タットワの技法とは?やり方や成功のコツは?体験談も?【自己責任】 芸能人

タットワの技法とは?やり方や成功のコツは?体験談も?【自己責任】

異世界へ行く方法として話題になっている「タットワの技法」について詳しくまとめます。正しい方法やその危険性についての説明はもちろん、実際に使用できる画像の紹介、これまでの体験談や実際に試してみたYouTuber達の動画まで詳しく紹介します。

目次

[表示]

タットワの技法とは?異世界に行く方法?

jw210913 / Pixabay

異世界へ行く方法として近年一般的にも知れ渡りつつある「タットワの技法」とは、一体何なのでしょうか?黒魔術とも危険な方法とも言われているタットワの技法について詳しくまとめていきます。

タットワの技法とは?西洋魔術の一環?画像は?

タットワの技法とは、この世界を構成するとされる五大元素を模した図形を用いた瞑想法の1つで、この図形を眺め瞑想する事で異世界への扉が開き、神秘的な空間を具現化して垣間見る事が出来るとされています。

インターネットでは、このタットワの技法を行うための図形を並べた画像が公開されています。上の画像の左の列から右に向けてそれぞれ「火」「地」「水」「大気(風と説明されるが誤り)」「空」表しています。

これらの図形はこの世界を構成すると考えられている「五大元素」を模しており、これを凝視し得た残像を拡大させる事で、異世界への扉が開くと考えられています。元は西洋魔術から考え出された技法だと言われます。

タットワの技法を使えば本当に異世界(二次元)に行くことができる?

KELLEPICS / Pixabay

タットワの技法はかなり古く、19世紀末頃に考え出されたという魔術的な瞑想法ですが、広く一般に知られるようになったのはインターネットが普及してからの事です。

近年では、実際にタットワの技法を試してみた人も多数います。タットワの技法を使って2次元の世界へ行きたいと試みる人もいるみたいですが、これまでに実際に異世界や2次元に行けたという報告は出ていない様です。

しかし、中には奇妙なものを見た、意識がねじ曲がって飛んでいくような感覚を覚えたという人もいるようなので、何らかのスピリチュアル的なエネルギーを持っている可能性があります。

タットワとは?サンスクリット語で真理?

Antranias / Pixabay

そもそも「タットワ(tattva)」という単語は、古代インドなどで用いられた言語サンスクリット語の単語です。普遍的な存在そのものを示す単語で、仏教では「真理」の意味として解釈されています。

タットワの技法とは、この古代インドの思想であるタットワとそれを象徴的に表した図形を用いた瞑想法なのです。

「黄金の夜明け団」の教義が元ネタ?

このインド哲学を基にした思想を取り入れ、西洋魔術の考え方と組み合わせたタットワの技法を考案したのが、19世紀末、ヴィクトリア朝時代のイギリスで設立された隠秘学結社「黄金の夜明け団」でした。

黄金の夜明け団は3人のフリーメイソン会員が設立した結社で、ユダヤ教の神秘思想であるカバラを中心に様々な西洋の神秘主義的思想を研究し秘技を生み出し、メンバーに教授する事を目的に設立されたとされています。

のちには東洋哲学的思想なども組み入れられ、その中で考案されたのが「タットワの技法」だと言われています。

タットワの技法のやり方は?コツはある?

Activedia / Pixabay

続いては、具体的なタットワの技法のやり方やコツなどについても詳しく解説していきます。ただし、体調に変化が出た、奇妙な体験をしたという人も多数出ている方法なので、行うときには十分に注意して行いましょう。

①画像を約1分間凝視する

まずは、「タットワの技法」で用いる図形が並べて描かれた画像を1分から数分間の間、じっと凝視してください。凝視するとは言っても、瞑想する様な気持ちでぼんやりと見つめるのがコツです。

②白いスクリーンをすぐに見る

pixel2013 / Pixabay

じっとタットワの技法の画像を凝視したら、すぐに白い紙などの真っ白なスクリーンへと視線を移してください。するとタットワの技法の画像の図形の残像がぼんやりと浮かび上がっているはずです。

