安原麗子の現在は?声優や舞台で活躍?若い頃の画像やお宝映像も!

安原麗子(やすはられいこ)さんは、アニメのフルーツバスケットなどで声優を務めていたり、舞台でも活躍していました。現在もライブを行っている事や結婚、子供の情報もブログにはあると言われています。過去にはヌード作品もあると言われている安原麗子さんをまとめました。

安原麗子の今現在は?声優や舞台で活躍?ブログはある?

FirmBee / Pixabay

安原麗子さんは、声優や女優としても活動している人で、かつては女性アイドルグループの1人としても活躍していました。

現在は、声優としての活動が中心と言われており、映画の吹き替えなども努めています。様々な作品で声優を務めてきた他にも、舞台でも活躍していました。

安原麗子さんはブログや、3大SNSの1つとも呼ばれるfacebookをやっているという話もあります。プロフィールも加えてまとめています。

安原麗子のプロフィール!現在の画像や年齢は?

  • 生年月日:1969年10月18日
  • 年齢:49歳(1969年4月時点)
  • 出生地:神奈川県横浜市
  • 血液型:A型
  • 身長:155cm
  • 職業:声優、歌手、元女優
  • 事務所:リマックス

安原麗子さんの趣味や特技の1つに、殺陣(たて)とあり、時代劇も演じれるのでは、と言われています。器械体操も得意らしく、柔軟な動きも出来ます。

他には日曜大工やペンキ塗りも趣味、特技となっていて、DIYが得意なようです。中々珍しい趣味、特技を持っています。

安原麗子は少女隊のメンバーとして活躍していた?

安原麗子さんは、かつて女性アイドルグループとして活動していました。グループ名は「少女隊」(しょうじょたい)で、3人のメンバーで構成されたアイドルグループでした。

オーディションで選ばれた3人で、ミホ、レイコ、チーコという名前で活動していました。もちろんレイコが安原麗子さんです。

「少女隊」は1983年に結成され、1984年にシングルをリリースして、デビューしました。活動後期には日本だけではなく、アジア圏で知名度や人気の高いグループにまでなっています。

安原麗子の現在の活動は?声優活動が中心?

Fotocitizen / Pixabay

アイドルグループの1人として活躍した安原麗子さんは、グループ解散後も芸能活動を続け、現在では声優としての活動を中心としています。

テレビアニメやOVAでメインを務めたり、ドラマCDでも活躍しています。映画の吹き替えも多数務めており、声優としての実績となっています。

2018年、映画「フューチャーワールド」でクイーンの吹き替え役に

2018年に制作された映画の「フューチャーワールド」では、ルーシー・リューさんが演じている、クイーンという役の吹き替えを務めています。

「フューチャーワールド」は第三次世界大戦の起きた後の世界を描いた作品で、ジェームズ・フランコさんが監督、主演を務めている映画です。

2019年の映画「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」でも

2018年に制作され、2019年に日本でも公開された映画の「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」でも、安原麗子さんは吹き替え役を務めています。

ツイ・ハーク監督によって推理小説シリーズを原作として作られた作品の中の1つで、3作目となる映画です。その中の則天武后を演じるカリーナ・ラウさんの吹き替えを、安原麗子さんが務めています。

フルーツバスケットの再アニメ化は降板?

高屋奈月の漫画作品である「フルーツバスケット」のアニメ化したもので、安原麗子さんは花島咲というキャラクターの声優を務めていました。

「フルーツバスケット」は人気の作品で、2001年にアニメ化された後、2019年に再びアニメ化されています。

安原麗子さんの花島咲役は非常に好評だったのですが、2019版ではスタッフやキャストは一新されており、絵柄も原作者の意向により、原作の絵柄とは違うものとなっています。

安原麗子は舞台でも活躍?朗読劇「家族草子」?

森浩美さんの家族をテーマとした小説を、朗読と劇で表現する少人数で編成されたチームが、「家族草子」となります。

「家族草子」は天現寺を中心として、地方や銀座、カフェなどで公演しています。

安原麗子さんは「家族草子」のメンバーとしても活躍しています。

安原麗子は現在、ライブもやっている?

Free-Photos / Pixabay

安原麗子さんは、末光篤(すえみつあつし)さんとコラボしてライブを行っています。少女隊デビュー記念日にもライブを行い多くのファンが押し寄せました。

末光篤さんは、シンガーソングライターでクラシックとロックを融合した、ピアノの楽曲の制作を中心としている人です。

安原麗子さんは「JZ Brat SOUND OF TOKYO」という、東京都渋谷区桜丘町にあるジャズクラブでライブを行っています。

安原麗子は結婚披露宴のMCも?

