金田賢一の子供は娘?息子?妻は?病気や韓国人の噂は?現在について 俳優

金田賢一の子供は娘?息子?妻は?病気や韓国人の噂は?現在について

プロ野球の巨人軍OBで大投手だった金田正一さんを父親に持つ俳優の金田賢一さんは、韓国人ではないか、最近メディアで見かけないのは病気だからではないのかと噂されています。また、賢一さんの妻は?子供は娘?息子?そんな賢一さんの現在について、調べてみました。

目次

[表示]

俳優、金田賢一の現在は?今何をしている?

俳優の金田賢一(かねだけんいち)さんは、1978年に高校2年生で映画の主演デビューを飾り、その後も若手俳優として映画やテレビドラマで活躍していました。ところが、次第にメディアへの露出が減っていきます。

現在では、単発ドラマに脇役として出演したり、旅番組や情報番組などで見かける程度です。金田賢一さんは、今何をしているのでしょうか。気になるところです。

金田賢一のプロフィール!生年月日や年齢は?身長、学歴も!

金田賢一さんは、1961年8月22日に兵庫県宝塚市で生まれ、今年57歳です。父親は元プロ野球選手・監督の金田正一(まさいち)さん、母親は元宝塚歌劇団35期生の雅章子(みやびあきこ)さんです。

父親がプロ野球選手で昭和の時代としては長身の180cmだった血筋を受け継いだのか、賢一さんも身長184cmと長身です。ちなみに、野球は中学の頃にやっていたそうですが、下手だったのでやめたそうです。

ずっと東京で育ち、成城学園高等学校から成城大学に進学後、中退しています。1978年、高校2年生の時に父親の友人で俳優の長門裕之さんが製作に係わっていた映画『正午なり』で主演デビューを果たしています。

オフィスコットンに移籍、金田賢一はメディア露出減少

金田賢一さんは、芸能活動を本格的に始めた当初はホリプロに所属していました。その後、オフィスコットンという事務所に移籍しています。さらに、金田賢一事務所という個人事務所を立ち上げています。

1990年代後半からメディアの露出が減少していますが、そのことと事務所移籍が関係しているのかどうかはわかりません。

調べてみると、確かに映画やテレビの仕事が少なくなる一方で、朗読のライブ活動など個人での活動が増えており、そのマネージメントのために個人事務所を立ち上げたようです。

2007年から朗読ユニット「朗読三昧」を組んで活動中

金田賢一さんは、2007年から音楽家の丸尾めぐみさんと「朗読三昧」という朗読ユニットを結成して、定期的に公演を行いCDも出しています。朗読三昧とは、朗読と音楽の優しくも自立した関係のプロジェクトです。

賢一さんのナチュラルで内に秘めた熱い思いをクールに言葉の魅力で表現する朗読に、丸尾さんのピアノをはじめとする様々な楽器が生み出すオリジナル楽曲が合わさり、絶妙のコラボレーションを醸し出します。

演目は、向田邦子、島田荘司などの小説から、時にはサトウハチローや覚(かく)和歌子の詩まで幅広く取り上げて、聴衆は詩と音楽が織りなす心地よい世界に心ゆくまで酔いしれます。

2019年6月には、早稲田で公演予定

「朗読三昧」は、今年2019年6月に、東京・早稲田で定期公演を予定しています。

「朗読三昧定期公演@早稲田奉仕園スコットホール」

  • 日時:2019年6月1日(土) 15:00〜17:00
  • 会場:早稲田奉仕園スコットホール(〒169-8616 新宿区西早稲田2-3-1)
  • 演目:浅田次郎「切符」、谷川俊太郎の詩より「三味流 世界人権宣言」
  • 料金:3,000円

料理好きで料理教室も開いている

金田賢一さんは、料理も得意で料理教室を開いているほどです。「キッチンカネダ」というご自身のブログで、オリジナルな創作料理などを披露しています。

なんでも、お客様の好みや世間での流行、その他いっさいを無視した賢一シェフの気まぐれキッチンとして、知恵を絞りながら、記憶に残る味、思いでの味、人生の味を提案していくのがコンセプトだそうです。

まだ、開店したばかりのようで、レパートリーは少ないものの、「レンズ豆のカレー」「トマトと新生姜のサラダ」など、なかなか美味しそうな料理がレシピと共に紹介されています。今後が大いに楽しみです。

ホームヘルパー2級の資格も!?