うまく残像が残らない場合は、もう一度図形を凝視するところからやり直してください。

③視界に残像が浮かび上がる

geralt / Pixabay

白いスクリーンに移した視界にタットワの技法の図形が浮かび上がって見える様になるはずです。

④この残像を扉ほどの大きさまで自分の中で拡大する

msandersmusic / Pixabay

続いて、その残像をゆっくりと引き伸ばしていく様なイメージで、自分が通れる扉くらいの大きさまで拡大していきます。

⑤拡大した残像を扉と見立て、その中を通過するイメージをする

xusenru / Pixabay

この拡大した残像を扉に見立てると、扉の向こう側に異世界が垣間見えると言われています。その扉を自分の意識が通過していくのをイメージすると、自分の周囲に神秘的世界が具現化できるとされています。

タットワの技法は危険?行う上での注意点は?

darksouls1 / Pixabay

続いて、タットワの技法の危険性についてや、タットワの技法を行う場合に必ず守らなくてはならない注意点について紹介します。これらを踏まえ、自己責任の上で安全に行なってください。

男の顔が見えて苦しめられたという声も!タットワの技法は危険?

TheDigitalArtist / Pixabay

タットワの技法を実際に行なった人の報告で多いのが、浮かび上がったビジョンの向こう側に男の顔が見えたというものです。

ある大学生はタットワの技法を行なってから、しばらくの間原因不明の頭痛と耳鳴りに悩まされ、ふとするとタットワの技法を試した際に浮かび上がった男の顔が再び頭に浮かび、かなりの恐怖を味わったと言います。

黄金の夜明け全書に注意点が書いてある?

cocoparisienne / Pixabay

この様に、実際に苦しい被害にあった人もいる「タットワの技法」ですが、これを考案した「黄金の夜明け団」が発行した魔術テキスト「黄金の夜明け全書」に行う際の注意点が書かれているので紹介します。

①タットワを始める時、終わる時にお祓いをする

qimono / Pixabay

タットワの技法を行う際と終了した際には、必ずお祓いをすると記載されています。これは気分をリセットする意味合いがあると考えられます。

タットワの技法は瞑想世界に入り込むための技法なので、明確にリセットを行わないと精神状態に異変をきたす恐れがあるためでしょう。

②タットワに入るときと出るときには同じ象徴を使う

ElisaRiva / Pixabay

タットワの技法を用いて異世界へ自分の精神を飛ばす場合には、こちらに戻るときにも同じ様にタットワの技法を使って戻らなくてはならないとされます。必ず同じタットワの図形の象徴を用いる様記載されています。

③やるなら数日おきに1回程度

xusenru / Pixabay

また、タットワの技法を行うペースは毎日行わず、数日に1回程度のペースに止める様に注意されています。タットワの技法はかなりの精神エネルギーを消費すると考えられており、連日行うのは危険だとされます。

④体調不良の時は中止する

Counselling / Pixabay

さらに、体調不良を感じた時には即座に中止する様にとも記載されています。こちらも体調が悪い時に行うと危険性が高いという事でしょう。

⑤あくまで遊び程度にとどめる

Free-Photos / Pixabay

以上が「黄金の夜明け全書」に記載されているタットワの技法を行う際の注意点です。これに加えて、タットワの技法をあまり真剣に本格的に行わない方が良い事も追記しておきます。

タットワの技法は元々の由来がしっかりしている事に加え、大勢が実践して発展してきた技法です。何らかの強いパワーを持っている可能性が高く本格的にのめりこみ過ぎると取り返しのつかない事になるかも知れません。

また、現在ネット上に出回っている方法はかなりカジュアルにアレンジされており、正式な方法ではないとされる為、予想外の危険が生じる可能性があります。あくまでも遊び程度にとどめておいた方が良いでしょう。

タットワの技法で異世界に行けるのは嘘?

qimono / Pixabay

タットワの技法を試してみて、男の顔が浮かび上がるなどの本当におかしな体験をしたという報告は多数上がっています。

しかしこれにはタネがあって、実際にはタットワの技法には魔術的なパワーなどはないとの意見も存在しています。タットワの技法は嘘との説についても詳しく見ていきましょう。

実は嘘で、トリックアートだという説も

TheDigitalArtist / Pixabay

一時期、タットワの技法だと称して奇妙な図形が中高生のグループライン上などで流布されたことがありました。この時流されたのは仮面が並んでいる画像でじっと見ていると不思議な画像が見えるというものでした。

実はこの画像はトリックアートになっており、誰でも凝視していると妙なものが見えるという事だった様です。ただ、肝心のこの画像が現存していない様で、それが如何なるものだったのかは確認できませんでした。

トリックアートは以前もTwitterで流行っていた?

