綾部守人の現在は芸能界を引退している?大学は早稲田?出身高校は?エンタメ

綾部守人の現在は芸能界を引退している?大学は早稲田?出身高校は?

目次

[表示]

ドラマ「キッパリ!」

ドラマ「キッパリ!」は上大岡トメのエッセーである「キッパリ!〜たった5分間で自分を変える方法〜」を原作として制作されたものであり、2007年1月29日~4月13日まで昼ドラマ枠で放送されました。

ズボラな主婦がこれまでの自分とキッパリ決別し、家族と共に成長していくハートフルコメディであり、綾部守人は長男の君塚周を演じていました。

ドラマ「ぼくの夏休み」

こちらも先ほどご紹介しましたが、綾部守人の初主演ドラマです。「ぼくの夏休み」は2012年7月2日~8月31日に放送された昼ドラマであり、綾部守人は主人公の青山和也を演じています。

綾部守人が出演したのは第1部の少年時代。両親の離婚問題により夏休み中母の実家に預けられることとなった一也とはる菜の兄妹はひょんなことで戦時中にタイムスリップしてしまいます。

様々なストーリーを経てようやく現代に戻るためのSLに乗る、というところで空襲に会い、兄妹がバラバラになってしまう。というところで第1部は終了し、青年時代に続きます。

映画「松ヶ根乱射事件」

「松ヶ根乱射事件」は2007年に公開された映画です。主人公である鈴木光太郎を演じたのは最近不祥事で話題となっている新井浩文です。綾部守人はエキストラとして出演しています。

「松ヶ根乱射事件」は1990年台の田舎を舞台として乱射事件を描いた作品です。この作品で取り扱っている事件は実際の事件ではありません。

映画「蛇にピアス」

「蛇にピアス」は金原ひとみのデビュー作であり、第130回芥川賞を受賞した小説です。2008年に吉高由里子主演で映画化されました。

とある出会いからスプリット・タン(蛇のように先が割れた舌)や人体改造に憧れる女の子のストーリーであり、綾部守人はエキストラとして商店街の子供を演じていました。

阿須田家の子供たちの現在

skalekar1992 / Pixabay

家政婦のミタで阿須田家の人たちを演じた子役の面々が、その後成長し現在どうしているかについてまとめました。

忽那汐里(阿須田結)

https://twitter.com/tencho___desu/status/1116252255307456512?s=20

忽那汐里は2006年に第11回国民的美少女コンテストで審査特別賞を受賞し、翌年には「3年B組金八先生」で女優デビューを果たします。

家政婦のミタで改めてその演技力を評価され、その後もコンスタントに女優活動を行っています。また、声優としての才能も開花させており、アニメや吹き替えなども複数担当されています。

中川大志(阿須田翔)

中川大志は2009年に子役デビュー、翌年には映画デビューも果たしており、家政婦のミタに出演する前からキャリアを積んでいました。家政婦のミタで更なる評価を得てその後も大いに活躍しています。

「GTO」や「地獄先生ぬ~べ~」でも主要キャラを演じ、「南くんの恋人」では主演も務めました。2019年にもドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」に出演しています。

また、映画版「ちびまる子ちゃん」でまる子の相手役であるアンドレアの声を担当するなど様々なジャンルで活躍されており、今や芸能界でなくてはならない名俳優に成長しました。

本田望結(阿須田希衣)

家政婦のミタで一番ブレイクしたのはなんといっても本田望結でしょう。2008年にデビューした本田望結、実は家政婦のミタに出演する前にも渡る世間は鬼ばかりなどに出演していました。

しかし、本田望結の知名度が一気に上がったのは家政婦のミタに出演した後であり、ドラマ出演をきっかけに一躍人気子役の座を勝ち取りました。

その後もコンスタントに女優活動を続けていますが、フィギュアスケートにも真剣に取り組んでおり、近年では全日本フィギュアスケートジュニア選手権に出場するなどトップジュニアとして知られています。

綾部守人の復帰にこうご期待

rawpixel / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?今回は綾部守人についてご紹介しました。今や伝説のドラマである「家政婦のミタ」で阿須田家の次男を演じ一躍全国区の知名度を得ることとなりました。

その後もドラマで主人公を演じるなど着々と人気俳優の道を進むかと思いきや、2012年に突如テレビから姿を消し、事務所からも名前が消えてしまいます。ネット上では引退したと噂になりました。

しかし、学業に専念するための活動休止であれば、卒業後に芸能活動を再開することも考えられます。もしそうであれば再び綾部守人をテレビで見る機会が訪れるかもしれません。

2/2