丹古母鬼馬二の現在は妻のヒモ?原因は糖尿病?丹波哲郎との関係は? 俳優

丹古母鬼馬二の現在は妻のヒモ?原因は糖尿病?丹波哲郎との関係は?

丹古母鬼馬二さんは、ドラマ「探偵物語」やバラエティ「風雲!たけし城」、「ドリフ大爆笑」や「笑顔の向こうに」などの映画にも出演しています。現在はテレビの露出も少ないようですが、芸能活動は続いています。そんな丹古母鬼馬二さんのことをまとめてみました。

目次

[表示]

名バイプレイヤー・丹古母鬼馬二の現在は?妻のヒモ?

Comfreak / Pixabay

俳優の丹古母鬼馬二さんは、現在は仕事がなく奥さんのヒモ状態という噂がありますが、それは本当なのかを調べてみました。

丹古母鬼馬二のプロフィール

丹古母鬼馬二さんは、広島県三原市の出身で、1950年1月4日生まれの69歳です。俳優・声優で、本名は神田満といいます。身長165cmで体重は現在64kgですが、ピーク時は97kgあったそうです。

丹古母鬼馬二さんは、広島県立三原高校を中退した後、アングラ劇団に参加し、にっかつロマンポルノや大作映画・特撮テレビ・テレビドラマなどで活躍しています。

1983年に八名信夫主宰の悪役俳優集団「悪役紹介」の中核メンバーとして活躍していましたが、現在は脱退しています。彼は、日本一迫力のある芸名を持つ男といわれています。

丹古母鬼馬二の現在は練馬区で妻と二人暮らし

MabelAmber / Pixabay

丹古母鬼馬二さんの2人の息子は既に親元を離れ、現在は28年前に購入した練馬区の4DKのマンションに奥さんと二人で暮らしています。

子供は息子二人で、すでに自立している

igorovsyannykov / Pixabay

丹古母鬼馬二さんの2人の息子は、長男が41歳で公務員をしていて子供が4人いるそうです。また、次男は38歳で独身、都庁で派遣として働いています。

丹古母鬼馬二の嫁は舞台女優・神田鶴和

丹古母鬼馬二さんは、1972年頃に舞台女優をしていた、神田鶴和(かんだかくわ)さんと結婚しています。

神田鶴和さんは、演劇集団の「日本」で活躍していた舞台女優で、丹古母さんと結婚してからは、女優業をやめ主婦業に専念していました。

1980年代になってから、大道芸を始めるようになり、今でも各地のイベントに回っているそうです。

丹古母鬼馬二は現在、妻のヒモ?年収が数万円に

NeuPaddy / Pixabay

丹古母鬼馬二さんは、悪役俳優として人気があり年収1,200万円ほどだったのが、数万円程度に収入が激減したそうです。ですから、現在は奥さんの介護の仕事の合間に大道芸や講談の仕事で稼いでいるようです。

そうした丹古母鬼馬二さんは、奥さんのヒモ状態ともいわれていますが、丹古母さんは芸能界を引退しているわけではなく、現に2018年に映画にも出演していますから、ヒモ状態というのは違うようです。

糖尿病の治療のせいで、体重が落ちたり、全盛期のような迫力はないかもしれませんが、その強烈な個性は健在ですから、ドラマや映画にも出演依頼があるのではないでしょうか。

原因は重度の糖尿病?現在も治らず

DarkoStojanovic / Pixabay

丹古母鬼馬二さんは、47歳の頃風呂桶が重くて持ち上がらないことから、病院で検査したところ、血糖値が400もある重度の糖尿病であることが分かりました。

そこで、血糖値を下げるための食事制限を行い、やせる事が出来たのですが、体力が落ちてしまい仕事も思うようにできなくなったそうです。

丹古母鬼馬二の嫁は、現在大道芸人として活躍中!?

丹古母鬼馬二さんが、糖尿病で痩せてしまって仕事がなくなったことで、奥さんが大道芸と介護の仕事をしているそうです。

妻が大道芸と介護の仕事を掛け持ちで家計を支えている

丹古母鬼馬二さんの奥さんは、介護の仕事の合間に、大道芸や講壇の仕事で家計を支えています。

【最新情報】丹古母鬼馬二は2018年に映画出演していた!

最近は、ほとんど映画やドラマに出演していないと思われていた丹古母鬼馬二さんですが、2018年に映画に出演していたことが分かりました。

その映画は「恋のしずく」というタイトルで、2018年10月10日に公開されています。この映画は川栄李奈さんが大学生のヒロインを演じています。ワインソムリエを目指すストーリーとなっています。

日本酒嫌いのヒロインが、酒造の実習で日本造りを学ぶことで、その奥深さを知り、出会う人々との絆を深めていく姿が描かれている映画です。この映画で丹古母鬼馬二さんは、酔っぱらった神主さんの役を演じています。

丹古母鬼馬二の最近の出演情報は?

丹古母鬼馬二さんは、最近ではあまり映画やテレビの露出は少なくなっていますが、そんな中で最近のドラマやバラエティの出演番組をまとめてみました。

ドラマ「リーガル・ハイ」

ドラマ「リーガル・ハイ」は、2012年からフジテレビ系で放送されたテレビドラマです。

訴訟で一度も負けたことのない弁護士・古美門研介と真面目で正義感の強い弁護士・黛真知子が繰り広げるコメディタッチのドラマです。

丹古母鬼馬二さんは、「リーガル・ハイ」の第9話と第10話の郷田譲二役で出演しています。

バラエティー番組「爆報!THE フライデー」

バラエティー番組「爆報!THE フライデー」は、2011年10月21日からTBS系列で毎週金曜日に放送されていたバラエティ番組です。司会は爆笑問題で、通称「爆報」です。

丹古母鬼馬二さんは、2014年7月4日放送の「爆報!THE フライデー」に出演していました。

映画「笑顔の向こうに」

丹古母鬼馬二さんは、映画「笑顔の向こうに」に出演しています。

この作品は、技術が高く、容姿端麗の王子と呼ばれるほどの若手歯科技工士の大地(高杉真宙)が東京郊外のデンタルクリニックで働いている真夏(安田聖愛)と再会し、そこから話が展開していきます。

現在は、お昼の再放送で確認できるかも!

