佐々木つとむ『メッタ刺し事件』の真相は?稲川淳二の怪談にも登場?

ものまねタレントの神奈月の師匠でもある佐々木つとむが1987年にメッタ刺しにされ殺害されるという事件がおこりました。犯人は佐々木の愛人の中野美沙。この凄惨な事件はその後、稲川淳二の怪談にも登場しています。ここでは佐々木つとむ殺人事件についてまとめました。

稲川淳二の怪談に登場する佐々木つとむとは?

Free-Photos / Pixabay

稲川淳二の怪談話に、「佐々木つとむの話」というものがあります。

これは芸人の佐々木つとむ殺害事件を元にした怪談だと言われていますが佐々木つとむとはどのような人だったのでしょうか?

芸人・佐々木つとむのプロフィール

佐々木つとむ(本名、佐々木宏幸)は渥美清、高倉健、森進一、田中角栄などのものまねで大ブレイクし、「元祖ものまね四天王」とも呼ばれていました。

昭和50年代のものまねタレントの中ではトップクラスの人で、1974年と1977年には放送演芸大賞部門賞を受賞しています。ものまねタレント「神奈月」の師匠でもあります。

40歳で人生を終えた佐々木つとむ、死の理由は殺人だった?

当時、ものまねタレントとして大ブレイクしていた佐々木つとむは、妻子がいましたが中野美沙という愛人関係の女性がいました。

佐々木つとむはこの愛人、中野美沙に包丁でメッタ刺しにされ40歳という若さで亡くなりました。

稲川淳二の怪談に佐々木つとむが登場している?

Free-Photos / Pixabay

稲川淳二の怪談で「佐々木つとむの話」という怪談話があります。この怪談は佐々木つとむ殺人事件を元にして作られた怪談です。

稲川淳二が語る怪談動画「佐々木つとむの話」

こちらの動画が、佐々木つとむ殺人事件を元に作られた稲川淳二の怪談「佐々木つとむの話」です。

元祖ものまねタレント・佐々木つとむが殺された事件とは

ここからは、ものまねタレント佐々木つとむが殺害された事件について詳しくみていきましょう。

NEXT 佐々木つとむの死因は?殺人事件の概要