熱を出す方法まとめ!明日確実に休める!今スグ簡単に熱を出す方法

皆さん「今日は学校や会社に行きたくないな」というときがありますよね。そんなとき今すぐ熱を出す方法があれば実践しようと思うのではないでしょうか?今回は確実に熱を出すと言われる方法をご紹介します。風邪をひいたと体温計を騙し、素敵な仮病ライフを楽しみましょう。

熱を出す方法はある?

Myriams-Fotos / Pixabay

運動会やマラソン大会、どうしても出席したくない会議があるときなど、「今熱があったら休めるのになあ」と考えたことはありませんか?

普通は「まあそんなこと考えても仕方ないし、行くか」となりますが、一部には「熱を出すこと」に対して一生懸命取りくんでいる「変な方向への努力」を怠らない人たちもいます。

ここでは彼らが見つけ出した「風邪は引いていないけど熱を出す方法」についてご紹介したいと思います。

仮病で熱を出す方法は2種類ある?体温を上げる方法と体温計を使う方法

kalhh / Pixabay

熱を出す裏ワザは大きく分けて2種類存在します。それは「体温自体を上げるもの」と「体温計で測定する値をごまかすもの」です。

前者に関しては人によって体温の上り度合いが変わってきます。後者については体温計の会社、種類などによって効果に差が出てきます。実際に何度か試して自分に合う方法を見つけるとよいでしょう。

明日熱を出したい?今すぐ確実に熱を出す方法まとめ【体温を上げる編】

Myriams-Fotos / Pixabay

「どうしても明日学校や会社に行きたくない」という際にお勧め。今すぐに熱を出す方法についてまとめました。即効性を求める方はこれらの方法を試してみるとよいでしょう。

今すぐ実践!体温を上げて熱を出す方法①:首を振る

Pexels / Pixabay

ご紹介1つ目の方法は首を「激しく降る」です。これを5分程度続けると体温があがるそう。ただし、三半規管を思いっきり揺さぶるので具合が悪くなってしまう危険性があります。

特に乗り物に酔いやすい人はかなり深刻な状況になってしまう可能性があるのでご注意ください。仮病の準備工作で本当に体調を崩してしまっては元も子もありません。

今すぐ実践!体温を上げて熱を出す方法②:ツボを押す

KaiMiano / Pixabay

親指と人差し指の間にある水かきのようなところ、ここを押すことで若干体温が上昇するそうです。ただし、この方法は血行を良くして体温を上げるというものなので熱を出すというレベルまでは難しそうです。

日ごろからツボを押していれば基礎体温が上がり、いざというときに熱を出しやすくなるかもしれませんね。

NEXT 今すぐ実践!体温を上げて熱を出す方法③:ショウガやネギを食べる