山崎賢人が実写化俳優と言われるワケを解明!実写化作品まとめ エンタメ

山崎賢人が実写化俳優と言われるワケを解明!実写化作品まとめ

山崎賢人さんといえば、実写映画と思い浮かべる人も多いでしょう。ドラマや映画でひっぱりだこの山崎賢人さんに実写作品が多すぎるとの声が殺到しています。今回は山崎賢人さんの多くの実写作品と起用される理由について調査してみました。

山崎賢人は漫画の実写に出過ぎ?実写作品まとめ

イケメンで爽やかなイメージの山崎賢人さんですが、ドラマや映画で引っ張りだこ!中でも漫画からの実写版に多く出ているイメージがありませんか?あまりにも次々と実写版に起用されているため「多すぎるのではないか?」との声が多く上がっています。実際にはどれくらい出演しているのか気になりますよね?

山崎賢人のプロフィール

まずは、山崎さんについてご紹介します。山崎さんが芸能界に入ったのは中学3年生の時に原宿でスカウトされた事がきっかけでした。雑誌「ピチレモン」でメンズモデルとして活動。その雑誌の女装企画で人気投票1位を獲得しています。バランスのとれた小さいお顔は、さぞかし女装が似合ったことでしょう。1位になったのも頷けます。

若い女性からの人気を特に集めていますが、ピチレモン時代からのファンも多くいるようです。その後2010年に放送されたオダギリジョーさん主演のドラマ「熱海の捜査官」で俳優デビューを果たし、2011年には映画「管制塔」で主演を務めました。ここから凄い勢いで知名度を上げていきました。

山崎賢人の「実写作品まとめ」

  • 2014年 L・DK
  • 2015年 ドラマ版 デスノート
  • 2015年 ヒロイン失格
  • 2015年 orange
  • 2016年 キングダム(連載10周年記念実写動画)
  • 2016年 オオカミ少女と黒王子
  • 2016年 四月は君の嘘
  • 2016年 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
  • 2017年 一週間フレンズ。
  • 2017年 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • 2017年 斉木楠雄のΨ難
  • 2017年 氷菓

こうして見ると2015年から2017年までの活躍がスゴイですね。年間4本以上の作品に出演しているだけでもすごいのに、ほとんどが実写版の出演なんです。これだけ短期間で実写されている俳優は他にはいないのではないでしょうか。

山崎賢人の彼女まとめについはこちら>>>>>

話題になった山崎賢人の「実写作品まとめ」

デスノート(ドラマ版)

2006年に公開された藤原竜也さんと松山ケンイチさんのデスノートはご存知の方が多いでしょう。2015年にはドラマ版が放送されました。映画版の印象が強すぎたため、正直ドラマ版は不評だったようです。ドラマ化にあたって主人公の月は平凡な大学生、エルの奇行なども抑えられ原作と若干違うキャラクター像に批判の声も上がったようです。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

実写化はムリと言われていた「ジョジョの奇妙な冒険」がとうとう実写化されるという事で話題になりました。原作の熱狂的なファンが多いため、ただでさえ酷評される実写化は無謀な挑戦だったと言えます。しかし公開後の評判は意外と良かったようで「演技CGがすごかった」「キャラクターが忠実に再現されている」などの声が多かったみたいです。

「実写作品まとめ」山崎賢人の人気急上昇作品

ヒロイン失格

山崎賢人さんの人気を確立したのが、2015年の「ヒロイン失格」です。ラブコメ漫画の実写化の成功はキャストにかかっている!といっても過言ではないほど重要。2人のイケメンの間でヒロインの気持ちが揺れ動く、というラブコメにはよくある内容なんですが、ライバル役の坂口健太郎さんと共に若者の人気を博しました。

当時もっとも旬だと言われていた俳優2人の演じる「利太」と「弘光」利太派と弘光派に分かれて論争が勃発するほどに…かっこいい、はもちろんのこと、可愛さと色気も兼ね揃えている山崎さんにはハマり役だったと言えます。

オオカミ少女と黒王子

人生初の金髪にして挑んだこの作品では、ドSキャラを演じた山崎さん。清純派キャラが多い山崎さんですが、金髪もとっても似合っています。王道の少女マンガなのですが、「三回まわってお手からワンだ」というセリフが強烈で、ドSなキャラクターもなんだかしっくりきていて、山崎さんの新しい一面に出会えた作品でした。

なぜ実写化作品が多いのか?