安原麗子さんは、披露宴や各種イベントの司会者としても活動しており、「株式会社楽友社」のホームページで仕事を依頼する事も出来ます。

「株式会社楽友社」は、東京都品川区東五反田にある会社で、パーティやイベントの音楽の生演奏や、結婚式や披露宴の司会などの手配、楽器のレンタルを行う会社です。

「株式会社楽友社」のホームページでは、安原麗子さんは女性司会者として紹介されています。

安原麗子のブログやfacebookはある?

Free-Photos / Pixabay

安原麗子さんの公式ブログは以前はYahoo!ジオシティーズの中であったのですが、Yahoo!ジオシティーズは現在サービス終了しています。

現在の安原麗子さんの公式ブログは、Amebaブログにあり、「れいこのひなたぼっこ」というブログ名です。安原麗子さんの個人でのfacebookアカウントは無いようです。

安原麗子の最新情報はブログでチェック!

kaboompics / Pixabay

安原麗子さんの最新情報はオフィシャルブログで確認するのが一番手っ取り早いでしょう。

2019年現在も更新されていますので、安原麗子さんの活動や日々の様子が分かるファンには嬉しいブログとなっています。

安原麗子の現在の私生活は?結婚して子供がいる?旦那は誰?

Takmeomeo / Pixabay

安原麗子さんは、現在結婚しており、旦那は誰かという話題もありました。旦那はお笑いタレントであるガダルカナルタカさんという噂が流れているようです。

安原麗子さんの結婚の相手などの情報は様々な噂が立っていますが、子供がいる事は確かなようです。ブログでは自身の子供の活躍を喜ぶ記事を上げています。

安原麗子は結婚している?旦那は誰?

StockSnap / Pixabay

安原麗子さんはブログの内容から子供がいるという事は分かっています。しかし結婚した、など結婚に関連する記事はなく、旦那に関する情報もありません。

旦那が芸能人ではなく、一般の方のため情報を公開していないのか、安原麗子さんの結婚に関する情報は見つかりませんでした。

安原麗子の旦那はガダルカナルタカ?デマ?

安原麗子さんの旦那は、お笑い芸人であるガダルカナルタカさんという情報や噂が流れています。この噂は安原麗子さんとガダルカナルタカさんが、映画で共演した事による影響だと言われています。

1991年12月13日発売の映画「新・ピンクのカーテン」で、2人がラブシーンを演じた為、この2人が夫婦だという噂が流れたと言われています。

「新・ピンクのカーテン」は、ジョージ秋山さんの漫画である、「ピンクのカーテン」を原作として作られた映画で、安原麗子さんとガダルカナルタカさんは恋人同士という役でした。

安原麗子は現在、シングルマザーという噂も?

Free-Photos / Pixabay

安原麗子さんのブログでは、子供の情報は見かけるものの、旦那の情報や結婚生活に関するような情報はありません。

どこかに出かけた、という記事でも子供と2人で、といった記事が多いようです。

この事から、現在の安原麗子さんは、シングルマザーとして子供と2人で生活しているのでは、とされています。

安原麗子の子供は男の子?ブログにも登場?

安原麗子さんのブログでは、子供の学校の行事や、大会に出場した時にはブログの記事として上げています。

ただ、子供の写真を上げる事は無く、あくまでも行事や出来事の話を載せているようです。子供は息子が1人だという事が分かっています。

息子と出かけたり、一緒に行事に参加したりと、楽しく生活している様子がブログで紹介されています。シングルマザーとしての大変だと思われますが、その事は感じさせないほのぼのとした記事になっています。

安原麗子の子供は剣道をやっている?現在は中学生?

安原麗子さんのブログによると、2018年時点で子供が生まれて12年となっています。となると、2006年頃に生まれた子供という事になります。

2019年時点では中学生くらいの年齢です。子供は剣道をやっており、大会の様子もブログに上げています。

また、子供は剣道の大会で、何度も優勝経験があるようで、かなりの腕前の持ち主だと言われています。

安原麗子は若い頃、少女隊で活躍!お宝画像や写真集も?

jill111 / Pixabay

安原麗子さんは女性アイドルグループの少女隊の1人として芸能界へデビューしました。少女隊の活動は日本だけではなく、アジア圏をターゲットとしており、香港やタイではかなり人気となっていました。

また、韓国でも人気となり当時日本語の歌を禁止していた韓国で、日本語のままの歌を流したという快挙も成し遂げています。

韓国では、人気となった少女隊を模倣した3人組の女性アイドルグループ「セトレ」も作られています。台湾ではそのまま少女隊というグループが作られました。

安原麗子は、元少女隊メンバー!

