塩まじないのやり方は?簡単なのに効果絶大!期間や書き方のコツも 占い・スピリチュアル

塩まじないのやり方は?簡単なのに効果絶大!期間や書き方のコツも

目次

[表示]

迷惑な隣人が引っ越しした

3dman_eu / Pixabay

これも縁切りの一種に入る内容でしょう。近隣の住民の騒音で悩んでいた方が塩まじないした結果なのですが。まずはその迷惑な住民の方は「静か」になったそうです。

そしてその後最終的には引っ越して出て行ったそうです。偶然で片付けてしまうこともできますが塩まじないではこうした体験談が数多く寄せられているのが事実です。

塩まじないをする時はどんな時?

geralt / Pixabay

どんな時に塩まじないをするといいでしょう。効果があるからと言って、なんでもかんでも全てをおまじない頼みにするのはどうかと思いますが。ではケースごとに考えてみましょう。

悩み事があるとき

Engin_Akyurt / Pixabay

どんな人でも悩み事はあるものです。すぐに解決できる問題ならばそもそも「悩み」にはなりません。なかなか解決できずにいるから「悩み事」なのです。

こうした際には塩まじないの力を借りて気持ちをすっきりさせることは非常に効果的なことでしょう。すぐに解決とはならなくても悩みに「向き合う」ことで認識が新たになります。

悪い癖を直したいとき

3dman_eu / Pixabay

悪癖というのも努力だけで直せないことは多いです。こうした「内面的」な事象に関しては塩まじないはうってつけのものでしょう。すでに自覚している悪い癖を可視化して浄化させるのです。

これは自分自身を律するためには実に効果的な方法だと思われます。そして成功率も期待できる内容かと思われます。

断ち切りたい人間関係があるとき

Free-Photos / Pixabay

関係を絶ちたい人間関係というのは社会に出ればきっと出てきます。自分から離れることができにくい場合には大きなストレスとなることでしょう。その相手を憎んだり陥れようとするのではなく浄化させましょう。

本来的に塩まじないは「遠ざける」ことが主体のおまじないですから気分が変わることから始まれば良いのです。やがては遠ざかる時が訪れることでしょう。

恋愛関係で悩んでいるとき

Nietjuh / Pixabay

恋愛の悩みも相手あってのことですからなかなか解決しないものの一つです。あれこれと考えこんで落ち込んでしまう前に塩まじないで現状叶っていないことを浄化しましょう。

今「成っていない」ことをダイレクトに書きますから自分が何で悩んでいるかがはっきりすることが大きなポイントです。そこがクリアになり一旦肩の力が抜けると相手からの見え方も違ってくるかもしれません。

相手を変えているのではなく、自分が変わっていけるから叶う願いも多くあるでしょう。

仕事のことで悩んでいるとき

johnhain / Pixabay

仕事についての悩みも当事者でなければわからないものが多いです。ある人にとって何でもないことも自分には悩みの種ということはよくあります。上下関係ではどうにもならないことも多くあるでしょう。

そうした時にも塩まじないで今のネックをまず洗い出すことは重要です。遠ざけたい事象がしっかりと文字で表現できた段階で悩みの本質と向き合えます。後は他力で流したつもりになれば気が楽になります。

もしかすると少しの「余裕」が生まれただけでその悩みも消え去ってしまうのかもしれません。

お金のことで悩んでいるとき

Chronomarchie / Pixabay

お金の悩みは誰しも深刻になる内容の一つです。現状を変えることが難しいように思われたら塩まじないで今どのように困っているのか塩まじないで流します。

収入が足りないということもあり得るでしょうし実はどこかに浪費しているのかもしれません。ですから単に「お金がない」だけでなく、ないからどのような困りごとがあるのかはっきりさせます。

一連の流れで困ったことを「遠ざける」気分が得られればそこから解決の糸口にたどり着けるかもしれません。

塩まじないの効果的な書き方とは?

