あいりん地区は日本一治安が悪い危険な街?ドヤ街の詳細は?潜入も?

大阪の西成区にあるあいりん地区は治安が非常に悪く危険なことで有名です。ホームレスが横行し激安な宿泊所であるドヤ街が立ち並びます。内部では貧困ビジネスが盛んに行われる危険すぎる一角と言われます。そんなあいりん地区へ潜入レポートした記事を元に現状を探ります。

日本一治安が悪いあいりん地区とは?

治安の悪さでは日本一と言われる「あいりん地区」とはどんなところなのでしょうか?日本一とされる根拠は何なのでしょう。

この記事ではあいりん地区と定義される比較的狭いエリアに果敢に足を踏み入れた何人かの勇気あるレポーターによるルポルタージュ風のWeb記事を参考にしながら実態を解説していきます。

あいりん地区の場所は?

あいりん地区の場所ですが、JR大阪環状線の「新今宮駅」の南側地帯のエリアに位置します。新今宮駅の北東側エリアは「新世界」と呼ばれるエリアで通天閣に象徴される繁華街です。

ほんのひとつ隣の駅は「天王寺(=阿部野橋)駅」であり、全国的にも有名な「あべのハルカス」が聳え立つという位置関係にあります。つまり大阪では3番目の都会とされる天王寺の目と鼻の先。

そしてあいりん地区の真東の狭いエリアには「飛田新地」と呼ばれる遊郭街があります。大阪府には「ソープランド」と名乗る店は皆無でこのエリアのみ突出しています。ある意味入り組んだ位置関係です。

あいりん地区の歴史は?旧釜ヶ崎?

あいりん地区は元々は広い意味での「釜ヶ崎」という街の一部を指していました。あいりん地区という呼称は、1966年に国や自治体の行政機関や報道機関が取り決めた名称です。釜ヶ崎の定義は次の通り。

釜ヶ崎(かまがさき)は、かつて摂津国・大阪府西成郡今宮村(のちに今宮町)に存在した字、および現在においてその一帯を指す地域通称。現在では西日本旅客鉄道関西本線以南の西成区萩之茶屋一丁目・萩之茶屋二丁目の各一部を主に指すが、当初は同線以北の浪速区恵美須西三丁目・恵美須東三丁目・戎本町二丁目の各一部も含んでいた]。

いわゆるあいりん地区を含んでおり、同地区の通称としても使われる。

(引用:wikipedia)

日本のスラム街?あいりん地区の衝撃の実態とは?

ibrahim62 / Pixabay

あいりん地区に関する情報の中には耳を疑うものやにわかには信じられないような話が実に多いです。ここでは潜入取材で得られた情報や実際に現場に赴いて体験した逸話などを紹介します。

ホームレスが多い

Ben_Kerckx / Pixabay

あいりん地区では通称「白手帳持ち」といわれる技能職で働ける者以外は多くが路上生活に甘んじているといいます。通称「ドヤ」と呼ばれる激安の簡易宿泊所に泊まるお金さえも惜しんで暮らすためです。

代表的な場所は「三角公園」というあいりん地区の中心部などになります。しかしここで「ブルーシート」の屋根付きに寝泊りできるのは西成でもベテランの部類のみの特権。夜通しふらつくか寝袋生活が主。

賃貸物件も存在はしますがあいりん地区のホームレスはその実数もはっきりしないと言われています。国勢調査もこのエリアに限っていえばほぼ無意味だそうです。

NEXT 女性のホームレスもいる