中山麻理の現在は?私生活がパワフルすぎ?三田村邦彦との離婚とは エンタメ

中山麻理の現在は?私生活がパワフルすぎ?三田村邦彦との離婚とは

目次

[表示]

2013年「週刊新潮」で報道!

2013年に中山麻理さんがコンビニで働いているということが週刊新潮により報道され、「あの女優が?」と当時世間を騒がせました。

バイト先のコンビニはセブンイレブン?

AnnaliseArt / Pixabay

中山麻理さんがバイトしていたコンビニが東京都世田谷区内の時給850円のセブンイレブンでした。

コンビニバイト退屈しのぎ?体を動かしたかったから?

anaizitphoto / Pixabay

その頃は年金をもらっている年だった中山麻理さんにとって、コンビニのバイトは退屈しのぎと体がなまけるのが嫌だからという理由で、顔見知りの行きつけのセブンイレブンでバイトを始めるようになったそうです。

なんとも自由奔放な中山麻理さんらしい理由です。

テキパキ働く中山麻理に注目が集まっていた!

JESHOOTS-com / Pixabay

アルバイト中の中山麻理さんの働いている様子は年にも負けず、テキパキと働かれていました。

そんな中山麻理さんの姿は世間の人たちに好印象で、コンビニで働く中山麻理さんがとても綺麗で美しかったと注目が集まりました。

中山麻理はヌードも披露していた?実はセクシー女優?

miodarf / Pixabay

数々のドラマや映画で活躍された中山麻理さんですが、過去にヌードを披露されたこともあったようです。中山麻理さんは実はセクシー女優なのでしょうか。

中山麻理のヌードは妖艶すぎる!?

Palema / Pixabay

中山麻理さんのそのスレンダーな体ラインと美乳がとても妖艶すぎると話題になりました。

大胆におっぱいを出し、まさしく美しいグラマラスボディと引き締まった体に綺麗な形の大きなおっぱいを披露されていました。

1974年映画『炎の肖像』で濡れ場のシーンも

1974年公開の映画「炎の肖像」では中山麻理さんと沢田研二さんの熱い濡れ場シーンがありました。

小沢健二との激しいラブシーンに挑戦していた

AliceKeyStudio / Pixabay

喧嘩して血まみれで帰ってきた二郎(沢田研二さん)に絵里(中山麻理さん)は「あんたなんか死ねばよかった」と言い、そこから官能の世界へと入っていかれます。

このシーンではとても情熱的なセックスのシーンが描かれ、演技にも関わらず、中山麻理さんと沢田研二さんの名演技で「AVみたい」だと言われていました。

『傷だらけの天使』で演じた和服ストリッパー

「傷だらけの天使」は1974年10月5日から1975年3月29日放送されたドラマで、中山麻理さんは和服ヌードストリッパーとしてセクシーな体を披露されました。

中山麻理はグラマラスなスタイルを生かしたセクシー女優だった

Flybynight / Pixabay

中山麻理さんはクールな見た目からは想像もできないほど、美しく自身のグラマラスな体型を生かした女優でした。

オークファンで中山麻理ヌード写真が検索されている?

efes / Pixabay

この中山麻理さんのセミヌードの切り抜きなどはオークファンで検索されています。

中山麻理の生い立ちや経歴は?

Free-Photos / Pixabay

こんなにも美しく魅力たっぷりな中山麻理さんにはどのような生立ちがあるのでしょうか。ここでは中山麻理さんの生立ちや経歴について細かくまとめました。

中山麻理はクウォーター?

darksouls1 / Pixabay

中山麻理さんのその綺麗な少し日本人離れした顔立ちの秘密はおじいさまにあったようです。

中山麻理さんのおじいさまはイギリス系マルタ人(マルタ共和国・ヨーロッパ)なので中山麻理さんはクウォーターになります。

また父親(中山蒸治さん)は電気技師のジョージ・イングロットだそうです。

中山麻理の兄は歌手?

