朝鮮トンネルとは?行ってはいけない心霊スポット?行き方は? エンタメ

朝鮮トンネルとは?行ってはいけない心霊スポット?行き方は?

岐阜県にある二股トンネルは、このトンネル工事で大勢の朝鮮人労働者が働かされた為別名「朝鮮トンネル」と言、心霊スポットといわれています。この記事では、朝鮮トンネルへの行き方や、朝鮮トンネルで実際に起こった怖い話、怪奇現象の体験談をご紹介していきます。

目次

[表示]

朝鮮トンネルとは?心霊スポット?

Pexels / Pixabay

岐阜県にある通称「朝鮮トンネル」は「岐阜県で最凶の心霊スポット」として有名なトンネルです。ここからは、朝鮮トンネルについてご紹介していきます。

朝鮮トンネルとは?

Free-Photos / Pixabay

二股トンネル(通称、朝鮮トンネル)は岐阜県加茂郡にあるトンネルです。

このトンネルは岐阜県内でも「最も危険」「最凶の心霊スポット」ということで有名なトンネルです。

このトンネルでは、これまで「霊に追いかけられた」「叫び声が聞こえた」「このトンネルへ行った帰りに事故にあった」など様々な目撃情報や怪奇現象が起こっている場所です。

正式名所は二股トンネル?

朝鮮トンネルの正式名称は「二股トンネル」です。昭和31年5月に完成しました。

全長は374mで、それほど長いトンネルではありませんが大きなカーブがあり先の見通しはかなり悪いです。

また、二股トンネルの前後は国道418号線の通行禁止区間です。その為トンネルに近づくのは危険です。

絶対行ってはいけない心霊スポットとして話題に

Pexels / Pixabay

朝鮮トンネルはあまりにも怪奇現象が多く、霊の目撃情報が多い事もありネットでも「絶対に行ってはいけない心霊スポット」として上位にランクインしています。

2ch心霊スポットランキングでも上位?

Alexas_Fotos / Pixabay

多くの心霊マニアの集まる「2ch心霊スポットランキング」では、2位にランクインし「二度と行きたくない場所」「SSランク」だとも言われています。

実際にこの場所では怪奇現象が多く報告されており、さらにトンネル内は真っ暗で飲み込まれてしまいそうな独特で不気味な雰囲気です。

simonwijers / Pixabay

怪奇現象が何もおこらなかったとしても、この雰囲気だけで十分怖い場所と言われており、さらにトンネルに続く道は廃道になっている為、道路の舗装はされておらず足元は最悪です。

落石も多く、携帯の電波も入らない為、万が一事故が起こった場合外部に助けを求めることが非常に困難になるというのも「二度と行きたくない」と思う理由の一つかもしれません。

朝鮮トンネルは有名な心霊スポット!中の様子は?怪奇現象も?

StockSnap / Pixabay

岐阜県でも最も危険で怪奇現象の多いと言われている朝鮮トンネルの中の様子はどうなっているのでしょうか?見ていきましょう。

なぜ朝鮮トンネルと呼ばれている?

tashaat / Pixabay

「朝鮮トンネル」と言われるようになったのは昔、八百津から恵那に抜ける道を作る際、トンネルが必要になりました。

トンネルを作るには多額の資金が必要になります。しかしあまりお金は使いたくなかった為、朝鮮人を強制労働させる事になったそうです。

その為、このトンネルでは朝鮮人と思われる霊の目撃情報が多く「朝鮮トンネル」と呼ばれるようになったそうです。

トンネル建設の際、多くの朝鮮人が働いていた?

3dman_eu / Pixabay

朝鮮トンネルを工事する際に、多くの朝鮮人労働者を強制労働させていましたが、朝鮮労働者たちはまともな食事や水も与えられず過酷な労働を強いられていました。

その結果多くの朝鮮労働者が病気などで亡くなったそうです。

朝鮮人の遺体を壁に埋め込んだ?

