力士シールとは?「CHAOS;CHILD」に登場?意味や目的は? 芸能人

力士シールとは?「CHAOS;CHILD」に登場?意味や目的は?

ゲーム、アニメの「CHAOS;CHILD」や「万能鑑定士Qの事件簿」に登場したことで知られる力士シール。力士の顔が融合したような不気味な力士シールですが、作品オリジナルのモチーフではなく、元ネタがあるのをご存知ですか?意味や事件も合わせて紹介します。

目次

[表示]

力士シールとは?カオスチャイルドに登場するアイテム?

anaterate / Pixabay

力士シールとは力士の顔が融合したような不思議な絵が描かれたシールで、眺めていると不安な気持ちになることから、話題を集めたものです。

シールというと、子供が買う食玩のおまけなどについていそうな印象ですが、力士シールはそのようなものではなく、文具店などで販売されているものでもありません。

力士シールはアニメ・ゲームに出てくるアイテム?

Pexels / Pixabay

力士シールとは科学アドベンチャーゲーム、「CHAOS;CHILD」に登場し、その後アニメ化された同作品内にも登場しました。

ゲーム、アニメ両方で作品のキーとなる重要なアイテムとして扱われています。

「CHAOS;CHILD」はXboxのゲーム、アニメ化も!

「CHAOS;CHILD」は2014年に発売されたXbox用のゲームで、通称「カオチャ」とも呼ばれます。ドワンゴの取締役である、志倉千代丸氏が原作者であることでも知られます。

「CHAOS;CHILD」はアニメ化もされており、2017年1月から3月までの間、TOKYO MXなどで放映はされていました。

テーマは「心への侵食」?作品の原点が「力士シール」だった

Norm_Bosworth / Pixabay

もともとレイティングがZのサスペンスゲームということで、不気味な演出が話題を呼んでいたシリーズの4作目として発売された、「CHAOS;CHILD」。本作のテーマは「心の浸食」でした。

そのため、プレーヤーの没入感が強くなるような凝った演出が見られ、期待を裏切る展開が続くストーリーとなっています。

また、この作品は力士シールをイメージして作ったとされ、作品内でも力士シールは、プレイヤーの不安と恐怖心を煽る使い方をされています。

力士シールは「CHAOS;CHILD」のトレードマークでもある

力士シールは、単に「CHAOS;CHILD」内に登場するアイテムの1つではなく、作品を象徴するトレードマークとして使われています。

「CHAOS;CHILD」のストーリーの中心となる連続殺人事件と密接に関係しているのが、力士シールなのです。

力士シールは気持ち悪い?画像は?

上の画像が実際に存在する力士シールのものです。力士シールには他にも複数のバリエーションがあり、一番オーソドックスなのが、画像のものとなります。

力士シール事件の謎!街の至る所で貼られていた?

「CHAOS;CHILD」に登場したことで知られる力士シールですが、実はゲームが発売されるより以前に、街中に力士シールが貼られる事件が起き、話題を呼んだことがあります。

ここでは、実際にあった力士シール事件について紹介していきます。

「CHAOS;CHILD」の元ネタになった力士シールって?事件があった?

Ricinator / Pixabay

力士シール事件とは、東京都内の至る場所に力士の顔が繋がったような謎のシールが貼られた事件です。

実際に貼っている場所を目撃した人がいなく、誰が何の目的で貼っているのかさえ不明であったために話題を呼び、力士シールをめぐって様々な憶測が飛び交いました。

【画像あり】2009年!街の至る所に貼られた「力士シール」

力士シールは上の画像のように、電柱やガードレール、トンネルの中、店のシャッターと街中のあらゆる場所に貼られていました。

この現象が初めて話題になったのは2008年3月上旬で、ネットで話題になり始めたのもこの頃です。そして翌月の4月下旬になると、この謎のシールに「力士シール」という名前が付けられました。

そして2008年の年末には様々なブログで取り上げられ、2009年に入るとさらに多くの場所で、力士シールが見られるようになったのです。

力士シールは東京のどんな場所に貼られていたの?

