早瀬久美は青春ドラマの代表格ヒロイン?現在は?旦那や娘は誰? エンタメ

早瀬久美は青春ドラマの代表格ヒロイン?現在は?旦那や娘は誰?

女優の早瀬久美さんは、「青春とはなんだ」から続く青春ドラマ「おれは男だ!」のヒロイン役で人気となり、その後も数々の映画やテレビドラマに出演してきました。28歳で結婚しひとり娘も生まれ、現在も女優業を続けています。そんな早瀬久美さんのことをまとめてみました。

目次

[表示]

女優・早瀬久美の現在は?最近の活動について

早瀬久美さんは、1960年代から1980年代に女優として活躍していました。そんな早瀬久美さんについて、現在の様子などを紹介していきます。

現在の年齢は?若い頃から美人の早瀬久美のプロフィール

早瀬久美さんは、兵庫県出身で1951年12月25日生まれ、カロスエンターテイメント所属の女優です。本名が物集久美子(もづめくみこ)という珍しい苗字の女優です。

神戸山手女子中学在学中の1966年に、ミス・ジュニア・フラワーコンテストで準グランプリを獲得し、そのことがきっかけで松竹からスカウトされ、北鎌倉女子学園に転校しています。

同年の11月には映画「紀ノ川」で映画デビューし、1968年にはフジテレビ系のテレビドラマ「お嫁さん」で初主演を果たしました。1975年にはワイドショーの「奥さん2時です」で司会進行役を務めています。

テレビドラマ「おれは男だ!」の吉川くんで人気になる

1971年、日本テレビ系列のテレビドラマ「おれは男だ!」で、主演の森田健作と共に吉川操役でレギュラー出演し大ヒットしました。このドラマは、早瀬久美さんの代表作にもなりました。

その後は、数多くのドラマの出演やワイドショーの司会を務めましたが、結婚したあと渡米し、芸能界からは一度離れていました。2002年には、再度芸能界に復帰しています。

最近は「青春プレイバック」などのイベントや講演活動を行っている

早瀬久美さんは、大小様々なイベントを企画していますが、そのひとつが『早瀬久美の青春プレイバック』という、演奏会・陶芸・絵画・ダンスといった活動を行っています。

「青春プレイバック」では、当時の歌を中心に演奏会なども行っています。

最近のイベントでは、2018年1月に元アイドルの原めぐみさん達と、六本木ホオキパスクエアで行われました。その他のイベントや講演会なども積極的に行っています。

現在は旅モノなどのバラエティ番組に出演

早瀬久美さんは、現在は旅の番組や、バラエティ番組に出演し、芸能活動を続けています。2017年12月26日にフジテレビ系で放送された「クイズ!脳ベルSHOW」に出演しています。

「クイズ!脳ベルSHOW」は、脳をフル回転させるクイズ番組で、パネラーとして原めぐみさんや、武田修宏さんらと出演しています。

「早瀬久美のあの日をもう一度」というラジオ番組も

早瀬久美さんは、八王子FMで「早瀬久美のあの日をもう一度」というラジオ番組のパーソナリティーの仕事をしています。このラジオ番組では、昭和の良き時代に一緒に過ごした人達とともに振り返る番組です。

当時のテレビドラマやアニメ、玩具などをテーマにしたトークで和ませてくれます。イルカさんの息子も出演したことがあるそうです。

現在は女優活動を縮小、プライベートの活動が中心?