Tama66 / Pixabay

食事も水も与えられず、病気になっても治療もしてもらえず亡くなってしまった朝鮮人労働者たちの遺体は、遺体の処理に困った為トンネルの壁の中に埋めたそうです。

また、別の噂では「工事が難航し、人柱として朝鮮人労働者をトンネル内の壁に埋めた」という噂もあります。

実際に落石事故も多発?

朝鮮トンネルへ付近の道は舗装がされていない為かなり悪く、落石事故が多発しています。

朝鮮トンネル付近の国道418号と県道352号大西瑞浪線は、落石などで危険箇所が多いため1982年に全面通行止めになっています。

トンネル内の様子は?落書きだらけ?携帯の電波が圏外?

こちらが朝鮮トンネルの中の様子です。トンネル内はこのように落書きが多いようです。

中は真っ暗ですので、懐中電灯は必須です。また、トンネル内は携帯の電波は圏外になるため注意が必要です。

トンネルの奥はどうなっている?通行止め?

sranson / Pixabay

トンネル内の大きなカーブを抜け、トンネルの奥まで進むと舗装されていない道があります。トンネルを抜けたあとは落石注意の看板はありますが通行止めにはなっていないようです。

さらにトンネルを出て東側には放火なのか火事なのか原因不明で焼け焦げた車が放置されています。

怪奇現象が起きたという体験談も多数存在

webandi / Pixabay

朝鮮トンネルと朝鮮トンネル付近では「霊を見た」「不思議な現象が起こった」など怪奇現象や霊の目撃情報が相次いでいます。

また、霊を目撃していない人でも「訪れた人全員が気分が悪くなった」「姿は見えないけど叫び声が聞こえた」などの体験をした人が多いようです。

心霊写真も撮れる?実際の写真は?

congerdesign / Pixabay

実際に朝鮮トンネルへ行き写真を撮ったところ、心霊写真が撮れてしまった人もいます。

以下の写真が朝鮮トンネルの入口付近で撮られた写真です。

通行止めの看板の後ろに白っぽい顔のようなものが映っています。

朝鮮トンネルに関する体験談・怖い話

Free-Photos / Pixabay

ここからは、実際に朝鮮トンネルへ行った人の体験談をご紹介します。

体験談①:取り憑いた幽霊

darksouls1 / Pixabay

朝鮮トンネルへ行く途中で滅多に人が通らない場所にも関わらず何度も白のミニバンとすれ違ったそうです。

最初は何も思わなかったものの、さすがに3度目も同じ白のミニバンとすれ違うと怖くなり運転手を確認しようとしましたが、運転手の姿を見る事はできず助手席の友人も見る事ができなかったそうです。

JOERG-DESIGN / Pixabay

その後朝鮮トンネルに到着しましたがトンネルの異様な雰囲気に驚き、中へ入る事はできず自宅へ帰る事に。

その後、一緒にトンネルへ行った友人の母親に友人の後ろに3人、さらに自分の後ろに友人に憑いているモノとは違った雰囲気の恐ろしい霊が憑いている事を聞かされたそうです。

ToNic-Pics / Pixabay

「恐ろしい雰囲気の霊が憑いていた」と言われた運転手の方は、友人を送った帰り道に車の目の前に男性が突然現れ、避けようとハンドルを切ったところ電柱に激突し頭を打って2日入院したそうです。

