三波豊和の現在は?結婚は?事故にあったことがあるって本当?エンタメ

三波豊和の現在は?結婚は?事故にあったことがあるって本当?

目次

[表示]

10歳で歌舞伎座の初舞台に!父の作品『三波春夫特別公演』に出演

1965年、10歳の時、父の三波春夫さんの舞台に出演し、2年後の1967年にも、「三波春夫特別公演」で、お父さんと共演されています。

1975年、『青春よ翔べ』で歌手デビュー

三波豊和さんは20歳になった1975年に、「青春よ翔べ」で歌手デビューされています。

三波さんは、デビュー曲のキャンペーンで全国をまわられた際にファンから熱烈な応援を受けたのが今でも心に残っているそうです。

キャンペーンで全国を回ったことも

1975年のデビュー曲は「青春よ翔べ」でした。20代前半は歌手としての活動でしたが、その後は俳優・タレントとして方向転換されたようです。

デビュー曲のPRで全国を回った際に、ファンの方から熱烈な支援を頂いたそうです。

2005年「愛知万博」で『世界の国からこんにちは』をキャイーンとカバー

愛知博が平成17年6月に幕開けとなり、その際に、三波春夫ヒット曲の「世界の国からこんにちは」を編曲した「世界の国からこんにちは2005」を「キャイ〜ン」とのデュエットで発表しました。

その後も俳優や歌手として活躍

三波豊和さんは次のような映画作品にも出演されています。

「ラストゲーム 最後の早慶戦」、「みんなあげちゃう」、「雲右衛門とその妻」、「恐怖のヤッチャン」、「あなただけグッドナイト あゝ伝次郎」等です。

2011年には、ミュージカル『レ・ミゼラブル』にも出演

ミュージカルとしては、1985年10月に、ロンドンで初演されたのが始まりです。現在は世界各国で公演されています。日本では1987年6月に東宝により帝国劇場で初公演となり、以降、頻繁に公演されました。

三波豊和さんは、2011年4月から6月までテナルディエ役として帝国劇場で出演されています。

【画像・動画あり】三波豊和の代表作・番組は

三波豊和さんは1955年8月10日生まれで、東京都出身の俳優です。1961年に、TBS『春太郎隠密行状』でテレビデビューしています。1965年『歌舞伎座三波春夫特別公演』にて初舞台を演じました。

そして、1976年『青春よ翔べ』で歌手デビューを果たし。時代劇から現代劇まで幅広く演じ、多くのドラマ・バラエティ番組・情報番組などで活躍中です。

三波豊和の代表曲『青春よ翔べ』

上の動画が「青春よ翔べ」でデビユーした当時のものです。

一番目の歌詞が「折からの 雨をうけ  はおらせた 学生服よ  ふるえつつ この俺をみあげるおまえ 気がかりだけど  男には 翔ばなきゃ ならぬときも あるのさ  恋人よ 勁くなれ・・・  でした。

三波豊和さんが、自身のブログでデビュー当時の思い出を語っています。

はい、私21歳で歌手デビューし唄っておりました。シングル・LP共に何枚か出しました。レ・ミゼラブルの原点がここにあります。時代から言って、もちろんレコードです。CBSソニー所属、郷ひろみ君、山口百恵ちゃんなど数多くのスターを育てた酒井政利プロデューサーでした

(引用:ココログ)

三波豊和の出演作①ドラマ『あんみつ姫』

「あんみつ姫」は、倉金章介さん執筆の漫画作品です。それをもとに映画・TVドラマ・アニメーション作品が作られました、その中の主人公です。

原作は、1949年~1955年迄、光文社出版の「少女」に連載され、またTVアニメ化のタイアップとして1986年~1987年迄、講談社「月刊なかよし」に掲載された竹本泉版があります。

三波豊和さんは、1983年5月にオンエアーされたフジテレビの「月曜ドラマランド」枠の中のあんみつ姫役である「小泉今日子」版に出演されました。

三波豊和の出演作②ドラマ『水戸黄門(第33部〜第35部)

三波豊和さんは、ナショナル劇場のドラマである「水戸黄門 第33部」(2004年4月から9月まで放送)と「水戸黄門 第36部」(2006年7月から12月まで放送)に出演されています。

第33部のストーリーは倒幕を企むむ西海屋の動きを阻止するため、一行は鳥取が旅立つという内容で三波豊和さんは「よろず屋の千太」役でした。

第36部のストーリーは、光圀の孫の利久と京都所司代の娘・菊姫の婚礼に出席するため金沢に向け諸国漫遊の旅に出るという内容です。

BS-TBSで放送決定:現在再放送中!

https://youtu.be/DuN8l2A4560?t=51

『水戸黄門』は、2017年10月~12月までTBSで放送され、主演は武田鉄矢さんで、全部で10話放送されました。そして 第2弾が2019年5月からTBSで日曜に放送されることが決定されました。

 三波豊和さんは2004年から2006年迄、TBSで放送されたシリーズでよろず屋の千太役としてレギュラー出演されていました。

過去の作品は、各テレビ局で再放送されているようです。

三波豊和の出演作③ドラマ『はぐれ刑事純情派』

「はぐれ刑事純情派」は、1988年から2005年までテレビ朝日と東映の共同制作で放映された日本の刑事ドラマ番組です。主演は藤田まことさんでした。スペシャルを含めると全部で444回制作されました。

三波豊和さんは、1997年の「名刺強盗!?消えた妊婦!」と2002年の「死を呼ぶ恋人ごっこ!川辺課長が殺人!?」の2回にわたり出演されています。

三波豊和の出演作④ドラマ『こちら本池上署』

「こちら本池上署」は2002年~2005年までTBS系列の「ナショナル劇場」で放送されたテレビドラマです。主演は高嶋政伸さんでした。原案は、たかもちげん作・やぶうちゆうき画の漫画「警察署長」です。

三波豊和さんは2004年1月放送の第3シリーズ第2回・「葬式サギ師」に出演されています。

三波豊和の出演作⑤ミュージカル『レ・ミゼラブル』

「レ・ミゼラブル」はヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したフランス文学の大河小説です。1個のパンを盗んだ罪で19年間の監獄生活を強いられることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いた作品です。

三波豊和の出演作⑥韓国オリジナルミュージカル「パルレ 洗濯」

三波豊和さんはドラマや数々のテレビ番組の他に、ミュージカルにも数多く出演していることはよく知られています。

「パルレ」を紹介する動画がありますのでご覧下さい。

韓国ソウルで演劇街と呼ばれている大学路(テハンノ)において2005年に初演されたミュージカル「パルレ 洗濯」は人気作品となりました。

日本版公演で三波豊和さんが出演しています。三波豊和さんはミュージカル「パルレ 洗濯」の中でなんと3役を演じた事もありました。

三波豊和の出演作⑦NHK教育『おーい!はに丸(神田くん役)』

「おーい!はに丸」は教育テレビで1983年~88年に放送された幼児対象の教育番組です。2013年の動画がありますので御覧下さい。

番組のあらすじは、ハニワの「はに丸王子」と連れ添う馬のひんべえが、様々な事を行く先々で学んでいく内容でした。

番組終了近くになると、エンディングテーマ曲が何度も変わり、その後も追加されていきました。

その後も根強い人気があり、2014年8月13日には成人向けの新番組「はに丸ジャーナル」として放映されました。はに丸がジャーナリストを演じ、時事問題などを論議しあう内容でした。

NEXT:三波豊和の出演作⑧NHK教育『趣味悠々』
3/4