宮内淳の現在は?地球友の会の代表理事?芸能界は引退?結婚は? 俳優

宮内淳の現在は?地球友の会の代表理事?芸能界は引退?結婚は?

宮内淳さんは、ドラマ「太陽にほえろ!」の「ボン」役で知名度が上がりました。宮内さんはその後、芸能活動よりも、地球友の会や影絵劇団などの活動に力を注ぐようになりました。現在は結婚しているのか分かっていませんが、そんな宮内淳さんのことを調べました。

目次

[表示]

宮内淳の現在は?UNEPの普及活動?代表理事?

テレビドラマ「太陽にほえろ!」の田中刑事(愛称ボン)役でレギュラー出演したことで人気になった宮内淳さんは、現在UNEPの普及活動を行っている「日本UNEP協会」の理事をしています。

宮内淳のプロフィールは?身長は?

宮内淳さんは、愛媛県松山市出身、1950年5月28日生まれの俳優です。大阪府立阿倍野高等学校を卒業したあと、西南学院大学を中退しています。

1974年に文学座附属演劇研究所に入所し、1975年に卒業し、同年からテレビドラマ「太陽にほえろ!」で田中刑事(愛称ボン)役でレギュラー出演したことで一躍有名となりました。

宮内淳さんは、身長が170センチということですが、それだとごく平均的な男性の身長ということになります。また、ドラマ「太陽にほえろ!」の俳優は皆180cm以上ですが、宮内さんもそれくらいはあるようです。

現在はUNEPの普及活動を展開中!

宮内淳さんは、国連環境協会(UNEP)の普及活動を行う一般社団法人「日本UNEP協会」の理事として活躍しています。

宮内淳さんは、テレビ番組で世界80数ヵ国を巡って、人間本来の生き方に触れた経験から、地球環境問題と子供の情操教育に関心を持つようになりました。

1995年には「世界子ども環境会議」準備委員長として、英国サッチャー首相を埼玉県に招致しています。

「地球友の会」の代表理事をしている!

宮内淳さんは、その後「公益団体法人地球友の会」の代表理事として、日本のUNEPの普及に尽力しています。

影絵劇団「かしの樹」としても活動!

宮内淳さんは、現在「影絵劇団かしの樹」を主宰しています。「影絵劇団かしの樹」では、国連特別代表の協力で、カンボジアで民間PKO第1号講演を行っています。

また、国連表彰を受けた坪田愛華作品「地球の秘密」を影絵ミュージカルとして全国公演しています。

影絵劇団「かしの樹」の活動状況は?

影絵劇団「かしの樹」は、様々な影絵劇作品を全国各地で上演しています。

また、学校や幼稚園での芸術鑑賞会、地域や企業でのイベントや、親子の催し物、ホール・劇場の企画事業や自治体主催の講演などで上演依頼を受けています。

出版した本の講演活動も!

jarmoluk / Pixabay

宮内淳さんは、現在、自身が出版した本の講演活動をされています。2019年3月20日には松本典子さんや村尾泰史さんが主催する「宮内淳スペシャル講演会」を開催しています。

その講演のタイトルは「あの世とこの世と宇宙の真実とは」でした。広大なタイトル名で興味を惹かれるのではないでしょうか。

宮内淳の現在の様子はSNSで更新されている!

Simon / Pixabay

宮内淳さんは、自身のfacebookで講演会開催のお知らせや、宮内淳さんの著書の紹介など、色々な有益情報を発信しています。

宮内淳は芸能界を引退していた?

qimono / Pixabay

宮内淳さんは、芸能界を引退しているわけではなさそうですが、芸能活動は休止状態のようです。

最近ではメディア出演することはほとんどなく、一般社団法人「日本UNEP協会」の理事としての活動が主体となっているようです。

宮内淳の現在の画像は?

宮内淳さんは現在芸能界としての仕事はほとんどしていませんが、このような現在の画像がありましたので紹介しました。

宮内淳は2012年にテレビ出演をしていた!

mojzagrebinfo / Pixabay

宮内淳さんは、2012年6月9日放送のテレビ番組に出演をしていますが、その内容はBS朝日「極上空間」の石原裕次郎没後25年特別編というものでした。

その時のゲストには宮内淳さんの他に、竜雷太さん、勝野洋さん、木之元亮さんらが出演しています。

BS朝日「極上空間」に石原裕次郎没後25年企画に出演!

2012年6月9日放送のBS朝日「極上空間」では、石原裕次郎没後25年企画ということで、竜雷太さんと勝野洋さん、宮内淳さんと木之元亮さんのペアで、ロケ地にドライブしました。

そして、ボスこと石原裕次郎さんゆかりの地を巡りました。目的地は、曹洞宗大本山總持寺で、このお寺は石原裕次郎さんが眠るお墓がある場所です。また、葉山郷総鎮守森戸大明神にも訪れています。

石原裕次郎のお墓参りもしていた!

石原裕次郎さんのお墓参りにも行き、宮内淳さんは「裕次郎さんのサインだ」とか「今、裕次郎さんの顔が見えた!」と興奮する場面もありました。

この日はドライブ日和で、宮内淳さんと木之元亮さんは、「二人で来れるなんて思っていなかったから、本当によかった」と感激していました。「裕次郎さんは雨男だったのに珍しいな」と声をそろえていました。

「太陽にほえろ!」の裏話とは?