トンネル付近で見かけた白のミニバンは「これ以上ここへ近づくな」という霊からの警告だったのではないかと言われています。

体験談③:車に無数の手形

Free-Photos / Pixabay

最初は車で向かい、途中から徒歩で朝鮮トンネルへ複数人で向かった際に徐々に体調が悪くなり朝鮮トンネルに着く頃には全員の体調が悪化。

その場で嘔吐する人までいたため、トンネルを探索するどころではなくなりトンネルには入らず車へ戻ったそうです。

そしてトンネル付近に止めておいた車をみると、車のボディやガラスに無数の手形がついていたそうです。

niekverlaan / Pixabay

手型は子供の大きさから大人の大きまで様々あり不気味に感じたものの、仕方がなく車に乗り自宅へ帰りました。

しかしその後、手型の付けられていた車の所有者は事故をおこしたそうです。幸いにも大きな怪我はなかったようですがトンネルの中まで入っていればもっと大変な事になっていたのかもしれません。

体験談④:女性の叫び声

Mandyme27 / Pixabay

朝鮮トンネル内に入ると「女性の叫び声が聞こえた」という報告が相次いでいるそうです。

さらにトンネル内にいるときは何も聞こえず、トンネルを出た瞬間にトンネル内から叫び声のようなものか聞こえたという報告もありました。

体験談⑤:突然の体調不良

congerdesign / Pixabay

朝鮮トンネル付近の道のりや、朝鮮トンネルの中を歩いていると霊感の有無に関わらず突然空気が重たく息をするのも苦しく感じる人が多いようです。

そのまま嘔吐をしてしまう人や、その時はなにも感じなかったものの自宅へ帰ってから体調が悪くなったという報告も多く寄せられているようです。

体験談⑥:肩を掴まれる、覆いかぶさってくる

Anemone123 / Pixabay

朝鮮トンネルの中は狭く、道もかなり悪い為車で行く事は難しいです。

その為、トンネル付近まで車で行きあとは徒歩になるのですが、トンネルに入っていくと誰かに肩を掴まれたりする事があるらしくこの情報は多数報告されているようです。

さらに、肩を掴まれるだけでなくトンネル内を歩いていると突然上から何かに覆いかぶさってくる感覚もあるそうです。

体験談⑦:謎の金属音

Free-Photos / Pixabay

トンネル内を歩いていると、謎の金属音が断続的に聞こえてくるそうです。

トンネル出入り口から50mほど進むと、「ガシャ」という金属的なおとが聞こえてきます。「まずい!」と思い逃げてもその音は追いかけてくるそうですがトンネルから距離を置くとその音も聞こえなくなるそうです。

【動画あり】朝鮮トンネルへ実際に行ってみたYouTuberも!

Free-Photos / Pixabay

実際に朝鮮トンネルへ行ったYouTuberが何人かいらっしゃいます。その時の動画を見てみましょう。

抜刀斎# るろうに廃人

抜刀斎# るろうに廃人は、主に心霊スポットや廃墟などを専門に調査しているYouTuberです。

ゆっくりとトンネルの中を歩いて調査しており、動画を見ただけでもかなり不気味な雰囲気が伝わってきます。

デジタルおにぃ

デジタルおにぃは、主に廃墟、心霊スポットの探索、ゲームの実況などをしていYouTuberです。

霊は写りませんでしたが、野生の動物に出会っています。朝鮮トンネルへ行く際は野生動物にも注意が必要ですね。

心霊マーセナリーズ

心霊マーセナリーズは、「心霊スポットにて怪異は起こるのか?」という心霊懸賞を行っているYouTuberです。

この動画では壁に人型のようなシミが浮き上がっていたり、撮影者の後ろで女性のような声が聞こえるなど様々な怪奇現象が起こっています。

朝鮮トンネルの噂は嘘?

Olichel / Pixabay

朝鮮トンネルでは、かつて捕虜の朝鮮労働者が強制的に手掘りでトンネル工事をさせられ、多くの人が亡くなったと言われていますが、この噂は本当なのでしょうか?

トンネルで強制労働は行われていなかった?

Alexas_Fotos / Pixabay

朝鮮トンネルが完成したのは昭和31年に完成しています。昭和31年でしたらすでに終戦している為、この噂はデマということになります。

NEXT:地元の人は朝鮮トンネルの噂を知らない?
1/2