柴本幸の現在は?独身?結婚した?家族や最新の出演作品情報も エンタメ

柴本幸の現在は?独身?結婚した?家族や最新の出演作品情報も

目次

[表示]

2014年、パパドゥから音研に事務所移籍

jplenio / Pixabay

2014年2月21日、デビュー以来所属していた事務所パパドゥから、母で女優の真野響子さんも所属している事務所の研音に移籍しました。

2018年、台湾ドラマ「フズリナの記憶」に出演

2018年には、台湾ドラマ「フリズナの記憶」に出演しています。台湾と熊本を舞台に、人々が繰り広げる様々な葛藤を描き、それぞれの心の繋がりを求めていく物語です。

「フズリナ」とは、化石に残る原生動物のことで、その場所に刻まれた過去の「記憶」を象徴していて、様々な記憶が映画の中に登場します。このドラマ出演のため柴本幸さんは、ゼロから中国語を勉強しました。

中国語での芝居は面白く、日本語にはない言葉の響きに、今まで体験したことのない感覚を何度を味わったそうです。俳優の金子昇さんも出演しています。

現在はリコーダー奏者としても活躍中

柴本幸さんは、小学校6年生からリコーダーを習っています。高校時代には賞も受賞しており、現在もリコーダー奏者として活躍しています。稽古に通ったり、コンサートにゲスト出演し演奏したりしています。

リコーダーに出会い、日々いかに自分がリコーダーに救われているか、リコーダーの存在の大きさたるや計り知れないと語っていました。

柴本幸の出演作品は?

geralt / Pixabay

日本だけでなく、海外のドラマでも活躍している柴本幸さん、ここからは柴本幸さんの出演作品をご紹介していきます。

ドラマ「相棒 Season 11」

ドラマ「相棒」は、テレビ朝日で2000年から放送されているドラマシリーズです。警視庁の窓際部署「特命係」に所属している水谷豊さん演じる杉下右京と、その相棒が推理力と洞察力を駆使し活躍するドラマです。

Season11より、成宮寛貴さんが甲斐享役として3代目相棒に起用されました。

相棒Season11は、2012年10月から2013年3月まで全19話放送され平均視聴率17.3%と高視聴率の人気ドラマとなりました。柴本幸さんは、第9話と第10話に伏木田真智子 役で出演しています。

大河ドラマ「風林火山」

WikiImages / Pixabay

大河ドラマ「風林火山」は、2007年1月7日から12月16日まで放送された、46作目のNHK大河ドラマです。

武田信玄の軍師として知られる「山本勘助」の生涯を描いた、戦国時代の甲斐国が舞台となった作品です。

主演は内野聖陽さんが務めました。柴本幸さんは、ヒロインの由布姫役を務め、このドラマで女優デビューを果たしました。

ドラマ「Nのために」

Free-Photos / Pixabay

ドラマ「Nのために」は、2014年10月17日から12月19日までの毎週金曜日22時からTBS系「金曜ドラマ」枠として放送されました。

物語の主要人物たちが全員「N」のイニシャルであり、過去と現在を交錯させながら、ある殺人事件の真相を軸に、各人物たちが抱える愛の物語を明らかにしていくという「純愛ミステリー」です。

主演の杉下希美役は、榮倉奈々さんが務めました。柴本幸さんは、宮下由紀役で出演しています。

ドラマ「家政夫のミタゾノ」

ドラマ「家政婦のミタゾノ」は、テレビ朝日系のテレビドラマで2016年10月21日から12月9日まで、第1シリーズが放送されました。

2018年4月には第2シリーズ、2019年4月には第3シリーズが放送されています。女装した家政夫の三田園薫が派遣先の内情を覗き、秘密を暴き家庭を崩壊させ、再生へと導いていく、痛快ヒューマンドラマです。

主演の三田園薫役は、TOKIOの松岡昌宏さんが務めました。柴本幸さんは、第1シリーズでむすび家政婦紹介所の派遣家政婦の1人藤川蘭役で出演しています。

ドラマ「新参者」

ドラマ「新参者」は東野圭吾さんの推理小説を原作にしたテレビドラマです。2010年4月18日から6月20日まで、日曜21時にTBS系の日曜劇場枠で放送されました。1話ごとに主人公となる人物が代わります。

その人物の視点を通じて加賀という刑事の捜査の意図が明らかになり、事件に直接関係ない周囲の人物の小さな謎を解いていくうち、徐々に本来の事件解決が浮かび上がっていくという構成になっています。

主演の加賀恭一郎役は、阿部寛さんが務めました。柴本幸さんは、柳沢麻紀役で出演しています。

ドラマ「dinner」

neshom / Pixabay

ドラマ「dinner」は、2013年1月13日から3月24日まで、日曜21時フジテレビ系の「ドラマチックサンデー」枠で放送されました。

予約3ヵ月待ちの人気イタリアンレストランのオーナーシェフが病に倒れ、地に落ちつつあった最高のレストランに、最低のシェフが救世主として現れ物語が進んでいきます。

主演の江崎究役は、江口洋介さんが務めました。柴本幸さんは、ウエイトレスの本宮恵理子役で出演しています。

ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」

Ichigo121212 / Pixabay

ドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」は、2014年7月16日から9月17日まで、毎週水曜22時に日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されました。