女性アイドルグループ少女隊は、安原麗子(レイコ)さん、藍田美豊(ミホ)、さん市川三恵子(チーコ)さんの3人で構成されたグループです。

CDのリリースと同時に写真集などを発売する当時としては珍しい方法で、売り出されました。デビュー1周年で、市川三恵子さんが椎間板ヘルニアによって脱退し、引田智子(トモ)さんが加入しました。

アジア圏をターゲットとして活動しており、東南アジアツアーも成功し、日本よりもそれ以外のアジアで人気の高いグループとなっていました。少女隊は1989年に解散しています。

少女隊時代の画像・映像は?

動画は安原麗子さんの画像を流している動画になっています。少女隊はCDだけではなく、ビデオや写真集も多数出しており、現在でも通販サイトなどで販売されています。

安原麗子は「新・ピンクのカーテン」などでヌードを披露!濡れ場も?

安原麗子さんは、少女隊が解散した後はジャパンホームビデオや日活株式会社の制作した「新・ピンクのカーテン」や「新・うれしはずかし物語」に出演しています。

どちらの作品もジョージ秋山さんの漫画作品を原作として作られた映画で、エロをふんだんに取り入れた作品となっています。

安原麗子さんも「新・ピンクのカーテン」と「新・うれしはずかし物語」に出演した際にヌードでの出演や、濡れ場を演じています。

安原麗子はヌードの写真集も出している?

Gellinger / Pixabay

安原麗子さんは少女隊の解散後、セクシー路線に変更したようで、映画だけではなくヌードの写真集も販売されています。

竹書房から発売されている「ルナティック・カラーズ―安原麗子写真集」や、ワニブックスから発売されている「Reiko―安原麗子写真集」はヌード作品での写真集となっています。

少女隊の頃からのファンは、セクシー路線に移行した安原麗子さんに驚きつつも、写真集や映画に出演する姿には喜んでいたようです。

他の方はこちらの記事も読んでいます

安原麗子に関するその他の話題

ktphotography / Pixabay

安原麗子さんの大ファンと公言している人で、有名なアニメ作品をメインに手掛けている監督がいます。差し入れなどもしているようです。

また、少女隊にはfacebookのアカウントが存在しているようです。アジア圏で人気だった少女隊のfacebookアカウントには色々な国の方がコメントを残していっています。

大地丙太郎監督は安原麗子の大ファン?

アニメ監督や演出家として活躍している大地丙太郎(だいちあきたろう)監督は、少女隊時代から安原麗子さんの大ファンのようです。

自身のツイッターでも度々安原麗子さんの話題を出しており、現在でも安原麗子さんのライブに行っているようで、安原麗子さんに差し入れをしたりしています。

大地丙太郎監督の少女隊や安原麗子さんに関するツイートは、熱いファンの心が感じられるものばかりです。

少女隊のfacebookアカウントがある?

facebookアカウントは「Shohjo-Tai (少女隊)」というアカウントで、安原麗子さんのブログ内容や写真の転載を中心としているアカウントのようです。

更新頻度は高めで、アジア圏から大勢の方がコメントを残しています。

安原麗子の出演作品や曲まとめ

geralt / Pixabay

安原麗子さんは少女隊に所属していましたが、解散してからの方が活動歴は長く、声優や女優として様々さ作品に出演しています。

また、アニメの中では自身が作詞した曲も歌っており、挿入歌として使われています。

安原麗子の出演作品①:映画「SO WHAT」

「SO WHAT」は山川直人さんが監督を務めた作品で、 安原麗子さんは篠原ミツコという役を演じています。

ロック好きの高校生4人の青春や恋愛を描いている作品で、安原麗子さんはその4人に憧れられている陸上部の女生徒を演じています。

安原麗子の出演作品②:OV「新・ピンクのカーテン」

原作の「ピンクのカーテン」のオリジナルビデオ版が「新・ピンクのカーテン」となっており、「ピンクのカーテン」は人気で、実写映画やアダルトビデオ作品にもなっています。

安原麗子さんは、この作品でガダルカナルタカさんとの濡れ場を演じた事で、2人は夫婦なのでは、という噂が流れたようです。

「ピンクのカーテン」は近親相姦をテーマとした作品で、2も出ています。「ピンクのカーテン2」は性犯罪をテーマとした作品となっています。

NEXT 安原麗子の出演作品③:OV「難波金融伝ミナミの帝王劇場版III 愛人契約」