いたずら目的などで貼られるグラフィティシールの場合、その多くが、東京都内であれば渋谷や池袋といったような、いわゆる若者の街で見られます。

しかし、力士シールは銀座のような高級店の多い大人の街や、下町の谷中、根津、千駄木など、中央区や台東区を中心に貼られていました。

また、力士シールは上野駅付近にも貼られていたことから、2008年に東京都美術館でフェルメール展が開催されて多くの人が足を運んだ際に、一気に有名になりました。

メディアでも話題になっていた

TechLine / Pixabay

2009年に入ると力士シールは、メディアでも取り上げられるようになりました。

ネットニュースなどでは、カルト教団が連絡のために貼っているという説が取り上げられることもあり、これに対しては、話を盛り過ぎだという指摘もありました。

力士シールの作者は判明している?

Madeinitaly / Pixabay

東京都内、特に都心部には多くの防犯カメラが設置されていることから、力士シールを貼っている犯人はすぐに分かるものと考えられていました。

しかし、不思議なことに力士シールを貼っている人物は、目撃さることも、防犯カメラに映ることもありませんでした。

そのため作者も不明なのですが、作品のテイストから力士シールの作者なのではないか?と考えられているアーティストがいます。

力士シールの作者と言われている人物①グラフィティアーティスト阿満都

力士シールの作者として有力視されている人物は2人おり、その1人がグラフィティアーティストの阿満都氏(ALMOND)です。

上の画像が阿満都氏のグラフィティアートとされるものですが、確かにテイストが似ているとも言えます。

阿満都氏自身は、この件について発言していないのですが、instagramで力士シールの画像に「阿満都」とタグ付けされていることも多く、作者だと思い込んでいる人も多いようです。

力士シールの作者と言われている人物②QP

力士シールの作者として有力視されているもう1人の人物が、同じくグラフィティアーティストのQP氏(Querencia Peligrosa)です。

上の画像にある自身のシンボルマークが、代表作品とされます。

阿満都氏とQP氏に関しては同一人物説もあることから、作風が力士シールと似ていると2人の名前が挙がるのも頷けます。

力士シールの目的は結界?

Antranias / Pixabay

力士シールは作者だけでなく、貼る目的についても様々な憶測を呼びました。貼られている地域が狭く、その割に大量に見られることや、力士というモチーフが想像力を掻き立てたようです。

考察の中には、力士シールは何かの結界を作っているのでは?というものまで存在したと言います。

これは昔、相撲が神事とされていたことにちなむものなのですが、力士シールという名称も後付けであることから、この説は根拠が弱いと言えるでしょう。

力士シールの犯人が2chに?

StockSnap / Pixabay

2008年11月23日、力士シールの作者と名乗る人物が2ちゃんねるに現れて話題となりました。この人物は、前後の話の流れから「呪いのビデオ」の製作スタッフと考えられています。

遊びで作ったシールを友人に渡したら、街中に貼られ、話が大きくなりすぎて困惑しているといった内容のレスをしており、これが本当なら、力士シール事件は単なるいたずらであったと言えるでしょう。

アニメ「CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)」での力士シールの役割は?

一度はブームが落ち着いた力士シールですが、「CHAOS;CHILD」に登場したことで、再び注目を集めるようになりました。

ここでは、アニメ「CHAOS;CHILD」での力士シールの役割について紹介していきます。

アニメで力士シールはどんな役割を果たしているの?

アニメ「CHAOS;CHILD」内では、ストーリーの肝となる連続殺人事件の現場に、力士シールがあるという設定でした。

力士シールに着目した主人公の拓留は、事件の真相を知るためには力士シールの作者を突き止めることが近道と考え、力士シールについて探るようになります。

カオスチャイルド1話視聴時点での考察は?