STを守るため、主人公が警察組織とSTメンバーとの板挟みになりながら奮闘する姿を描いたドラマです。主演の赤城左門役は、藤原竜也さんが務めました。柴本幸さんは、女性刑事の筒井桃子役で出演しています。

CM「エーザイ チョコラBB ローヤル」

Pexels / Pixabay

柴本幸さんは、2007年にCM「エーザイ チョコラBBローヤル」の「疲れに届け」編にも出演していました。

映画「私は貝になりたい」

映画「私は貝になりたい」は、2008年11月22日に公開され、中居正広さんが主演を務めたことで話題になりました。福澤克雄監督は、この作品が映画初監督作品となりました。

太平洋戦争の最中、上司の命令で捕虜を刺殺したため、C級線犯として処刑された兵士の悲劇を描いた作品です。

愛する家族と理不尽な引き裂かれ方を余儀なくされる、主人公に挑んだ中居正広さんの、迫真の演技も話題になりました。柴本幸さんは、敏子役で出演しています。

映画「TAJOMARU」

映画「TAJOMARU」は、2009年9月12日に公開されました。「羅生門」の原作となった芥川龍之介の「藪の中」という小説を原作とし、登場人物の一人である盗賊の多襄丸を主人公に作成した

オリジナルストーリーです。時代も設定も、原作とは全く異なるオリジナルストーリーを中野裕之監督がスタイリッシュな映像感覚で紡ぎます。主演の畠山直光(新多襄丸)は小栗旬さんが務めました。

泣きの演技では、小栗旬さんより柴本幸さんに分があったと監督が打ち明けるほどの演技力だったそうです。柴本幸さんは、多襄丸が純愛を貫く阿古姫役で出演しています。

舞台「朱雀家の滅亡」

舞台「朱雀家の滅亡」は、作家の三島由紀夫の戯曲で、2011年9月20日から10月10日まで東京の新国立劇場にて公演されました。

太平洋戦争末期の戦中と戦後2年間の東京を舞台に、堂上華族の侯爵家である朱雀家の承勅必謹と崩壊を、日本帝国の崩壊と重ねて描かれた作品です。

また、柴本幸さんの初舞台作品は、2009年5月新国立劇場で公演された「タトゥー」という作品でした。舞台はテレビと違い、お客さんの反応がそのまま返ってきて新鮮だったそうです。

柴本幸と井森 美幸が似ている?

柴本幸さんと井森美幸さん、似ていると話題のようです。井森美幸さんは、1968年10月26日生まれの50歳です。

15歳の時ホリプロタレントスカウトキャラバンで12万人の中からグランプリを獲得したのは有名なお話です。いつまでも変わらない美貌をお持ちの井森美幸さん。

柴本幸さんと顔立ちを比べてみると、太い眉、目元、鼻筋、口元、全てそっくりでした。お二人とも笑顔が素敵で、美人というよりかわいいという感じではないでしょうか。

柴本幸はゲルマニウム温浴にハマッている!

Pexels / Pixabay

ゲルマニウム温浴とは、温泉とは全く異なる温熱療法の一つです。40度~43度のお湯にゲルマニウムを含む化合物を溶かし、15分~30分ほど手足を浸けて温浴を行う入浴方法のことです。

皮膚からゲルマニウムが浸透し、血液とともに全身を巡ることで体の内側から温まり、短時間で多量の発汗作用を起こします。美容や痩身に用いられるほか、リラクゼーション効果の一環として行われることもあります。

柴本幸さんは、このゲルマニウム温浴にハマっている時期があり、毎日のように通っていたそうです。じっくりと体を温めることで、心身ともにリフレッシュできるそうです。

柴本幸のための「幸~ゆき~」という楽曲が出版!

柴本幸さんは、リコーダーを始めて20年以上のキャリアがあります。2017年10月5日のブログで「幸~ゆき~」という楽曲が出版されることを報告しています。

楽曲の出版に際して、ブログには以下のコメントが投稿されていました。

本当に本当に恐れ多いお話なのですが、師匠のご厚意で「幸-ゆき-」という楽曲が今年の秋出版されます。西部哲哉さんが吉澤先生と私のために作ってくださった3楽章です。

この曲の手書きの初版を受け取った時、譜面の一番上に書かれた自分の名前を見て、こんな贅沢なことあるだろうかと思いました。「幸」という字は一番馴染みのある字だけれど、こんなにもまじまじと眺めたのは初めてかもしれません。

(引用:柴本幸オフィシャルブログ)

このお話があったのは、2016年末だったそうです。この楽器に出会え、何より吉澤先生に出会え本当に良かったと、先生とのご縁の感謝を綴っていました。きっと、柴本幸さんのように素敵な楽曲に間違いありません。

輝き続ける柴本幸

いかがでしたか。俳優一家の柴本幸さん、ご自身も幼い頃からの夢だった女優として、デビューから現在までたくさんの作品で活躍されています。

また、柴本幸さんと黒柳徹子さんとは15年来の文通友達だそうで、両親である真野響子さんと柴俊夫さんとも家族ぐるみでお付き合いをされているそうです。そんな黒柳徹子さんの関連記事もチェックしてみてください。

柴本幸さんの、今後の女優としての活躍とリコーダー奏者としての更なる活躍も楽しみです。

関連する記事はこちら

2/2