おっとい嫁じょとは?鹿児島県大隅半島のヤバイ風習?事件の内容は? エンタメ

おっとい嫁じょとは?鹿児島県大隅半島のヤバイ風習?事件の内容は?

おっとい嫁じょという鹿児島県大隅半島で行われてきた風習であるとされている強姦致傷事件が1959年に起こりました。既に犯人は逮捕されているものの、地元住民が嘘をついて昔からある風習であると嘆願書まで出されていたのです。これらのヤバイ風習について、調べてみました。

目次

[表示]

鹿児島県大隅半島の奇習?「おっとい嫁じょ」がヤバイ

Counselling / Pixabay

「おっとい嫁じょ」は、鹿児島県大隅半島の北部にある肝属郡串良町(現在の鹿屋市)でかつて行われていた風習です。

簡単に言うと「おっとい嫁じょ」とは「誘拐婚」、つまり女性を誘拐して無理やり結婚させるという人権を無視した奇襲と言えます。

事件に発展したこともある「おっとい嫁じょ」という風習の概要を見ていきましょう。

おっとい嫁じょとは?行われていた場所や読み方は?

Myriams-Fotos / Pixabay

鹿児島県大隅半島の肝属郡串良町で行われてきた「おっとい嫁じょ」は「おっといよめじょ」と読み、意味は「嫁盗み」であるようです。「オツトリ嫁」と呼ばれることもあります。

鹿児島の方言で盗むを「おっ盗る(おっとる)」と言うそうなのですが、その「おっとる」が訛って「おっとい」となり、この「おっとい嫁じょ」となりました。

おっとい嫁じょでは、女性を強姦して妻にする?

この「おっとい嫁じょ」が危険な風習と言われていた理由は、結婚に同意してくれなかった若い女性を強姦して傷物にし、結果として泣く泣く結婚に同意させるというものだったからです。

現在よりはるかに貞操観念が強かったため、強姦されてしまい、いわゆる傷物になってしまった女性は他に嫁の貰い手がなくなってしまうことが原因のひとつでした。

犯罪行為以外の何ものでもない「おっとい嫁じょ」という悪習ですが、かつての日本ではこのような人権を無視した誘拐婚の風習は全国に点在していました。そのため、「おっとい嫁じょ」も黙認されていたのです。

おっとい嫁じょはいつまで行われていたの?現在は?

annca / Pixabay

鹿児島県大隅半島で戦前まではこの「おっとい嫁じょ」が行われてきたと言われていますが、現在は当然ながら「おっとい嫁じょ」は行われていません。

世界的に見るとキルギスの「アラカチュー」など、誘拐婚の習慣が残っている地域はありますが、日本国内には現在の時点で誘拐婚を推進している地域は存在しません。

「おっとい嫁じょ」が知られるようになった理由は?

MichaelGaida / Pixabay

鹿児島県大隅半島の一部地域でひっそりと受け継がれていた悪しき風習である、この「おっとい嫁じょ」はなぜ、世間に広まってしまったのでしょうか。

通常であれば、自分や自分の娘がこのような被害に遭ってしまった事実を世間に公表したいとは思わないはずです。

おっとい嫁じょが広まる原因となったのは、1959年の強姦事件

Free-Photos / Pixabay

1959年(昭和34年)に鹿児島県肝属郡串良町で、「おっとい嫁じょ」という奇習を利用した男が、友人とともに女性を襲うという事件が発生しました。

その加害者が強姦致傷罪で逮捕された後に、裁判で「自分が行ったのは強姦ではなく、おっとい嫁じょという地域の風習だ」と自分の行いを弁護したのです。

これによって「おっとい嫁じょ」という誘拐婚の風習が存在した、という事実が全国に知れ渡ることとなりました。

事件の内容は?

panajiotis / Pixabay

婚期を迎えていた男性が当時二十歳の女性を義理の兄に紹介され、その男性は女性に一目惚れをし、出会ったその場で結婚を申し込みました。そしてそのあとも更に2回結婚を申し込むこととなります。

しかし、結果は断られてしまうのです。けれどどうしても諦められなかったその男性は、昔ながらの風習である「おっとい嫁じょ」を決行することを思いついてしまいます。

犯行のあった日、被害者女性の勤務先である職業安定所で待ち伏せた加害者は、女性が出てきたところを拉致してタクシーに乗せて近隣の食堂に連れて行き、結婚を承諾するように執拗に迫りました。

