堀部圭亮の経歴がすごい?お笑い芸人だった?パワーズ?勝俣が相方?エンタメ

堀部圭亮の経歴がすごい?お笑い芸人だった?パワーズ?勝俣が相方?

目次

[表示]

堀部圭亮の出身高校は?

堀部圭亮さんの出身高校は、「成立学園中学校・高等学校」ということになっています。

ただ、前述の通り堀部さんは高校を中退していますので、最終学歴としては中卒ということになりますね。

松田優作に憧れて高校を中退し、まわり道をしながらも地道に夢をかなえてきた堀部さん。まさに中退の星です!

堀部圭亮の出演作品まとめ

芸人、俳優、放送作家とマルチに活躍している堀部圭亮さん。活躍ぶりがわかるおすすめ作品を御紹介していきます。

堀部圭亮の出演作品①大河ドラマ「平清盛」

堀部圭亮さんにとっては2度目の大河ドラマとなった「平清盛」。作中で堀部さんは藤原忠通を演じ、平家の好敵手として存在感を発揮しました。

堀部圭亮の出演作品②朝ドラ「花子とアン」

吉高由里子主演で話題となった朝ドラ「花子とアン」。この中で堀部さんは有馬次郎役を演じ、決してメインではないものの味のある演技でしっかりと存在感を発揮しています。

堀部圭亮の出演作品③ドラマ「下町ロケット」

「下町ロケット」というとTBS版のイメージが強いかもしれませんが、実は2011年にWOWOW版が放映されているんです。

堀部さんはこのWOWOW版のほうに出演しており、ドラマ版とはまた違う緊迫した世界観を演出しています。

堀部圭亮の出演作品④映画「関ヶ原」

岡田准一主演で公開された映画「関ヶ原」にも、堀部さんは出演しています。

時代物での安定感は大河ドラマですでに証明されている堀部さん。この映画でももちろんイケメンぶりがたっぷり味わえますよ!

堀部圭亮の出演作品⑤舞台「12人の優しい日本人」

三谷幸喜脚本の舞台、「12人の優しい日本人」。この作品をきっかけに、堀部さんは三谷脚本に多く出演するようになります。

シリアスはもちろん、コメディもそつなくこなす堀部さんはまさに、貴重なバイプレーヤーですね!

堀部圭亮だけじゃない!芸人から俳優に転身した有名人

もともとお笑い芸人で俳優に転向した有名人は意外とたくさんいます。若手からベテランまで、華麗な転身を遂げたあの人についてまとめてみました。

泉ピン子

今や誰もが認める大女優であり、橋田寿賀子ドラマの常連でもある泉ピン子さん。ピン子さんがもともと芸人だったことをリアルタイムで知る人は少数ではないでしょうか。

もともと牧伸二さんの付き人で、自身も師匠ゆずりのウクレレ漫談で爆笑をとっていたそうです。

伊東四朗

永久不滅のタフマン、伊東四朗さん。幅広い役柄を自然に演じる安定感はさすがの1言ですが、意外なことにもともとはお笑いトリオの一員でした。

「てんぷくトリオ」のひとりとして戸塚睦夫さん、三波伸介さんとともにコントを生み出しつづけていた伊東さん。演技力の源はコントだったんですね。

片岡鶴太郎

ボクサー、画家、俳優、ヨギーと多彩な顔を持つ片岡鶴太郎さん。すっかり芸術家のイメージですが、実はもともとはお笑い芸人だったんです。

当時はぽっちゃり体型で、近藤真彦さんのモノマネや小森のおばちゃまのパロディで大人気だった片岡鶴太郎さん。

ヨギーもいいですけど、時にはバラエティ番組で往年のギャグを披露してほしいところですよね。

竹中直人

渋くてダンディながら、バラエティではお茶目な一面を見せてくれる俳優の竹中直人さん。強面からハートフルな役までこなす竹中さんも、デビューはお笑いからでした。

代表作(?)の「笑いながら怒る人」はもはや職人芸であり、竹中さんを語るうえではずすことができない代名詞になっています。

劇団ひとり

ひとクセもふたクセもある変態キャラを演じさせたら天下一品の劇団ひとりさん。かなり早くから俳優としても活躍しており、意外な映画に意外な配役で登場しています。

山口智充

「DonDokoDon」のボケ担当だったことさえもはや忘れ去られるほど、ピンでの活躍がめざましい山口智充さん。いい意味で毒気がなく、誰も傷つけない安定の司会ぶりには好感がもてます。

声優としても評価が高く、「インクレディブル・ファミリー」のお父さん役はまさにハマリ役です!

ちなみに、相方の平畠さんは芸能界から引退したわけではなく、今でも時々「アメトーーク!」などに出演していますので、チェックしてみてください。

星田英利(ほっしゃん。)

「R-1ぐらんぷり」で優勝するなど、ピン芸人としてもしっかりと実績を残している星田英利さん。本名に戻してからは朝ドラに出演するなど、すっかり俳優の顔になっています。

「イッテQ!」で大人気の宮川大輔さんともともとコンビだった(チュッパチャップス)ことは、意外と知られていない事実です。

俳優と芸人を上手に両立させている有名人

堀部圭亮さんのように完全なる転向…とまではいかなくても、俳優と芸人を上手に両立させている人はたくさんいます。

笑福亭鶴瓶

最近では山田洋次監督作品の常連ともなっている笑福亭鶴瓶さん。「古畑任三郎」では凶悪で利己的な殺人犯を演じていました。

司会業で売れ、落語で売れ、そして俳優としても売れに売れている鶴瓶さんは今、まさに無双状態と言えるのかもしれません。

北野武

俳優業の時にはビートたけしではなく、本名として演技に専念している北野武さん。自身の監督作品はもちろんのこと、松本清張作品でも味のある演技を見せています。

最近では、人気ドラマ「ドクターX」での腹黒い外科医の印象が強烈でしたよね!

宮迫博之

不倫騒動もようやくひと段落着いた印象の宮迫博之さん。一時はこのまま俳優1本になるのかと思われましたが、コンビ仲は良好のようです。

ドラマはもちろん、声優としてのオファー多数の宮迫さん。今後も俳優業のほうを増やしていくのでしょうか?

堀部圭亮はもともと芸人で勝俣の相方!現在は俳優で大成!

もともとお笑いコンビでデビューし、放送作家時代を経て現在は俳優として大活躍の堀部圭亮さん。あの勝俣さんとコンビだったのは意外ですよね。

最新の出演作もぜひともチェックしておきたいところです!

関連する記事はコチラ!

https://career-find.jp/archives/40341

2/2