アンドレイ・チカチーロ(連続殺人犯)とは?事件の詳細や生い立ち 社会

アンドレイ・チカチーロ(連続殺人犯)とは?事件の詳細や生い立ち

目次

[表示]

捜査体制が貧弱だった?

Alexas_Fotos / Pixabay

当時のロシア(ソビエト連邦)は、警察の捜査にコンピューターを導入していませんでした。操作に必要な書類は全て手書きであったため、改ざんやミスの隠蔽も容易にできたのです。

また、まだ食糧難が続いていたことから、警察は犯人よりも食料の確保に興味があったとも言われ、現在と比べて警察の捜査体制は非常に貧弱であったとされます。

アンドレイ・チカチーロ逮捕後は?

逮捕後のアンドレイ・チカチーロは、非常に捜査に協力的でした。しかし、裁判が始まるとその様子も一変し、被害者遺族の感情を逆なでするような言動を繰り返したと言います。

ここでは、アンドレイ・チカチーロの逮捕後について紹介していきます。

警察による尋問と犯行の自供

Tama66 / Pixabay

アンドレイ・チカチーロを逮捕した後、警察は自供を引き出すために、彼は病院で治療を受ける必要があるということを信じさせるように芝居をしました。

これを信用したアンドレイ・チカチーロは、自分には精神異常者として無罪になる道があるのだと錯覚したと言います。

この警察の策が功を奏して、アンドレイ・チカチーロは、自分犯した殺人の詳細を自供したのです。

アンドレイ・チカチーロの裁判の様子は?異常な態度だった?

12019 / Pixabay

裁判では法廷に鉄製の檻が用意され、アンドレイ・チカチーロはその中に入った状態で公判が行われました。これは、激昂した被害者が、彼に襲い掛かるのを懸念してのことでした。

さらにアンドレイ・チカチーロは、裁判中にズボンを下ろして下半身を露出する、突然歌を歌う、自慰を始めるといった奇行を見せました。これは精神薄弱を演じて、無実を狙ってのことです。

しかし、彼の行為は一層被害者遺族を刺激し、法廷内には遺族の怒号や嗚咽する声が響き、中には鉄の塊をアンドレイ・チカチーロの檻に投げつける者もいたと言います。

アンドレイ・チカチーロは死刑に

Foundry / Pixabay

必死に異常者を演じたものの、アンドレイ・チカチーロの態度はむしろ裁判長を激怒させ、1992年10月には殺人罪で死刑が命じられました。

これに反発したアンドレイ・チカチーロは、この判決を「イカサマだ」と罵り、無実を訴えて上告。これを棄却されたために、エリツィン大統領にまで恩赦を求めましたが、却下されました。

そして、1994年2月14日に銃殺刑に処されたのでした。

アンドレイ・チカチーロの脳は日本人が買い取ったという噂も?

holdentrils / Pixabay

銃殺刑を受ける直前に、アンドレイ・チカチーロは「自分の脳を欲しがっている日本人がいるから、脳は撃つな」と嘆願したと言います。

このような淫楽犯罪の再発を防ぐためにも、自分の脳は資料価値があるという主張でしたが、本当に彼の脳を買い取った人物がいたのかは定かではありません。

Googleがアンドレイ・チカチーロをロストフ国立大学の「優れた卒業生」と紹介?

2018年、Googleで「ロストロフ大学」と検索すると、優秀な卒業生の一覧の中にアンドレイ・チカチーロの名前が含まれていることが話題になりました。

これは、Googleの検索アルゴリズムによるもので、話題の画像やキーワードを検索結果に反映してしまうことから、このような表示がされたと考えられています。

アンドレイ・チカチーロの家族の現在は?息子も殺人犯に?

wondermar / Pixabay

アンドレイ・チカチーロが逮捕された後、連続凶悪殺人鬼の妻、娘、息子の烙印を押された彼の遺族は、どのような生活を送ったのでしょうか?

ここでは、アンドレイ・チカチーロの家族のその後について紹介していきます。

現在、アンドレイ・チカチーロの家族は?姓を変えて新天地で暮らしている?

chapay / Pixabay

アンドレイ・チカチーロの家族は、KGBの計らいで新しい名を与えられて、新天地での生活を始めたと言います。

現在はチカチーロ姓を名乗っていないため、彼の妻と娘に関しては、どこで生活をしているのか不明です。

アンドレイ・チカチーロの息子も殺人犯?