Pexels / Pixabay

初対面の相手との結婚など承諾できるはずもない女性が拒否すると、加害者は諦めたような素振りを見せ、自宅まで送ると嘘をついて女性を再度タクシーに乗せ、知人の家まで連れて行ったのです。

車から下ろしてくれと懇願する女性を無視して知人の家に連れ込んだ加害者は、女性を強姦。従兄とその叔父までもが強姦に加わったとされます。

犯行現場となる部屋を貸した人はもちろん「おっとい嫁じょ」に使用されることを知って貸していたため、この犯行には4人の加害者がいたと言えます。

おっとい嫁じょは慣習?逮捕された男性に地元住民から情状酌量の嘆願書が

Free-Photos / Pixabay

「おっとい嫁じょ」の慣習では、強姦された女性本人とその両親が結婚の挨拶をしに男性宅へ行くことが習わしとなっていたのですが、被害女性は加害者宅には向かわずに警察へ被害を訴えました。

女性の行動は至極当然のものですが、加害者の男性が逮捕されると、なんと地元住民から男性への情状酌量を求める嘆願書が提出されたのです。

肝属郡串良町の住民からは「おっとい嫁じょ」は昔から地元に伝わる風習でなんら悪いことではないという声まで上がっていたうえ、これらの声の主には地元の学校の校長までもが含まれていたそうです。

裁判では弁護側が無罪を主張!

succo / Pixabay

さらに驚くことに、弁護人は『この「おっとい嫁じょ」を違法だという認識は加害者の男性にはなかった』と、加害者側は無罪であるとの主張をしたのです。

加害者の男は「自分の両親もおっとい嫁じょで結婚をした」等と発言し、地元の風習に則っただけなのに有罪とされるのは納得がいかないと訴え、これを根拠に弁護士も無罪放免を求めたのでした。

また加害者男性は「自分が有罪ならば、これまでおっとい嫁じょで結婚をした人間も全員逮捕すべきだ」との主張を繰り広げ、この無茶苦茶な主張が原因となって「おっとい嫁じょ」の習慣が知れ渡りました。

おっとい嫁じょをした男性への裁判の判決は?

3839153 / Pixabay

しかし鹿児島地検は、犯人の男性らには「おっとい嫁じょ」の違法性を認識していたとして懲役3年の判決を下すこととなりました。

供述の中で加害者は、「おっとい嫁じょ」が地域の風習であったとしても反社会的で違法性のある行為だと認識していた、という趣旨の発言をしていたため、有罪判決を受けることとなったのです。

この裁判、そして判例から「おっとい嫁じょ」は鹿児島県肝属郡串良町という場所に存在した誘拐婚の風習として、後世にまで知られるようになってしまったのでした。

おっとい嫁じょが強姦で嫁盗みの慣習というのは嘘?伝統行事だった?

small0080 / Pixabay

1959年に「おっとい嫁じょ」であると思われる事件が発生してしまい、そして判例から鹿児島県大隅半島ではこの悪しき風習が町ぐるみ、村ぐるみで行われてきたという噂が全国的に広がることとなりました。

しかし、実はただ強姦して無理矢理に嫁にしてしまうという酷い内容のものではなく、強姦が公然と行われていたのは嘘だとの説もあります。

おっとい嫁じょが地元で慣習化は嘘?伝統行事だった?

DeltaWorks / Pixabay

この「おっとい嫁じょ」が鹿児島県大隅半島で行われてきたことは事実のようなのですが、実は新婚の夫婦に対して行われている伝統行事だったという声が出てきているのです。

村の子どもたちが新婚夫婦の自宅へ行き「嫁を出せ」「嫁をよこせ」などと言い、それを夫が追い返すといういわゆるハロウィンのような伝統行事であるとも言われています。

1959年に起こった事件から、この「おっとい嫁じょ」が女性を侮辱する酷い習慣であるとして全国的に広まってしまったらしいのです。

「おっとい嫁じょ」は恋愛結婚を押し通すための手段だった?

