遥くららの現在は?あさイチに出演?結婚した夫の父親がすごい? エンタメ

遥くららの現在は?あさイチに出演?結婚した夫の父親がすごい?

遥くららさんは、1974年に宝塚歌劇団に入団し、トップ娘役として有名になりました。宝塚歌劇団を引退してからは、女優として活動し、共演した草刈正雄さんとは今でも仲がいいようです。また夫の父親は大富豪の島田文六さんです。そんな遥くららさんの現在について紹介します。

目次

[表示]

遥くららの現在は?引退?今も活動している?

元女優の遥くららさんは、結婚後芸能界を引退しているようですが、現在は何をしているのかを調べました。

遥くららのプロフィール!愛称はモック?本名は?

遥くららさんは、神奈川県横浜市出身、1955年11月9日生まれの元女優です。元宝塚歌劇団星組・雪組のトップ娘役で、本名を山崎久美子といいます。

遥くららさんは、神奈川学園高等学校を1年で中退し、1972年に宝塚音楽学校へ入学し、1974年に第60期生として宝塚歌劇団に入団しました。

星組・花組合同公演「虞美人」で初舞台を踏んでいます。1975年4月7日に星組に配属され、当初は男役でした。宝塚歌劇団時代の愛称は「モック」でした。

遥くららの現在は?結婚して芸能界引退?

Free-Photos / Pixabay

遥くららさんは、1990年代前半に一般男性と結婚し、芸能界を引退しています。引退はしていますが、その後も宝塚歌劇団の出版物や取材などには応じているようです。

遥くららは引退後も、「あさイチ」に出演していた?

2016年1月、NHK「あさイチ」に遥くららさんは出演しています。番組内のプレレミアムトークゲストとして草刈正雄さんが出演していたとき、VTRにより出演されています。

引退した後、テレビ出演するのは異例のことですが、「相変わらず美しい」といったネット上の声も上がっていました。

遥くららが「あさイチ」に出演した理由は「真田太平記」で共演した草刈正雄?

遥くららさんは既に芸能界を引退していますが、1985年に「真田太平記」で草刈正雄さんと共演したことから、番組のオファーを引き受けたそうです。遥くららさんはヒロインのお江役を演じています。

特別出演という形で、「あさイチ」に出演した遥くららさんは、草刈正雄さんにメッセージを送りました。

遥くららは麻実れいとも対談していた?

宝塚歌劇団は2014年に100周年を迎えています。そのこともあって同年1月に、当時ゴールデンコンビといわれていた、遥くららさんと麻実れいさんとの対談が行われました。

麻実れいさんは、遥くららさんが引退した時、後任のトップ娘役を特定していなかったほどに、遥くららさんの存在を大事にしていました。麻実れいさんは、遥くららさんが引退した翌年に退団しています。

対談の中で、麻実れいさんは、遥くららさんの印象を話していますが「新人の頃からすごく自然な演技をする人だった」そうです。また、舞台では納得いくまで話し合っていた思い出を語っていました。

遥くららは鳳蘭と宙組の稽古場訪問も?

遥くららさんと鳳蘭さんは、宙組公演「誰がために鐘は鳴る」が、まもなく幕が開けるころ、2010年10月29日に宙組の稽古場を訪問しています。

遥くららさんと鳳蘭さんは、1978年の初演でロバート・ジョーダンとマリアに扮して舞台を盛り上げてきた、元星組のトップコンビです。

遥くららは現在も宝塚関連の取材等に応じている?

遥くららさんは、1990年代前半に芸能界を引退していますが、引退したあとも宝塚歌劇団関連の取材等には応じることがあるそうです。

遥くららの現在の画像は?

遥くららさんの現在の写真がありましたので紹介しました。

遥くららは、現在結婚している?夫や子供は?

遥くららさんは、現在63歳ですが結婚はしているのか、また結婚しているとしたら子供さんはいるのかなどをまとめてみました。

遥くららの旦那は草刈正雄という噂が!本当?

遥くららさんが、1985年に「真田太平記」で共演した、草刈正雄さんと結婚しているという噂は本当なのかを調べました。

遥くららさんは、1990年代前半(詳しい年月の情報がありません)に結婚されていますが、相手の方は一般男性のようで、草刈正雄さんではありません。

また、遥くららさんの子供さん等についても公開していないようです。現在は既に芸能界を引退している遥くららさんですし、相手の旦那さんも一般の方ですから、非公開は仕方ないようです。

遥くららの結婚相手は一般男性?

遥くららさんは、ネット情報によると、年下の一般男性と結婚されているようです。ただ、やはり結婚された詳しい年月やお子さんの存在までは分かっていません。

遥くららの夫の父親は島田文六氏?現在、パナマ文書に掲載され話題に?

遥くららさんの夫の父親が、島田文六氏でこの方はパナマ文書にも掲載されているほどの、日本の大富豪だということです。

パナマ文書の中には、ソフトバンクの孫正義さんや楽天の三木谷さんの名前も挙がっていますが、そのことからも島田文六氏の存在の大きさがわかります。

島田文六氏はシマブンコーポレーションの前社長?大富豪?