宮内淳さんは、「太陽にほえろ!」に出演当時、時々夜中に車で出て、公園とか自然の中とかに行っていたそうです。そして色々な悩みや芝居のことを車の中で考えていたそうです。

車の中というプライベートの誰もいない空間が宮内淳さんにとって、当時は大事な場所だったようです。セリフも車の中で覚えたといいます。

宮内淳は現在、結婚している?嫁や子供は?

宮内淳さんの場合、プライベートに関しては全くといっていいほど公開されておらず、結婚に関しての情報もありません。ですから子供の事についても分かっていません。

宮内淳は結婚している?妻は?不明?

宮内淳さんは、プライベートに関する情報が一切なく、結婚に関しての情報もありません。

宮内淳に子供はいる?

4144132 / Pixabay

宮内淳さんは、現在結婚しているのかさえ分かっていませんから、子供に関してもいるのかどうかも、その辺りの情報がないため分かりません。

結婚している情報がないということは、独身なのかもしれませんが、そのあたりも分かっていません。

宮内淳の経歴は?俳優として活躍?すぐに引退?

宮内淳さんのこれまで経歴や、俳優としての活動に関してまとめてみました。

幼少期はパイロットに憧れていたが挫折!

Free-Photos / Pixabay

宮内淳さんは、幼少の頃はパイロットに憧れて、航空大学への入学を目指しますが、勉強のし過ぎで視力が低下しました。

そのことにより、航空大学の身体検査基準を満たすことが出来なくなって、パイロットの夢を断念しました。

1974年に文化座付属演劇研究所に入所!

宮内淳さんは、1974年に文化座付属演劇研究所に入所して、翌年に卒業しています。

ドラマ「太陽にほえろ!」に出演し一躍人気者に!

文化座付属演劇研究所を卒業後は、テレビドラマ「太陽にほえろ!」に田口刑事役としてレギュラー出演して人気となりました。

このドラマ「太陽にほえろ!」では、1975年10月から1979年の約4年間という長い間出演していましたから、その知名度はかなり上がりました。

「太陽にほえろ!」のボン役が殉職し話題に!

ドラマ「太陽にほえろ!」は、その前の若手であるテキサス(勝野洋)の場合、ファンからの嘆願書によって、着任1年目の殉職のジンクスを破って延命させました。

そして、その翌週から登場したのが、「テキサス」とコンビを組んだ「ボン」でした。そして「ボン」も、ファンからの嘆願書によって出演期間は4年近くという長い期間で活躍することができました。

一係在籍4年目を迎えようとしたとき、犯人の凶弾に倒れて殉職します。電話BOXの中でボスの名前を呼びながら亡くなりました。「13日金曜日・ボン最期の日」のタイトルで、1979年7月13日の放送でした。

1982年に影絵劇団「かしの樹」を設立!

宮内淳さんは、1982年に影絵劇団「かしの樹」を設立して、俳優活動から徐々に活動の場を変えていきました。

俳優活動は卒業し「地球の友の会」の代表理事に!

宮内淳さんは、1986年から、児童演劇活動や子供の情操教育に目を向け、世界の平和を構築する公益財団法人「地球の友の会」の代表理事に就任しています。

宮内淳が出版した本とは?

宮内淳さんは、「あの世が教えてくれた人生の歩き方」というタイトルの本を出版しています。サブタイトルが「ある日届いた亡き母からのメッセージ」ですから、母への思いを綴った本なのでしょう。

宮内淳の出演作品は?

宮内淳さんのこれまでの出演作品を紹介します。

ドラマ「太陽にほえろ」

ドラマ「太陽にほえろ」での宮内淳さんは、田中刑事役で「ボン」の愛称で親しまれ、4年近くも継続して出演しました。勝野洋さんと宮内淳さんのコンビが合わせて走った距離は、地球半周分といわれています。

日本テレビ系のドラマ「太陽にほえろ!」は1972年7月21日から1986年11月14日まで全718回、14年という長い間続いた人気刑事ドラマでした。

ドラマ「太陽にほえろ!」はボスこと藤堂係長(石原裕次郎)を中心に、ニックネームで呼び合う捜査第一課、捜査第一係の刑事たちの物語でした。

ドラマ「あさひが丘の大統領」

ドラマ「あさひが丘の大統領」では、宮内淳さんは、主役教師を演じていました。あだ名は「ハンソク」でした。出演者には宮内淳さんの他に、片平なぎささん、秋野大作さん、井上純一さんなどがいました。

ドラマ「あさひが丘の大統領」は、1979年10月17日から1980年9月17日まで全36回の放送でした。

ドラマ「あさひが丘の大統領」は、1965年に放送開始した「青春とはなんだ」以来、日本テレビの日曜8時の青春ドラマシリーズ最後の作品となりました。

ドラマ「探偵同盟」

ドラマ「探偵同盟」は、フジテレビ系で毎週木曜日に放送されたドラマです。1981年1月8日から同年3月26日まで放送され、主演は加山雄三さんでした。

宮内淳さんは、早川錠(マーロン)役でした。ストーリーは「聖ヨーク大学」の探偵クラブを舞台にした、コメディータッチのドラマですが、視聴率低下のため全26話の予定だったのですが、12話で終了となりました。

放送期間は、2ヶ月半という短い期間での打ち切りとなってしまいました。

NEXT:CM「リポビタンD」
1/2