アンパンマンのチーズとは?声優や彼女は?意外と知らない情報まとめ おもしろ

アンパンマンのチーズとは?声優や彼女は?意外と知らない情報まとめ

幼児期の必修科目!とまで言われるアンパンマンに登場する、めいけんチーズ。グッズも多数販売されているチーズですが、レアチーズちゃんという彼女がいて、実は超有名声優が演じていることをご存知ですか?意外と知られていないアンパンマンチーズの情報をまとめました。

目次

[表示]

アンパンマンに登場するチーズとは?名犬?

947051 / Pixabay

アンパンマンをつくったジャムおじさんのパン工場にいるチーズ。チーズというのは実は略称で、正式には「めいけんチーズ」という名前なんです。

チーズのどのようなところが名犬なのでしょうか?ここではアンパンマンチーズの基本的なプロフィールを紹介していきます。

色んな意味でめいけんのチーズとは?パン工場のペット?

チーズは1988年10月3日生まれの雄の犬です。パン工場のペットのようなポジションで、二足歩行で歩き、人間の言葉を理解できるうえに筆談もできます。

また、ジェスチャーで意思を伝えることもでき、前脚で生地をこねてパン作りを手伝うことも。犬らしく優れた嗅覚でさらわれた仲間を見つけたこともあり、めいけんの名に恥じない活躍ぶりを見せています。

チーズはいつから登場している?アンパンマンの顔を初めて食べたキャラクター?

チーズはアンパンマンの第1話から登場しているキャラクターです。アンパンマンの第1話では、ジャムおじさんによってアンパンマンが誕生し、同じ時期にバイキン星でライバルのバイキンマンも誕生します。

チーズはアンパンマンが森で出会った迷子の犬として登場し、お腹を空かせたチーズにアンパンマンは自分の顔を食べさせます。

これがアンパンマンとチーズの出会いであり、アンパンマンが作中で初めて自分の顔を食べさせた相手もチーズだったのです。

基本的には話さずバタコさんが通訳!コミュニケーションに問題はない

基本的にチーズは人間の言葉を話さず「アン!」という鳴き声を出すだけです。しかし、アンパンマンの仲間たちはチーズの言っていることが理解できるため、コミュニケーションに問題はありません。

特にバタコさんはチーズの言わんとしていることが分かるようで、通訳をしている姿も良く見られます。

また、どうしても伝えたいことがある場合は物まねやジェスチャーを駆使して、意思伝達を図ることもあります。

チーズにはレアチーズちゃんという彼女がいる?

3dman_eu / Pixabay

犬でありながらアンパンマンやジャムおじさんを差し置いて、チーズにはレアチーズちゃんという彼女がいます。レアチーズちゃんはアンパンマン達が住む町にある小学校に通う、ウサコちゃんの飼い犬です。

グッズやイラストも多数存在

チーズはアンパンマンのキャラクターの中でも人気が高く、グッズやイラストも多数存在します。特にぬいぐるみは種類が豊富で、大きなものでは全長55cmというものも販売されています。

意外と知らないチーズの情報

人間さながらの能力を持つチーズですが、実はチーズにはあまり知られていない能力や設定がまだまだあります。ここでは、アンパンマンチーズの知られざる一面について紹介していきます。

実は話すことができる?

アンパンマンの作者のやなせたかしさんによると、実はチーズは話すことができるのだそうです。

実はチーズ、アンパンマンの絵本の中では人間の言葉を話すシーンがあります。初期の作品では、チーズは人間の言葉の語尾に「ワン」をつけるという話し方をしていました。

なぜ話さない?作者やなせたかしさんのコメントで理由が明らかに!

人間の言葉を話せるのに話さないとなると、何か深い事情でもあるのかと思いますよね。しかし、作者のやなせたかしさんによるとチーズが人間の言葉を話さないのは「話す必要性がないから」なのだとか。

なんともシンプルな理由ですが、実はチーズは普段は二足歩行なのに疲れた時は四足歩行になるなど、無理をして人間らしく振舞っているのかと勘繰らせるような描写もあります。

「あん、あ~ん!」で言いたいことを察してもらえるのなら、その方が楽なのかもしれません。

犬種は「名犬」

skeeze / Pixabay

スヌーピーはビーグル犬、サンリオのポムポムプリンはゴールデンレトリーバーといったように、犬のキャラクターの中には犬種まで設定されているものが複数見られます。

ではチーズは何犬なのかというと、犬種そのものが「名犬」なのだそうです。名犬とはチーズの活躍を称えてつけられたものではなく、チーズの御先祖様も名犬で、世襲制のものだったのです。

バイキンマンが送り出したスパイだった?

