一木有海の現在とは!天てれでかわいいと話題になった?慶応に進学?

NHK子供向けバラエティ番組の「天才てれびくん」、略して「天てれ」でかわいいと話題になった一木有海さんをご存知でしょうか。現在では芸能界を引退して慶応大学に入ったと言う噂もあります。今回は、天てれで話題になった一木有海さんについてまとめてみました。

一木有海は今?芸能活動はしている?

一木有海さんは、NHK教育番組の子供向けバラエティ番組「天才てれびくん」で活躍した女優さんです。番組は通称「天てれ」とも呼ばれ、当時は珍しかったCGを合成した画面でも話題になりました。

一木有海さんはその「天てれ」でかわいいと話題になりましたが、現在では芸能界を引退しているという情報があります。一木有海さんの現在の動向を追ってみることにしましょう。

一木有海は「天才てれびくんMAX」出演でかわいいと話題になった人物!

「天才てれびくん」はNHK教育番組の中で放映されていた小中学校性向けのテレビ番組です。放送期間は1993年4月から1999年4月の6年間でした。

CGを使った画面が斬新で当時は話題になります。時は21世紀。人間とリモコンの言いなりになっていたテレビが反乱を起こしてゾンビになってしまいます。

ゾンビが地球人を苦しめていたところにてれび戦士が現れ、面白い番組の放送を目指す、というストーリーでした。

その「てれび戦士」の1人として出演していたのが一木有海さんです。個性的なキャラクターの多いてれび戦士の中でも、かわいいと話題になりました。

一木有海のプロフィールは?生年月日や身長など!

それでは一木有海さんのプロフィールをご紹介しましょう。一木有海さんは1994年5月25日生まれです。

東京都出身で身長は158cm、2002年からレプロンエンタテインメントという事務所に所属し、子役として芸能活動を始めています。

2010年にはレプロンエンタテインメントから退社して、芸能界の活動も引退しています。

兄弟はいるの?

sweetlouise / Pixabay

一木有海さんに兄弟はいるのかについての情報を調べてみましたが、一木有海さんに兄弟はなく、1人っ子であるということが書いてありました。

現在、結婚や出産はしている?子供は?

Takmeomeo / Pixabay

一木有海さんは2019年4月現在で24歳です。現在結婚や出産もしている可能性もありますが、ネットで調べてみると一木有海さんが現在結婚や出産をしているという情報はありませんでした。

TwitterやFacebook、インスタなどのSNSはやってる?

geralt / Pixabay

また一木有海さんがTwitterやFacebookなどのSNSをやっているのか探してみました。

一時はTwitterを開設していましたが、2017年の9月26日を最後に更新が途絶えていました。現在ではSNSをやっていないようです。

近況は?芸能界から姿を消している?

pixel2013 / Pixab

一木有海さんは2010年に所属事務所であるレプロンエンタテインメントから退社しています。それと同時に芸能界も引退し、現在では芸能界から姿を消しています。

一木有海の学歴は?現在は就職はしている?

一木有海さんの学歴についても見てみましょう。また現在は就職しているのかについても気になるところですので、調べてみました。

高校はどこ?学校では生徒会長をしていた?

一木有海さんの高校は中央大学山手横浜高校です。またこの学校で2011年に生徒会長をしていたという情報も掴みました。

この情報は、一木有海さんのファンがブログで一木有海さんのことを調べた情報を公開したもので、学校のホームページに書いてあったそうです。

一木有海さんは天てれの中でも溌剌としたイメージでしたが、学校でもテレビの中のような溌剌として周りからの人望が厚い人だったのでしょう。

優等生だった一木有海!慶応義塾大学に進学を果たす!

一木有海さんは芸能界を引退した後、慶応義塾大学に進学していたということが分かりました。一木有海さんは生徒会長もこなし、学校では優等生だったようですね。

昔からアナウンサーになるのが夢だった?

一木有海さんはピチレモンという雑誌でピチレモンモデルもしていましたが、その雑誌の中でアナウンサーになることが将来の夢だと語っていました。

芸能活動を引退したのは受験勉強のためでは?と言われていますが、一説には本格的にアナウンサーの夢を叶えるために芸能活動を休んでいるのでは?とも言われています。

現在は教員として就職しているという噂も

一木有海さんは現在教師として就職していると言う噂もあります。2chに書き込まれたスレッドによると、一木有海さんは慶応大学を卒業して教師になっていると書き込まれています。

その他の詳しい情報が無かったので噂の域を出ませんが、一木有海さんの夢の1つが教師になるということだったそうなので、どこかの学校で先生をしているのかもしれませんね。

一木有海の経歴は?

ijmaki / Pixabay

「天てれ」で話題になった一木有海さんですが、その他の作品にも出演しているのでしょうか?ここで一木有海さんの経歴を見ていきましょう。

2002年、レプロエンタテインメントに所属!子役として芸能活動スタート!

