伊藤高史(電波少年のパンヤオ)の現在は?結婚して子供もいる?

伊藤高史さんは「進ぬ!電波少年」でチューヤンと朋友(パンヤオ)としてヒッチハイクの旅に挑戦して有名になりました。ネットでは度々、青木崇高さんに似ていると話題になっています。現在は結婚してお子さんもいて、俳優や脚本家として活躍しています。

電波少年の朋友(パンヤオ)伊藤高史の今現在は?

伊藤高史さんは、バラエティ番組「進ぬ!電波少年」で活躍した朋友(パンヤオ)の元メンバーです。当時の人気は凄まじいものがあったので、記憶している人も多いかもしれません。

伊藤高史さんは朋友の「チューヤンじゃない方」と言われることもありましたが、現在でも俳優としてドラマや舞台で活躍しています。

朋友のチューヤンじゃない方!伊藤高史のプロフィール

伊藤高史(いとうたかし)さんは、バラエティ番組「進ぬ!電波少年」のヒッチハイク企画で一躍有名になった朋友(パンヤオ)の元メンバーです。

1976年11月21日生まれ、宮城県出身の俳優で、184cmと高身長なのが特徴です。高校生の頃からモデルとして活動し、上京後は劇団に所属して舞台を中心に活動していました。

1998年に日本テレビ系列で放送された「進ぬ!電波少年」への出演で知名度が上がりましが、当時は朋友のメンバーであるチューヤンの人気が高く「チューヤンじゃない方」と表現されてしまうこともありました。

相方のチューヤンの現在は?CMディレクターに?

チューヤンさんは伊藤高史さんと活動していた朋友のメンバーです。「進ぬ!電波少年」のヒッチハイクの旅の途中で伊藤高史さんから日本語を教わり、その広東語訛りの口調が高い人気となりました。

2005年には日本の芸能界を引退して香港に帰りましたが、香港では広告代理店でCMディレクターとなって活躍してきたそうです。年収は950万とかなりの成功を収めているようです。

伊藤高史は現在、事務所に属さずフリーランスとして活動中

383961 / Pixabay

伊藤高史さんは、現在俳優や脚本家としての仕事で活動しています。2012年に所属していた劇団東京セレソンデラックスが解散するまでは、バイ・ザ・ウェイという事務所に所属していました。

しかし、劇団東京セレソンデラックスが解散したことに伴って、系列である事務所も退社してフリーとなりました。

現在はフリーランスで、ドラマやCM出演など俳優としての活動を続けています。また、劇団ウルトラマンションを主宰して舞台でも活躍しています。

芝居も評価されている!幅広い役で俳優としても活躍

12019 / Pixabay

「進ぬ!電波少年」では、ヒッチハイクの旅の企画の後、ハリウッドデビューに挑戦する企画にも出演していました。

朋友としてではなく単独で渡米してハリウッドで俳優としてデビューすることを目指しましたが、この時はリタイヤとなってしまいました。

しかしその後も俳優として活動し、2000年には映画「ekiden 駅伝」で主演を務めています。現在まで、舞台やテレビドラマ、CMなど幅広く活躍しています。

NEXT 最近では、ドラマ「正義のセ」に出演