【2020年】危ない宗教団体ランキング!危ない宗教はどんな宗教?理由もまとめ! エンタメ

【2020年】危ない宗教団体ランキング!危ない宗教はどんな宗教?理由もまとめ!

目次

[表示]

危ない宗教団体ランキング・27位:光明念佛身語聖宗

光明念佛身語聖宗は真言密教と浄土宗を元にして生まれた宗教です。大変立派な本堂を所有していますが信者は年々減少しているそうです。

また、病気に苦しんだり不幸な出来事に見舞われるのは霊がついているだというオカルトめいた教義を持ち、過去に裁判沙汰になった事件を起こしているという事例もありました。

危ない宗教団体ランキング・28位:天光教

藤田真照が1948年に信修会として設立し、その10年後天光教に改名しました。

ネットでは指導者の人格を疑う声や他の宗教に対して猛烈な批判を行っていたという声がいくつか見られました。

危ない宗教団体ランキング・29位:黒住教

黒住宗忠が江戸時代に創設した宗教で、金光教と同様神道13派の一つとして数えられる団体です。

また天理教、金光教、黒住教は幕末三大宗教とも呼ばれています。普通の神道で危険はないと言われていますが、多額のお金を要求されたという声もあります。

危ない宗教団体ランキング・30位:妙道会教団

西田無学により創設された宗教団体で、霊友会や法華経の教えを継承しています。

毎年白装束で山に登ったり、縁日をやったりとイベントをたびたび開催しているようです。イベントの中には高額の参加費を取られるものもあるようです。

危ない宗教団体ランキング・31位:神理教

佐野経彦が巫部神道を元にして創設した宗教で、神道13派の一つに数えられています。文化庁によれば神理教は教派神道の中でも復古神道系に分類されるそうです。

2ちゃんねるなどでは「神理教の良さを語ろう」というスレッドがたまに立ちますが、信者の数も少なく、過度に悪い噂もないため、閑散としていてすぐに落ちてしまう傾向にあります。

実際にトラブルを起こしたこともなく、危険なのでは?という声はあるものの実情は窺い知れません。

世界の危ない宗教団体は?やばい宗教まとめ

海外にも危ない宗教団体は多数存在します。主にテロを起こしたり集団自殺を決行した宗教が多いようです。そんな世界の危ない宗教団体についてまとめていきます。

世界の危ない宗教団体①:アルカーイダ

アルカーイダはアフガニスタン、パキスタンを中心に広まっている宗教団体で、オサマ・ビンラディンをリーダーとして活動していました。

国際的にテロを起こす集団として有名で、アメリカで起きた同時多発テロ事件はアルカーイダが起こしました。

オサマ・ビンラディンの死後、徐々に弱体化していますが、世界中に分派し各国のテロ事件に関与するなど危険な集団だと言われています。

世界の危ない宗教団体②:人民寺院

人民寺院は1995年にアメリカのインディアナポリスにて創設されたというキリスト教系の宗教団体です。

創設者である神父のジム・ジョーンズは教団が成長するにつれ、信者に暴力や性行為を強要したりと好き勝手し始めました。

ある日視察に訪れた議員を信者が襲撃するという事件が起きます。追い詰められたジョーンズは信者918名と共に毒を飲み集団自殺しました。

世界の危ない宗教団体③:ヘヴンズ・ゲート

ヘヴンズ・ゲートは1970年代に創設された宗教団体で、ヨハネの黙示録やキリスト教の教えを元にしていました。

若者を中心に信者を増やしますが、カルト的な教義もありました。地球はもうすぐ滅亡し、信者だけがUFOの迎えにより新世界へ旅立つことができるというのです。

1996年、カール・ボップすい星が地球に接近した際、「宇宙人が迎えに来た」と約40人もの信者が集団自殺をしたのです。

世界の危ない宗教団体④:太陽寺院

太陽寺院は教祖のリュック・ジュレがフランスの再生テンプル騎士団から独立し立ち上げた宗教団体です。富裕層をメインに信者を増やしていきました。

大企業相手に自己啓発セミナーなどをして資金調達をしていた太陽寺院ですが、次第に経営は悪化していきます。

すると教団内で集団自殺が計画され計53人の信者が集団自殺を図りました。自殺前に信者が自殺を表明するビデオをとっていましたが、全員笑顔で映っており物議を醸しました。

