渋谷飛鳥は現在結婚している?えなりかずきが恋人?私生活や経歴は?エンタメ

渋谷飛鳥は現在結婚している?えなりかずきが恋人?私生活や経歴は?

目次

[表示]

2006年映画「神の左手悪魔の右手」で初主演を務める

2006年公開の映画「神の左手悪魔の右手」では映画初主演を果たしました。こちらはホラー漫画家楳図かずおさんの人気漫画を実写化した作品です。

本作はスプラッターな表現も多数ある作品で、渋谷飛鳥さんも体を貫かれたりするグロテスクなシーンに果敢に挑戦しています。また、その迫真の演技自体も高く評価されました。

「渡る世間は鬼ばかり」でえなりかずきの恋人役を熱演!

えなりかずきさんとのドラマ内での恋愛関係を、しばらくの間ネタにされる原因となった「渡る世間は鬼ばかり」にも出演。渋谷飛鳥さんは第8シリーズから登場しました。

ドラマ内では東大生として登場し、同じく東大に通うえなりかずきさん演じる小島眞から好意を寄せらます。一時交際関係になりますがその後、破局し別の男性と結婚する事になるという複雑な女心を演じました。

渋谷飛鳥の出演作品は?

あまり女優として売れているイメージのない渋谷飛鳥さんですが、これまでに数多くのドラマや映画に出演しています。代表的なものを紹介していきます。

webドラマ「ウルトラマンオーブ」

特撮ドラマ「ウルトラマンオーブ」のスピンオフとして放送されたwebドラマ「ウルトラマンオーブTHE ORIGIN SAGA」に重要なキャラクターとして出演しています。

渋谷飛鳥さんが演じた「リッカ」は登場する架空の惑星「王立惑星カノン」の王族を護衛する近衛兵です。

拳銃を武器として操り、近衛兵の隊長である「シンラ」の為ならばどんな危険も厭わない、忠誠心あふれるキャラクターでした。

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」

先ほども紹介しましたが、国民的ドラマとして長期間放送された「渡る世間は鬼ばかり」にも第8シリーズから登場、えなりかずきさん演じる小島眞と一時恋人関係になる吉野杏子の役を演じました。

ドラマ「怪奇大家族」

2004年に放送されたホラーコメディドラマ「怪奇大家族」では、渋谷飛鳥さんは主人公家族の長女である忌野恐子を演じました。怪奇現象の類を一切信じない女子高校生というキャラクターでした。

ちなみに長男は現在大ブレイクを果たしている高橋一生さんが演じています。フリーター兄である高橋一生さんとしっかり者の長女渋谷飛鳥さんのやり取りが、今となってはかなりレアな作品です。

ドラマ「ハンチョウ」

2011年には、大ヒット刑事ドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜」の第4シリーズにも出演しています。渋谷飛鳥さんが登場したのは第8話、第11話、第12話で、主人公安積の娘で看護師の安積涼子役でした。

ドラマ「科捜研の女 第15シリーズ」

さらに2015年、同じく大人気のサスペンス物「科捜研の女」の第15シリーズ第3話に容疑者男性の恋人役今西舞として出演しています。

映画「フライ,ダディ,フライ」

2005年に公開され、岡田准一さんと堤真一さんのダブル主演で話題になった映画「フライ,ダディ,フライ」にも出演。渋谷飛鳥さんはメインのキャストではありませんが、三浦直子という役で出演しています。

映画「仮面ライダー×仮面ライダー」

2009年に公開の特撮映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」では睦月安紗美役で出演しています。

この映画の章の一つである「仮面ライダーW ビギンズナイト」でメインに扱われる事件を仮面ライダーWこと左翔太郎らの探偵事務所に依頼する有名歌手というメインに物語に関わる重要な役でした。

国民的美少女コンテスト・グランプリ受賞者は何故売れない!?

ずば抜けて美人な上に性格も良いのに、なぜか売れない渋谷飛鳥さんについて書いてきましたが、渋谷飛鳥さん以外の「国民的美少女コンテスト」グランプリ受賞者達も実はあまり売れていません。

なぜ、数万人の中から厳正な審査の上で選ばれているはずの「国民的美少女コンテスト」グランプリ受賞達が売れないのかを考察して見ましょう。

売れない理由①:個性が強すぎると選ばれづらい

geralt / Pixabay

一つ目は、国民的美少女コンテストのコンセプトが「本来の正統的な美少女とは何か」という点です。これを基準として多数の審査員が出場者達を審査します。

その為、あらゆる角度からみてあまり角の立っていない正統的な美少女が選ばれる傾向があります。自然とキャラの強い個性的な人材は落選してしまう事になり、結果として弱いキャラの美少女が選ばれてしまいます。

確かに、渋谷飛鳥さんはどこからどう見ても美少女ですが、キャラクターとして人の興味を惹きつける圧倒的な要素があったかというと少し弱い印象を受けてしまいます。

売れない理由②:過去の経験を基準に選ぶので、斬新な存在が出てきづらい

国民的美少女コンテストは、1980年台から何度も開催されている伝統的なコンテストです。こうしたコンテストの場合、審査員達はどうしても過去の受賞者達を基準にして選んでしまいます。

すると、過去の受賞者とキャラクターが似通った女性が選ばれてしまう事になり、斬新で新しい存在が出てくる事が無くなってしまいます。

また、見る側としても「あー国民的美少女のグランプリ」ねと最初からそのイメージありきで見てしまう為、最初からそのイメージに当てはめてみてしまう部分もあるかと思われます。

渋谷飛鳥は現在も現在も独身で女優として活躍中!

今回は第8回「国民的美少女コンテスト」にて見事グランプリを獲得。2002年に鳴り物に入りで芸能界入りしながらも、いまいち売れない女優渋谷飛鳥さんについてまとめました。

2019年4月時点で30歳となっている渋谷飛鳥さんですが、現在もその美貌は衰えることを知らず、国民的な美少女としてデビューした頃そのままの美貌で活躍されています。

しかし、現在もまだ結婚はされておらず独身。女優として活動を続けていますが売れているという印象はないのが現状です。非常に魅力的な女優である渋谷飛鳥さんの今後の活躍や結婚発表にも期待したいですね。

第9回国民的美少女コンテストグランプリの河北麻友子に関する記事はこちら

https://career-find.jp/archives/151185

2/2