集合的無意識とは?ユングが考えた?アクセス方法や神との関係は?

「集合的無意識」は心理学者のユングが提唱した概念で、すべての人に共通する感覚のことです。潜在意識の深層と向き合い集合的無意識にアクセスすれば、願望が叶うとも言われています。集合的無意識は夢やアカシックレコードと関係しているとも考えられています。

集合的無意識とは?心理学に関係している?

qimono / Pixabay

集合的無意識は心理学の用語です。精神科医で心理学者のユングが提唱した概念で、「全ての人に共通する感覚」のことを指しています。

ユングは、個人を超えて人類の心に共通して存在している感覚があることを見出して、独自の理論を確立させました。

集合的無意識は「全ての人に共通する感覚」のこと

rawpixel / Pixabay

集合的無意識とは「全ての人に共通する感覚」のことを指していて、普遍的無意識とも呼びます。

人間の無意識の深層に存在する、個人の経験を超えて全人類の心に共通してもっている感覚のことを言います。

心理学用語のひとつ!提唱者は心理学者ユング

PIRO4D / Pixabay

集合的無意識は心理学用語のひとつです。この概念を提唱したのは心理学者ユングです。ユングは、言語連想試験の研究によって、人類の心に共通して存在しているイメージを見つけ集合的無意識と名づけました。

心理学者ユングってどんな人?フロイトと師弟関係にあった?

skeeze / Pixabay

カール・グスタフ・ユング(1875年-1961年)は、スイスの精神科医で心理学者だった人物です。ユングは、精神疾患の治療のために心理理論を模索している中で、フロイトの精神分析学に出会いました。

その後はフロイトに師事して精神分析学を発展させていきますが、意見の相違がありユング心理学という独自の心理学を創始させました。

集合的無意識はユング心理学の代表的な概念で、無意識の領域を明らかにするために理論を確立させていきました。

集合的無意識はどこにある?アクセス方法は

Free-Photos / Pixabay

集合的無意識は、個人の中ではなく宇宙にあると考えられています。集合的無意識にアクセスできると、そのエネルギーから願望が叶うと言われています。

自分と向き合ったりカウンセリングを活用することで、集合的無意識にアクセスできるようになると考えられています。

NEXT 集合的無意識は脳の中にある?