世界の危ない宗教団体⑤:KKK

KKKは正式名所をクー・クラックス・クランといい、南北戦争後の奴隷商人が設立したとされる秘密結社です。

白人至上主義を掲げプロテスタントのアングロサクソン系こそが聖書で伝わっているアダムの子孫であり、他の人種から優遇されるべきだと主張しています。

1870年代に一度消滅しますが、1915年に復活し大規模なデモを繰り広げたりと積極的に活動しました。

世界の危ない宗教団体⑥:クメール・ルージュ

クメール・ルージュはかつてカンボジアに存在していた政治武装勢力です。ポルポトが指揮しカンボジア王国などに抵抗したことで知られています。

完全な原始共産社会を目指し通貨を廃止したり、私有地を没収したりします。少しでも反抗的な態度を取れば処刑していきます。

次第に知識人の根絶を目指し、教師や技術者などをどんどん収容所に送り処刑。300万人もの人間がクメール・ルージュによって処刑されたともいわれています。

宗教はなぜ必要とされる?

truthseeker08 / Pixabay

危険だというイメージが付きまとう宗教ですが、世の中から宗教はなくなりません。それは科学や医療では解決できない問題を解決してくれるからです。そんな宗教が解決してくれるポイントを3つに分けて紹介します。

幸せの模索

jill111 / Pixabay

みなさん一度は何か目標に向かって努力した経験があるでしょう。では何のために目標を達成しようとしていたのでしょうか?

それぞれいろんな答えがあるとは思いますが、突き詰めていくと結局幸せになるために努力したりするのではないでしょうか?

幸せというのは主観的なものなのではっきりと定義することができません。幸せに具体的な道筋を立てるのが宗教の働きであるといえます。

死の恐怖

volfdrag / Pixabay

人間は、100%遅かれ早かれ命は尽きます。現代では科学や医療の発達により平均寿命が昔と比べ大幅に伸びました。

しかし科学や医療では延命することはできても、不老不死を得ることはできません。もちろん宗教に入信しても何も変わりません。

しかし、宗教には死後という概念が存在します。なくなる間際で「人間に生まれてよかった」と思わせてくれるのは宗教がもたらすものの一つでしょう。

人生の目的

Kingrise / Pixabay

科学や医療では人間がどのようにして生まれるかが詳細に分かりますが、何のために生まれてくるのかはわかりません。

どんな発明や研究も使う人間によって結果は大きく変わってきます。人生がどのようなものかが分かっても、どのように使うべきかはわからないのです。

人生の道筋を指す手段の一つとして宗教があります。何も見えない一寸先は闇状態の人生に多少の光をともしてくれるでしょう。

4月は特に危ない宗教の勧誘に注意!

1人暮らしを開始する人や新入学、新社会人が増える4月には特に街中でカルト宗教の勧誘が活発になるとされています。

危ない宗教に入ってしまう人の特徴として、共通するのが悩みや不安を抱えているという点があげられ、どんな性格の人であっても新生活を前に不安定になりがちなのが4月だからです。

オウム真理教の幹部・村井秀夫氏の母校である大阪大学では、カルト宗教からの勧誘について注意喚起する動画も制作しています。危険な宗教に共通する勧誘文句なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

近づかないのが得策

mary1826 / Pixabay

ここまで日本の危ない宗教団体のランキングや世界の危ない宗教についてまとめてきました。

日本には数多くの宗教団体が存在していますが、中には入信してしまうと身を滅ぼすような宗教も存在します。

一番良いのは近づかないことです。身内や友人で過度に宗教に入信するように勧誘してくる人物がいた場合は、少し距離を取るなどの対策を講じましょう。

2/2