Free-Photos / Pixabay

中山麻理さんの実の兄である中山重治さんは歌手としてマイケル・中山という名前で活動されています。

中山重治さんはワイルド7に出演されていました。

中山エミリ・英玲奈は姪

数々のバラエティ番組で活躍されている、中山エミリさん・英玲奈さん姉妹は中山麻理さんの兄、中山重治の娘さんで中山麻理さんからは姪っ子にあたります。

中山麻理さんの息子、三田村瞬さん、中山麻聖さんは従兄弟同士になります。

中山麻理の高校は?

elizabethaferry / Pixabay

中山麻理さんは東京都世田谷区に生まれて、順心女子学園高等学校(現在の広尾学園高等学校)を卒業されました。

1966年に東宝演芸部に入り芸能界の道へ

12019 / Pixabay

高校を卒業後の1966年に東宝演劇部へ入団されました。

1967年『不信のとき』で初舞台を踏む

383961 / Pixabay

中山麻理さんの女優としての初舞台は1967年に公開された舞台「不信のとき」が初舞台となりました。

1968年『兄貴の恋人』で映画デビュー

Skitterphoto / Pixabay

初舞台を無事終え、中山麻理さんが女優として初の映画デビューとなったのが1968年公開の「兄貴の恋人」でした。

TBS『サインはV』で有名に!最高視聴率は39.3%!?

中山麻理さんの代表作、1969年版TBS放送されたドラマ「サインはV」は大人から子供まで幅広い指示を得たスポーツ根性ドラマを舞台にストーリーが描かれています。

このドラマの最高視聴率は39.3%、平均視聴率は32.3%という大人気ドラマでした。

中山麻理の出演作は?

sasint / Pixabay

ここで中山麻理さんの主な出演作品をご紹介します。

TBSドラマ『サインはV』

1969年版TBS放送されたドラマ「サインはV」は漫画を元にした実写版で中山麻理さんは椿麻理という役を演じられます。

この作品の主演は岡田可愛さん、中山仁さん、岸ユキさんなどの数々の名女優、俳優の方が出演され、最高視聴率はなんと39.3%と当時は大人気ドラマでした。

1969年版は朝丘ユミが主人公。彼女は、バレーボールの練習中に姉を亡くしたため、天性の才能を持ちながらもバレーボールを憎み一度は離れようとしていたが、「立木大和」の牧圭介にスカウトされ、再びバレーボールと向き合おうと決意する。「立木大和」は立木製作所の新設バレーボール部だが、厳しい練習のために退部する選手が続出していた(第1話の段階では、選手はキャプテンの松原かおりしか残っていなかった)。

(引用:Wikipedia)

映画『緯度0大作戦』

「緯度0大作戦」は1969年7月26日に公開された映画で、日本とアメリカの特撮映画で、中山麻理さんは岡田鶴子役を演じられました。

「緯度0大作戦」には名俳優、宝田明さん、ジョゼフ・コットンさんなどが出演され、上映時間は89分と短めの映画でした。

海底火山の噴火によって浮上できなくなった潜水球のクルーは、謎の潜水艦アルファ号に救助される。アルファー号は地上の文明よりも進んだ技術水準で造られた潜水艦で、田代博士とロートン記者はバートン医師の治療で一命を取り留める。しかし、マッソン博士はアルファー号の設備では治療できないほどの重傷を負っており、田代とロートンはマッケンジー艦長に頼み、マッソンを治療するため根拠地の緯度0基地に向かう。その途中、アルファー号はマッケンジーの旧友マリク博士の部下「黒い蛾」の指揮する黒鮫号に襲われるが、マッケンジーは黒鮫号の攻撃を交わして緯度0基地に逃げ込む。

(引用:Wikipedia)

