクラス担任の話によると変人扱いされていじめられていたと言います。

そんな2人はスクールバスで出会い、仲良くなっていったそうです。クラスに馴染めなかった2人は、すぐに親友になりました。

そして短期間でそこまで仲良くなった理由の1つに、2人とも「スレンダーマン」に傾倒していたことが挙げられるのです。

ネットでスレンダーマンの怪談を知り、熱狂するように

PhotoMIX-Company / Pixabay

クラスの変わり者扱いされていた2人が共通の趣味としていたのは、オカルトサイトで都市伝説・スレンダーマンの話を読み漁ることでした。

そして、スレンダーマンには「プロクシー」という手下が存在するという話を見た彼女達は、自分達もプロクシーになりたいと考えるようになっていったのです。

スレンダーマンの手下になるため、殺人計画を立てる

Pexels / Pixabay

「プロクシーになって、自分達をいじめた人間に復讐したい」。そう考えた2人は、スレンダーマンに認めてもらうために、誰かを殺して忠誠心を見せようと考えました。

2人は誕生日のお泊り会と称してペイトンさんを家に招き、殺害するという予定を立てていきます。

遊びに誘った同級生を、森の中で襲うことに

DarkWorkX / Pixabay

ペイトンさんを家に呼ぶことに成功した2人は、その日の真夜中に、眠っているペイトンさんをナイフで刺そうと試みました。

しかし、その時は未遂に終わり、計画を実行に移したのは翌日の昼となりました。かくれんぼをしようと近所のワカシャーの森にペイトンさんを誘い出した2人は、そこで犯行に及びます。

油断しきっていたペイトンさんを押し倒して、ナイフを振り上げたのです。

同級生の腕や足、胴体をナイフで19回刺す

家から隠し持ってきていた調理用のナイフでペイトンさんを切りつけた2人は、そのまま19ヶ所も同級生をめった刺しにしたと言います。

刺された傷の中には内臓にまで達するほど深いものもあり、心臓をかすめるなど、あと一歩で致命傷になるものまでありました。

被害者は運良く救助され、一命をとりとめた

AKuptsova / Pixabay

血まみれになったペイトンさんに我に返ったのか、2人は「人を呼んでくる」と言ってその場を離れます。その隙にペイトンさんは這って森を出て、運よく通りかかった人に保護されました。

すぐに救急車で病院に運ばれたこともあり、彼女は九死に一生を得ることができたのです。

スレンダーマン事件のその後

WikimediaImages / Pixabay

ペイトンさんが救出されたことにより、殺人未遂事件となったスレンダーマン事件。中学生の少女2人が起こした奇妙で残酷な事件は、裁判の判決も注目されました。

ここでは、スレンダーマン事件の裁判について紹介していきます。

スレンダーマン事件の判決は?無罪?

TPHeinz / Pixabay

逮捕当初、アリッサとモーガンの2人は、主犯は自分ではないと互いに罪を擦り付けあうような主張をしていました。しかし、2人もペイトンさんへの謝罪を口にしており、反省している様子も見られたと言います。

先に裁判を受けることになったアリッサは第一級殺人罪を認めており、大人と同じ刑罰を望んでいましたが、判決では精神障害が認められて、精神病院への入院という判決が下されました。

モーガンも裁判前から精神障害の診断を受けて精神病院に入院しており、精神疾患により無罪という判決が下されています。

少女たちが見ていたホラーサイト「Creepy Pasta」は声明を発表

Free-Photos / Pixabay

2人がスレンダーマンの記事を読み漁っていたオカルトサイト「Creepy Pasta」は、スレンダーマン事件を受けて声明を発表しました。

声明には、被害者へのお見舞いの言葉と、このような事件が起きてしまったことの遺憾の意が綴られていました。

また「Creepy Pasta」の一部のユーザーの間では、被害者のお見舞金を集める募金活動も行われていたと言います。

事件後、被害者少女の様子は?

RyanMcGuire / Pixabay

命は助かったとはいえ、事件がきっかけとなって被害者のペイトンさんは、大きなトラウマを抱えるようになりました。事件から数ヶ月間は周囲を異常に警戒し、寝る時もハサミを手放さなかったと言います。

また、彼女の体には6回にも及ぶ手術の痕が残ってしまい、心身ともにスレンダーマン事件の傷跡が濃く残っていると言えるでしょう。

スレンダーマンとは一体何者?都市伝説?

