李麗仙の元旦那は唐十郎?現在は裁判?ポスター押収?現在の活動は? エンタメ

李麗仙の元旦那は唐十郎?現在は裁判?ポスター押収?現在の活動は?

映画、ドラマ、舞台など数多くの作品に出演し、唐十郎さんの元妻で大鶴義丹さんの母でもある李麗仙さん。「アングラの女王」の異名を持ち、妖艶かつ情熱的な女優さんです。そんな彼女の軌跡、そして反日の噂や病気の噂もある現在を調べていきます。

目次

[表示]

李麗仙の現在は?引退?病気との噂も?

今までに数多くの作品に出演されている李麗仙さんですが、現在は何をされているのでしょうか?経歴を探っていくととても興味深い人生を送ってきたようです。

李麗仙のプロフィール!現在の年齢は?

  • 本名:李初子(イ・チョジャ)
  • 生年月日:1942年3月25日
  • 出身地:東京
  • 血液型:A型
  • 出身校:舞台芸術学院中退

1963年に唐十郎さんが設立した劇団状況劇場に参加して女優人生がスタートしました。デビュー当時は「星山初子」という芸名でしたが数年後には「李礼仙」と名乗り劇団の看板女優になりました。

在日韓国人3世でとして日本で生まれ育ちましたが、日本の演劇界で初めて韓国名で活動した女優さんです。

李麗仙は現在も女優として活動している?引退した?

結果から言うと引退はされていません。昨年体調不良で舞台が中止になり、現在は療養中と言われています。

現在は舞台女優として活躍?「アングラの女王」という異名も?

元は舞台女優としてデビューした李麗仙さん。その個性的で情熱的な演技から「アングラの女王」なんて呼ばれていたんですね。

80年代から90年代にはテレビドラマや映画での活躍も目立ちました。ここ数年はまた舞台への出演に力を入れているようです。

最近では映画「ホテルコパン」に出演

長野五輪から18年の2016年、「ホテルコパン」に集まった訳あり男女10人が繰り広げる可笑しくも残酷な再生群像劇。主演は市原隼人さん、監督は門馬直人さんです。

李麗仙さんは、「過去の栄光を引きずったプライドの高い孤独な女優」という役柄を見事に演じています。

李麗仙の現在は病気という噂も?

2015年にバラエティー番組で息子の大鶴義丹さんが、再婚してから母親の李麗仙さんと同居していると発言したところ、新婚なのに親と同居ということは・・・と憶測で「病気説」が流れたようです。

李麗仙は2018年に体調不良で舞台の公演を中止

2018年10月に出演予定だった舞台「隅田川(芝居屋・劇団羊のしっぽ)」が李麗仙さんの体調不良で中止となりました。チケット販売サイトに劇団の関係者のコメントが掲載されています。

なお、李麗仙さんは日々回復に向けて頑張っています。また李麗仙にしかできない芝居で舞台に立てますように、皆様の応援をどうぞよろしくお願い致します。

(引用:カンフェティ)

李麗仙の復帰予定は?

383961 / Pixabay

劇団羊のしっぽの関係者の方のコメントにもある通り、現在は復帰に向けて頑張っているようです。が、本当のところの病状や復帰時期についてはわかりません。

李麗仙の最近の画像はある?

こちらの写真は比較的最近のものと思われます。しかしテレビ出演も2016年以降ほとんど無く、病気療養中という今、李麗仙さんの新しい画像はまず発見できません。

息子の大鶴義丹さんはブログをやってらっしゃいますが、母である李麗仙さんに関しての投稿は無く、現在の状況は全くわからないのが現実です。

李麗仙は、現在結婚している?元旦那は唐十郎?子供は?

Pexels / Pixabay

李麗仙さんの女優人生を語るにあたり、唐十郎さんとの結婚、そして生まれた息子の大鶴義丹さんに触れないわけにはいきません。なれそめや離婚について興味が沸きますね。

李麗仙が結婚した旦那は唐十郎?子供は大鶴義丹?

1967年に唐十郎さんと結婚して翌年に大鶴義丹さんを出産しました。この写真は1978年に撮られたもので、左から唐十郎さんの母、大鶴義丹さん、唐十郎さん、李麗仙さんです。

李麗仙と唐十郎の馴れ初めは?一緒に劇団で活躍?

舞台芸術学院に通っていた唐十郎さんと李麗仙さん。唐十郎さんが李麗仙さんを劇団に勧誘したことで、李さんは学院を中退し劇団状況劇場に入ることになりました。

当時の劇団「状況劇場」の状況は?

1963年に唐十郎さんが仲間と「シチュエーションの会」を結成、翌年に「劇団状況劇場」に改名しました。1968年に初めて新宿の花園神社境内にテントを張って公演を行い大変評判となりました。

以後「紅テント」として若者を中心に人気となり、1960年代後半から1970年代のアングラ演劇ブーム時には警察と衝突しながらも牽引してきました。根津甚八さん、小林薫さんなどもこの劇団の出身です。

20年以上経って、李麗仙と唐十郎は離婚

Free-Photos / Pixabay

私生活でも舞台でもパートナーとして激動の時代を生きてきた李麗仙さんと唐十郎さん。激しく燃え上がる演劇に対する心を持った二人でしたが、結婚20年以上経ってから離婚となりました。

原因は、唐十郎の不倫だった?