Free-Photos / Pixabay

姓を変えて新天地に越したことで、新しい生活を始められた家族ばかりではなかったようです。

アンドレイ・チカチーロの息子のユーリーは、暴力事件、窃盗と犯罪歴を重ね、2009年には殺人の容疑で逮捕されています。

ユーリー・オドナチェヴァと名前を変えていましたが、父親が連続殺人鬼であったという事実は、彼の人生に大きな影を落とし続けているようです。

アンドレイ・チカチーロの名言まとめ

DADEVAL / Pixabay

凶悪な殺人者やシリアルキラーと呼ばれる人物は、しばしば裁判の中で後世に残るような衝撃的な発言をすることがあります。

ここでは、アンドレイ・チカチーロの名言と呼ばれる言葉を2つ紹介していきます。

アンドレイ・チカチーロの名言は?①:人を苦しめるアイデアが次々に浮かんでくる

Pexels / Pixabay

「人を苦しめるアイディアが次々と浮かんでくる」

これは、弱いものを支配することで満たされない自分の欲求を解消したいと願い続けた、アンドレイ・チカチーロの人生そのものを表すような言葉と言えるでしょう。

アンドレイ・チカチーロの名言は?②:私はこの世で最も悲しみを知っている者です

pixel2013 / Pixabay

「私はこの世で最も悲しみを知っている者です」

この発言は、自分を凶行に追い立てた身の上や、生まれながらの勃起不全というハンディを嘆いてのことを指していると考えられます。

アンドレイ・チカチーロに関係する作品

Free-Photos / Pixabay

アンドレイ・チカチーロは圧倒的な残虐さと異質さから、研究の対象になったり、彼に関する作品が生み出されることも良く見られます。

ここでは、アンドレイ・チカチーロに関わる創作作品について紹介していきます。

映画「ロシア52人虐殺犯/チカチーロ」

「ロシア52人虐殺犯/チカチーロ」は、1995年にアメリカで制作された映像作品で、ローバート・カレンによる小説「子供たちは森に消えた」が原作です。

本作はドキュメンタリータッチで実際のアンドレイ・チカーロの起こした連続殺人事件を描き出しており、アメリカではエミー賞とゴールデングローブ賞の作品賞にノミネートされました。

本「チャイルド44」

「チャイルド44」は、アンドレイ・チカチーロの事件から着想を得たトム・ロブ スミスの小説で、主人公はスターリン政権下で弾圧を受けながら、子供の惨殺事件を追う捜査官となっています。

また、本作は2015年にダニエル・エスピノーサ監督によって映画化もされており、「チャイルド44 森に消えた子供たち」の邦題で、日本でも公開されました。

曲「サイコパシー・レッド」

「サイコパシー・レッド」はアメリカのスラッシュメタルバンド、スレイヤーの楽曲です。2009年に発売されたアルバム「血塗ラレタ世界」に収録されています。

この曲の歌詞はアンドレイ・チカチーロの事件と彼の抱えたコンプレックス、価値観そのものなどをテーマにしており、彼の抱えた病理について深く触れたものとなっています。

アンドレイ・チカチーロはバキのスペックの元ネタになった?

ハンニバル・レクターや映画「IT」のピエロなど、凶悪殺人犯をモチーフにしたキャラクターは複数存在します。

アンドレイ・チカチーロも、漫画「バキ」に登場するスペックのモデルとされており、スキンヘッドの大男という外見は、逮捕後に頭を剃ったアンドレイ・チカチーロを連想させます。

アンドレイ・チカチーロと並ぶシリアルキラー?アルバート・フィッシュとは?

アルバート・フィッシュは、アメリカ合衆国の犯罪史上に残る連続殺人犯で、数多くの児童を惨殺し、時にはその死体を食べたことで知られます。

犯行の内容がアンドレイ・チカチーロと似ているだけではなく、アルバート・フィッシュも異常な性癖を持っており、子供に鞭で打たれたりすることを好んだと言います。

また、アンドレイ・チカチーロが「赤い切り裂き魔」と呼ばれたのに対し、アルバート・フィッシュは「グレイマン」と呼ばれていました。

まさにおそロシア!その他のロシアの凶悪殺人鬼を紹介

johnhain / Pixabay

広大な土地と複雑な歴史的背景を持つゆえか、ロシアにはアンドレイ・チカチーロ以外にも世界の犯罪史上に残るような凶悪殺人鬼が存在します。

ここでは、ロシアの凶悪殺人鬼の中から、特に有名な人物3人について紹介していきます。

アレクサンドル・ピチュシキン

アレクサンドル・ピチュシュキンは、モスクワのビツァ公園でホームレスを中心に少なくとも48名を殺害したとされる凶悪殺人鬼です。

被害者をチェスの駒に見立てて、人を殺した後はチェス盤にコインを置いていたと言われ、マスの数に相当する64人を殺害することを目的としたと考えられていました。

しかし、後に無限に人を殺したかったと発言しており、残虐性などから見ても、彼はアンドレイ・チカチーロをリスペクトしているのでは?という見解もありました。

アレクサンドル・スペシフツェフ

アレクサンドル・スペシフツェフは、母親と結託してストリートチルドレンの少女を家に連れ込み、殺人を繰り返したという凶悪殺人鬼です。被害者の数は少なくとも20人に上ります。

親子で一緒になって殺人に興じるという異常性もさることながら、彼もアンドレイ・チカチーロ同様に、殺害した相手の肉を食べていました。

このことは我々日本人からすると信じられない行為ですが、ロシアの殺人鬼の中にはカニバリズムを好む者が多いとされ、あまり驚くようなことではないようです。

ミハイル・ポプコフ

ミハイル・ポプコフは警察官でありながら、1992年から2000年までの間に81人もの女性を殺害するという、アンドレイ・チカチーロ以上の被害者を生み出した殺人鬼です。

街から薄汚い売春婦を一掃したかった、と犯行動機を語っていますが、被害者の中には弘通の主婦やOL、学生も多数含まれており、この供述の信ぴょう性は疑われています。

また、拷問を行ってから殺害したと思われる死体や、殺害後にレイプされたことが分かる死体もあり、性病から勃起不全になったことで殺人をやめたとも自供しています。

ソビエトの闇 アンドレイ・チカチーロ

Comfreak / Pixabay

父親が連続殺人犯という生い立ちから、自分の処刑後に息子まで殺人犯になっていたという、アンドレイ・チカチーロ。

彼は、逮捕後に妻に対して「治療を受けていればよかった」と発言していることから、勃起不全さえなければ人生を誤らずに済んだという気持ちが強かったと思われます。

遺族の中には、被害者を偲びながら、裁判時に謝罪の言葉一つなかったアンドレイ・チカチーロを深く恨んでいる方も、多くいることでしょう。被害者の方々のご冥福を祈らずにはいられません。

2/2