邪淫とは?「邪淫について」の元ネタや話題となった動画について 芸能人

邪淫とは?「邪淫について」の元ネタや話題となった動画について

邪淫という言葉をご存知でしょうか?この言葉の由来は仏教が関係しています。これは仏教用語の一つで夫婦以外の性行為を意味します。しかしオウム真理教が子供に自慰行為を禁止するために使われた動画が元ネタだと思われています。それでは今回は邪淫について紹介していきます。

邪淫とは?

邪淫とは仏教用語のひとつです。これは夫婦間以外での性行為やしてはならない性行為を意味しています。つまり現在で言うと、自慰行為や不倫のことを指すと考えられます。

また配偶者以外と性行為を行うことも指します。このように性行為は子供を持つため以外には禁止させるために使われている言葉が邪淫という言葉です。

邪員と言葉は異なるものの、同じように性行為を禁止する動きは様々な宗教で見られ、配偶者以外の性行為を禁止している宗教は仏教以外にもキリスト教なども宗派によっては禁止されています。

ネットで使用されている邪淫の意味

Free-Photos / Pixabay

ネット世界では、邪淫の由来である仏教用語とは少し異なる使われ方をしています。

ネット世界では、邪淫は自慰行為として捉えられています。これは子供に自慰行為をさせないようにするためにある動画が出たことがこの言葉の元ネタとなっています。

オウム真理教にこの邪淫の動画は使われていたと言われています。

邪淫の動画と書き起こし

邪淫の動画について紹介していきます。この動画は自慰行為を子供たちに禁止するために使用されていた動画です。そのため使用されている言葉も比較的子供にわかりやすい物が使われています。

また自慰行為を行うことで、餓鬼の世界に繋がっているという様な言葉が動画の中で登場します。これは自慰行為をすることで地獄に落ちてしまうということを連想させます。

さらに、自慰行為を行うことで両親にとってもよくないということを言うように、親という言葉を使い子供たちに両親に怒られるということや、両親が自分の性で悲しむという感情を植え付けるために使用されています。

「邪淫」について、お話しします。
みんな 「邪淫」って、知ってるかな? 「邪淫」というのはね たとえば おしっこするところを さわると 気持ちがいいとか あるいは おしっこするところを こすりつけると 気持ちがいい といったことを 「邪淫」というんだ。
よい子のみんなの こころは 心臓に あるんだよ。そして 心臓と おしっこするところは どちらが 上かな? もちろん 心臓のほうが 頭に近いから 上だよね?
身体の 下の部分に 心が 集中するとね その子は 下の世界に 生まれ変わるんだって。イヤだねえ。 (そして、おしっこするところは、餓鬼の世界とつながってるんだって!)
今 邪淫を 行なっていない子は これから先 邪淫を しないようにしようね。今 邪淫を行なっている 良い子は やめようね! そして お父さん お母さんを含めた みんなを 大好きになって(大事にして) みんなのために 生きようね!

(引用:文脈をつなぐ)

邪淫の本来の意味

sasint / Pixabay

邪淫の本来の意味としては仏教用語として使われている、言葉として言われています。これは夫婦間以外での性行為やしてはならない性行為を意味しています。

これは宗教の中では夫婦間でのみ性行為を行うことを良しとしているものの、婚前に性行為を行うことを禁止している宗教があります。そのため、この邪淫という言葉は良い意味としては使われていません。

そのためインターネット界で使われている邪淫の意味と本来仏教用語として使われている邪淫の意味は全く同じ意味としては使われていないと考えられます。

ネットで使用されている意味としての使い方が多い

Free-Photos / Pixabay

ネットで使われる邪淫は夫婦間での性行為として使われてはおらず、自慰行為として使用されることが多いです。

これは先ほど紹介した動画がこの言葉の意味の由来となっています。またニコニコ動画やYouTubeなど様々な動画サイトでも動画が挙がっています。

このことからも本来の意味よりも、動画で使われる自慰行為という意味が広く知れ渡っています。このことからも本来の意味や言葉の由来を知らず、動画が元ネタであると考える人も多いです。

邪淫が話題になった元ネタや理由について

ijmaki / Pixabay

邪淫がなぜ話題になったかというと、これは動画サイトに投稿された動画がこの言葉を有名にしたと言われています。

この話題になった動画が出たのちに元ネタに対して、突っ込みを入れたりするなどし、様々な編集を加えた動画が世間に広まっていきました。このようなことで話題になっていったと言われています。