Free-Photos / Pixabay

結婚を承諾しない女性を攫って強姦したという点から、非人道的なイメージの強い「おっとい嫁じょ」ですが、実際には相思相愛の男女が結婚をする最終手段としても利用されていたといいます。

明治時代以前の日本では、結婚は本人の意志よりも親同士、家同士の利害関係で決まるケースが多くありました。そのため、親の反対を押し切って結婚を認めさせるためには既成事実をつくるしかなかったのです。

rkarkowski / Pixabay

恋人との結婚を認めさせるために、交際関係にあった男女が共謀して「おっとい嫁じょ」を利用して、強姦犯と被害者を装ったこともあったとされます。

想い合っているけれど結婚することが許されない男女が「夜這い」のような形で女性の家に忍び込み、しかも女性もその男性を心待ちにしていたものが「おっとい嫁じょ」の実態だとする意見もあります。

家同士が「おっとい嫁じょ」を仕組むこともあった?

また、がかつての日本では娘を嫁に出すのにも持参金や結納金といったお金が必要であったため、貧しい家に生まれた娘は結婚をすることもままなりませんでした。

そこで貧しい家庭の娘を嫁に出すために、家同士が話し合って「おっとい嫁じょ」を行うこともあったといいます。

通常の結婚であればお金がかかりますが、誘拐婚ならば仕方なく結婚することになったという体をとれるため、婚姻費用を一切かけずに娘を嫁に出せたのです。

おっとい嫁じょの真相は?判例が原因で誤解された?

1959年に起こったこの事件をなんとか事なきものにしたいという地元の住民らが、「おっとい嫁じょ」を引き合いに出して加害者の男性は悪くないという言い訳をしていたという可能性もあるようです。

しかし、本当に昔から「おっとい嫁じょ」が強姦の末に無理矢理結婚してしまう悪しき風習だったのか、伝統行事的に行われてきたものだったのかは、公的文献も残っていないため知る人はいない様子です。

ただ1959年の裁判の判例だけはしっかりと残っているため、この事件の加害者の主張から「鹿児島にはおっとい嫁じょという悪習があった」という印象だけが強く残ってしまったとも指摘されています。

おっとい嫁じょは鹿児島だけじゃない?全国的にもあった風習?

sofi5t / Pixabay

1959年に鹿児島で事件となってしまったために、鹿児島県大隅半島で昔から行われてきた風習であると言われている「おっとい嫁じょ」ですが、実は全国的に行われてきたことだったようなのです。

どういったことなのか、詳しく調べていきたいと思います。

誘拐婚が行われた事例は?平安時代や戦国時代にも?

tmooyy / Pixabay

平安時代には源俊房と嬛子内親王が、この誘拐婚の末に結婚をしたと言われています。また、戦国時代には徳川秀忠の娘の千姫が誘拐婚を余儀なくされた千姫事件が起こっています。

柳田國男の著書に登場する「ボオタ」

rawpixel / Pixabay

柳田國男の著書では、明治時代初期の大阪で「オボタ」が行われていたという記述が見られます。「オボタ」の意味は「奪った」であり、経済的な事情から結婚が難しい場合に行われてきました。

女性は自ら着飾って男性を自宅で待ち、男性が現れて黙って女性を家から連れ出します。「オボタ、オボタ」と大声で叫びながら男性の家に向かうのだそうです。

後日、仲介の物を挟んで親子が対面するという形を取るようです。同じような風習が長崎や博多でも行われてきたといいます。

高知県大豊町の誘拐婚「かたぐ」

pixundfertig / Pixabay

高知県大豊町でもこの誘拐婚が「かたぐ」という名前で呼ばれており、行われてきました。想い合っているけれども両親の承諾が得られなかった場合に「かたぐ」が利用されてきたのです。

男性が女性を連れ出す際に、自宅へ直接連れていくのではなく、家の名に瑕を付けないようにと一度仲介をしている人物の自宅へ連れて行きます。

そのあと両親の元へと交渉へ行くことにより、この「かたぐ」は成功する確率が高かったそうです。

京都では逮捕事例も

WikimediaImages / Pixabay

1928年の京都では知人男性が好きになってしまった女性を拉致するのを手助けしたとして逮捕される者まで現れました。

被害者の女性が母親と一緒にいるところを、その女性が身に着けていた羽織を頭の上から多い被せ、数人の男性で担いで運んでしまおうという計画でした。

しかし、女性が暴れまわって逃げ出すことができたため、未遂に終わっています。その結果として逮捕者が出ました。

現在も、誘拐婚が行われている国がある

現在もこの誘拐婚が行われている国は存在しています。エチオピアやグルジア、ネパール、中国などその他の国でも行われているようです。

ネパールでは児童婚が行われており、幼い女児が誘拐されています。そして中国では人身売買のブローカーにより、国内外問わず結婚をする目的で女性が誘拐されていると言われています。

