岡まゆみは現在結婚して夫がいる?若い頃は?劇団四季での活躍は? エンタメ

岡まゆみは現在結婚して夫がいる?若い頃は?劇団四季での活躍は?

モグタンでおなじみの『まんがはじめて物語』で長くお姉さん役を担当した女優の岡まゆみさん。番組終了後、劇団四季に在籍し様々なミュージカルに出演され退団後も女優活動をされています。美人である岡さんの経歴を振り返り、若い頃や現在に至るまでの活躍を紹介します。

目次

[表示]

若い頃が美人過ぎ!岡まゆみは現在結婚して夫がいる?子供も?

macadam13 / Pixabay

デビューをし60歳を過ぎた現在でも、とても美人である岡まゆみさん。しかしプライベートの事については本人からは直接語られてはおりません。

まず最初に公式で発表されているプロフィールや、ご家族の事について紹介してまいります。

デビューから現在に至るまで、どういった経緯で女優活動をし、そして歌手活動を行ってきたのでしょうか。岡さんのプロフィールに迫ってまいります。

現在の年齢や身長は?岡まゆみのプロフィール

sasint / Pixabay

岡まゆみさんは1956年3月7日に石川県で出生、東京育ちの女優さんです。現在は大手芸能事務所であるホリプロに所属してご活躍されております。

杉並区にある女子美術大学付属高等学校卒業後、女子美術大学造形科に進学と同時に、故・浅利慶太さんが設立したミュージカル劇団「劇団四季」の養成所にも入団し、女優を志して1975年に芸能界デビューします。

当時は、クイズ番組やバラエティ番組のアシスタントとして活動が主とし、劇団四季に所属後はミュージカル女優として活躍。その後女優や歌手として、マルチにご活躍されております。

結婚して夫がいると噂されていたが現在も独身!子供もいない

debowscyfoto / Pixabay

60歳を過ぎた現在でも、才色兼備な美人の女優として活躍されている岡さんですが、プライベートの話ではご結婚はされていないようです。

また子供も出産されておりませんので、岡さん自身が選んだ人生の生き方を選択されたようです。

人それぞれの価値観や考え方がありますので、岡さんは独身として生きながら女優としての活動をしたいと選択されたのでしょう。

「さんま御殿 ファミリーパパVS独身女性SP」では独身として出演

RonPorter / Pixabay

岡さんは、2015年9月8日、日本テレビのトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿』にゲスト出演されました。

この回は「ファミリーパパVS独身女性SP」と題して、結婚をし、家族を作っている男性芸能人と独身を貫き通している女性芸能人を迎えての回でした。

岡さんの他、光浦靖子さん、塩村あやかさんら。また泉谷しげるさん、高田延彦さんらが出演し、司会の明石家さんまさんと楽しいトークを繰り広げました。

岡まゆみの家族は?母親と同居?現在は愛犬と共に暮らしている?

manbob86 / Pixabay

プライベートを深く掘り下げると、2019年現在はブログにて情報を発信しており、仕事の事やプライベートについてを発信されているようです。

プライベートについては一人暮らしをしているとのことですが、愛犬を飼って暮らしているという情報はありませんでした。

同姓同名の方が愛犬を飼っているというサイトが点在しましたので、そこで間違えてしまったと考えられます。

ジュエリーブランド「Ondine(オンディーヌ)」でトークショーなども

ColiN00B / Pixabay

現在岡さんは、女優活動の他、「Ondine(オンディーヌ)」というジュエリーブランドを運営し、また歌手としてライブ、トークショーなど積極的に活動をなさっております。

歌手としては、まんがはじめて物語でオープニングを担当された他、劇団四季で所属していた事もあり、歌唱力はとても高いです。

今後も積極的に女優活動を続け、トークショーの他ライブなどにも積極的に参加する予定となっております。

岡まゆみの現在の画像は?

還暦を過ぎた岡さんの写真です。流石に女優だけあって肌のお手入れを入念に行なっており、若々しさがあると同時に美人であるという感が出ております。

若い頃から入念に美しさを保っている岡さんの努力。『女優は顔が命』という言葉があるように、女優さんは入念にアンチエイジングを行なっているということが画像で分かります。

岡まゆみの現在の活動は?歌手や女優としても活躍中?

langll / Pixabay

現在岡まゆみさんは、テレビドラマだけでなく、ラジオドラマ、舞台、ライブ会場など多方面でご活躍されております。現在は歌手としての活動がメインとなっています。

様々なジャンルを歌を歌唱されている岡さん。女優としてデビュー後レコード、CDを何枚かリリースしております。これまでに発表したレコード、CDを紹介するとともに、現在の芸能活動を紹介します。