実はチーズは当初、アンパンマンの永遠のライバルであるバイキンマンと一緒に暮らしていました。

しかし、犬嫌いのバイキンマンはチーズを追い出すために彼にアンパンマンのスパイをするように命じ、パン工場に向かっていたところをアンパンマンに保護されたという過去があります。

そこでバタコさんたちパン工場の人々の温かさに触れてバイキンマンを裏切り、パン工場で暮らすようになったというドラマチックな経歴を持っているのです。

声優はカバオくんと同じ

チーズの声優は、ブラッド・ピッドやジム・キャリーなどの日本語吹き替えも演じている山寺宏一さんが担当しています。

実は山寺宏一さんはチーズ以外にもアンパンマンやカバオくん、かまめしどんとアンパンマンのアニメ作品内で3役を演じているのです。

さすが「七色の声を持つ男」と呼ばれるだけあり、同一人物が声を当てているとは思えないほどの演じ分けです。

原作のチーズはバタコさんに惚れてパン工場から離れなかった

アニメ同様に、バイキンマンの元からアンパンマンに送り込まれた原作のチーズ。原作ではアンパンマンが犬嫌いで、嫌がらせのためにバイキンマンがチーズを差し向けました。

しかし、犬を手なずける術に長けたバタコさんがチーズを懐柔してしまいます。そしてチーズはバイキンマンを裏切ってバタコさんの元、つまりパン工場に居着いてしまったのです。

これに気をよくしたバタコさんは、チーズを飼えないかとジャムおじさんに頼みます。おじさんはアンパンマンの反対をスルーして、「今年は戌年だから」という理由でチーズを飼うことを許可しました。

チーズが二足歩行になったのは’93シリーズの頃から?

