金田美香は結婚している?夫は中澤聡太?子供は2人?芸能界を引退? エンタメ

金田美香は結婚している?夫は中澤聡太?子供は2人?芸能界を引退?

目次

[表示]

金田美香の趣味は?

SplitShire / Pixabay

  • 料理
  • 健康な身体作り(エクササイズ)
  • 映画を見ること
  • 友達とおしゃべり
  • マラソン(JALホノルルマラソン完走:5時間31分)

金田美香さんはいろいろな事に挑戦され特に体を動かしたり、健康の為に食事に気をつけたりエクササイズに専念されたりすることがお好きなようです。

ハワイで開催されたホノルルマラソンでは見事完走され、5時間31分という記録を保持されています。

金田美香の性格は?

1643606 / Pixabay

金田美香さんの旦那さん、中澤聡太さんはプロのサッカー選手でかっこいいと有名で、ファンの方も多く妻である金田美香さんのことをあまりよく思わないアンチと言われる方々がいるようです。

その為ネット上では「性格が悪い」「中澤聡太と早く別れろ」などと心ないコメントもありましたが、実際に金田美香さんが性格が悪いなどという情報はありませんでした。

王様のブランチで金田美香さんは絶大な人気で「金田祭りをしてくれ」などの要望もあったようで本当に性格が良いかどうかはわからないですが、少なくとも視聴者には金田美香さんは性格良いように写っているようです。

金田美香は韓国人?

Vitamin / Pixabay

ネット上で金田美香さんは韓国人ではないか?という噂があります、なぜかと言いますと金田美香さんの苗字に”金”がついているという理由からだそうです。

確かに苗字に”金”がつく方は在日の可能性が高いようですが、日本人でも”金子、金田”という苗字の方は居られます。

金田美香さんも「私は韓国人」と公言しているわけではなく、”金”がつく日本人の苗字もたくさんあることから、真偽はわからないですが、金田美香さんが韓国人説は可能性は低いのではと言われてます。

金田美香の父親は金田明夫?

金田朋夫さんと金田美香さんが苗字が一緒で似ているから親子ではないかと噂になっているようです。

調べて見たところ、金田朋夫さんも「3年B組金八先生」に出演されていて金田美香さんと共演されお二人につながりはあるようですが、やはり苗字が一緒なだけで本当の親子関係ではないようです。

金田美香の出演作品は?

stux / Pixabay

ここでは金田美香さんのこれまでの出演作品についてまとめました。

ドラマ「3年B組金八先生」

「3年B組金八先生」は昭和54年に第1シリーズがスタートし、現在まで第8シリーズまでドラマ化され金田美香さんは平成11年に放送をスタートした第5シリーズに佐伯蘭子として学級員の役として出演されました。

出演者には風間俊介さんや亀梨和也さんを迎え最高視聴率は23.6%、平均18.5%を叩き出し、金八先生シリーズでは第5シリーズが最高傑作と言われています。

「3年B組金八先生・第5シリーズ」のあらすじは以下の通りです。

今シリーズでは少子化の波を受け、桜中学の校内に老人介護施設が併設され、“死”と向かい合って生きる高齢者と、時おり死に憧れる中学生が同じ屋根の下で毎日過ごすことになる。子供から大人への重要な15歳という多感な世代を相手に、50歳になった金八は何を思い、何を語りかけるのか。“命”をテーマに、今また“かけがえのない授業”が始まる!

(引用:ドラマ・3年B組金八先生(第5シリーズ))

ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

金田美香さんは2008年の7月から同年の9月まで放送されたフジテレビ系列の医療シリーズドラマ「コード・ブルードクターヘリ救急救命」で看護師の村田香織役として出演されました。

「コード・ブルードクターヘリ救急救命」では主演を務める山下智久さんを始め新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さんなど数々の豪華キャストが出演されシーズン1では最高視聴率21.1%という記録でした。

国内でもとても人気のドラマの一つとなり、現在ではシーズン3まで放送されさらにはスペシャルドラマも2回、放送されてます。

タイトルの「コード・ブルー(Code Blue)」とは、容態が急変し、緊急での蘇生が必要な患者が発生したという意味の医師、看護師の中で使用される隠語である。2007年に全国配備を目指す特措法が成立するなど近年必要性が叫ばれているドクターヘリ。本作は救命救急センターを舞台に、フライトドクター養成(救急科専門)研修フェローシップの一環としてやってきた若きフライトドクター研修生や指導医達、それにドクターヘリに携わる人々の奮闘と葛藤を描いている。また、大災害や負傷者多数の現場におけるトリアージ活動の厳しい現実を扱った話も多数挿入された。3rd seasonでは、仕事以外の場面も度々描かれた。

