川口晶の現在は陶芸家の活動も辞めた?現在の画像は?夫や息子は? 女優

川口晶の現在は陶芸家の活動も辞めた?現在の画像は?夫や息子は?

1970年代に活躍していた女優の川口晶さんは引退してから陶芸家の道を歩んだと言われていました。しかし、現在はその陶芸家も辞めてしまったのでは?と言われていますのでその真相について紹介します。また、現在の画像や結婚情報、夫、子供についてもまとめました。

目次

[表示]

女優・川口晶の現在は?陶芸家?引退して主婦に?

1970年代に活躍した女優の川口晶さんは「犬神家の一族」や「雑居時代」といった名作に出演していました。

しかし、1982年に女優業を引退しています。その後陶芸家になったとの噂もありますが現在川口晶さんはどうしているのか?

引退して主婦になった?という噂や、名前を変えて陶芸家として活動をしている情報もありましたので川口晶さんの現在について紹介致します。

川口晶のプロフィール!現在の年齢は?

川口晶さんは1950年3月1日生まれの69歳で、東京都出身の元女優です。芸能界一家に育った川口晶さんは高校を中退して劇団に所属し家族同様に必然的に女優になりました。

主に1970年代に女優として多くのドラマに出演し3枚目キャラクターを演じる個性派女優として活躍していました。

川口晶の現在は俳優業を引退して陶芸家に?国重晶?

PaulAuwehla / Pixabay

川口晶さんは1970年代にドラマに多く出演していましたが、1982年に母で女優の三益愛子さんの死をきっかけに俳優業を引退しました。その後国重晶という名前で陶芸家として活動するようになりました。

なぜ国重晶という名前で陶芸家としての活動を行ったかというと、川口晶という名前で陶芸家を行うことで興味本位で見られる可能性があるという理由で本名である国重晶として活動することに至ったそうです。

川口晶という名前は旧姓で結婚をきっかけに名前が国重晶という名前になりましたが、結婚しても芸名は変えずに女優業をしていたそうです。

2019年現在は陶芸活動もしていない様子

Lebemaja / Pixabay

独特な作品が人気となり銀座でも個展を開いていた陶芸家の国重晶さんですが、2019年現在は陶芸家としての活動はしていませんでした。

陶芸家としての活動を終了したのは2013年頃で転居したのをきっかけに陶芸家としての活動を終了したそうです。

陶芸を独学で学び約20年の修行していたそうで、2010年に行われた個展では作品が全て売り切れてしまうほど人気だったそうです。そんな陶芸家の国重晶さんは現在どうしているのか?

現在、川口晶は主婦として静かに暮らしている?

陶芸家として活動していた川口晶さんは現在は主婦として静かに暮らしているそうです。年齢も69歳となりますので主婦としてゆっくりを過ごす日々を送ることを選択したようです。

川口晶は戸塚ヨットスクールを支援する会の理事という噂も

strikers / Pixabay

川口晶さんは戸塚ヨットスクールを支援する会の理事を務めているという情報もありました。夫の国重光熙さんも戸塚ヨットスクールを支援しており、川口晶さんも一緒に支援する会の理事を務めているそうです。

他にも石原慎太郎さんや、伊東四朗さんなど多くの著名人が戸塚ヨットスクールを支援する会の理事を務めていました。

川口晶の今の画像はある?

現在の画像は見つけることが出来ませんでしたが、上の画像は2010年頃に個展で撮影された川口晶さんの画像です。2010年ですのでこの時の年齢は60歳頃ということになります。

川口晶のツイッターやインスタ、ブログは?

川口晶さんはツイッターやインスタなどのSNSは一切やっていないとされています。また、ブログなども見つけることができませんでした。なので現在の様子などは一切不明でした。

川口晶が結婚した夫は?離婚して再婚?子供は?

Takmeomeo / Pixabay

川口晶さんは国重晶という名前で陶芸家として活動していました。そんな川口晶さんの結婚した夫や、離婚歴もあるという情報がありました。そこで川口晶さんの結婚や子供について紹介致します。

川口晶が最初に結婚した夫は実業家・長沢純

川口晶さんは1971年に元スリーファンキーズのリーダーで実業家の長沢純さんと結婚しました。スリーファンキーズは元祖男性アイドルグループと言われており人気を博していました。

そんな長沢純さんと結婚し当時は大きな話題となりましたが、長沢純さんは実業家としての活動やテレビの司会業など多忙を極めていました。その影響もあってすれ違いが多く1974年に離婚してしまっています。

川口晶は長沢純と離婚!その後は国重光煕と再婚

470906 / Pixabay

長沢純さんと離婚してからは1979年に国重光熙さんと再婚しました。国重光熙さんが現在の夫になります。夫の国重光熙さんはヨット・コーチでAV企画に所属しており、ヨットで世界一周も経験しているそうです。

夫の国重光熙さんですが、詳しい情報は少なく顔写真などはわかりませんでした。戸塚ヨットスクールの理事を務めているのも夫の国重光熙さんがヨットの仕事に携わっているのが理由の可能性が高いですね。

川口晶に現在、子供はいる?息子?

sasint / Pixabay

川口晶さんは子供がいるのか調べてみたところ元夫の長沢純さんには長沢純一郎さんという子供がいるのではないかと言われていました。

しかし、川口晶さんと離婚してから長沢純さんは別の女性と再婚しているので川口晶さんの子供かは不明でした。

cherylholt / Pixabay

再婚した国重光熙さんとの間に子供がいるという情報もありませんでしたが、再婚した時の年齢が30歳頃なので子供がいる可能性は十分あります。

芸能人の方は子供を公表しない方も多いので川口晶さんも子供の存在を公にしていない可能性もあると考えられます。

川口晶の兄弟、家族がすごい?現在は?

