夜鷹とは?鳥じゃなくて江戸時代の娼婦?花魁や太夫との違いは? 社会

夜鷹とは?鳥じゃなくて江戸時代の娼婦?花魁や太夫との違いは?

今回紹介する夜鷹は鳥ではなく江戸時代の娼婦のことです。かつて夜鷹は最下層の遊女として非常に安い価格で男性の相手をしていました。今回は夜鷹に関する史実などについてご紹介していきたいと思います。なお、鳥のヨタカや宮沢賢治の「よだかの星」もご紹介していきます。

目次

[表示]

夜鷹とは?江戸時代の売春婦?色々な意味がある?

TaylorSmith / Pixabay

夜鷹とは、読んで字のごとく夜行性の鳥である「ヨタカ」を表す言葉です。しかし、夜鷹にはもう1つの意味があります。それは街娼、つまり売春婦のことです。

この売春婦を意味する夜鷹は主に江戸で使われていた言葉であり、当時は隠語として使われていたようです。

江戸時代に色を売る『夜鷹』と言われた女性はどんな人?

mohamed_hassan / Pixabay

江戸時代、吉原のような遊郭で商売する花魁・太夫の他に、街頭で売春を行う「夜鷹」と呼ばれる最下級遊女が存在しました。彼女たちは非常に安い報酬で体を売っていたようです。

ここでは江戸時代にはびこっていた夜鷹について詳しくご紹介していきたいと思います。

路上で売春する最下級遊女『夜鷹』とは?花魁・太夫との違いは?

江戸時代の遊女と言えば花魁や太夫などを想像される方が多いと思います。花魁や太夫と呼ばれる人は遊郭の中でもトップクラスの遊女を指す言葉であり、今でいえば「歌舞伎町No1キャバ嬢」でしょうか。

当時遊郭の中では身分による格差が大きく、花魁などの上位に位置する遊女は豪華絢爛な生活を送ることができましたが、下位の遊女はまともに稼ぐことができず食うにも困るような状態でした。

こうした下位の遊女は遊郭で食べていくことは難しく、相手を求めて非公式の遊郭や町で客引きを行うようになります。これらが夜鷹と呼ばれる人たちです。

当時の『夜鷹』の姿がわかる写真や画像はある?

当時の夜鷹を再現した人形です。花魁や太夫とは異なり、肩がかなりはだけてセクシーですね。お金を稼げないと生きていくことができないので、なりふり構わず客を魅了していたことが分かります。

場所によって呼び方が違う?『辻君』『惣嫁』『夜発』など

geralt / Pixabay

最下級の遊女は地域によって呼び方が異なっていたそうです。江戸では「夜鷹」と呼ばれていましたが、京都では「辻君」や「立君」、大阪では「惣嫁」や「白湯文字」などと呼ばれていたようです。

また、夜鷹の別名として夜発と呼ばれることもありますが、この言葉自体は平安時代から存在が確認されています。しかし、そのころから娼婦を意味していたかは分かっていません。

『夜鷹』の由来は?鳥の夜鷹の習性から?

街娼が夜鷹と呼ばれるようになったのは2つの説があります。1つ目は街娼が夜に活動していたため。夜行性の鳥と夜間に活動する街娼をかけて言われるようになったとするものです。

2つ目は、街娼が男を呼び止める際に発する「ちょ、ちょ、ちょ」というセリフが夜鷹の鳴き声に似ているためという説です。夜鷹の由来に関する情報は残っていないため、真相は不明です。

夜鷹が出没したのは江戸のどこ?

夜鷹が多く出没していたのは江戸の本所や鮫ヶ橋、浅草堂前ら辺であったそうです。客を土手や材木置場の陰に呼び込み、商売を行っていました。

本所の吉田町は夜鷹の巣窟であったことで有名です。ここから遠い時には神田の方まで足をのばして商売を行っていました。

『夜鷹』はどんなスタイルで商売していたの?

fendermama10 / Pixabay

娼婦の中でも最下層とされている夜鷹。彼女たちはどのようにして商売を行っていたのでしょうか?ここでは夜鷹の特徴や服装などの外見についてご紹介していきたいと思います。

夜鷹は年増ばかり?70歳の人もいた!?

jarmoluk / Pixabay

生活に困っている、遊郭で稼ぐことができないが他の仕事にもつけないなどの理由から泣く泣く夜鷹となった人が多かったようです。中には10代の子もいたようですが、基本的には年増が多かったそう。