Free-Photos / Pixabay

これと類似した話として、2000年代から2010年代はじめにかけて、Twitter上で「霊感がある人は怖いと感じる絵」という画像が出回りました。

特に怖い要素のない画像なのですが、こちらも人の顔が隠されたトリックアートになっていて、じっと見ているとそれが見えてしまって、怖いモノが見えてしまったと驚くという仕掛けになっていました。

ただ、本物のタットワの技法に関しては、ルーツはかなりしっかりしている技法です。当時の西洋では魔術研究はかなり真面目な学問として取り扱われていました。タットワの技法はその時代の産物なのです。

実践して何も起きなったという声も多い

ijmaki / Pixabay

また、タットワの技法を試してみたけど何も起こらないという声もネット上には多数上がっています。ただ、何も起こらないから嘘と結論づけるのは少し早い気がします。

そもそも現在紹介されているタットワの技法については、かなり簡単にアレンジされたもので、最初に黄金の夜明け団が考案した方法とは大きく違ってしまっているとされています。

元々は1枚の画像ではなく図形を描いたカードを用いて行う技法だった様ですが、その正確な方法については、現在は秘匿されているのか出回っていない様です。

【動画有り】タットワの技法をやってみて成功した人は?YouTuberも?

geralt / Pixabay

さらにここでは、実際にタットワの技法を試した人の体験談、成功例についても詳しくまとめます。タットワの技法には有名なYouTuberも多数挑戦しているのでその動画もあわせて紹介します。

2chなどに体験談が多く寄せられている?成功した人も?

pixel2013 / Pixabay

タットワの技法で実際に異世界へ行ったという報告は未だないものの、奇妙な世界を垣間見たという人からの報告は数多く上がっています。

画像がうねってから海が見えたという人や、図形の背後からモヤモヤした黒い固まりが浮かび上がってきたという体験談があります。前兆としては顔が痙攣する、体が震え出すなどが報告されています。

タットワの技法で実際に異世界へ行った人の体験談

Bessi / Pixabay

実際にタットワの技法を試したら異世界に行ってしまったという体験談を匿名掲示板などで投稿されているのですが、ほとんどが釣り目的の作り話で、信ぴょう性のある内容のものは一切存在していません。

そもそもタットワの技法は異世界へワープする方法ではなく、瞑想して神秘世界を垣間見る方法として考案されているので、異世界へ身体ごとワープするのは不可能ではないかと思われます。

Yahoo知恵袋にも体験談が多数!男性の顔が見え、吐き気がした?

TheDigitalArtist / Pixabay

実際に異世界へ行ってしまった話は作り話だとしても、タットワの技法を試して奇妙な体験をした人は実際に存在しています。多くの体験談に共通するのが男の顔が浮かび上がって体調が悪化したというもの。

ある人物はタットワの技法を行なった後に、首を絞められる感覚になり、同時に異常に強い吐き気に襲われ、救急車で搬送されています。こうした危険もあるので行う際は十分に注意してください。

実践したYouTuberも存在?

続いては、タットワの技法に挑戦したYouTuber達の動画を紹介していきます。

実践したYouTuber・水溜りボンド

都市伝説系のやってみた動画に定評がある人気2人組YouTuber「水溜りボンド」の2人がタットワの技法に挑戦して動画を上げています。

スクリーンに残像を移してから、それを拡大していくのが難しすぎると判断した彼らは、最初からドアサイズにまで拡大したタットワの技法の画像を使うという斬新な方法で挑戦しています。

しかし、結局大きすぎて投影できないというオチがつき挑戦は終了、最終的には拡大した画像は部屋のカーテンとして利用されている様です。

NEXT:実践したYouTuber・リュウイチ
1/2