「CHAOS;CHILD」のアニメ第1話放送後には、力士シールや作品内の事件についての考察が盛んにされていました。

どのような考察がされていたのかについて、代表的なものを紹介していきます。

貼られる意味①同一犯であることを教える=愉快犯である可能性がある

geralt / Pixabay

殺人現場に必ず力士シールが貼られているということは、自分の犯行であることを誇示したいという犯人の自己顕示欲の現れと考えられます。

このことから、本作内の殺人事件は縁故殺人ではなく、殺人の動機は特にない快楽殺人、犯人は愉快犯であるという考察がされていました。

貼られる意味②力士シールが事件を解決する手掛かりになる

力士シールの独特の絵柄から、事件の手掛かりが隠されているのではないか?という考察も見られました。

貼られる意味③力士シールがあることにより、恐怖感が出る

darksouls1 / Pixabay

視聴者の恐怖を煽る演出として、力士シールが使われているのでは?という考察もありました。

単体で見ると、不気味で不思議という印象がある程度の力士シールですが、これが凄惨な殺人現場に貼られていることで、見られているような恐怖心を感じさせるという指摘もあります。

4話で力士シールの真実が明らかに!?

アニメ「CHAOS;CHILD」では、第4話で力士シールの謎が解けます。

本作における力士シールは、ロールシャッハテストの役割を果たしており、特殊な能力を持つ人間に力士シールを見せると、普通の人とは異なる反応をすると言うのです。

そして、主人公の拓留が怪しいとにらんでいたAH総合病院では、力士シールを使って特殊能力を集め、彼らの研究を行っていたことが判明します。

結局何の意味があったの?という声もある

ijmaki / Pixabay

作中で力士シールを使って探していたという能力者とは、ギガロマニアックスと呼ばれるもので、この能力者は妄想を現実世界に具現化することができるという設定があります。

この能力者が作中でカオスチャイルド症候群者と呼ばれる、共通のPTSDを持つ者であることから、力士シールを使わなくても、カオスチャイルド症候群を探せばよかっただけでは?という意見もありました。

実際はカオスチャイルド症候群とギガロマニアックスは必ずしもイコールではないため、ロールシャッハテストが必要なのですが、このあたりの説明が分かりにくいと指摘されています。

「CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)」原作者からのネタバレ

Tumisu / Pixabay

「CHAOS;CHILD」は、現実の理論物理学の学説を設定のベースにしていることもあり、ストーリーや設定が分かりづらいと言われることがあります。

「CHAOS;CHILD」については、力士シールを含む作中の設定などを、原作者の志倉千代丸氏がインタビューで解説しています。

ここでは、原作者の志倉千代丸氏の語る「CHAOS;CHILD」のネタバレについて紹介していきます。

原作者・志倉千代丸氏が独占インタビューで語ったこと

志倉千代丸氏はインタビューの中で、「CHAOS;CHILD」のストーリーはどのようにして作られたのかや、制作はどのように進められたのかについて語っています。

また、本作のテーマとして、人によるものの見え方の違いを強く意識したことなども明かしています。

力士シールについても語っている

インタビューで志倉千代丸氏は、力士シールについても触れています。2008年~2009年にかけて力士シールが話題になった時から、面白いネタになると感じ、いつか作品に活かそうとストックしていたそうです。

「力士シール」はどのように作中に盛り込まれたの?

「力士シール事件」に興味を持っていた志倉千代丸氏ですが、この事件をそのまま話に盛り込むと、科学をベースにしている「CHAOS;CHILD」の世界観に合わないと考えました。

そこで、ロールシャッハテストというテイストを組み合わせることで、力士シールを作品の世界観にマッチさせることを思いついたそうです。

力士シールは他の作品にも登場していた?

anaterate / Pixabay

力士シールが登場した作品は「CHAOS;CHILD」だけではありません。ここでは、力士シールが登場する、その他の創作作品を紹介していきます。

NEXT:小説「Qシリーズ」に登場した力士シール!「Qシリーズ」とは?
1/2