Free-Photos / Pixabay

少女達を魅了したスレンダーマンとは、一体どのような怪物だったのでしょうか?ここでは、スレンダーマンの都市伝説の詳細について紹介していきます。

スレンダーマンとは?ネット掲示板から誕生?

geralt / Pixabay

スレンダーマンは2009年6月10日初出の、インターネット発祥の都市伝説です。スレンダーマンが誕生したのは「サムシング・オーフル」というサイトでした。

このサイトには、画像加工ソフトを使ってパラノーマルな画像を創作するフォーラムがあり、そこに投稿されたのがスレンダーマンだったのです。

2009年に投稿された画像が話題に?

stux / Pixabay

最初に投稿されたのはスレンダーマンの画像だけで、喪服のような黒いスーツに身を包んだ怪人が、公園に集まる子供に紛れて佇んでいる画像が公開されました。

そして、それに続いてスレンダーマンに対するフィクションの目撃情報が書き込まれました。これが話題となって、スレンダーマンの都市伝説は拡散されていったのです。

スレンダーマンはどんな姿をしている?

スレンダーマンは、痩せて背が高く、手足が異常に長いという外見をしています。いつでも黒いスーツに身を包んでおり、顔のパーツはありません。

さらに、子供を誘拐する際などには手や背中から触手が生えていることも見られます。

スレンダーマンの特徴は?瞬間移動?触手?

GDJ / Pixabay

スレンダーマンはインターネットのフォーラムに寄せられた画像から、様々な人々が想像力を膨らませて設定をつけていったキャラクターです。

そのため、独自の設定も非常に多いのですが、多く見られる特徴として触手を伸ばして、子供を捕らえ、誘拐するというものがあります。

さらに森と繋がっており、瞬間移動でどこからでも自分の棲家の森に帰れるという能力を持つという設定も多く見られます。

スレンダーマンに関わるとどうなる?姿を見ると死ぬ?子供をさらう?

GoranH / Pixabay

スレンダーマンが自ら近づく対象は、主に子供とされています。子供を誘拐するためにストーキングをしたり、森に連れ去っていったりするという話が多く見られます。

また、間近で姿を見たら発狂して死ぬ、撮影した写真にスレンダーマンが写り込んでいたり、スレンダーマンが写った写真を見ると呪われると言った、心霊現象的な扱いもされています。

さらにスレンダーマンの姿を見ると「スレンダー症」というショック症状に襲われ、鼻血が止まらなくなったり、記憶障害が起きたりすることがあるとされます。

数々の画像が存在?

2009年にスレンダーマンの画像が初めてあげられて以降、インスピレーションを刺激されて様々な人々がスレンダーマンの画像を作成しました。

最初にあげられた上の画像のように、日常風景の中にスレンダーマンをはめ込んだものから、自分の伸びた影を撮影してスレンダーマンに見立てたものやファンアートなど、バラエティに富んだものが存在します。

スレンダーマンの正体は?偽物?

JordanStimpson / Pixabay

ネット上で誕生したスレンダーマンでしたが、噂が1人歩きすることによって、あたかも本当に存在する怪人であるかのように広まっていきました。

ここでは、スレンダーマンの作者とされる人物の紹介や、どのように噂が広まっていったのかについて紹介していきます。

スレンダーマンは、ビクター・サージが作り出したキャラクター?

bodobe / Pixabay

上でも紹介したように、スレンダーマンの正体は、ネットにあげられた加工された画像です。

この画像を作ったのがビクター・サージという人物なのですが、彼は自作のスレンダーマンの画像を「図書館で見つけた」という設定で公開しました。

超常現象を作り上げる企画で、事件やエピソードは後付けだった?

janeb13 / Pixabay

ビクター・サージがスレンダーマンの画像だけをあげた段階では、この空想上の怪物が話題になることはありませんでした。

しかし後日、彼がスレンダーマンを見た人間や、子供を誘拐する現場を目撃したという設定で一人称の創作文章を付け加えたところ、注目を浴び始めたのです。

そして、同じようにスレンダーマンにまつわる創作作品をあげる人が続出し、都市伝説・スレンダーマンが完成されていきました。

目撃者多数?噂が独り歩きして広がることに

geralt / Pixabay

このようにインターネット上の作り話として誕生したスレンダーマンですが、様々な人が細かい設定を加えたり、語り継いでいくことで、あたかも本当に存在する怪人のような扱いを受けていきました。

創作の目撃情報を信じてしまう人も存在し、スレンダーマン事件の容疑者であるアリッサとモーガンもその1人であったというわけです。

誘拐事件が起こった際には、ビクター・サージがコメントを投稿

pixelcreatures / Pixabay

スレンダーマンが有名になるにつれ、誘拐事件の被害者が「スレンダーマンを見た」と証言することまで見られるようになりました。

これについてビクター・サージは「スレンダーマンは木々に紛れて子供を付け狙い、誘拐事件の前に被害者に姿が見られることは少ない」とコメントをしています。

NEXT:スレンダーマンに関するその他の話題
1/2