丹古母鬼馬二さんは、山村美紗サスペンス「不倫調査員 片山由美」にも出演しています。京都の探偵事務所の不倫調査員の片山由美(池上季実子)が、難事件の謎を解くサスペンスドラマです。

このドラマは、お昼でもよくの再放送されていますから、丹古母鬼馬二さんを見ることが出来るかもしれません。

丹古母鬼馬二の現在の画像は?

丹古母鬼馬二さんの現在の画像に、このようなものがありましたので紹介しました。

丹古母鬼馬二の経歴は?

Mysticsartdesign / Pixabay

丹古母鬼馬二さんのこれまでの経歴についてまとめてみました。

広島県出身で、高校を中退

Comfreak / Pixabay

丹古母鬼馬二さんは、地元は広島で広島県立三原高校に入学していますが、同校をを中退しています。広島県立三原高校を中退後に上京しています。

上京して、アングラ劇団に所属

丹古母鬼馬二さんは、広島県立三原高校を中退後に上京し、アングラ劇団に所属しました。

にっかつロマンポルノや大作映画などに出演

丹古母鬼馬二さんは、アングラ劇団に参加した後、にっかつロマンポルノや大作映画、特撮テレビ番組など、多くの作品に出演しています。

強烈な個性で、悪役として活躍

Dieterich01 / Pixabay

丹古母鬼馬二さんは、その強烈な個性のある顔立ちと、一度聞いたら忘れない迫力のある芸名で、悪役として活躍していました。

1983年、悪党俳優集団「悪役商会」に参加

1983年、「悪役俳優だけで今までやったことのない仕事をやる」といった目的で、メンバー12名で「悪役商会」を立ち上げました。丹古母鬼馬二さんは、その独特の強面で多くの悪役を演じてきました。

リーダーは八名信夫で、グループの名前の由来は、結成の記者会見を行った時、「悪役」を「紹介」したことから、命名したそうです。2006年には、所属する俳優は70名を数えていました。

リーダーの八名信夫さんの信念は「悪役が犯罪を犯したらシャレにならない」というものでしたから、悪役商会では小さな犯罪であっても、罪を犯した役者は、即刻脱退させています。

2018年、モナコ国際映画祭で助演男優賞を受賞

丹古母鬼馬二さんは、2018年の映画「笑顔の向こうに」で第16回モナコ国際映画祭助演男優賞を受賞しています。

現在も俳優として活躍中

丹古母鬼馬二さんは、糖尿病の病気のせいで最近では、あまりテレビや映画での出演がありませんが、現在でも俳優として活躍しているようです。

最近では2018年の映画「笑顔の向こうに」や、「恋のしずく」などに出演していますから、その健在ぶりを立証しています。

丹古母鬼馬二の迫力ある昔の画像は?

丹古母鬼馬二さんは、悪役で迫力のある顔で有名でしたが、そんな画像を紹介しました。

丹古母鬼馬二に関するその他の話題

丹古母鬼馬二さんに関する話題や、芸名の由来などについてなどをまとめてみました。

丹古母鬼馬二の芸名がすごい!由来は歯?

丹古母鬼馬二さんの芸名の由来は、丹古母さんが大きな犬歯が生えていたことで、「鬼」と呼ばれていました。また、上京して入団していた劇団「シアター夜行館」の座長の芸名が、「骸馬二」でした。

「鬼」と「馬二」を合せて「鬼馬二」としたそうです。苗字の「丹古母」は、新宿の喫茶店の名前の「コボタン」をひっくりかえして「タンコボ」としたそうで、ほぼ適当に命名していることが分かります。

最初はカタカナで表記していましたが、その後は適当に漢字を当てたそうです。その変わった名前から、一度聞いたら覚えてもらえるが、苗字と名前をどこで区切っていいのか分からないと言われて損をしているそうです。

丹波哲郎との関係は?「丹波哲郎の大霊界2」に出演?

1990年1月13日に公開された「丹波哲郎の大霊界2」に丹古母鬼馬二さんは囚人の役で出演しています。

この作品は、妻殺しの濡れ衣を着せられて死刑になった男の目から、死後の世界を描いていて、丹波さん本人も出演しています。

丹波哲郎さんも丹古母鬼馬二さんも、悪役として活躍していたという共通点があることから、仲が良かったこともあって出演していたのかもしれません。

丹古母鬼馬二と佐藤蛾次郎が似てると話題に?

丹古母鬼馬二さんは、顔が佐藤蛾次郎さんに似ているため、たまに間違えられることがあるそうです。写真を並べると全く違うのですが、鼻の下の髭が似ているということもあるようです。

また、佐藤蛾次郎さんの若い頃の写真を見ると、長髪のもじゃもじゃ頭の頃は確かに丹古母鬼馬二さんに似ています。ただ佐藤蛾次郎さんのヒゲは鼻髭だけですが、丹古母鬼馬二さんは、顎髭もあります。

年齢からすると、佐藤蛾次郎さん方が6歳ほど年が上で、現在74歳になります。

NEXT:丹古母鬼馬二の出演作品・番組まとめ
1/2