Defence-Imagery / Pixabay

島田文六氏は、鉄スクラップ業のシマブンコーポレーションの前社長であり、英領バージン諸島に小型機のチャーター会社を設立している人です。

島田文六氏が購入した10人乗りの小型ジェット機で、芸者と一緒にフランスまで行ってゴルフをしたり、ハワイに遊びに行ったりすると自慢していたそうです。

島田文六氏の息子が遥くららさんの夫ですが、フランスに古城を持っていることでも話題になりました。その古城は20億円という話ですが、そのお金も父親の島田文六氏が出したようです。

遥くららに現在、子供はいるの?

4144132 / Pixabay

遥くららさんは、一般男性と結婚していますが、その父親は大富豪の島田文六氏だという情報はあります。しかし、2人の間に子供がいるのかどうか、その辺の情報は一切公開していません。

遥くららの経歴は?宝塚歌劇団の娘役で活躍?

遥くららさんのこれまでの経緯や、宝塚歌劇団での娘役としての活躍などをまとめてみました。

遥くららは若い頃、宝塚歌劇団で活躍!娘役ナンバーワン!?

遥くららさんは、身長が166センチあったこともあり、入団当初は男役でしたが、1977年の「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役からは娘役に転向しました。

その後、男役トップの鳳蘭さんの相手役として、星組のナンバーワン娘役となりました。

遥くららの当時の映像は?

遥くららさんの昔の映像がありましたので紹介しました。

遥くららの入団当初は、演技がうまくて歌が下手だった?

遥くららさんは、1974年に宝塚に入団し、星組に配属されています。そして入団当時の成績は40人中37位とあまり成績がいいとは言えませんでした。

その理由は、演技力はありましたが歌の方があまり上手ではなかったようです。

遥くららは「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役に抜擢されて娘役へ?

遥くららさんは、入団して4年目の1977年「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役に抜擢されてからは娘役に転向しました。

その後は、鳳蘭の相手役として活躍!

遥くららさんは、1977年「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役に抜擢されてからは、男役トップの鳳蘭さんの相手役として、星組トップの娘役となりました。

遥くららは瀬戸内美八の相手役も務めた?

男役トップの鳳蘭さんが退団してからは、そのあとの星組トップの瀬当内美八さんの相手役を2作品務めています。

その後1980年には、雪組のトップとなった麻実れいさんの相手役に選ばれています。麻実れいさんと遥くららさんとのコンビは、息の合うゴールデンコンビといわれるまでになりました。

宝塚退団後は東宝芸能に所属して女優として活躍を始める

遥くららさんは、宝塚歌劇団を退団後は東宝芸能に所属し、女優としての活動を始めました。

遥くららの若い頃の写真・画像はある?ヌードは?

遥くららさんの若い頃の写真は存在します。しかしヌードに関しては画像等がないようです。遥くららさんのような宝塚歌劇団出身の女優は、ヌードになる方は少ないようです。

遥くららは北原遥子とも交流があった?

宝塚歌劇団出身に北原遥子さんという女優がいました。北原遥子さんは、1985年8月12日の日航機墜落事故によって24歳で亡くなっています。

その北原遥子さんと遥くららさんは、亡くなる前まで交流がありました。北原遥子さんは、遥くららさんから紹介された声楽のレッスンや日舞の稽古など、女優への意欲を持っていました。

遥くららの代表作品まとめ

遥くららさんが、これまで女優として出演してきたテレビドラマ作品などをまとめてみました。

遥くららの出演作品①:時代劇「水戸黄門」

遥くららさんは、まだ宝塚歌劇団に在籍していた1981年にテレビ時代劇「水戸黄門」に出演しています。当時人気のドラマに出演することで、遥くららさんは注目されるようになりました。

遥さんは、ドラマ「水戸黄門」の11部第2話「水戸黄門(夏祭り・姫君暗殺計画・二本松)」の砂姫役で出演しています。

遥くららの出演作品②:ドラマ「真田太平記」(お江役)

NHK総合テレビ「新大型時代劇」枠、1985年4月3日から1986年3月19日放送のドラマ「真田太平記」では、遥くららさんはお江役で出演しています。

お江は、虚空蔵山中で樋口角兵衛に襲われた幸村を助け、別所の湯で治療を行い幸村と共に入浴し、その晩に結ばれるというストーリーです。

遥くららの出演作品③:ポーラテレビ小説「加奈子」

mojzagrebinfo / Pixabay

遥くららさんは、また宝塚歌劇団に在籍していた1975年にTBSポーラテレビ小説「加奈子」に出演しています。

ポーラテレビ小説は、1968年10月から1986年9月まで、TBS系列で放送された昼のドラマシリーズでした。

「加奈子」は第15作目で1975年9月29日から1976年3月26日まで放送されました。

NEXT:遥くららの出演作品④:舞台「細雪」
1/2