Pexels / Pixabay

川口晶さんは芸能一家の家庭で、家族には芸能界で活躍している方が非常に多いです。そんな川口晶さんの家族についてと、その家族の現在についてご紹介致します。

父親は小説家の川口松太郎

川口晶さんの父親は小説家で映画会社の大映の専務も務めていた川口松太郎さんです。小説家以外にも映画脚本も手がけていました。1973年には文化功労者も受賞しています。

母親は、女優・三益愛子

母親は戦後に女優として活躍した三益愛子さんです。1948年に公開された映画「山猫令嬢」で母親役を演じ作品は大ヒットして三益愛子さんは「母物映画女優」と呼ばれるようになりました。

夫の川口松太郎さんと結婚してからは夫が大映の専務に就任するきっかけに三益愛子さんも大映に入社しました。1982年に膵臓癌のため亡くなりました。

兄は俳優、川口浩と川口恒

川口晶さんの兄弟も俳優として活動していました。川口晶さんには兄が2人、弟が1人います。兄は俳優の川口浩さんと、川口恒さんで、弟は元俳優の川口厚さんです。

兄の川口浩さんは大映現代劇の2枚目トップスターとして多くの映画に出演して活躍していました。しかし、1987年11月に賢不全と肺炎は併発して51歳の若さで亡くなりました。

川口恒は現在、実業家として活動?

もう1人の兄の川口恒さんは1976年に公開された映画「犬神家の一族」で共演もしていました。しかし、1978年に大麻・コカイン・LSDで逮捕されて、俳優を引退しました。

その後はレストランの経営などをして実業家として活動していたそうです。また、父の川口松太郎さんの公式サイトの管理と運営もしているそうです。

弟は元俳優、川口厚

AnnieSpratt / Pixabay

弟の川口厚さんは元俳優ですが、ほとんど情報はありませんでした。しかし、兄の恒さん同様に大麻取締法違反で逮捕されています。現在何をしているかは不明でした。

川口晶は兄弟と一緒に逮捕されたことがあった!?

7raysmarketing / Pixabay

川口晶さんの兄弟は2人とも大麻取締法違反で逮捕されていますが、実は川口晶さんも大麻取締法違反に問われて逮捕されました。この事件で世間は「川口一家の麻薬汚染事件」とも言われました。

兄の恒さんと、弟の厚さんは有罪判決を受けましたが、川口晶さんは不起訴処分となっています。しかし、この問題でテレビからは一時姿を消しました。

川口晶の経歴は?

StockSnap / Pixabay

芸能界を引退し陶芸家として活動をしていた川口晶さんは映画「犬神家の一族」など多くの名作品に出演していました。そんな川口晶さんの経歴について紹介致します。

お嬢様学校と言われる聖心女子学院出身

Free-Photos / Pixabay

川口晶さんの出身学校ですが、聖心女子学院初等科に入学し、聖心女子学院中等部、聖心女子学院高等科に進学しています。聖心女子学院といえば卒業生には皇后美智子さまもあり、由緒あるお嬢様学校です。

父が小説家で大映の専務も務めていましたので川口晶さんはとても裕福な家庭に育ったのではないでしょうか。

高校を中退して、舞台の世界へ

12019 / Pixabay

聖心女子学院高等科に進学した川口晶さんですが、高校は中退して劇団に所属し舞台の世界へと進みました。

なぜ、高校を中退して演劇の世界に行ったかは不明ですが、両親や兄弟も演劇の世界の方なので必然的なことだったのではないでしょうか。

1970年代、数多くのテレビドラマに出演

Skitterphoto / Pixabay

主に女優として活躍していたのは1970年代で、代表作品は1970年に放送された「時間ですよ」、1973年に放送された「雑居時代」や1976年に公開された「犬神家の一族」などです。

やんちゃな役柄を多く演じた

DariuszSankowski / Pixabay

川口晶さんが演じる役柄は3枚目芝居が多く、やんちゃな役柄で人気を博しました。脇役ではありますが、多くの作品に出演して世間に認知される女優へと成長していきました。

1971年に長沢純と結婚するも、1974年に離婚

stevepb / Pixabay

川口晶さんは大活躍していた1971年に実業家でテレビ司会者の長沢純さんと結婚しました。しかし、多忙の長沢純さんとのすれ違いが原因で1974年に離婚してしまいました。

1978年、兄弟とともに大麻取締法違反で逮捕

Prettysleepy2 / Pixabay

1978年には兄の恒さんと弟の厚さんと共に大麻取締法違反で逮捕されてしまいました。兄弟で逮捕されたことは話題になり「川口一家麻薬汚染事件」とも呼ばれてしまいました。

不起訴処分になったものの、テレビからは姿を消す

mohamed_hassan / Pixabay

1978年に大麻取締法違反の逮捕がきっかけで川口晶さんはテレビの露出が無くなってしまいましたが、川口晶さんは結局不起訴処分となりました。

不起訴処分になったものの逮捕の1978年以降はドラマや映画には出演しなくなってしまいました。

1982年、母の死を機に、俳優業を完全に引退

Skitterphoto / Pixabay

そして、母で女優の三益愛子さんが無くなった1982年に女優業を引退しました。引退の理由は母の死がきっかけと発表されています。

NEXT:以降は陶芸家活動へ
1/2