「まんがはじめて物語」のオープニングテーマを歌っていた岡まゆみ

まんがはじめて物語はタイトルを変えながらも継続してシリーズ化されており、お姉さん役を担当された方が番組の主題歌を担当するケースが多くあります。

岡さんは、3代目オープニングテーマ曲『?(ハテナ)謎なぞアイランド』を歌唱。モグタンの声を担当した津賀有子さんはエンディング『モグタンマーチ』を歌唱されました。

実質、デビューソングとなった曲ではあるものの、レコードとしては企画ものとして1枚だけのものであり、歌手としてのレコードデビューは、ずっと後となります。

2016年にはアルバム「愛&I」をリリース

Rani_Ramli / Pixabay

デビュー40周年を記念し、岡さん自身が何か形に残るものを作りたいという提案から、自身が作詞し親交のあった女優や演出家としても活躍している方に作曲を依頼。

そして完成させたのがファーストアルバム「愛&I」です。

演じる役者として、役者を人生として重ね合わせている岡さん。まさにこのアルバムは岡まゆみという女優・歌手という方が素晴らしかったと呼べる作品と言えるでしょう。

現在もライブ活動を行っている

cdd20 / Pixabay

「愛&I」を出す以前から、ライブ活動を行なっている岡さん。近年では新しいジャンルとしてジャズにも挑戦するようにもなりました。

自身で手がけた曲の他に、スタンダードナンバーを歌うことが多いようです。ライブ会場は東京のほか、大阪、浜松といった大都市圏でのライブ会場が多いようです。

2019年3月には渋谷の「JZ Brat」でライブ開催

dewd82 / Pixabay

2019年3月にバースデーライブおよびジャズライブを東京渋谷にあるJZ Brat SOUND OF TOKYOにて行われました。

岡さんは様々な会場でライブ活動は行なっており、東京渋谷でのライブはライフワークとして、ファンの集いの場として開催されるようです。

2019年11月16日にもライブ開催

Pexels / Pixabay

岡さんの公式ブログによると、2019年11月16日にライブを行うことが決定されております。

詳しい内容や、開催場所についてはまだ記載されておりませんので、内容が分かり次第ブログやTwitterで公式発表される見込みとなります。

ぜひ一度、岡さんの歌声を聞きたいという方は、最新の情報を待つようにし、チケットを購入し当日は楽しんでください。

2019年5月1日には、「はじめてのJAZZ」を発売!

MabelAmber / Pixabay

2019年5月1日には、自身のセカンドアルバムとなる『はじめてのJAZZ』を発売。開催していたライブでは物販として先行販売されていました。

収録曲は、ジャズのスタンダードナンバーはもちろん、「愛&I」で製作された楽曲のジャズアレンジ、岡さんのお気に入りのJ-POP曲のジャズバージョンが収録されます。

女優とての活動も!2019年、ドラマ「盤上のアルファ」に出演

岡さんは様々なドラマに端役としてご出演されています。2019年の活動を見ると岡さんは、2月にNHKBSプレミアムで放送された玉木宏さん主演の『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』に出演。

この作品は塩田武士さん原作の小説であり、自身の経験を元にした将棋記者としての葛藤と、その記者に取り巻く棋士たちの環境を物語っております。

岡さんは近藤正臣さん演じる棋士千田正三の妻、加代子役としてご出演されました。

2019年ドラマ「初めて恋をした日に読む話」にも出演

また、TBSで放送された1月期ドラマ『初めて恋をした日に読む話』にもレギュラー出演されました。岡さんは、永山絢斗さん演じる八雲雅志の母親、真奈美役としてご出演されました。

このドラマは、持田あきさん原作による少女漫画が原作で、予備校の教師が不良男子高校生を東大合格への指導をし、自身もリベンジをするというのが大まかなあらすじです。

岡まゆみの最新情報はブログで確認することが出来る!

Free-Photos / Pixabay

岡さんは公式ブログ『まゆみごと』を運営しているだけでなく、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用して、仕事の情報やライブについて発信しております。

今後の仕事情報としては、随時更新がある予定となりますので、ぜひフォローをし確認していただけれたらと思います。

もちろん、彼女自身も1人の人間でありますので、適度な距離感を持って接するということを忘れないでコミュニケーションを取るようにしましょう。

若い頃の岡まゆみといえば「まんがはじめて物語」

「クルクルバビンチョ パペッピポ ヒヤヒヤドキッチョの モーグタン」という呪文で、物事のはじめてを調べにモグタンとお姉さんが活躍するTBSで放送された子供向け教養番組の『まんがはじめて物語』。