中でも最も有名なのが、『あいのり』のシーズン2でも紹介されたキルギスの誘拐婚「アラ・カチュー」でしょう。放送時には公然と誘拐婚が行われていることに、恐怖を訴える視聴者も少なくありませんでした。

日本には、他にも様々な奇習が!

B_Me / Pixabay

鹿児島県大隅半島で行われてきた悪しき風習の「おっとい嫁じょ」をご紹介してきましたが、日本にはまだまだたくさんの驚くべき風習が存在しています。

その一部をご紹介していきたいと思います。

岩手県を中心とする東北の奇習「オトリアゲ」

AG2016 / Pixabay

岩手県を中心とした奇習の「オトリアゲ」という風習は「隠し念仏」という秘密主義を持った民間信仰の入門の儀式として行われてきました。

入信希望者が導師の自宅へ行き、「南無阿弥陀仏」「助けたまえ」と何度も何度も唱えます。疲弊して息切れしてもなお続けなくてはいけないそうで、それでも続けると酸欠状態のようになり頭がぼーっとしてきます。

すると導師が「助けた!」と叫び入信者の口を鏡で反射させた光で照らします。そうすると入信者の身体に仏が入ったとされます。この儀式の内容を口外すると地獄に落ちると導師に言われて儀式が終了するそうです。

栃木県の奇習「お連れ様」

Schwoaze / Pixabay

結婚式が執り行われ、披露宴に相当する宴なども終わり、新婚夫婦が初夜迎えるときに新郎と新婦はそれぞれ「お連れ様」と呼ばれる人を新婚夫婦の布団の横に寝かせるのだそうです。

このお連れ様は必ず両親が揃っていることが条件となり、この「お連れ様」の儀式は結婚式と同様に当たり前のように行われてきた風習です。

「お連れ様」が行われてきた栃木県塩谷郡は非常に山深い場所に位置しており、昔からまだ13や14など、若いうちに結婚をして親になることが多かったんだそうです。

長野県の奇習「おじろく・おばさ」

skeeze / Pixabay

長野県上原村(現:長野県下伊那郡)では長男以外の人間は結婚も、家族以外の人間との交流を持つことも許されずに死ぬまで家の中で奴隷のように働かされて過ごすそうです。

男を「おじろぐ」、女を「おばさ」と呼び、他の家に嫁いだり婿養子にならないと家からは出られずに一生を終えることもありました。

昭和40年代までこの人権を無視した奇習がおこなわれてきました。

愛知県の奇習「おえびす様にあげる」

Free-Photos / Pixabay

愛知県では「おえびす様にあげる」という風習があります。新婚夫婦はその結婚初夜に合衾しない決まりとなっています。

これは昔、神官が「蛭子神」の名を名乗り、初夜権を行使していたことの名残であると言われています。

山口県の奇習「梶子」

KELLEPICS / Pixabay

山口県大島郡に位置する情島では、漁船の舵を子供に担わせており「梶子(かじこ)」と呼んでいました。始めは情島の子供を梶子にしていましたが、人手不足から愛媛県から貧しい家の子供を3~5年間雇っていました。

戦後は更なる人手不足となり、孤児などに過酷な労働をさせてきました。朝4時に起床、夜11時に就寝という過酷な状況で、食事もろくに与えられず、失敗すると激しいリンチまでされていたそうです。

宮城県の奇習「おはぐろつけ」

Fotorech / Pixabay

宮城県の一部では今でも行われている「おはぐろつけ」は、結婚が決まった新婦がその結婚前夜に新郎以外の男性と一夜を過ごすといったものです。

新婦の家に男性が潜り込んだり、新婦を外に連れ出したりなどをして行われてきました。新婦の両親や、新郎までもがこの奇習を黙認するんだそうです。

NEXT:8歳で嫁に行った女児がいる!?児童婚とは
1/2