回避依存症の男性・女性の特徴や接し方は?診断方法や克服方法とは 恋愛・心理

回避依存症の男性・女性の特徴や接し方は?診断方法や克服方法とは

目次

[表示]

依存症の種類

回避依存症についてまとめてきましたが、そもそも「依存症」とは3つの種類に分けられます。最後に、そんな依存症の種類についてみていきましょう。

今からご紹介する依存症は、回避依存症とは違いれっきとした病気として扱われているものです。最悪の場合、重大な精神疾患に繋がる可能性もあるくらい危険な依存症もあります。

物質依存

geralt / Pixabay

依存症のなかでも、「物」に対する依存のことを物質依存といいます。例えばお酒に依存する「アルコール依存症」や、煙草に依存する「ニコチン依存症」などが挙げられます。

ご説明したように、これらは回避依存症と違いれっきとした病気ですが、本人に自覚症状が無いことが多いため治療を開始することが難しいと言われています。他にもカフェイン中毒や摂食障害が、物質依存に含まれます。

プロセス依存

nvtrlab / Pixabay

依存症のなかでも、「行動」に対する依存のことをプロセス依存といいます。例えばパチンコに依存する「ギャンブル依存症」や、買い物に依存する「買い物依存症」などが挙げられます。

さらに近年叫ばれている、SNS依存症やネット中毒もプロセス依存に含まれます。これらもれっきとした病気として扱われることが多く、心療内科などに通う人もいるといいます。

関係依存

依存症のなかでも、「人」に対する依存のことを関係依存といいます。例えば性行為に依存する「セックス依存症」や、人の世話をすることに依存する「共依存」などが挙げられます。

他にも宗教依存症や暴力依存も、関係依存に含まれます。特に暴力依存は「DV」とも呼ばれ、近年ではその危険性が叫ばれています。

病気ではない「依存症」

WenPhotos / Pixabay

「回避依存症」という、病気ではなくあくまでも個性である依存症についてまとめてきました。

決して悪いことではないのですが、回避依存症によって憔悴しきってしまう前に、克服方法をいくつか試してみるといいかもしれません。

関連する記事はこちら

3/3