塩まじないで「紙に書く」時の効果的な書き方は確かにあります。何度か繰り返していますが大原則は願い事を書くのではなく遠ざけたい事象をそのまま否定的に書く事です。

それぞれのケースで書き方について考えてみましょう。

お金に関する悩みの場合

Rilsonav / Pixabay

お金のことで悩むという場合その多くは足りないということに尽きるでしょう。したがってシンプルに書くなら「今お金が足りない」でも良さそうです。しかしこれが事故に遭って保険金が入るでは困るでしょう。

塩まじないは「遠ざける」力を借りるおまじないですからもっと具体的に書いたほうが良いようです。実現の仕方を想定した場合に他人を巻き込んだり想定しえない内容にならないようにします。

比較的簡単にこれをやるなら「私は」という一人称で紙に書く方法は良さそうです。「私は十分なお金を稼げていない」。これなら誰も巻き込みませんし遠ざけるのは今の私ということになります。

宝くじを当てたい場合

jackmac34 / Pixabay

宝くじなどの一種の「射幸心」などに塩まじないが使えるでしょうか。やるとするなら「宝くじが当選しない」と否定的に書くことでよさそうです。ある特別な方法を実践する方のやり方を簡単に紹介します。

宝くじを購入し当選発表まで塩と一緒に冷暗所で保管するのだそうです。清潔で開け閉めの少ない場所が理想とか。そこに湿気ることを避けるためにジップロックで封印した塩を用意します。

黄色か金色の折り紙を用意し色が表になるよう宝くじと塩を包みます。そのままこれを安置し当選発表を待つのだそうです。効果が高いという口コミは事実あるようですよ。

恋愛に関する悩みの場合

DanaTentis / Pixabay

恋愛に関する悩みで塩まじないする場合でも原則は同じです。そうあっては困る現状を書き出し、それを遠ざけるようにすれば良いのです。「○○さんに気持ちが通じない」などで良いでしょう。

しかし恋愛が成就しないことの原因は自分でもっと掘り下げることは可能でしょう。それがあなたの「内気」から来るのか逆に「しつこい」と思われていそうか。この辺りが明確に出ますと浄化もしやすくなります。

実現して欲しい「反対」のことを書くという原則を忘れずに。そして第3者を巻き込むことのないように書ければベストです。

復縁を願う場合

stux / Pixabay

復縁を願う塩まじないもポピュラーです。今叶っていない現実をそのまま書き出します。「○○さんと全く会えないでいる」とか「○○さんと連絡も取れない」など。

このネガティブ要素を「遠ざける」ことができるのなら復縁も可能なものとなりましょう。それ以前に現実と向き合い浄化させる気持ちが持てれば幸福がやってきそうですね。

縁切りや離婚をしたい場合

stevepb / Pixabay

塩まじないそのものがある事象から「遠ざける」パワーを発揮するので縁切りには向いているという説もあります。面と向かって絶縁したいと言えないから悩むのであってそこは塩まじないです。

逆の書き方をするのが原則ですから「○○さんと私はずっと仲が良い」などの書き方で良いでしょう。この時に相手の存在を「消えてほしい」というようなネガティブな願いに傾かないよう注意しましょう。

呪術的な傾向が強まれば、その分代償を被ることにもなりかねません。

嫌いな人を辞めさせる場合

rickey123 / Pixabay

一種の縁切りとも言えますが、嫌いな人が身近にいてどうにかして離れたいと思うことはあるでしょう。実際そうした環境下ではストレスも強く本来無用な我慢が自分の運気ごと下げているかもしれません。

あくまでも塩まじないが「黒魔術」化しないようにここでは進めますので起きてほしい事柄の真逆を書きます。強いて言うなら「○○さんはこのままずっと一緒に居る」というような書き方でしょうか。

一部の塩まじないに関するサイトでは過激なやり方で「相手を消す」ということを紹介しているようです。それらを実践して自分を蔑む結果にならないよう、そこは自己責任でお願いします。

自分に関する悩みの場合

johnhain / Pixabay

自分に関する悩みならば塩まじないは有効な上に無害で済むおまじないになります。そうあってはならない自分の今のありようを書けば良いのです。この行為は現状を可視化し意識させることに繋がります。

塩まじないでその自分の悩みを遠ざける浄化に成功すればきっとすっきりとした気分になれます。おそらく繰り返すことで意識は無意識に変わり自分の悩みを違うものに変えてしまうはずです。

塩まじないでの注意点は?間違えると逆効果?