金田賢一さんは、ホームヘルパー2級の資格を持っています。お身内に介護を必要とする方がいるわけではありませんが、認知症や介護などが社会問題になった頃に関心を持たれたのがきっかけのようです。

ちょうど娘さんの育児の手が離れたのを契機に、まず奥さんと友人がヘルパー資格を取る計画を立てて、通信教育で一生懸命に勉強した後、見事2級を取得されたとか。それに、賢一さんも大いに刺激を受けたたそうです。

そして、奥さんと同じ通信教育で勉強し、奥さんのアドバイスを受けながら、無事ホームヘルパー2級の資格を取ることができました。その資格を活かしてボランティアで実際の介護現場で働くこともあるようです。

妻は1級の資格持ち、施設で働いた経験も

金田賢一さんの奥さんは、賢一さんよりも一足先にホームヘルパー2級の資格を取得されています。それが刺激となって、賢一さんもホームヘルパー2級の資格を取得されたのです。

奥さんは、その後さらに1級の資格を取得され、施設で働いたり、訪問介護も行っているようです。

認知症研究会の選考委員も務めている

金田賢一さんの友人に、「Kyomation Care研究会」という認知症研究会を運営している方がいて、年に1度の事例発表会で、賢一さんは選考委員を任されているそうです。

賢一さんは、ホームヘルパー2級の資格で介護経験はあるものの、専門家ではありませんので、事例の中身そのものよりも、発表の仕方など表現を主に審査しているそうです。

毎年、事例報告を聞くたびに、介護の現場の苦労をうかがい知ることができて、賢一さん自身も大いに学ぶところが多いと語っています。そして、高齢化社会に向けて啓蒙活動を推進したいと考えられています。

金田賢一が病気という噂も!真相は?介護生活?

最近は、テレビや映画でもあまりお目にかかることが少ない金田賢一さんですが、病気ではないかという噂もあるようです。しかも重病で介護が必要な状態なっているとか・・・。本当なのでしょうか?

いろいろ調べてみましたが、そのような事実は確認できませんでした。先に述べたように、丸尾さんと組んだ「朗読三昧」というユニットで定期的に公演を続けていて、2019年も公演が予定されています。

また、近年ではテレビドラマの「ハンチョウ~警視庁安積班~」第9話(2012年)や、「浅見光彦シリーズ49」(2014年)などの単発ものに出演されています。どうやら、病気という噂はデマのようです。

病気説はデマ?2018年には公開舞台稽古も行っていた

金田賢一さんは、近年はメディアでの露出が減ったために、「重病で入院しているのではないか?」と病気説が噂されてきました。しかし、あくまでテレビの出演が減っているだけで、 現在も元気に活動しています。

実際、2018年には、大阪で朗読劇の公開舞台稽古を行っています。元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さんが主演の朗読劇「私の知らない、私の事情」の公開舞台稽古に登場しました。

劇で演出と語りを務める賢一さんは、主演の加護さんについて「とてもお上手だと思いますよ」と褒めたたえていました。稽古終了後は、取材に集まったの報道陣を前に元気な姿を見せていました。

金田賢一のブログやSNSは?facebookがある?

金田賢一さんには、事務所によるオフィシャル・インフォメーションの他に、「キッチンカネダ」という料理紹介のブログ、そしてfacebookやtwitter(ただし非公開)のSNSもあります。

現在、金田賢一には娘がいる?息子は?妻は誰?

現在、金田賢一さんは結婚されているのでしょうか?結婚されているとしたら、奥さんは誰なのでしょうか?。子供さんは、娘さん、それとも息子さん?気になるご家族について調べてみました。・

金田賢一は宝塚女優の梓のぼると結婚

金田賢一さんは、宝塚歌劇団63期生花組男役だった梓のぼるさんと結婚しています。梓のぼるさんの本名はわかりませんが、結婚されて「金田由美子」さんになられています。

結婚後は、いっしょに介護のボランティア活動に関わったり、お二人でテレビの旅番組に出演することも多く、仲の良い夫婦という印象があります。

旅番組の中で、賢一さんは、由美子さんへノロケてみたり、一緒に温泉に入るのはこんな時くらいしかないなどと語っていましたが、視聴者からは仲睦まじい夫婦を羨む声も上がっていたそうです。

