マサツグ様って誰?ライトノベルのキャラクター?どんな作品なの?

マサツグ様とは、なろう小説の「異世界で孤児院を開いたけどなぜか誰一人巣立とうとしない件」に登場する主人公の通称で、原作の愛称です。異世界転生系のハーレムファンタジー小説です。あらすじや、マサツグ様のいじめ描写についてまとめました。アニメ化についても調べました。

マサツグ様とは?小説のキャラクター?

Free-Photos / Pixabay

マサツグ様は、「異世界で孤児院を開いたけどなぜか誰一人巣立とうとしない件」というなろう小説に出てくるキャラクターの通称であり、ネット上での原作者の愛称です。

マサツグ様は「小説家になろう」に投稿された小説の主人公!

Wokandapix / Pixabay

マサツグ様は、「小説家になろう」に投稿された小説に登場する主人公の通称です。名前は直見真嗣で、高校生です。下の名前が「まさつぐ」なので、「マサツグ様」と呼ばれています。

異世界に召喚され、戦力と認められなかったことがきっかけで、孤児院を経営することになりました。「やれやれ」が口癖で、1つの台詞で、2回も「やれやれ」を使っているほど、使用頻度が高いです。

クラスメイトからいじめを受けており、偉そうな態度のクラスカースト底辺というポジションでした。

「異世界で孤児院を開いたけどなぜか誰一人巣立とうとしない件」に登場

DGlodowska / Pixabay

マサツグ様が登場する、なろう小説は「異世界で孤児院を開いたけどなぜか誰一人巣立とうとしない件」というタイトルの小説です。異世界転生系で、ジャンルはハーレムファンタジーです。

2016年3月頃から「小説家になろう」で連載が始まりました。当時、そのサイトで流行していた要素を詰め込んだ作風やキャラの言動が注目され、ランキングで1位になりました。

書籍化が決定

Gellinger / Pixabay

2017年8月、TOブックスより書籍化が決定しました。2018年2月、2巻が発売され、3巻が同年9月に発売されました。また、ドラマCDを同梱した特装版も発売されています。

書籍版は全面改稿され、キャラが別人になっており、日常のシーンが多くなっています。作者は書籍のストーリーについて、「完全オリジナル」と語っています。

2018年6月、WEBコミックガンマぷらすというコミックサイトで、漫画版が連載を開始しました。作画は、有池智実さんが担当しています。

「マサツグ様」は原作の愛称でもある

Ben_Kerckx / Pixabay

「異世界で孤児院を開いたけどなぜか誰一人巣立とうとしない件」の公式での略称は、「異世界孤児院」ですが、あまり定着していません。ネット上では、「マサツグ様」という愛称で知られています。

「異世界孤児院」と略称を使うのは作者しかいないという説もあります。

NEXT 作者は初枝れんげ