二足歩行がデフォルトになっているアニメシリーズのチーズですが、最初は普通の犬のように四足歩行でした。この切り替えがあったのが、’93のシリーズと言われています。

どうやらこのシリーズの最後のエピソードで、突然二足歩行に切り替わったようです。

めいけんチーズがめいけんと言われる理由とは

danfador / Pixabay

チーズが「めいけんチーズ」と呼ばれるのは犬種が名犬だからなのですが、チーズの物語への貢献度を見ると名犬の名に恥じない働きをしていることが分かります。

ここでは、チーズの名犬ぶりが分かるエピソードを紹介していきます。

何でもおいしく食べる上にパンも作れる

チーズは辛いもの以外は何でも食べることができるうえに、パン工場の失敗作から高級料理まで、どんなものでも同じようにおいしく感じて喜んで食べてくれます。

アンパンマンの視聴者層を考えると、好き嫌いなく何でも食べるキャラクターというのは食育にもってこいの性格と言えるでしょう。

また、チーズは前脚でパン工場の手伝いもしており、前脚でパンをこねる様子も見られます。流石に前脚の消毒はしていると思いたいですね。

アンパンマン号やチーズバケット号・バイキンUFOなどの操縦テクニックも一級品

アンパンマンの新しい顔を作らなければいけなくなった時など、ジャムおじさんが席を離れなければいけない際には、チーズがアンパンマン号を操縦することがあります。

ジャムおじさんからは「頼んだよ、チーズ」と声を掛けられることも多く、全幅の信頼を寄せられていることが分かります。

高機能で知られるバイキンUFOを翻弄できるほどの運転テクニックを持ち、愛機の「チーズバケット号」という飛行機の操縦もできます。

決断力や知略・洞察力にも優れている

普段はペットという立場もあってか、アンパンマンたちから少し低く見られてる感が否めないチーズですが、ここぞという時の決断力は仲間の中でも群を抜いています。

バイキンマンの変装にもいち早く気が付くことができるという優れた洞察力を持ち、バイキンマンに攫われた人の救出にも率先して向かおうとするなど、勇敢な面も見られます。

戦闘員としても有能

元は一つ屋根で暮らしたという因縁があるせいか、チーズはジャムおじさんやバタコさんたちと比べて、バイキンマンに対するあたりが非常にきついです。

姿を見ただけでも警戒して吠える様子も見られ、パン工場にバイキンマンが近づいた際には、噛みついて撃退することもありました。

クリームパンダちゃんの保護者的役割も担っている

やんちゃできかん坊な性格で、アンパンマンたちの弟分的な存在のクリームパンダちゃん。

無茶な言動も多いクリームパンダちゃんを宥めたり、励ましたりするチーズの様子もよく見られ、まだ小さいクリームパンダちゃんの保護者的な役割も果たしています。

クリームパンダちゃんが「お姉ちゃん」と呼んで慕うメロンパンナちゃんも、同じように教育係的な役目を持ちますが、チーズの言うことにはより素直に従うような描写が見られます。

チーズには彼女がいた?チーズの彼女情報!

pixel2013 / Pixabay

チーズには彼女がおり、ジャムおじさんやバタコさんたちも公認の仲となっています。

ここでは’96シリーズから登場するようになったアンパンマンチーズの彼女、レアチーズちゃんについて紹介していきます。

チーズの彼女は「レアチーズちゃん」画像は?いつから彼女になった?

上の画像のピンク色の犬が、チーズの彼女であるレアチーズちゃんです。レアチーズちゃんはアニメのアンパンマン第377話「チーズとレアチーズちゃん」で初登場したキャラクターです。

この話で2匹は出会い、チーズがレアチーズちゃんに一目惚れをしたことによって交際が始まりました。

レアチーズちゃんの飼い主はウサギの女の子「ウサコ」

レアチーズちゃんは、アンパンマンやチーズが暮らす町の小学生、ウサコちゃんの家で飼われています。飼い犬といっても1匹で出歩いていることも多く、気ままな生活をしているようです。

レアチーズちゃんの犬種は?

nanoom / Pixabay

アンパンマンの公式サイトによると、レアチーズちゃんの犬種は「マルチーズ」となっています。

しかし、1998年に出版された「アンパンマン大研究」では、「コッカー・スパニエル」となっており、どちらが本当なのか定かではありません。

レアチーズちゃんはお菓子を作れる?

KRiemer / Pixabay

チーズがパンを作れる一方、レアチーズちゃんはお菓子を作ることが得意らしく、メロンパンナちゃんたちとお菓子作りをするシーンも見られます。

飼い主であるウサコちゃんもお菓子作りが趣味なのですが、チーズと同じように飼い主を手伝っているうちに得意になったのでしょうか?

レアチーズちゃんはチーズのためにパンやお菓子を作ってデートに持ってくることもあり、女子力の高さをうかがわせます。

二足歩行も可能?

レアチーズちゃんも、チーズ同様に二足歩行が可能です。それどころかチーズと一緒にスケート靴を履いて、アイススケートをするエピソードさえあります。

二足歩行以外にも、飼い主のウサコちゃんが風邪を引いた際には看病をするなど、チーズに引けを取らない名犬ぶりを発揮しています。

チーズの遅刻癖に困っている?

Free-Photos / Pixabay

人間であれば相当ハイスペックであるチーズですが、唯一の欠点として時間にルーズな性格が挙げられます。

この欠点は、特にレアチーズちゃんとのデートの待ち合わせで発揮されることが多く、レアチーズちゃんとの喧嘩の原因になることもあります。

チーズとて犬なので、時間の感覚がアバウトなのは仕方ない気もしますが、レアチーズちゃんが何故か時間に正確なため、2匹の間で問題になってしまうようです。

アンパンマンのチーズのグッズや食べ物を紹介!

blickpixel / Pixabay

チーズはアンパンマンの登場キャラクターの中でもトップクラスの人気を誇ります。そのため、幼児から大人まで欲しくなってしまうようなグッズもたくさん販売されています。

ここでは、アンパンマンチーズのグッズやキャラ弁について紹介していきます。

チーズのぬいぐるみ?

人気キャラクターだけあって、チーズはぬいぐるみの種類も豊富です。アンパンマンのターゲット層である幼児が持ち歩けるようなサイズのものから、抱き枕として使えるサイズまで展開されています。

NEXT:チーズのおもちゃ?
1/2