早瀬久美さんは現在、芸能活動を再会していますが、以前よりは女優活動は少なく、たまにバラエティ番組に出演する程度で、プライベートでの活動が中心になっているようです。

以前、サンフランシスコから帰国後は、陶芸教室を開くなどしていました。現在は陶芸教室は閉鎖しているものの、プライベートでの陶芸や絵画・ダンスといった多才な趣味をもっています。

最近の趣味は?健康的であることを目指して過ごしている

最近の早瀬久美さんの趣味は、陶芸や絵画の他に、ズンバというダンスにも挑戦しているようです。早瀬久美さんにとって、健康的であることが美しさを保ち、アンチエイジングにとっていいことだと語っています。

早瀬久美さんはゴルフもやられているそうですし、早瀬さんの若々しさの元になっているのが、健康的であることなのでしょう。

英語の勉強にも力を入れ始めた?

libellule789 / Pixabay

早瀬久美さんは、これからは英語が必須だから、英語レッスンに参加しました。とTwitterでもコメントしています。毎年、消えて行く英語力を阻止するためだとも書いています。

早瀬久美さんは、海外での生活も長かったですから、もともとは英語も堪能だったのではないでしょうか。ですから、その英語力を失わないためにも英語のレッスンをしているのでしょう。

早瀬久美のSNSで現在の様子をチェック!Facebookやインスタは?

geralt / Pixabay

早瀬久美さんは、インスタでも数多く投稿しています、「あの日をもう一度」というタイトルのTwitterやfacebookもかなりの頻度で更新しています。1日に何度も投稿していることもあります。

早瀬久美さんの年齢で、これほどNSNを活用している人はあまりいないのではと思うほどで、毎日をいきいきと過ごされてる早瀬久美さんは、見た目も気持ちも若々しい方だというのが分かります。

早瀬久美が薬剤師?ろう者という噂の真相は?

mohamed_hassan / Pixabay

早瀬久美さんと同姓同名の方で、ろう者がいます。その方は、薬剤師で聴覚障害者として、日本で初めて薬剤師の免許を取得したことで有名になりました。

そうしたことで、お2人とも有名な方なので、名前だけで検索すると女優の早瀬久美さんがろう者ではないかと、勘違いすることもあるでしょう。もちろん、同一人物ではありません。

早瀬久は現在結婚している?夫や子供は?

Free-Photos / Pixabay

早瀬久美さんは、現在結婚はしているのか、夫の事や子供に関することをまとめてみました。

1980年に日本人実業家と結婚!

GabrielFerraz / Pixabay

早瀬久美さんは、1980年に2歳年上の日本人の実業家の方と結婚しています。

現在の旦那はどんな人?馴れ初めは?

PIRO4D / Pixabay

早瀬久美さんは、1980年にアメリカへ旅行に行った時に出会った、日本人の実業家の方と結婚しています。

1980年といえば、早瀬久美さんがまだ20代の頃で、どんな出会い方をしたのか、その辺りの詳しいことは分かっていません。

2008年に離婚しその後は独身

happymom33 / Pixabay

子供が大学を卒業して内定が決まったころ、28年間連れ添ってきた夫と2008年に離婚をし、その後はずっと独身です。

子供は娘が一人いる!

VaniaRaposo / Pixabay

出産の詳しい情報などは不明ですが、早瀬久美さんにはひとり娘がいます。

夫は離婚して数年後に亡くなっていた

Free-Photos / Pixabay

早瀬久美さんは2008年に夫と離婚をしていますが、その夫はその数年後に亡くなっています。死因など詳しい情報は分かっていませんが、離婚したあととはいえ、早瀬さんはショックだったでしょう。

現在は、娘と友達のような関係に

StockSnap / Pixabay

早瀬久美さんは、ひとり娘とは友達のような関係で、早瀬さんは時には娘の服を借りて着ることもあると語っています。娘は早瀬さんの化粧を見て、昔風だからと直してくれたりするそうです。

本当に仲のよさそうな親子の姿が目に浮かびます。残念ながら、その娘さんの画像は非公開で見ることができませんが、早瀬久美さんに似て、きっと美人なのでしょう。

深イイ話では、現在娘は一人暮らしと語っていた

2012年3月5日に放送された、「人生が変わる1分間の深イイ話」では青春時代のマドンナ達が出演していました。その中で早瀬久美さんは、ひとり娘は現在独立して、神戸にいると話していました。