(引用:Wikipedia-コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- )

ドラマ「おちゃべり」

毎日放送で放送されたドラマ「おちゃべり」は2009年3月2日から同年の3月27日までTBS系昼ドラとして放送され、金田美香さんは高梨みなみ役として出演されました。

「おちゃべり」は全20回まで放送され主演は星野真里さんをはじめ、堀内敬子さん峯村リエさんなどのキャストに迎え、主に主婦の方の多くが視聴されていた昼ドラの1つでもあります。

「おちゃべり」は1日1話の完結するストーリーとなっていて最終話のみレギュラー出演でしたが相談役のキャストの方々は1日ずつ違うゲストに代わり、作品の性質に合わせ、1つのセットだけで撮影を行ったそうです。

情報番組「王様のブランチ」

金田美香さんはTBSと一部の系列局で毎週土曜日に放送されている情報ワイド・バラエティ番組の「王様のブランチ」に2003年の7月から2008年6月までの5年間もの間、リポーターを勤められました。

リポーターは「王様のブランチ」の”顔”とも言われ若手タレントなどを採用しBRAN-KO(ブラン娘)という愛称がつけられ、CDデビューもしたことがあるほどこの番組には欠かせないのがこのリポーターです。

また現在のリポーターには熊井友理奈さん、小林麗菜さん、高柳愛実さん、齋藤明里さん、高田夏帆さんをはじめ役10人のかたが王様のブランチでリポーターを務められています。

映画「アザーライフ」

金田美香さんはテレビやドラマだけでなく映画にも出演されており2006年10月28日にロードショー公開されたディースクエアピクチャーズ制作の「アザーライフ」にてマキという役を演じておられます。

「アザーライフ」は 遠藤憲一さん、岡田達也さん、清水ゆみさん、 笠原浩夫さんなどのキャストが主演されています。

接点のない人生を送る12人の男女の人間模様と運命を描いたミステリードラマ。日本初の映画製作全面参加型個人スポンサーシステムを採用した作品。研究開発職に従事する現役サラリーマンである赤地義洋が監督・脚本を手がけ、異例のキャリアによる劇場ロードショー公開を実現させた。

(引用:Wikipedia-アザーライフ – )

CM「JTB」

Free-Photos / Pixabay

ドラマに映画に大活躍の金田美香さんですが国内旅行、海外旅行、またるるぶなどの旅本なども出版されているあの「JTB」のCMにも出演されたことがあります。

金田美香と親しい芸能人

StockSnap / Pixabay

ここで芸能界を事実上引退された金田美香さんですが、芸能界で金田美香さんと親しい芸能人を紹介します。

中川翔子にはニックネームで呼ばれている

女性バラエティアイドル、マルチタレントとして活動中の中川翔子さんは、「しょこたん」という愛称で親しまれ、さらには自身のブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を得て、歌手にまでなられました。

そんなしょこたんこと、中川翔子さんと金田美香さんには交友関係があるようで、中川翔子さんは金田美香さんのことを「ミカタス」と読んでいるなどかなり親しい間柄のようです。

また、金田美香さんが自身のブログを開設したきっかけは中川翔子さんとの交流にあったようです。

中川翔子に関する記事はこちら

金田美香はもりちえみのキューピット?

もりちえみさんも「王様のブランチ」のリポーターとして活動され金田美香さんはもりちえみさんの先輩リポーターでお2人は親しい関係だったようです。

また金田美香さんと中澤聡太さんとの披露宴で、金田美香さんはもりちえみさんを、中澤聡太さんは同じくサッカー選手の平井将生さんを招き、そこで出会ったもりちえみさんと平井将生さんは交際を始めました。

そして2010年にもりちえみさんと平井将生さんは結婚され、金田美香さん夫妻がお2人の恋のキューピットとなりました。

平田裕香とは同級生?

金田美香さんと平田裕香さんはドラマ「HeartBeat」で共演されましたが、お二人は高校の時の同級生で大親友だそうです。

お互いに「ゆかっち」「みかっち」と呼び合い自身のブログにも度々登場されていました。

女性としての幸せ

mario0107 / Pixabay

世間に騒がれてファンの方やアンチの方も抱え、ドラマにテレビにリポーターに大活躍だった金田美香さんでしたが中澤聡太さんと結婚され、かわいい子供にも恵まれ、時代は変わったと思われたのかもしれません。

そのため現在芸能界を事実上引退され、きっと金田美香さんは女性として母親として妻としての幸を見つけたのでしょう。

しかし何年後かに育児や家事が落ち着いた頃にひょっこりと芸能界に戻って来られたら、また大活躍すること間違いないはずです。

中川翔子に関する記事はこちら

2/2