黒い太陽731は本物の死体で撮影?作品レビューは?【ネタバレ注意】 社会

黒い太陽731は本物の死体で撮影?作品レビューは?【ネタバレ注意】

目次

[表示]

日本人を悪役として描いている?

Prettysleepy2 / Pixabay

「黒い太陽731」は、反日感情を高めるための作品ではないのか、とも言われています。

徹底的に日本人を悪役として描き、中国人を被害者とすること、ノンフィクションとすることで、反日教育に使える映画として作られているのではないか、という声も上がっています。

黒い太陽731には主人公とヒロインの悲恋も?

Candiix / Pixabay

映画内には愛子というヒロインが出てきており、その女性は731部隊に配属された恋人を探し回ります。しかし愛子は、恋人の男性が中国に配属されたという事以外の手がかりを掴めないでいました。

中国で探し回っていると現地の少年から、731部隊に連れていかれるのを見たけど、連れていかれた人以外731部隊がどこにいるかは分からない、といった情報を手に入れます。

恋人に会うため被験者として潜り込んだ愛子でしたが、結局会えないまま男性は事故で死にます。

「黒い太陽731」を見た人の評価は?

geralt / Pixabay

実際に「黒い太陽731」を観た人の感想は、どのようなものなのか、紹介していきます。

また、続編である「黒い太陽七三一 II/悪魔の生体実験室」のレビューも紹介していきます。

「黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌」のレビュー

誰が見ても気持ちの良い映画ではない。不快なだけのものなのでこれは本当に見る事をお勧めしません。反日映画と言ってしまえばそれだけの事。

(引用:YAHOO!JAPAN映画)

といった批判的な意見も多い中、下記のようなレビューもあります。

実際に猫を殺したり死体の子供を解体するのを映像にしたのはある意味凄いと思います。

(引用:YAHOO!JAPAN映画)

「黒い太陽七三一 II/悪魔の生体実験室」のレビュー

興味本位のキャパ軽く超えてたなぁ…。

こんなにおぞましくて後味悪い映画は初めて。

結論から言うと見ない方がいい
倫理的にもよくなさそう
見てから後悔した、、、

(引用:YAHOO!JAPAN映画)

1が有名になってしまったこともあり、興味本位で見たくなってしまった人も多いようです。しかし、観た事を後悔する人だらけのようです。

「作成側まで残忍になってどうするんだ」という声も

stevepb / Pixabay

レビューの中には、歴史上の残酷な出来事を伝えるのに、制作者側が同じく残酷になって何やってんだ、というレビューも多くありました。

でも戦争の惨さを伝えるのにスプラッター描写が必要か?許せないのは反日をうたっていながら、撮っている人間に倫理感が欠如していること。

(引用:YAHOO!JAPAN映画)

AmazonではDVD購入も可能?

geralt / Pixabay

「黒い太陽731」は、通販サイトのAmazonでも販売されており、DVD版もあります。500円程で手に入りますので、興味がある方は、購入してみたらいいかもしれません。

「黒い太陽731」に関するその他の話題

sasint / Pixabay

映画のストーリーやグロテスクさ以外にも、「黒い太陽731」の事で話題となった要素がありました。

キャストは中国人?日本語は声優が吹き替えしている

「黒い太陽731」は、中国で撮影され、日本人の役も全員中国人俳優が演じています。しかし、日本語のセリフは吹き替えで、日本人が吹き替えしています。

「黒い太陽七三一」は全3シリーズ!南京大虐殺も?

「黒い太陽731」は3シリーズまで続いています。

「黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌」「黒い太陽七三一II 悪魔の生態実験室」「黒い太陽七三一III 石井細菌部隊の最期」が全シリーズのタイトルになっています。

最終的に、研究室を破壊して帰った731部隊でしたが、その中に研究所で使用していた細菌に感染していたものがいた、という内容になっています。

歴史を知るため!?学校の授業で流す教師もいる?

JESHOOTS-com / Pixabay

この映画に教育的な価値を見出したのか、学校で流した教師もいるようです。今そんなことをすると、恐らくあっという間に問題になります。

高校時代、社会の授業でこれを見せられ(今考えるとやばい?)女子がゲロ吐いてました

(引用:YAHOO!JAPAN映画)

実話を元に作られたホラー映画とは?

「黒い太陽731」が実話を元にして作られたなんて信じられない、という声も多く上がっていますが、本当にあった事件を元に作られた映画というのは、意外と多くあります。

八仙飯店之人肉饅頭

「八仙飯店之人肉饅頭」は、「八仙飯店一家殺害事件」という事件を元に作られています。「八仙飯店一家殺害事件」は1985年にマカオで起きた事件です。

この事件では、中華料理店の経営者、親族、従業員合わせて10名程殺されており、その店で出されていた叉焼包には人肉が使われていたのでは、と噂されている事件です。

冷たい熱帯魚

「冷たい熱帯魚」は、「埼玉愛犬家連続殺人事件」を元にした映画で、元となる事件は1993年に日本の埼玉県で起きた事件です。

犯人は、ペットショップを営む夫婦で、トラブルになった客を毒殺し、死体はバラバラにして焼却、山や川に捨てるという残酷な性格でした。

「冷たい熱帯魚」も熱帯魚を販売する店の経営者が主人公で、恐ろしい犯罪に手を染めていく様子が描かれています。

黒い太陽731はスプラッター映画として有名

geralt / Pixabay

「黒い太陽731」は歴史的史実を基にした、となっていますが、グロテスクシーンを誇張表現している様子などから、スプラッター映画として有名になってしまいました。

しかし、話題にはなったので、映画としては、ある意味成功かもしれません。閲覧注意の映画ですので、観る際は自己責任という事を覚えておきましょう。

死体に関する記事はこちら

2/2