山内としおの現在は?嫁は誰?若い頃の映像や藤田まこととの関係も エンタメ

山内としおの現在は?嫁は誰?若い頃の映像や藤田まこととの関係も

現在は代替わりしてしまった必殺仕事人ですが、藤田まことさん主演作の大部分に山内としおさんという俳優さんが出ています。「中村さん!」と甲高い声で奉行所のなかで大騒ぎする筆頭同心「田中さま」です。今回は山内さんの紹介や経歴、出演作品を画像付きで紹介します。

目次

[表示]

山内としおの現在は?俳優として活躍中?

名バイプレイヤーとしてご活躍されている山内としおさん。現在も刑事ものやサスペンスにも出演され、バリバリの現役の役者さんです。

俳優・山内としおのプロフィール!身長や現在の年齢は?

山内敏夫さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 芸名   山内としお  (本名:山内貫太郎 やまうちかんたろう)
  • 別芸名  山内敏男   (やまうちとしお、現在の芸名の前の名前でもある)
  • 生年月日 1954年4月9日生まれ
  • 出身地  東京
  • 血液型  O型
  • 身長   174センチ
  • 兄弟   4人兄弟の末っ子(兄2名、姉1名)
  • 特技   乗馬、スキー、唄
  • 事務所  オフィス斉藤

端正な顔立ち、すらっとした姿の山内さんが乗馬やスキーで登場されたら、女性ならクラっと来そうですね。山内さんは出演されてませんが、本名がハチャメチャ一家のドラマの名前を連想させます。

2016年5月放送のドラマ「警視庁・捜査一課」に出演

こちらのドラマは内藤剛志さんが「ヒラから成りあがった最強の刑事」という設定の刑事ものです。警視庁・捜査一課の8課長としてご出演されました。

エリートの役なのに、何故か現場仕切り役がぴったりな山内としおさんです。

きっとその理由は、この先の記事に隠されていそうです。

2017年には、舞台「忠臣蔵」にも

2017年12月2日から24日まで、東京新橋演舞場で、舟木一夫さんの特別公演・通し狂言「忠臣蔵」の舞台に出演されていました。伊達左京亮役です。

舟木一夫さんの特別公演とだけあって、配役も一流揃いでした。

里見浩太朗さん、田村亮さん(田村正和さんのお兄さん)、尾上松也さん、紺野美沙子さんらとの共演でした。

2019年5月26日には、「坂西良太の一人芝居」にゲスト出演の予定

坂西良太さんは、長年山内としおさんと同じように時代劇やサスペンス、刑事ものに出演される助演俳優さんでいらっしゃいます。

過去には共演もされており、坂西さんの1人舞台にゲスト出演されるのも、お仕事仲間だからでしょうか。

今は舞台を中心に活躍中

大舞台だけではなく、小劇場のような舞台にも積極的に参加しているようです。

若手の中に入っていき、自ら稽古を楽しんでいる姿がみれます。

山内としおのブログやSNSはある?

残念ながら、山内としおさんの公式サイト、ブログなどはありませんでした。

InstagramやTwitterで「山内としお」と検索すると、親しい俳優さんがアップしているプライベートの山内さんを拝見できます。

時代劇のキメ顔とは違い、笑顔の写真が多いようです。

山内としおは現在、結婚している?嫁や子供は?

mohamed_hassan / Pixabay

山内としおさんの経歴は明らかですが、プライベートに関しては謎が多いようです。

山内としおは結婚しているの?奥さんは誰?

Free-Photos / Pixabay

ネットで検索すると、結婚と結びつく記事はありません。嘘か誠か不明ですが、プライベートでも役のイメージで「おネェ」と言われています。

山内としおに現在、子供はいる?

qimono / Pixabay

子供についても検索にかかりませんでした。

藤田まことさんとは「家族ぐるみの付き合い」と言われていますが、この話が出た当時は山内さんはまだまだ若く、もしかしたら藤田さん側が家族ぐるみ、の話かもしれません。

結婚したという情報は公開されておらず、不明

qimono / Pixabay

結局、山内としおさんは現在まで結婚されたことはない、という見方が強いようです。

山内としおと藤田まことの関係が話題に

geralt / Pixabay

藤田さんが亡くなるまで、おふたりは公私ともに仲が良かったそうです。

藤田まことは所属事務所の先輩だった

現在でも大手芸能プロダクションの渡辺プロダクションに、藤田さんと山内さんは所属していました。

1977年11月に藤田さんが独立し個人事務所を立ち上げます。最終的に現在の所属事務所「オフィス斉藤」に藤田さんについていく形で現在に至っています。

「オフィス斉藤」は、渡辺プロダクションだったマネージャーの斉藤さんが藤田さんと再開したことを機に藤田さんのために設立した事務所で、現在は少数精鋭の事務所です。

共演も多く公私ともに付き合いがあった

必殺仕事人シリーズで、虫も殺せないような色白のしょうゆ顔でキーキー言っていたエリート上司「筆頭同心田中」役で、長年上司役をされていました。

名セリフ「中村さん!」と呼びつけるさま、主水をなじるさまは無くてはならないシーンでした。

この役に推薦したのが藤田さんで、藤田さんが付き人の山内さんを仕事人のプロデューサーに話した事がきっかけとなりました。

ツイッターでは「#山内としお」で2人の仲の良さが注目される

藤田まことさんファン、筆頭同心田中様ファンにはたまらない若かりしお2人の仲良し画像、映像がツイートされています。

企画のクイズ番組に必殺仕事人シリーズ代表として衣装のまま参加されたお2人の仲の良さに、「すごく仲良し!」「いいね!この感じ!」とツイートされています。

山内としおの経歴は?

