小蜜こと副島美咲の現在は?壇蜜と似てる?グラビア再スタート! エンタメ

小蜜こと副島美咲の現在は?壇蜜と似てる?グラビア再スタート!

目次

[表示]

小蜜こと副島美咲の経歴

小蜜こと副島美咲さんの、これまでの経歴をまとめてみました。

小学5年生の頃宝映テレビプロダクション研修生に

khamkhor / Pixabay

副島美咲さんは、小学5年生の頃に伯母の勧めでオーディションに応募し、宝映テレビプロダクション研修生になっています。宝映テレビプロダクション在学中に、テレビ、映画、CMの出演を経験しています。

2008年「お試しかっ!!」で毒舌コメントを披露しネットで話題に

2008年9月に放送された「お試しかっ!!」で、お笑い芸人のゴー☆ジャスのコントを見て、「素人が頑張って笑わせようとしているみたい」と毒舌コメントを披露しています。

その毒舌ぶりは、2ちゃんねるの掲示板などで話題になっていました。

高校1年生でCamyuのスカウトを受け移籍しグラビア活動開始

qimono / Pixabay

2009年、高校1年生の時にそれまでの宝映テレビプロダクションを退団し、同年にCamyuのスカウトを受け、事務所を移籍しています。

Camyuに移籍した頃から、グラビアの活動をするようになりました。

出身高校はどこ?

greymatters / Pixabay

副島美咲さんは、出身高校などについては情報を公開していませんが、Twitterの中で、高校の先輩とのやり取りがありました。そのやりとりから、埼玉県の草加東高校の出身ではないかといわれています。

草加東高校は、芸能人で卒業している方も多く、モデルの益若つばささんや、プロ野球選手の池永大輔さんもこの学校の卒業生です。

2010年Fresh!撮影会にて撮影会デビューしトップを争うほどの人気に

jarmoluk / Pixabay

Camyuに移籍して以降の2010年10月30日のFresh!撮影会で、撮影会デビューしていますが、その撮影会の中でもトップを争うほどの人気だったそうです。

2012年アイドルユニット「bu-ke」のメンバーとしても活動

TeroVesalainen / Pixabay

2012年には、4人組アイドルユニット「bu-ke」のメンバーとしても活動を始めています。

2013年初DVD「滴る小蜜」を発売

副島美咲さんは、2013年初のDVD「滴る小蜜」を発売し、東京都内において発売記念イベントを行っています。

イベントの中で副島美咲さんは、「初めてのDVDですが、ラブホテルで撮影したり、レディースふんどしを締めたりで、すごく過激な作品になりました」と口調まで壇蜜さんを真似てアピールしています。

報道陣から、壇蜜さんよりもブレークすることを狙っていますかの問いに対し、「私が壇蜜さんを超えるのはまだまだです」と控えめなコメントをしていました。

2014年ブログ「私の言うことをききなさい」を休止!「Camyu」を退社

副島美咲さんは、2014年にブログ「私の言うことをききなさい」を1年間ほど休止していましたが、2015年9月5日から新たにオフィシャルブログをスタートさせています。

新しいオフィシャルブログからも、旧オフィシャルブログ「私の言うことききなさい」にリンクできます。また、2014年11月に「Camyu」を退社しています。

芸能界の共演NGにはどんな人がいる?

芸能界には共演したくないほど仲の悪い人達がいるようですが、そんな人達のことをまとめてみました。

村本大輔VS吉村崇

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんと平成ノブシコブシの吉村崇さんは、吉本興業の同期ですが、ずっと共演NGでした。

「さんまのお笑い向上委員会」に出演し、1年ぶりに番組で顔を合わせた二人でしたが、二人が仲が悪くなった原因は、沖縄で吉村さんが女性をお持ち帰りしようとした時でした。

それを見た村本さんが携帯で撮影して暴露し、その前に村本がその女性とイチャついていたことはNGにするのが許せないと、村本さんが語っていましたが、仲が悪い理由がそれだけとは思えません。

タモリVSオフコース・小田和正

不仲となった原因は、タモリさんが80年頃にラジオでオフコースなどのフォークが暗くて嫌いだと発言したことでした。

小田さんはこの発言に怒り、84年にゲストとして出演した「笑っていいとも」でタモリさんに「レコードお出しになった?」という振りに「気に入らないと思います」と応戦して険悪なムードとなったそうです。

しかしその後、フジテレビの中村光宏さんと生野陽子さんの披露宴で二人は握手を交わして和解したといいます。

堤真一VS佐藤浩市

堤真一さんは、ジャパンアクションクラブに所属していた頃は、真田広之さんの付き人でした。真田広之さんのカバンを持ち、身の回りの世話をしていました。

1986年に真田さんと佐藤浩市さんが「犬死にせしもの」で共演した時、「途中からどっちの付き人かわからないくらい佐藤浩市さんに使われていた」というエピソードをバラエティ番組で明かしました。

堤真一さんは、「佐藤浩市さんとだけは芝居をしたくないですね。怖くて恥ずかしくて」と告白し、それ以来佐藤さんから一緒に芝居をしようと言われたときも、拒否したことも明かしました。

これからは女優業をメインとして活動する副島美咲

副島美咲さんは、「業界用語の基礎知識 壇蜜女学園」で共演した壇蜜さんから、顔が似ているため「小蜜」と命名されていますが、実は壇蜜さんから共演NGが出されていました。

年齢は一回り以上年下の副島美咲さんですが、壇蜜さん張りのフェロモンを醸していますから、かなり意識されていたようです。また、ものまねタレントの青木隆治さんから二股交際のひとりだと噂されていました。

現在はグラビアアイドルとしては活動を休止し、水着グラビアや「小蜜」を封印しています。これからは、グラビア以外の活動をメインにしていくそうです。そんな副島美咲さんのことをまとめてみました。

2/2