早瀬久美と森田健作が共演した青春ドラマ「おれは男だ!」

学園ドラマの元祖は、1965年~1966年にヒットした『青春とはなんだ』で、このドラマのプロデューサーだった岡田晋吉さんが次に制作したのが、1971年~1972年に放送された「おれは男だ!」でした。

「おれは男だ!」は青春ドラマで初めて、生徒達にスポットを当てた学園ドラマでした。

女子高から共学になったばかりの青葉高校に転向してきた、剣道部の小林弘二(森田健作)とバトン部の吉川操(早瀬久美)と対立していました。小林が吉川さんを呼ぶ時の「吉川くんっ!」の甲高い声が印象的でした。

早瀬久美の代表作といえば「おれは男だ!」

早瀬久美さんの代表作といえば、「おれは男だ!」といわれるくらい、当時は人気の学園ドラマでした。このドラマは、津雲むつみの漫画が原作で、森田健作の主演でした。

主演の森田健作さんとヒロインの早瀬久美さんとの言葉のやりとりも、恋愛までにはほど遠く、当時の純情学園ドラマの性質が良く出ています。

また、1987年にはテレビドラマの後日談として、実写映画『おれは男だ!「完結編」』を公開し、2009年には、ドラマを元にしたパチンコも登場しています。

あまりの人気に半年から1年に放映が伸びた

「おれは男だ!」は当初半年の放送予定でしたが、あまりの人気に半年から1年に放送が伸びたそうです。

吉川君のセリフは最初はキツイ口調だった

ドラマ「おれは男だ!」では、吉川操役の早瀬久美さんは、極端に真面目で優等生のイメージがあり、キツイ口調のセリフが多かったそうです。

その後、監督からもう少し優しい言いまわしにしようと途中から変更したそうです。

当時の写真は?作中ではホットパンツも披露

テレビドラマ「おれは男だ!」の撮影当時早瀬久美さんは、バトン部の練習シーンでホットパンツ姿の美脚を披露しています。当時はホットパンツが流行していたから、恥ずかしいと思わなかったそうです。

弘二は「吉川くん脚きれいだね」とおだてるシーンがありました。早瀬久美さんは、自分の脚を見ながら、「この角度なら、きれいに見えるのか」と勉強したと語っています。

イメージが定着し悪女の役は事務所に突っぱねられていた

geralt / Pixabay

ドラマ「おれは男だ!」の吉川君のイメージは、早瀬久美さんの芸能人としての人生に付いて回ったといいます。今でも、街を歩いていると「吉川くん!」と呼ばれるそうです。

一時期は似たような役ばかりが来ていたから、悪女の役をやりたいと事務所に言ったそうですが、「悪女役は似合わない」と言われて拒否されたそうです。

青春ドラマのヒロイン早瀬久美の経歴!当時の映像は?

青春ドラマで人気になった早瀬久美さんの、経歴や家族構成などに関することをまとめてみました。

早瀬久美の出身は?家族構成は?

sasint / Pixabay

早瀬久美さんは、兵庫県神戸市の生まれで、父の物集恭次郎氏は、国学者である物集高見氏の孫にあたります。早瀬久美さんは、1980年に一般の方と結婚し、ひとり娘をもうけています。

しかし、28年間連れ添った夫と別れ、現在は独身です。また、現在ひとり娘は神戸で生活しているそうです。

1966年ミス・ジュニア・フラワーコンテストに入賞し松竹からスカウト

早瀬久美さんは、神戸山手女子中学校在学中の1966年にミス・ジュニア・フラワーコンテストで準優勝し、これがきっかけで松竹からスカウトされています。

神戸山手女子中学校から北鎌倉女子学園へ転校し「紀ノ川」でデビュー

早瀬久美さんは、ミス・ジュニア・フラワーコンテストに入賞し、松竹に所属しましたが、その年の4月からは、北鎌倉女子学園に転校しています。

NEXT:1968年にはドラマ「お嫁さん」で初主演を務める
1/2