映画『炎の肖像』

1974年に製作された映画で、1960年代後半から1980年代の前半にかけて絶大な人気の映画で中山麻理さんは小林絵里の役で出演されました。

主演はジュリーこと沢田研二さんをはじめ、秋吉久美子さん、地井武男さん、大門正明が出演されました。

喧嘩をして血まみれの姿のまま、波間に揺れる廃船に横たわる男。彼の名は鈴木二郎。ジュリーの愛称で人気のロック歌手だ。浜辺にたどり着いた彼は、既にいない喧嘩相手に悪態をつきながらホテルに戻る。部屋では、年上の恋人である小林絵里が待っていた。激しく絡み合う二人。喧嘩の一部始終をみていたという絵里は、「死んじゃえばよかったのよ、あんたなんか」と二郎にいう。画家である絵里の絵を「面白くなくなってきた」という二郎に、「柄にもなく、当たり前の女になろうとしたからね」と答える絵里。年上の女の偏愛の煩わしさに部屋を出る二郎。あてもなく歩いていた二郎に、トラック運転手の星野が声をかける。

(引用:Wikipedia)

ロック歌手の鈴木二郎(沢田研二さん)を主人公とし、虚構と現実を混在させ自由な生き方と男のロマンを求める若者の孤独と苦労を描いた青春ドラマです。

映画『限りなく透明に近いブルー』

映画「限りなく透明に近いブルー」は第19回群像新人文学賞受賞を取り、第75回芥川賞を受賞した小説を実写化したものです。

この作品で中山麻理さんと元夫の三田村邦彦さんが出会い結婚されました。

舞台は東京、基地の町、福生。ここにあるアパートの一室、通称ハウスで主人公リュウや複数の男女がクスリ、LSD、セックス、暴力、兵士との交流などに明け暮れ生活している。明日、何か変わったことがおこるわけでも、何かを探していたり、期待しているわけでもない。リュウは仲間達の行為を客観的に見続け、彼らはハウスを中心にただただ荒廃していく。そしていつの間にかハウスからは仲間達は去っていき、リュウの目にはいつか見た幻覚が鳥として見えた。

(引用:Wikipedia)

この作品は三田村邦彦さんのデビュー作でしたが監督の意見と三田村邦彦さんの意見、スタッフの意見などが対立し現場は暗く、また三田村邦彦さんは台本を8ページで投げ出すほど出演に乗り気ではなかったようです。

ドラマ『傷だらけの天使』

1974年10月5日から1975年3月29日毎週土曜日、日本テレビ系で放送されたテレビドラマ全26話「傷だらけの天使」に中山麻理さんは第3話「ヌードダンサーに愛の炎を」で有明マリ役で出演されました。

「傷だらけの天使」は若者の怒りや挫折、もがきなどを描いた探偵ドラマで暴力団の抗争から捨て子の親探しまでストーリー性バラバラで、そのバラエティの多さに人気のドラマでした。

このドラマ内では中山麻理さんはヌード姿で登場され一切ぼかしが入っておらず、視聴者がたは「見応えがあった」と言われています。

TBSドラマ『天国に一番近い男』

TBSのドラマ「天国に一番近い男」はMONOカンパニー編1999年1月8日から3月19日までで、教師編が2001年4月13日から6月29日まで放送されていました、

中山麻理さんはMONOカンパニー編の第5話、スナックのママとして出演され、 モト冬樹 さん、六平直政さん、 笑福亭鶴瓶さんなどの大物の方と共演されました。

上京したはいいが、大学受験の失敗から勉強を諦めて就職もせずその日暮らしの投げやりな毎日を送っていた主人公・甘粕四郎。何もかもを諦めて実家に帰ろうとした四郎のもとに、「天使」を名乗る男・天童世死見が現れ、四郎に「命題」をクリアできなければ死ぬと宣告する。親友・中津川麻人の紹介で通販会社「MONOカンパニー」に就職した四郎は、天童や会社の同僚とともに数々の命題を乗り越えてゆく。一生懸命生きるとはどういう事かをコメディータッチで描く、甘粕四郎の成長劇。

(引用:Wikipedia)

中山麻理は整形?

mohamed_hassan / Pixabay

71歳になっても美しい中山麻理さんですが整形はされているのでしょうか。

NEXT:中山麻理のおっぱいは垂れていない?
2/3