ここまできて、山崎さんが多くの実写作品に出ていることは十分に理解できましたが、疑問に思うのが「どうしてここまで?」ということです。ラブコメ漫画は特にそうですが、実写化というのは原作があってこその作品です。原作ファンがすでに多くいる中で実写作品は原作を越えられないと思われがち。

実写化作品が多いのには理由があります。実は実写化映画はコストが削減出来て、儲かるというカラクリがあったのです。知名度のあるマンガの映画化は原作ファンはある程度獲得出来ます。それに加えて実写化キャストのファンも獲得出来る為、成功の可能性が高いということ。さらに作者に支払われる原稿使用量もかなり安いそうです。

山崎賢人の実写作品は不評?「実写作品まとめ」

2016年に公開された映画「四月は君の嘘」では、「期待はずれ」「原作破壊だ」などの批評が多くあったようです。天才ピアニストの有馬公正の役柄は母親のトラウマを抱えている複雑な役です。さらに、この作品の見どころは演奏シーンでもあります。この作品は山崎さんには役不足だったのかもしれません。

また、立て続けに実写作品に抜擢されている事にも原因があるようで「これだけ続くと飽きる」などの声も。やはり、人気の役者で集客をする実写化のやり方には呆れた様子の意見が多く「原作ファンを置き去りにしてしまう」というリスクが付きまとっているようです。

実写だけではない山崎賢人の魅力

山崎さんの魅力が発揮されているのは実写作品だけではありません。2015年にNHKで放送された連続テレビ小説「まれ」では土屋太鳳さんと夫婦役を演じています。話題になりやすい朝ドラの中では低視聴率になってしまい残念な結果でしたが、山崎さんの演技は高い評価を得ていました。

山崎賢人の実写が多い理由はここにあった!

2016年頃からネットや雑誌で発表されるイケメンランキングの世代交代が起こっていると言われています。以前人気のあった小栗旬さんや向井理さんに変わって出てきたのが、山崎さん、坂口健太郎さん、菅田将暉さん、竹内涼真さんなどの面々です。

学生役が多い山崎さんは旬の若手俳優の中でも圧倒的に制服が似合う!そしていい意味で個性がないんです。その分どんな役にでもハマるという事が起用されるひとつの理由になっているのだと思われます。山崎さんは明るくて社交的な性格との事で、人間関係を大切にしているそうです。こういったところが、次の仕事に繋がっていくのかもしれません。

ネタにされていた?!多すぎる実写化

実写作品出演が発表されると「またかよ」言われがちな山崎さんですが、実は2017年に公開のコメディー映画「斉木楠雄のΨ難」の特報映像で「予告編をご覧のみなさま、今、山崎賢人実写やりすぎじゃね?と思いましたね。」と語っています。この自虐ネタ動画は大変好評になり、本人も自覚している事が明らかになりました。

ギャグ映画に初挑戦の山崎賢人の評判

山崎さん演じる斉木楠雄は超能力者の高校生。ピンクの髪色に黄色のメガネの超個性の強いキャラクターです。劇中ではもちろん超能力シーンなどもあり、ギャグ漫画の実写化ということもあって、映画自体の評判はいまいちだったようです。しかし主人公のキャラクターに山崎さんはハマっていたようで、なかなかの好評でした。

山崎賢人は福田監督のお気に入り?

山崎さんが「斉木楠雄のΨ難」の主演に抜擢されたのは、福田雄一監督からのご指名だったそうです。福田監督は山崎さんについて「素朴さがあって、まだむけてない感じがする。その生々しい感じにとても好感が持てる」と語っています。実はこの作品での起用が決まったのは福田監督の奥さんが好きで洗脳されたからとの事。

「勇者ヨシヒコ」や「銀魂」などの作品を手掛ける福田監督の作品を見ていると、この人よく出てくるなぁという事が多々あります。そう、福田監督作品はキャストがかぶりがちなんです。なので、これから先の福田監督と山崎さんのタッグに期待が高まります。

実は実写俳優は山崎賢人だけではなかった!

山崎さんの他にも実写俳優と言われる俳優はたくさんいます。調べてみると、実際には山田孝之さんや綾野剛さん、小栗旬さんの方が多かったんです。ただ、他の役者さんたちは実写化意外の作品のほうがある程度目立っているため、あまり実写俳優というイメージが付いていないのでしょう。

山崎さんに関しては出ている作品に対して実写作品の割合が多いので、山崎さん=実写俳優というイメージになってしまっているのでしょう。それに加えて短期間に集中してしまったのも大きな原因のひとつだと言えます。

山崎賢人のこんな役も見たい!

「また山崎かよ」と飽き飽きしている人の声も多いなか、山崎さんの今後に期待しているファンも多くいます。”爽やかなイケメン”の役柄が多い山崎さんですがサイコパスや犯罪者の役が見てみたい!という意見も。今後はダークな役柄を演じて欲しいなど、キャラクターのイメージ払拭を希望する意見が多く見られます。

2018年に放送された日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻」ではナンバーワンホスト役を演じた山崎さん。爽やかなイメージとは打って変わった悪い男を見事に演じていました。ラブコメ色が強い山崎さんの印象が今後どの様に変わっていくのか楽しみですね。

山崎賢人の2018年の活躍にも期待!

山崎さんが今後も実写作品に出続けるのか気になるとことではありますが、山崎さんが主演を務める2018年公開の映画「羊と鋼の森」にも注目が集まっています。まだ20代半ばですので、色々な役に挑戦していてほしいですね。これからの活動にも注目してみてください!