中には70歳を過ぎた老婆もいたそうです。彼女らは年を隠すため、白髪に黒い油を塗って黒染めし、顔をおしろいで真っ白に塗っていました。

70歳を過ぎてもそうまでしないと生活できないというのは非常に大変なことだと思いますが、高齢者に対する保証などなかった江戸時代では仕方がないことでした。

夜鷹の着物は黒ずくめだった?

pixel2013 / Pixabay

夜鷹の格好は黒ずくめの着物でむしろを小脇に抱えているというのが一般的だったようです。なお、むしろとは木陰で営業を行う際、下にひくマットのことです。

成人式のド派手着物は花魁ではなく夜鷹ファッション?

最近ド派手な着物を着て肩をさらけ出しながら闊歩する「花魁風ファッション」というのが流行っており、成人式でも多くの女性がこのような着物を好んで着ています。

しかし、肩を出すような着こなしは夜鷹の代表的なファッションスタイルです。当時は色気だけでなく気品や教養も求められた花魁は、肩を出すような淫らな格好はしていなかったようです。

『成人式のド派手衣装が夜鷹ファッション説』に異論も

Olichel / Pixabay

しかし、この「成人式のド派手衣装が夜鷹ファッションである」という説に異論を唱える人もいます。「夜鷹は最下層の娼婦であるため淫らな服装をしていた」というのがそもそも誤りであるというのです。

江戸時代の浮世絵などを見ると、夜鷹は肌をさらけ出さず、ほっかむりなどをかぶって逆にできるだけ姿が見えないようにしていたとのこと。年増が多いため、しわなどを隠したいと考えると自然ですね。

この肩出しファッションは「るろうに剣心」に登場する元花魁の十本刀「駒形由美」が元ネタなのではないか、と提唱しています。そう考えると花魁ファッションで間違いないですね。

土手や木材置き場で商売をした

MichaelGaida / Pixabay

夜鷹は土手や木材置き場などで男を勧誘し、陰に連れ込んでむしろを敷き、そこで行為を行っていたようです。

夜鷹の料金は破格だった?

happylism / Pixabay

とある説によると、夜鷹の最安値は24文だったとか。当時盛りそば1敗が15文程度であったことを考えると、そばの1.5倍程度です。今で考えると1,000円ちょっとですね。恐ろしいほどの安さです。

一般的な夜鷹の金額は100文程度だったそうですが、当時岡場所と呼ばれる下級の遊郭でも500文程度だったことを考えると相当破格だったと言えます。

安い売春はリスクが高かった!梅毒で鼻欠け?

上記のとおり夜鷹は破格の金額で行為を行うことができましたが、安い分リスクを背負う必要がありました。様々な男性と行為を重ねているため、性病にかかっている夜鷹が多かったそうです。

なお、当時性病で最も恐ろしかったのは梅毒であり、江戸時代には有効な治療法が確立されていませんでした。梅毒にかかるとゴム種になり、これが崩れると鼻が欠けたりしてしまいます。

なお、徳川家康の第2子である結城秀康は梅毒にかかり、鼻が欠け落ちてなくなったそうです。それほど当時の人たちにとっては恐ろしく、また大いに流行っていた性病でした。

人気ダントツ夜鷹は『ひととせおかん』一晩で360人を相手にした?!

夜鷹の中でもダントツの人気を誇った人として「ひととせおかん」が知られています。ひととせおかんは最高でなんと一晩で360人もの男を相手にしたそうです。

仮に1人2分で処理したとしても12時間はかかる計算です。とてつもなくハードですね。もし仮にひととせおかんが性病にかかっていたなら、江戸中の男が性病にかかっていたかもしれません。

年季の明けた遊女が『夜鷹』になることも

silviarita / Pixabay

吉原の遊女は年季奉公であり、年季が明けるまでは遊郭で働かなければなりません。しかし、年季が明け遊郭を出ることとなったものの行くところがないという遊女は夜鷹として生計を立てていたようです。

他にも旦那の稼ぎが少ない女性や未亡人などが夜鷹により身銭を稼いでいたようです。

紅白に出演した椎名林檎の姿が『夜鷹』のようだと言われている?