それでは具体的にどのように話題になっていったかを紹介していきます。

2007年に投稿されたオウム真理教で使われた動画が元ネタ

stux / Pixabay

この動画の元ネタはオウム真理教が自身の宗教内での教えを説くときに使われていた動画が元ネタだとされています。

この動画は子供たちが動画の視聴者の対象として内容は考えられています。つまり信者の子供にも真理教を小さいころから広めていくという目的があったことが考えられます。

この説法の動画をもとにし2007年にコメントを付けて動画投稿された動画が現在の邪淫の元ネタとして知られています。

間のある朗読と見やすい字幕が話題に

Free-Photos / Pixabay

邪淫の動画では間のある朗読が行われています。これは子供でも聞きやすいようにゆっくりしゃべり、あえて間を入れていることが考えられます。

またそれに合わせて字幕が付けられています。これもより内容が頭に入りやすいように聴覚だけでなく、視覚でも訴えることができることが考えられます。

視聴者のコメントも生き生きとしていた

pixelcreatures / Pixabay

この動画には視聴者がコメントを入れることができます。この動画内では視聴者が動画内容に対して様々なツッコミを入れています。

たとえば、トイレ掃除を発想するというツッコミや対立煽りをするような内容のツッコミがあります。このように様々なネタのようなツッコミが入れられました。

2011年「変態糞親父による「邪淫」について」が投稿される

DigiPD / Pixabay

「邪淫について」という動画を一部の人々の中でメジャーにしたのが、2011年に投稿された邪淫に関する動画です。

動画のタイトルは「変態糞親父による「邪淫」について」というタイトルです。これは変態糞親父によるシリーズとして取り上げられたことにより、ネット界では広まりました。

amny兄貴の声と視聴者のコメントにより語録として知られるように

geralt / Pixabay

邪淫の動画はamny兄貴の持つダンディな声と、下ネタを受け入れる例の淫夢ユーザーのツッコミであるコメントが合わさることにより面白い物だと取り上げられました。

この動画から邪淫が語録として認識されるようになり、「邪淫について」という動画を知る人は増えました。

オウム真理教と邪淫について

msandersmusic / Pixabay

オウム真理教と邪淫についての関係を紹介していきます。オウム真理教も宗教団体であることから、性についての教えも存在していました。

そのため、邪淫と同じような内容のものがあり、配偶者や恋人以外の性行為や自慰行為が禁止されているという内容の決まりがありました。

それではオウム真理教と邪淫の関係について詳しく紹介していきます。

オウム真理教の出家信者の戒律に不邪淫があった

sasint / Pixabay

オウム真理教の中では出家信者の戒律がありました。その中には「不邪淫」がありました。

これは配偶者や恋人以外と性行為や自慰行為が禁止されていました。さらに夫婦であっても、出家したら同居はできず、別々に住むことを強制させられていました。

麻原彰晃だけは例外!不邪淫を守らなくて良かった

麻原彰晃は「最終解脱者」ということで、戒律をも超越する存在であるとされていたため、一種のハーレムを設けていました。大奥制度を確立したとされる徳川家光の生まれ変わりとされていました。

