ソルフェジオ周波数とは?DNAを癒す?心身を整える効果がある? 占い・スピリチュアル

ソルフェジオ周波数とは?DNAを癒す?心身を整える効果がある?

ソルフェジオ周波数をご存知ですか?この音を聴くことでDNAを修復する、心身を癒すなどの効果があるとされている周波数のことです。中には危険だとされている周波数もあるといいます。今回はそんなソルフェジオ周波数を、体験談や動画を交えてご紹介します。

目次

[表示]

ソルフェジオ周波数の種類と効果!YouTube動画も

Alexas_Fotos / Pixabay

ソルフェジオ周波数については次でご説明しますが、そもそも周波数とは、1秒間での空気の振動数のことを指します。単位は「Hz(ヘルツ)」で表します。

このヘルツの数字が大きいと高音となり、逆に数字が小さいと低音であると判断できます。では、そもそもソルフェジオ周波数は何なのか、どんな効果があるのか、順番にご紹介していきます。

ソルフェジオ周波数とは

はるか昔から歌われている「グレゴリオ聖歌」などにも使われる周波数で、「古代の音階」とも呼ばれています。ヒーリング効果がある周波数ということで、数年前からスピリチュアル界隈で話題となっています。

ソルフェジオ周波数が広まったのは、レオナルド・ホロウィッツ博士が出版した「ジョンレノンを殺した凶気の調律」という書籍が要因のひとつとされています。この書籍に関しては後半で詳しくご説明します。

心が安定する174Hz

https://www.youtube.com/watch?v=CISax3_AFwk

まず、「心が安定する」と言われている174Hzですが、これはソルフェジオ周波数の中で最も数字が小さい周波数、つまり最も低音の周波数になります。

174Hzは人の精神面・内面に低い周波数を伝えることにより心の安定を導き、自分の存在をきちんと認めることができるようになると言われています。

それにより、1歩を踏み出してみる勇気が湧いてくるでしょう。さらにこの周波数を聴きながら、自分も近い音程の音を発声してみることで、より効果を高めることができるでしょう。

治癒力を促進、心身を整える285Hz

「心身を整える」と言われている285Hzは、ソルフェジオ周波数の中で最もスピリチュアル性の高い、つまり魂や深層心理への働きかけが大きいとされる周波数になります。

深層心理に意識の拡大や安定を促すことで自然治癒力が高まったり、心が強くなって落ち込みにくくなったりするとされています。

285Hzの曲調は朗らかで透明感のあるものですので、深く深呼吸をしながら聴くことでより効果が高まるでしょう。

不安や恐怖を緩和させる396Hz

「不安や恐怖を緩和させる」と言われている396Hzは、ソルフェジオ周波数の中でも特に重要だとされています。

この周波数は、情緒的で心に染み入ってくるような曲調であり、自分自身の解放を促してくれます。そのため、聴いた後は心身共に軽く感じ、不安・トラウマ・恐怖心などを緩和させてくれるでしょう。

マイナス状態から意識の回復を促す417Hz

「意識の回復を促す」と言われている417Hzは、先ほどの285Hzと同様に深層心理に働きかけてくれる周波数です。

特に、ストレスを抱えていたりネガティブになっていたりと、マイナスの状態から意識を回復させてくれる効果があると言われていて、落ち込んでいる人にオススメの周波数になります。

精神面で不健康な状態が続いてしまうと、身体的な不健康ももたらしてしまうことがあります。この417Hzの周波数を聴くことで、意識の回復やマイナスから抜け出すための力を与えてくれるでしょう。

宇宙の周波数432hz

https://www.youtube.com/watch?v=vKAOH0hDTnk

「宇宙の周波数」や「自然界の周波数」と言われる432Hzは人を癒す効果があるとされていて、かの有名なモーツァルトは、ほぼ全ての楽曲にこの周波数を使っていたと言われています。

ですが現代では440Hzが一般的によく使われているため、減りつつある周波数となってしまっています。さらに「宇宙の周波数」と呼ばれている根拠もなく、デメリットもあるといいます。

音楽理論と純正律知識が分かる人なら、上手く432Hzを利用して64Hzと128Hzを作り出すことができるといいますが、知識が不十分の人は悪影響の曲調を作り出してしまう可能性もあるでしょう。