夕方の放送にも関わらず最高視聴率が28.5%という数字をたたき出し、さらには文部省をはじめとした省庁より様々な賞を受賞をするなど高い評価を得ました。

岡さんはお姉さん役としてこの番組に長く出演され、番組の人気にも貢献しました。ここでは『まんがはじめて物語』の詳しい概要を説明します。

ピンク色の謎の生き物モグタンが出てくる「まんがはじめて物語」とは

『まんがはじめて物語』は1978年から1984年までTBSで放送されていた子供向け教養番組です。

身の周りのものの歴史や起源の「はじめて」を実写とアニメでドラマ仕立てで紹介していく番組で、放送終了後も1991年までシリーズとして継続放送されました。

解説役であるピンクの生き物であるモグタンは当時新人声優だった津賀有子さん。ナレーターはTBSに所属していた故・吉村光夫さんが担当されてました。

岡まゆみの若い頃の画像つき!二代目お姉さんとして出演

初代のお姉さんは女優のうつみ宮土理さんが担当されていましたが、うつみさんが体調不良で降板し2代目お姉さんとして登場したのが岡まゆみさんなのです。

岡さんが番組で作った表現力豊かな演技と好奇心旺盛なお姉さん役を見事に演じ、1984年の最終回まで担当されました。

なお最終回になってしまったのは、岡さん自身が劇団四季に戻りたいという要望があったのと、番組のマイナーチェンジを測るためでした。

「林先生の痛快!生きざま大辞典」で特集されTwitterで話題に

放送終了後、2014年に放送された『林先生の痛快!生きざま大辞典』にて『まんがはじめて物語』の特集があり、岡さんとモグタンがゲスト出演されました。

番組内では『はじめて物語』は圧倒的な情報量を番組中に取り入れて、大人でも子供でも楽しめる番組作りを目指したということと。

撮影の裏話を岡さんやモグタンから紹介するなど、往年のファンにとってはTwitter上で話題になるなど、高い評価を頂きました。

Twitterではモグタンbotもある

現在『まんがはじめて物語』はCS放送で再放送がされたり、DVD-BOXが販売されるなど、放送開始から40年経った今尚高い人気を誇っております。

また、非公式ながらもTwitterでは、まんがはじめて物語botやモグタンbotというものもあり、さらには他局でパロディ化されるなど、新作の復活の望む声まで挙がっています。

若い頃の美人画像は?岡まゆみの経歴

さて、女優や歌手として多彩な芸を見せてくれる岡まゆみさん。まんがはじめて物語以外に若い頃はどのような芸能活動を行なっていたのでしょうか。

ここでは、岡さんの経歴を振り返りながら、これまでに出演されたドラマやバラエティ番組、劇団四季に出演されていた時の経歴を紹介いたします。

生まれや出身校

石川県金沢市で生まれた岡さんは、出生後東京都に移住。東京都新宿区立戸山中学校を卒業後、女子美術大学付属高校を卒業します。

女子美術大学入学時に、造形学科を選ばれたことからジュエリーブランド『Ondine』を立ち上げた時も、この経験が生かされて立ち上げることが出来たのでしょう。

1974年女子美術短期大学に!劇団四季付属俳優研究所にも入団

在学中、自身が手がけるジュエリーブランドの名前にもなった舞台『Ondine』を見て、女優を志すことを決意。女子美術短期大学と同時に、劇団四季付属俳優研究所にも入団し、女優としての修行を始めます。

しかし、1975年に『歌だ飛び出せ!2万キロ』でのレポーターに抜擢され、芸能活動を優先させるため女子美術短期大学を退学。同時に劇団四季の養成所も退所します。

1975年「歌だ飛び出せ!!2万キロ」「クイズグランプリ」に出演

岡さんは、フジテレビで放送された『歌だ飛び出せ!2万キロ』にてレポーターとしてデビュー。これが芸能活動として最初の仕事となります。

番組は3ヶ月で終了してしまったものの、同時期に放送されていたクイズ番組『クイズグランプリ』ではアシスタントを長く務めました。

1976年テレビ小説「絹の家」で主演デビューし次第に顔が知られていく

makamuki0 / Pixabay

1976年、TBSにて放送されたポーラテレビ小説『絹の家』にて主役としてデビュー。

その後、様々なドラマやバラエティ番組に出演し、まんがはじめて物語にレギュラー出演もされ、多くの方に岡まゆみの名が知れたのは言うまでもありません。

劇団四季に再入団した1983年人気公演の「CATS」で初演

まんがはじめて物語降板後は、劇団四季に再入団をし本名である五十嵐まゆみ名義でミュージカル女優として活躍を始めます。

のちに劇団四季の代表的なミュージカル作品となった『キャッツ』の初演に出演後、劇団四季が手がけるミュージカルや舞台に多く出演されました。

1989年劇団四季を退団

383961 / Pixabay

1989年、劇団四季退団後は再びテレビやタレントとしての活動を再開。そればかりだけでなく、まんがはじめて物語や劇団四季での経験を生かして、声優として、舞台俳優としてマルチに活動をしていきます。

NEXT:2014年からはオリジナルジュエリーブランド Ondineを立ち上げる
1/2