ndemello / Pixabay

塩まじないで注意することはここまででも触れてきました。間違えますと逆効果になりかねないことも多々ありますので一部重複しますが確認していきましょう。

困っている事や悩み事を書く

johnhain / Pixabay

自分に関する困りごとや悩みを書くのは塩まじないでは非常に有効です。しかし書き方の間違いも起こしやすいので改めて確認しましょう。「願い事」を書くのではありません。

遠ざけ浄化させたい今の事実を書かないと効果がないどころか逆効果になるかもしれません。またその内容も大雑把でなくピンポイントの具体的表現が望ましいです。

塩を多く包みすぎない

LoggaWiggler / Pixabay

大きな効果を期待するあまり、塩を多く包み過ぎることも避けないとなりません。火をつける段階で燃えにくくなってしまい効果が薄くなる可能性もあります。

塩の分量でおまじないの効果が左右されることはありません。ひとつまみで十分なのです。

斜め上の事が起こらないように書く

GerDukes / Pixabay

この「斜め上」という表現は塩まじないにおいてはおそらく最も重要なキーワードです。つまり願いが叶う際に思ってもみなかった不利益を経ることを「斜め上」と言います。

例えば「お金がない」と書き事故に遭遇して保険金が入るとか。あるいは「太っている」と書いて思わぬ病気に罹り痩せたなど願い自体は叶うけども想定外のことが起きる場合があるのです。

これを100%回避する書き方という絶対的なものはないのですがなるべく具体的な書き方にするべきでしょう。

人を不幸にすることは避ける

Free-Photos / Pixabay

もう一つ重要なことは、塩まじないを呪術に近づけるようなことは避けようということです。他人を不幸にすることで自分に運を持ってくるという発想は代償を伴う呪術的発想です。

塩まじないを安全に行うのであれば決して人を巻き込むことのないよう注意した書き方を心掛けたいものです。

塩まじないを行う日はどんな日が良い?

webandi / Pixabay

塩まじないにはそれに適した「お日和」というものが存在します。それは暦の上で確かな意味を持つ日であり、その日を選んで塩まじないすると効能が何倍にもなると言われています。

天赦日

「天赦日」とは字の如く、天の神様から赦し(ゆるし)を頂ける日のことです。暦の上では最良の吉日とされる特異日で、何かを始めようとする日に、何かにチャレンジする日にピッタリです。

塩まじないをしようと思ったら、まずこの天赦日がいつなのか調べると良いでしょう。

一粒万倍日

「一粒万倍日」もおおよそ字の如く、一粒の籾から万倍に当る収穫が得られるとされる吉日です。すなわち成果が平素よりも非常に大きく期待できる日を表すので願掛け・まじないには適します。

ただし「凶」の出来事をも強く生み出す反面もあるとされる日ですからマイナスな要素を多く含むことは避けましょう。

鬼宿日

「鬼宿日」も字の如くで、鬼が宿に籠り出歩かない日とされますので塩まじないには適するようです。これは中国発祥の「28宿」に基づいた暦の考え方で、28日周期で必ず1日訪れます。

塩まじないには適した日とされ他のことでも吉日ですが「婚姻」にだけは向かないとされるようです。

寅の日

「寅の日」は特に金運を招く日とされる吉日です。寅の日が吉日なのには諸説ありますが、「虎は無事に帰ってくる」という意味合いから旅行などには最適ですが婚姻、葬式などには不向きとされます。

塩まじないで金運上昇の願掛けをするとなれば向いている日です。

己巳の日、巳の日

己巳の日(つちのとみ)もしくは、巳の日(みのひ)は干支で「蛇」に当る日です。このため使いの蛇は弁天様に願いを運んでくれる吉日とされています。

したがって金運や芸事に関わる願掛けには向いた日だといえます。

天恩日

天恩日は、天の恩恵を受けられる日を指し多くの人々が幸福に成れる日いう意味があるようです。縁起を担いだ事を合わせてこの日を選ぶと願いが成就しやすくなる吉日とされています。

天の力を借り嫌なことと縁を切り、幸福を手繰り寄せる塩まじないは効果が上がりやすいお日和だと言えるでしょう。

大安などの吉日

俗に「大安吉日」と言われる日はほとんどの物事を開始するに向いた吉日と広く認知されています。塩まじないでもこの日を選べばまず間違いはありません。

不成就日を避ける

「不成就日」とはこれも字の如く、何をしてもまずうまくはいかない日とされています。このようなお日和では何事も成就することが期待できませんから塩まじないも避けるべきです。

NEXT:新月の日
2/3