明確な理由はもちろんお二人にしかわからないことですが、李麗仙さんとの離婚後に唐十郎さんは再婚されていて大鶴義丹さんの異母兄弟となるお子さんを2人もうけています。

李麗仙さんは唐十郎さんの不倫を疑っていたのか、もしくはそうだったからなのか、次に紹介する出来事につながるのです。

その後、李麗仙は唐十郎と現在の妻に対して裁判を起こしていた!

TPHeinz / Pixabay

とは言っても離婚後すぐにというわけではなく、28年が経った2016年に李麗仙さんは二人に対して生活費の未払いや状況劇場の権利を巡って訴えました。

2012年に唐十郎さんが自宅前で転倒し脳挫傷を負ったことで李麗仙さんは、財産や権利関係の整理をするために2人を訴えることとなったようです。

生活費や著作権を求めるも、唐十郎の妻が拒否

sasint / Pixabay

李麗仙さんの主張は①婚姻中に二人で買った稽古場の譲渡②生活費と養育費月30万円の支払い③劇団状況劇場の著作権譲渡です。②に関しては20万円が三回ほど支払われたそうで、未払い分の請求ということです。

しかし唐十郎さんの現在の妻である女性は支払いを拒否しました。現在唐十郎さんはしゃべることもままならない状態だそうで、妻であるこの女性と李麗仙さんが対立しているのでは?と憶測を呼んでいます。

李麗仙は劇団のポスターも押収された?なんでも鑑定団での鑑定額は500万?

ポスターは状況劇場の「腰巻お仙」と「ジョン・シルバー」の2枚、横尾忠則さんがデザインしたものです。李麗仙さん本人が「なんでも鑑定団(2015年放送)」に出品した際には2枚で500万円の値が付きました。

唐十郎さんが倒れる前(2012年以前?)このポスターを明治大学に寄贈する話が出た時に、李麗仙さんが反対し唐十郎さんの別荘から勝手に持ち帰り、唐さんの妻と唐組(唐十郎さんの劇団)が被害届を出しました。

李麗仙は現在、息子の大鶴義丹と同居している?

2015年に放送されたバラエティー番組で息子の大鶴義丹さんが李麗仙さんと二世帯住宅で同居していると話していました。大鶴義丹さんが同居を前提に建てたそうで、玄関も別の完全分離型の二世帯住宅だそうです。

「アウト×デラックス 春の面会スペシャル」に出演した際は、息子の離婚に言及

2014年4月に放送された「アウト×デラックス春の面会スペシャル」に親子で出演した際に、大鶴義丹さんとマルシアさんの離婚について言及する場面がありました。

「離婚したのだから男と女はフィフティフィフティ、男が一方的に悪いわけではない」と暗にマルシアさんの責任をも匂わせる発言をして矢部さんに制止されていました。さすがは李麗仙さん、バッサリといきますね。

李麗仙の若い頃は?画像や出演作品は?

李麗仙さんは劇団状況劇場の旗揚げから参加し数多くの舞台に立ってきました。またテレビや映画でも個性的な役どころを印象深く演じてこられました。そんな彼女の出演作品について探っていきます。

初公演は「恭しき娼婦」

サルトル原作の「恭しき娼婦」という戯曲が初舞台です。アメリカ南部、一人の娼婦を取り巻く白人と黒人による争いが描かれ、人種差別や職業差別の要素が強く観る人によって解釈が違ってくる作品です。

2018年にはサヘル・ローズさんが主演で上演されています。ただし白人VS黒人ではなく現代の日本の設定で朝鮮人差別に置き換えて演出されています。

その後も、唐十郎が手がける舞台に数々出演

李麗仙さんは初舞台以降も「アングラの女王」と呼ばれるにふさわしい数々の唐作品に出演しています。「腰巻お仙」、「ジョン・シルバー」、「少女仮面」、「二都物語」など現在でも多くのファンに支持されています。

舞台に限らず、ドラマや映画でも活躍していた!

「アングラの女王」では収まり切れず、徐々に活躍の場を広げていった李麗仙さん。テレビや映画でもその個性的な演技で人々を魅了してきました。

「金八先生」の第 4シリーズにも出演?

教壇から遠ざかっていた金八先生が久しぶりに桜中学に帰ってきた第4シリーズです。3年B組にはかつての教え子雪乃(杉田かおる)の息子もいます。

李麗仙さんは教頭先生役で出演しています。金八先生と対立しながらもその手腕を認め柔軟なところも見せるといった李麗仙さんのイメージにぴったりな役どころです。

李麗仙の若い頃の画像はある?

若い頃は目鼻立ちのハッキリとした美人という印象ですね。女優のキャリアをスタートした頃の李麗仙さんは舞台出演が多かったことや、現在のようにインターネットも普及しておらず、この画像は貴重です。

NEXT:李麗仙は若い頃、「金粉ショー」をしながらキャバレーを巡っていた?
1/2