「大人の極上ゆるり旅」に夫婦で出演

金田賢一さん・由美子さんご夫婦は、テレビ東京系列で2011年10月から2013年3月末まで放映された旅番組「大人の極上ゆるり旅」に、何度か出演されています。

2012年6月放送分では中伊豆の天城温泉郷を、2013年2月放送分では群馬の草津温泉の穴場をめぐり、視聴者を癒してくれました。ご本人たちも文字通り大人の夫婦の「極上ゆるり旅」を満喫されていました。

1986年に娘が誕生、芸能活動の経験も?

cocoparisienne / Pixabay

金田賢一さんご夫妻には、1986年に娘さんが誕生しました。一時、娘さんも芸能活動をされていて、過去にはCMにも出演した経験があるとかいう噂が立ったようですが、そうした事実は確認できませんでした。

実は、金田賢一さんには2人の妹さんがいて、そのうちの一人金田幸子さんは1980年代の一時期タレントとして活動していました。CMにも出演されていましたので、おそらく幸子さんと混同されたようです。

賢一さんの娘さんは名前も公表されておらず、一般の方のようですので、ほとんど情報がありません。

娘の体調不良を聞きつけて、オーストラリアに行ったことも

sasint / Pixabay

金田賢一さんは、2012年11月に「徹子の部屋」に出演されたときに、オーストラリアで娘がいるアパートに1人で行き、体調が悪い娘に料理を作ったエピソードを話されていました。

そして、当時26歳になる娘さんは外資系の会社に勤務していて、たまには海外赴任先の娘を訪ねて、親子の時間を楽しむこともあるとも語っていました。

我が子が体の具合が悪くなったからとはいえ、はるばる海を越えてオーストラリアまで心配しに行くぐらいですから、よほど一人娘が可愛いようです。

娘は現在、オーストラリアの男性と結婚している?

pattyjansen / Pixabay

2012年11月放映の「徹子の部屋」で、出演した金田賢一さんが明かしたように、娘さんは当時外資系の会社に勤務していて、オーストラリアに赴任していたことがわかりました。

その後の様子については情報がありませんので、詳しくはわかりません。ただ、外資系企業とはいえ、未婚の女性が海外に単身赴任するというのは一般的ではありません。そこで、結婚説が浮上したのでしょう。

当時26歳だった娘さんは今年33歳になります。結婚していて、かつそのお相手が現地のオーストラリア人だとしても、別に不自然ではありません。ただ、そうした情報は金田賢一さんのSNSでも確認できていません。

金田賢一に息子は?

Free-Photos / Pixabay1

金田賢一さんには、娘さんが1人いるだけで、息子さんはいません。もちろん、隠し子の存在などの情報もありません。

金田賢一の家族がすごい!?

金田賢一さんの家族がすごい!?とのもっぱらの評判です。どれくらい凄いのか調べてみたら、本当に凄いことがわかりました。

金田賢一の父親は元プロ野球巨人の選手金田正一

金田賢一さんの父親は、元プロ野球巨人軍の選手だった金田正一さんです。もっとも、最初に入団したのは国鉄スワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)で、16年目にかねてから希望していた巨人軍に移籍しました。

「カネやん」の愛称で親しまれ、投手としてプロ生活20年間で通算勝利数400勝という日本プロ野球史上不滅の大記録を達成しました。昭和を代表する大投手として、野球ファンなら誰もが知っているレジェンドです。

1970年シーズンで現役引退後は、解説者を経てロッテの監督に就任し、1974年に日本一に輝いています。84歳になられた現在でも、プロ野球の解説やコメンテーターとしてすこぶる元気に活躍されています。

母親は元宝塚歌劇団の雅章子

金田賢一さんの母親は、元宝塚歌劇団35期生の雅章子(みやびあきこ)さんです。雅さんは、宝塚では俳優高島忠夫さんの奥さんで、高嶋政宏さん・政伸さんの母親である寿美花代(すみはなよ)さんと同期でした。