2018年の紅白に出場した椎名林檎は、エレファントカシマシの宮本浩次と「獣ゆく細道」を披露しています。この時、宮本浩次は侍のようなスタイルで、椎名林檎は着物を着て歌っています。

さらに椎名林檎はほっかむりをかぶって、色気たっぷり妖艶な姿を披露しています。これがSNSで「完全に侍と夜鷹。素敵すぎる」と話題になりました。

夜鷹をモデルにした作品もある?

DGlodowska / Pixabay

これまで紹介した夜鷹にスポットを当てた作品も存在します。ここでは夜鷹を題材とした小説や落語についてご紹介していきたいと思います。

永井義男『江戸の切ない娼婦「夜鷹」を妻にした男』

男が歩いていると1人の女が声をかけてきました。漢は女が夜鷹であると気づきましたが、まるで汚れを知らないその佇まいに思うところがあったのか男は持っていた金を全て女に渡しました。

聞くと女は元々育ちのいい家庭で過ごしましたが、父の病気により食うものにも困る有様。仕方なく夜鷹を始めたものの声をかける勇気すらなかったそうです。

男は大層かわいそうに思い、それと同時に女を愛おしく思うようになりました。そして逢瀬を重ねついに夫婦となることを決意したのですが…。なおハッピーエンドのストーリーです。

落語の『出世夜鷹』

落語の1つである「出世夜鷹」。当時人気絶頂だった花魁が大金をしたためて歌を書いた額を奉納します。それを聞いた夜鷹は「自分も額を奉納したい」とねだり、安い額を奉納します。

額の見た目は天と地ほどの差がありましたが、町民は字が読めず、書いてある歌については分かりませんでした。そこで有名な先生に歌を見てもらったところ、夜鷹の歌を大絶賛します。

それが天下の将軍の耳にも届き、将軍にも直々に歌を披露。その歌に大層感動した将軍は正式に歌い手として夜鷹を雇うこととしました。

娼婦『夜鷹』の由来となった鳥の『ヨタカ』って?夜鷹症との関わりは?

前でもご紹介していますが、夜鷹の名前の由来は夜行性の鳥であるヨタカであるとされています。ここでは元となったヨタカについてご紹介していきたいと思います。

鳥のヨタカの特徴や画像は?

ヨタカは日本をはじめとするアジア圏に生息する鳥であり、全長は30㎝程度です。全身の羽衣は暗褐色や褐色がベースになっており、黒褐色や褐色、薄灰色、赤褐色といった複雑な斑紋が入っています。

こうした複雑な体色は木の上や落ち葉の上などでは保護色として役立っていると考えられています。大型の翼を持っており、翼の先端は尖っています。

頭部は扁平であり、虹彩は暗褐色です。口は大型ですが、嘴は小型で幅広いという特徴があります。また、オスとメスで体の模様が異なります。

夜行性で大きな鳴き声?

ヨタカはその名の通り夜行性です。また、鳴き声は大きく「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」と鳴きます。確かに夜鷹が男を呼び止める「ちょちょちょ」に似ていますね。

この鳴き声から、ヨタカは「キュウリキザミ」「ナマスタタキ」「ナマスキザミ」と言った別名もつけられています。

鷹というよりは雀?

iirliinnaa / Pixabay

ヨタカという名前から鷹の仲間であると思われがちですが、生物学的には鷹よりも雀に近いそうです。体長や見た目もあまり鷹っぽくありませんが、生物学的にも遠い存在なので仕方ないですね。

ヨタカは『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』にも取り上げられている

ヨタカは「ダーウィンが来た!~生きもの新伝説~」の2014年9月14日放送「特技はかくれんぼ!謎の鳥ヨタカ」で特集を組まれています。

当時大変貴重なヨタカの子育てに密着取材を行っていました。

宮沢賢治の小説『よだかの星』では揶揄されている?

読者の皆様も国語の時間に習ったかもしれませんが、宮沢賢治の短編小説で「よだかの星」というものがあります。この小説の主人公こそヨタカです。

ヨタカはその特徴であるまだらな体毛をバカにされ、他の鳥から「お前は醜い」「鷹を名乗るな」などと言われていました。そしてヨタカは段々と生きる気力をなくしていきます。

ヨタカは太陽に「「あなたの所へ行かせてほしい」とお願いします。太陽は星に頼めと言い、星は華麗にスルーを決め込みます。半分自棄になったヨタカは命がけで空を飛び続け、星となってしまいました。

NEXT:子供の夜泣きのことを夜鷹症という?
1/2