そのため同様の組織を設けても良いとされていました。さらに宗教的な理由は、若い女性を高い次元に導くという名目で性行為を行っていました。

さらに一般の信者は、カルマが強いという理由で子供を作るべきではないという理由で性行為を行うべきではないとされていました。

麻原彰晃にいたダーキニー(愛人)たちとその画像

麻原彰晃はダーキニーが33人以上いました。ダーキニーと言われている女性は、ホーリーネームに「ダーキニー」という名前が入っていました。

麻原彰晃は電話でダーキニーを呼び、大浴場や40畳ほどの大きな部屋で性行為を行っていたと言われています。さらに大テーブルで共に食事を行うこともありました。

「邪淫について」の改変が生まれる

Free-Photos / Pixabay

「邪淫について」の動画改革が行われていきます。これは様々な動画サイトで取り上げられるようになったことでより種類が増えていったことが考えられます。

さらに、ただ朗読するだけでなく、歌にしてみて投稿されるというものや、現存している有名な歌に合わせてこの内容を組み合わせるなど様々なパターンが存在しています。

それではどのような改革が行われていったかを紹介していきます。

歌が投稿される

Free-Photos / Pixabay

ニコニコ動画にて「邪淫」について歌います、というタイトルの動画が2017年に投稿されました。この動画投稿から邪淫の動画改革が行われていきました。

この動画は様々な曲を組み合わせてメロディーを作られていると考えられ、それに合わせて、歌詞として邪淫がうたわれているという内容になっています。

レミオロメンの歌でも投稿されていた

jarmoluk / Pixabay

また現存しているレミオロメンの曲である、「粉雪」に合わせて歌っている動画が存在します。これは大ヒットソングをピアノで弾き、それに合わせて邪淫を歌っています。

この動画のコメントのみ、突っ込みなどが少なく、まともなコメントが多いともいわれています。また歌を歌っている投稿者の歌も上手いと評価されています。

アニメボイスの動画も投稿される

tianya1223 / Pixabay

またさらに歌だけでなく、アニメボイスの動画も存在しています。これはアニメボイスで邪淫を読んでいる動画になっています。

この動画では、アニメにでてくる女性キャラの声に似せているため、そのキャラの声のファンが聞きに来るというケースも存在しています。

このように歌であったり、アニメボイスであったり、ただ読むだけではなくなってきているのです。

なぜ宗教では性行為や自慰行為が禁止されるのか?

3271136 / Pixabay

宗教では夫婦間での性行為以外の性行為や自慰行為が禁止されているものも多いです。たとえばキリスト教など大きな規模の宗教でも禁止されています。

ではなぜ宗教で性行為や自慰行為を禁止されているのか、宗教と性行為の関係について今回は紹介していきます。

なぜ自慰行為が宗教によっては禁止なのか?

Free-Photos / Pixabay

宗教によっては自慰行為がなぜ禁止されているのかを紹介していきます。これは自慰行為が見様な性行為であることが理由として挙げられます。

人類の繁殖のための性行為は様々な宗教では行うことが許されています。また夫婦間での性行為も同様に許されていることが多いです。

しかし自慰行為は快楽を得るために行われる性行為であるため、多くの宗教で禁止されていると考えられます。これは性行為そのものが悪であるわけでなく、快楽が宗教的に悪であることが理由であると考えられます。

夫婦間以外の性行為が宗教上禁止の理由は?

sasint / Pixabay

婚前の性行為が禁止であった理由を紹介していきます。これは自慰行為同様に快楽のための性行為であるととらえられるため、婚前の性交渉が禁止されていると考えられます。

また結婚は神聖なものということも理由として考えられているため婚前の性交渉は過度の欲求であるということが考えられるため、禁止されていたと考えられます。

このようなことが理由で様々な宗教で、自慰行為や、夫婦間以外の性交渉が禁止されていたと考えられます。

なぜ信者は教えを守ることができるのか?

danymena88 / Pixabay

婚前の性行為が禁止であったり、自慰行為の禁止など自己の快楽や欲望を抑え、禁欲に近い生活を送るケースもあります。

信者が宗教上の教えをなぜ守ることができるのかを今回は心理的側面を踏まえ紹介していきます。

教えを守ることのできる心理

3dman_eu / Pixabay

宗教上の教えを守ることができる心理として、人は正しいと思ったことや本当であると思っていることを信じ続けるために努力を重ねていきます。

これは確証のバイアスと言われており、信じたくないものには目を向けず、自分の見たい情報だけにフォーカスしてしまうという心理状態です。

これにより、禁欲をすることが重要であるということが心理的働きが起こり禁欲生活を送ることができると考えられます。

宗教に依存しているケースも

rebcenter-moscow / Pixabay

禁欲生活を送り、教えを守ることができる人は確証のバイアス以外にも理由があると考えられます。これは宗教そのものに依存しているというケースです。

これは、信じることで救われるということを信じており、就航活動を行わなくなると禁断症状が出るというケースも存在しています。さらに依存している場合は自己正当化を無意識のうちに行います

自分の世界にあう情報のみを取り入れ、残りはすべて取り入れないという様にフィルターがかかった状態になります。これらのことが禁欲生活を行うことができる心理状態になっていると考えられます。

邪淫の過去と現在

coffeebeanworks / Pixabay

邪淫は仏教用語として存在していました。しかしネット世界では自慰行為としての意味で使用されてきました。

さらに、オウム真理教も邪淫の教えを広めるように布教時活動も行っていました。さらに動画も使って子供にも邪淫の教えを説いていました。しかしその動画がネタとして動画サイトでは使用されていきました。

現在では、動画も進化し、突っ込みが入ったり、朗読する声も様々な種類があったり、歌になったりしています。興味のある方は動画を検索してみてください。

関連する記事はこちら