藤森夕子の現在は?ガードルの販売?旦那や子供は?インスタも話題? エンタメ

藤森夕子の現在は?ガードルの販売?旦那や子供は?インスタも話題?

目次

[表示]

1996年にC.C.ガールズを卒業!

Cparks / Pixabay

C.C.ガールズの中には「不仲説」もあったようでユニットとしては初代メンバーはまず2人が1995年に脱退しています。但しユニットは常に「4人」の定めがあったので入れ替わりがありました。

その後1996年に藤森夕子さんも同ユニットを卒業しています。初代で最後まで残ったのは青田典子さんで1998年11月の卒業となっています。

ソロとしてバラエティや女優として活動!

ソロになった藤森夕子さんはより女優色を強めバラエティにも多く参加するようになりました。90年代後半は民放で2時間ドラマがまだ盛んに制作されており藤森夕子さんの出演作も多くあります。

記録にはあまり残っていませんがバラエティ番組もひな壇やワイプの技法を多用する時期でしたので活躍の場が広がりました。

2004年に結婚するも仕事家庭の両立を宣言!

仕事を通して知り合った今の旦那様とは2004年にまず入籍しました。翌年華々しく披露宴をしたのですがこの時の会見で「両立宣言」をしています。

実際、ドラマ出演などは2004年、2005年にいくつかが記録されていて有言実行ぶりを示しています。

藤森夕子の出演作品は?

藤森夕子さんは結婚前・結婚後ともに多数の出演作品があります。そのほんの数作をご紹介してみましょう。

ドラマ「サービス」

日テレ系のドラマ「サービス」は1998年の作品です。主演に松本明子さんを据えたハートフル・ラブコメタッチの物語です。

婚約者を亡くしてしまったハウスキーパー職の女性が雇用先で彼そっくりの男性と出会う事から展開していくストーリー。本作ではレストランの支配人役で藤森夕子さんは出演していました。

ドラマ「OL銭道」

OL銭道はテレ朝系列で2003年に全11話で放映されたテレビドラマです。主役に菊川怜さんを迎えた金融もののラブコメディです。

中堅商社に勤めるどケチOLが1000万円を目標にドタバタを演じます。小銭が落ちる音で硬貨が解り合計金額が解るという異能な「絶対音感」などの設定が非常にユニークなドラマでした。

藤森夕子さんは八巻まりや役でレギュラー出演していました。

ドラマ「パンダが町にやってくる」

本作は藤森夕子さん結婚後の出演ドラマです。MBS放送制作による昼ドラで主演は森三中の村上知子さんと野久保直樹さん。街の洋菓子店で伝統のロールケーキの味を守るパティシエを中心とした物語です。

藤森夕子さんは主人公のパティシエを育てた姉役として登場しています。懐かしのTVドラマ「柔道一直線」で主役を務めた櫻木健一さんと吉沢京子さんが同番組終了後37年後夫婦役という話題もありました。

映画「修羅がゆく10」

修羅がゆく10・北陸代理決戦は哀川翔さん主演の平成版極道映画の一つです。組織同士の利権争いをベースとした任侠モノ娯楽映画として根強い人気があります。

本作には連続もののゲストスターとして鶴見慎吾さんと共に、神先暎子役で藤森夕子さんは出演されています。

玉置浩二の愛妻は元C.C.ガールズ青田典子さん!天才を支え続ける愛妻の姿!

C.C.ガールズで藤森夕子さんと比べ遜色ない魅力の女性が青田典子さんでしょう。ユニットを卒業後も長いことバブリーなイメージのまま活躍を続けた彼女ですが今はあの玉置浩二さんの奥様として著名です。

玉置浩二さんは昔から恋多き男性で実に離婚歴が事実上4回という強者でもあります。度重なる病魔との闘いの歴史が彼の人生でもあり青田典子さんこそ最高で最後の伴侶となりそうな印象です。

自ら「統合失調症」であることも告白しつつ青田典子さんの身を捨てるような献身ぶりで現在は大活躍中。コンサートの模様がNHKで特集されたり他のミュージシャンとのセッションも数多くこなしています。

「天才」の称号が相応しい玉置浩二

業界のミュージシャン達もこぞって玉置浩二さんを「天才」と位置付けます。その歌唱力は確かに現在の日本国内では指折りのものです。しかもセッション相手を際立たせながらも飲み込む技量は特筆。

KinKi Kidsの「堂本兄弟」出演時にはその場のアドリブ、ギター1本で秀逸なバラード「むくのはね」を完成させました。同番組では「毎日でも作曲できちゃう」と語ったのは事実のようです。

フルオーケストラを率いて生歌を歌う歌手はポップスとしては稀有な存在です。俳優としても1996年製作のNHK大河「秀吉」で足利義昭を演じた演技力は異次元なものと高い評価を得ています。

藤森夕子さんの人としての魅力とは!?素敵なお母さんであること!

いかがでしたでしょうか。時期的にはまだバブル期にあった90年代初頭にデビューした藤森夕子さんについてまとめてみました。

その時代は「ワンレン・ボディコン」という流行語がありC.C.ガールズはそれを体現したようなユニットでした。派手な印象が強かった藤森夕子さんですが今では素敵なママさんぶりの良妻賢母です。

現在は通販ビジネスでも成功を収めながらも家族をとても大事にする姿が素敵ですよね。今後の活躍にも大いに期待できる芸能人女性のひとりとして注目していきましょう。

松本伊代さんの顔が変わった、に関する記事はこちら

2/2