Free-Photos / Pixabay

山内さんは実は頭脳も優秀な俳優さんです。

早稲田大学卒業後、演劇集団「円」の研究所へ

383961 / Pixabay

1977年、早稲田大学文学部英文科卒業後、演劇集団「円」の研究生として参加します。

「円」は現在も存在する演劇集団で、現在の代表者は俳優の「橋爪功」さんです。円に所属している、またはしていた実力派俳優、声優は数多く存在しており、皆さんご活躍されています。

NHK「理科教室中3」に本名の「山内貫太郎」でデビュー

bdyczewski / Pixabay

1979年、NHKの教育番組「理科教室中三」がデビュー作品です。教育番組でかつ中学3年生向けですので、きっと真面目な姿勢で実験したり、進行をされていたもかもしれません。

当時は本名の「山内貫太郎」名義で活動されていました。NHK好みの細身の端正なお姿で真面目な映像が流れていたのかと思うと、当時の画像はかなり貴重ですね。

「山内敏男」の芸名を変更、芸能活動を行う

Alexas_Fotos / Pixabay

名前を変え、芸能活動を本格的にはじめます。

この時期に藤田まことさんと同じ事務所になります。

ABCテレビの時代劇「必殺仕事人」シリーズに上司田中役で出演

1981年、先輩の藤田まことさんの上司役として、エリート筆頭同心「田中さま」として出演します。しばらくして現在の「山内としお」に改名します。

当初は昼行燈の中村主水に、発破をかけて仕事するよう促すお目付け役でしたが、回を重ねるごとに田中さまの行動はヒステリックになり、時には及び腰なり、「おネエ」度も増していきます。

田中さまを巻き込んだ事件の話もあります。ニコニコ動画では、田中さまの回だけをまとめた番組まで作られています。

歌手活動はしていないが歌声を披露することも

画像右が山内としおさんです。必殺仕事人のエンディング曲をひかる一平さん、藤田まことさんと熱唱しています。

出演者が開催するファン感謝イベント「必殺まつり」で、登場人物が歌を披露するそうです。レコード化された方も、そうでない方も披露されるそうで、山内さんも美声を披露されました。

山内さんは結構サービス精神旺盛で、レコード化されていない自分の曲や、企画でエンディングテーマを出演者で合唱されていたこともあります。

山内としおの出演作は?写真画像や動画は?インタビューも?

Pexels / Pixabay

名脇役でのご活躍がメインですが、出演作は数え切れないほどあります。

「おかまの田中様」で人気に!1981年~「必殺仕事人シリーズ」に出演

当時、少しずつテレビでも「おかま」キャラ、今でいう「おネエ」キャラが採用されていくようになり、山内さんは人気リーズの時代劇で「先駆け」の存在ともいえます。

山内さんは今でも「田中さま」を大事にされていて、ぱちんこ「CR必殺仕事人」シリーズでも、アニメの田中さまにご本人自ら声の担当をされています。

「名奉行 遠山の金さん」「暴れん坊将軍」などにも出演

「名奉行 遠山の金さん」は数ある「遠山の金さん」シリーズでも、松方弘樹さんが演じた人気シリーズです。山内さんは第1シリーズ、第2シリーズの北町同心、大庭伊十郎を演じました。

松平健さんの代名詞、「暴れん坊将軍Ⅲ」の第3話、「V(5)」に山内さんはゲスト出演されています。「V」のほうは、タラシ役で、田中さまそのものだとファンの声もあります。

必殺ファンから重宝されている山内としおさん。他の時代劇に出演している時の山内さんを「おネエ」感が抜けた「田中さま」と評価されています。「暴れん坊将軍V」だけは役柄のせいか、田中さまそのものだそうです。

2008年発行の時代劇マガジンではインタビューに答えている

スペシャルインタビュー「山内としお」、そのあとの企画で必殺仕事人の監督へのインタビューとつながっており、新生必殺仕事人へのエールだったのかもしれません。

現在の必殺仕事人の与力(同心の上の役職)である増村さん(生瀬勝久さん)と、なんらかの形で共演して頂きたいですね。共通点は「ヘタレ」といったところでしょうか。

1999年、2001年に刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」に出演

先輩後輩のつながりは絶えることなく事務所が変わっても山内さんは藤田さんについて行きました。

そのためか、藤田さん関連のドラマには必ず単発でもゲスト扱いで出演されています。

時代劇の奉行所から現代の警察モノになった、藤田さん主演の「はぐれ刑事純情派」には全シリーズの中で2回、山内さんはそれぞれ別人役で出演されました。

1998年~2010年テレビ時代劇「剣客商売」

池波正太郎原作の時代劇で、出演者が全員シリーズごとに入れ替わるスタイルで制作されてきました。

1998年から2010年の間に藤田まことさんが主演を務めたシリーズに山内さんも出演されています。傘屋弥七の手下である徳次郎という役でした。

2012年にはドラマ「おみやさん&相棒」に出演

検索をすると、当時のテレビ朝日で「おみやさん&相棒」として14時~17時くらいの間に再放送していた時間帯のようです。

水谷豊さん主演の「相棒」には出演していないようですが、「おみやさん」と抱き合わせ放送されていました。

「おみやさん」は漫画家の石ノ森章太郎が1981年にビックコミックに連載されていた作品が原作です。渡瀬恒彦さん主演の第8シリーズの第5話に出演されました。

NEXT:2010年公開の映画「島田陽子に遭いたい」
1/2