実は、雅さんは、金田正一さんの再婚相手です。正一さんは1960年に歌手の榎本美佐江さんと最初の結婚をしましたが、雅さんとも交際を始め、1961年に賢一さんが生まれたのです。

このことがきっかけになり、結局、子供が生まれなかった美佐江さんとは1963年に正式離婚し、雅さんと再婚したのです。その後、二人の間には娘さん(賢一さんの妹)が2人生まれました。

叔父達は元プロ野球選手のサラブレッド

金田正一さんの弟(賢一さんの叔父)3人も元プロ野球選手でした。5歳下の金田高義さんは1958年に国鉄スワローズに投手として入団しましたが、一軍での実績はなく1960年に引退しています。

8歳下の金田星雄さんも1960年に国鉄に投手として入団しましたが、1年で引退しています。13歳下の金田留広さんは1966年に当時の東映フライヤーズ(現日本ハムファイターズ)に投手として入団しています。

留広さんは一軍で長らく活躍し、ロッテ、広島に移籍して1982年に引退しました。残念なことに、2018年に71歳で亡くなられました。賢一さんは、こうした野球一家のサラブレッドの血筋を引いているのです。

父親カネやんを巨人の監督にプッシュ「親父どう?」

金田賢一さんは、昨年10月、大阪市内で朗読劇の公開舞台稽古終了後に応じた取材の席で、巨人軍の次期監督に「うちの親父どう?」と、父親であるカネやん(正一さん)をプッシュして、取材陣を笑わせました。

当時の高橋由伸監督が辞任表明した巨人の次期監督について、正一さんが巨人の現状を憂慮して「(監督)やる人おらんのか」と言っていたので、「親父やったら」と言ったら、「馬鹿野郎!」と怒られたそうです。

それでも、万一オファーが来たら正一さんはどうする?と取材陣から聞かれると、賢一さんは「そりゃ、やるでしょ。最後に一花咲かせろと」と断言して、ニヤリとしたそうです。

金田賢一は韓国人?噂の真相は?

金田賢一さんは実は韓国人だという噂があります。確かに芸能界には、日本で生まれ育っていて国籍は日本人なのに「在日韓国人」といわれる人たちが少なくありません。果たして、噂の真相はどうなのでしょうか?

金田賢一に韓国人の噂?父親が在日韓国人?

金田賢一さんは韓国人だという噂があります。本当なのでしょうか?実は、賢一さんの父親の正一さんは、1933年8月に愛知県の在日韓国人家庭に生まれました。本名を金慶弘(キム・ギョンホン)というそうです。

つまり、正一さんは在日韓国人です。従って、その息子の賢一さんも父親の血を引く在日韓国人ということがいえます。噂は真実です。ただ母親は日本人とのことですので、正確には日本と韓国のハーフといえるでしょう。

1959年に帰化。巨人に入るためという説も

金田正一さんは、1959年に帰化、日本国籍を取得しました。当時、在日韓国人スポーツ選手にも、プロレスの力道山のように日本に帰化した人もいれば、プロ野球の張本勲選手のように韓国籍のままの人もいました。

正一さんは、1964年に国鉄球団からかねてから希望していた巨人に移籍します。帰化したのは、名門巨人軍から移籍の条件として、国籍を変えるようにとの要請があったのではないかという憶測が噂されました。

その真相は定かではありませんが、現役を退いた後に監督やコーチに就任するには日本国籍の方が有利だと考えていたのは確かなようです。後に「わしは巨人に入るため国籍まで変えたんだ」と話したともいわれています。

在日韓国人の話はタブー?

日本の芸能・スポーツ界においては、昔から朝鮮半島から日本に渡ってきた両親のもとで生まれた、すなわち在日韓国人(厳密に言えば北朝鮮系の在日朝鮮人も含める)として活躍している例が少なくありません。

しかし、残念なことに、在日韓国人というだけで偏見や差別を受けてきたのも事実です。ただ、プロスポーツの分野はあくまで実力の世界ですので、人種・国籍に関わらずヒーローを応援する風潮にあります。

一方、芸能人は人気商売ですので、在日韓国人であることはマイナスになりがちです。そのため、出自について疑われる場合でも、その話題に触れるのはタブーとされ、マスコミの間でも暗黙の了承事項とされています。

NEXT:金田賢一の経歴は?
1/2