加藤治子は結婚して子供はいた?二人の夫やジブリ出演について

4年前に惜しまれつつお亡くなりになった加藤治子さん。お茶の間では良きお母さんという印象が強いのではないでしょうか?ジブリアニメの声優としてもご活躍されていた女優・加藤治子さんのご結婚について、夫や息子の存在や死因について迫ってみたいと思います。

加藤治子の人物像や主な出演作品は?

加藤治子さんといえば、母親としての役柄が多く、穏やかな優しい雰囲気漂う女優さんです。加藤治子さんについて掘り下げて見ていきましょう。

女優・加藤治子のプロフィール

テレビや映画ではよく観ていて馴染み深い存在となりましたが、ここで女優・加藤治子さんの詳しいプロフィールをご紹介しようと思います。

  • 別名義(旧芸名):御舟京子(みふねきょうこ)
  • 生年月日:1922年11月24日(享年92歳)
  • 血液型:AB型
  • 出身地:東京都
  • 身長:151㎝
  • 体重:44㎏

「七人の孫」で母親役を演じお母さんとしては欠かせない存在になる

1964年にTBS系列で放送された明治生まれの祖父(演:森繁久彌)を中心に、大正生まれの父母(母役:加藤治子)と七人の孫の大家族が繰り広げるホームドラマです。

この母親役が当たり役となり、その後も人気を集めるようになります。

「寺内貫太郎一家」「だいこんの花」などに出演!日本のお母さん女優に

1974年からTBS系列で放送された「寺内貫太郎一家」は、東京下町を舞台にそこに暮らす石屋一家とその家族を取り巻く人々をコメディータッチに描いたホームドラマで、高視聴率となった人気作品です。

「だいこんの花」は、1970年からテレビ朝日系列で放送された元艦長の親子を中心として描かれたホームドラマです。加藤治子さんは「寺内貫太郎一家」、「だいこんの花」共に母親役を演じています。

向田邦子と久世光彦に信頼された演技力

テレビドラマ脚本家・小説家の向田邦子氏と、テレビプロデューサー・演出家の久世光彦とは、公私共に親しくしており、向田邦子氏・久世光彦氏が手掛ける作品に、多数出演しています。

「阿修羅のごとく」では長女役を演じ凄みのある演技が話題に

1979年からNHK総合テレビで放送された脚本・向田邦子の「阿修羅のごとく」で長女役を演じました。4姉妹と父母のそれぞれの問題が絡み合って織りなす物語を描いています。加藤治子さんは長女役を演じました。

この作品の長女・綱子の役柄は、夫に先立たれ生け花の師匠として生計を立てつつ、仕事場に出入りしている既婚男性と不倫しているという色気のある女性を演じています。

「浅見光彦シリーズ」では母役のイメージを定着させる

1994年からTBS系列で放送されている原作・内田康夫氏の推理小説「浅見光彦シリーズ」をテレビドラマ化した作品です。主人公・浅見光彦の母親役として加藤治子さんが演じています。

父は大蔵省官僚、兄は警察庁刑事局長の浅見陽一郎警視監という家庭で、ルポライターという職で放蕩している浅見光彦に対して、快く思っておらず柔らかく叱咤する場面も見られます。

NEXT 「古畑任三郎」では犯人役が名演技と言われた