一木有海さんは2002年にレプロンエンタテインメントに所属して、子役として芸能活動をスタートさせています。

2005年~2008年、「天才てれびくんMAX」でてれび戦士としてレギュラー出演!

一木有海さんは主に子供向けバラエティ番組で活動していました。2005年から2008年までは「天才てれびくんMAX」で、てれび戦士としてレギュラー出演も果たしています。

ドラマ「海猿」や映画「解夏」などに出演する

また一木有海さんはドラマや映画にも出演しています。テレビドラマ「海猿」や、映画「解夏」にも出ています。

2010年に所属事務所を退社、芸能界を引退する

様々なドラマや映画にも出演した一木有海さんですが、 2010年にはレプロンエンタテインメントを退社し同時に芸能活動も引退しています。

引退当時は中学3年生、受験勉強のため引退か?

Pexels / Pixabay

2010年は調べてみると一木有海さんが中学3年生の年でした。そのため高校受験のために引退したのでは、と言われています。

一木有海の出演ドラマは?バラエティや映画にも出ていた?

一木有海さんはドラマや映画、バラエティとジャンルを問わず様々な方面で活躍していました。そこで一木有海さんの出演した作品を見てみましょう。

ドラマ①2004年TBS「水曜プレミア 四分の一の絆」

一木有海さんは2004年にTBSの水曜ドラマ、「四分の一の絆」で高岡美咲役として出演しています。嵐の大野智が出演していることでも話題です。

このドラマで一木有海さんは刑事の娘で白血病になるという役を演じています。

ドラマ②2005年フジテレビ「海猿」

「海猿」は週刊ヤングサンデーに掲載されて話題になった人気漫画で2002年にドラマ化されています。海難救助を行う海上保安官のストーリーで映画化もされているのでご存知の方も多いでしょう。

2005年から2012年に映画の続編としてテレビドラマ化され、一木有海さんは2005年に大野唯役としてドラマに出演しています。

ドラマ③2005年日本テレビ「あいのうた」

「あいのうた」は2005年10月から2005年12月まで日本テレビ系列で放映されていたテレビドラマです。ストーリーは、記憶喪失の女性が警察官の家でその家族と共同生活を始めるというものです。

優しく切ないラブストーリーが話題になりました。一木有海さんはこのドラマで竹田さやか役として出演しています。

バラエティ①ジュニアでGO!

つくばテレビが運営するエンターテインメントチャンネルで、「ジュニアでGO!」というバラエティ番組がありました。そのバラエティ番組にも一木有海さんは2003年に出演しています。

バラエティ②ほんとにあった怖い話(ほん怖)

「ほんとにあった怖い話」はフジテレビのテレビドラマで、1999年の夏に放映されたのが最初です。本当にあったとされる怖い話を集めて、それをテレビドラマ化する番組です。

一木有海さんはこのドラマの2004年に放映された2nd Seasonと、2008年夏の特別編、2009年8月に放映された10周年スペシャルに出演しています。

映画①2004年「解夏」

映画「解夏」は2002年にさだまさし著の短編小説集が刊行され、それをもとに2004年に映画化したものです。

ストーリーは小学校教師をしている主人公の男性が病気にかかり、失明を宣告される中、恋人と新たな関係を築いていくというものです。一木有海さんはこの映画にも出演しています。

映画②2005年「オペレッタ狸御殿」

「オペレッタ狸御殿」はミュージカル形式の日本映画です。ストーリーは城の城主である実父から命を狙われる王子が狸姫と出会い、姫と恋に落ちていくというラブストーリーです。

一木有海さんは2005年に豆狸の役でこの映画に出演しています。

一木有海は雑誌でも活躍していた!

一木有海さんはテレビや映画だけでなく、雑誌にも出ていました。ここでは一木有海さんが出た雑誌について紹介します。

2002年「ルームリンク秋冬号(SONY)」

「ルームリンク秋冬号」という雑誌についての詳しい情報が無かったのですが、SONYの季刊誌のようなものであるようです。この雑誌に2002年、一木有海さんが掲載されています。

NEXT 2004年~2005年「小学三年生(小学館)」