チャクラを活性化?癌細胞を死滅?444Hz

「癌細胞を死滅させる」と言われている444Hzですが、ネット上には実際に「癌に効果があった!」という体験談が投稿されていましたので、ご紹介します。

私は8年前にステージⅣの末期癌でした。 術後、漢方薬やサプリなどいろいろ試したり、癌に関する書物 をたくさん読んでいるうちに、ソルフェジオにであった! ソルフェジオは、周波数によって色々な効果効能がある ことを知り、444ヘルツと528ヘルツの周波数を 聴くようになりました。 444ヘルツは、癌細胞を破壊します。 528ヘルツは、免疫力を高めDNAを正常に修復します。 川のせせらぎをミックスさせているので、癒し効果があります。 私は癌の手術から9年目に入りますが、定期検査でも 問題なく生き延びています。(引用:ニューアクエリアス革命)

上記に掲載した動画は、この体験談を投稿した方がオススメしている動画になります。本当に効果があるのかは個人差があるかもしれませんが、コメント欄は好評のようです。528Hzに関しては次でご紹介します。

「ありがとう」の周波数?人気の高い奇跡の周波数528Hz

先ほどの癌患者の体験談でも語られていましたが、528Hzは、「奇跡の周波数」と呼ばれていて、傷付いたDNAを修復してくれる周波数だと言われています。「ありがとう」という言葉も528Hzとされています。

純粋で清々しい曲調なので心身共にストレスを浄化してくれるとされていて、日々の生活の中で酷く疲れ切ってしまっている人やストレスを抱えている人に効果があるとされる周波数です。

ただ、528Hzには脳を活性化してDNAを修復するほどの刺激があるということなので、寿命が縮まるなどのデメリットもあるのでは?と言われています。デメリットに関しては後半で詳しくご説明します。

人間関係を向上させる調和の周波数639Hz

「人間関係を向上させる」と言われている639Hzは、対立しているものたちを統合して、緩和させる効果があるとされています。

639Hzは包み込まれるような優しい曲調なので、自分のことばかりではなく周りの人達への愛情も満ち溢れてくるという周波数です。そして、誰かに対する嫉妬心や対抗心も和らげてくれるといいます。

ですので、特に新しい人間関係のスタート地点に立つ人や、新生活に対して不安などを抱えている人にオススメの周波数とされています。ネガティブだった心が開けてくるでしょう。

表現力を開花させる自由の周波数741Hz

「表現力を開花させる」と言われている741Hzは頭を柔らかくしてくれる効果があるため、自由な発想力を手に入れることができるとされています。

さらに741Hzはエネルギッシュでポジティブな印象を感じる曲調なので、精神的な明るさをもたらし、コミュニケーション能力を高めてくれる効果もあるといいます。

直感力を覚醒、リフレッシュさせる852Hz

https://www.youtube.com/watch?v=8pa1Qk5_yw4

「直感力を覚醒させる」と言われている852Hzは、脳の奥にある「松果体(しょうかたい)」という内分泌器を活性化させてくれるため、直観力や洞察力を高めてくれるといいます。

852Hzは爽やかな曲調なので、雑念が取り払われて思考がクリアになるともいいます。つまり、頭の中がリフレッシュされたような感覚になるということです。

脳の松果体を活性化させる936hz

「宇宙意識と繋がる」と言われている936Hzは、前にご説明した852Hzと同じように脳の中の松果体を活性化させる働きがあるとされています。

こちらもスピリチュアル性が高い周波数であり、高次元と繋がる、霊性を高めるなどの効果もみられるといいます。

恋愛運も向上?脳が活性化する963Hz

「脳を活性化する」と言われている963Hzは、基本的なソルフェジオ周波数の中で最も数字が大きい、つまり最も高音の周波数になります。

963Hzは人間の意識に直接働きかけてくれるので、脳が活性化する効果があるといいます。特に大切な試験の前など、頭を使う場面の直前に聴くことで思考回路が活性化するでしょう。

スピリチュアル性も高く、自分の周りを包み込む「悪い気」や悪霊などを追い払ってくれる効果もあるとされています。悪い気を追い払うことで恋愛運がアップした!、という声も寄せられています。

天使の周波数4096Hz

ソルフェジオ周波数の中で最も高音の周波数は963Hzだとご説明しましたが、例外として「天使の周波数」と言われている4096Hzが存在します。

瞑想を行った感覚になるほど浄化の効果が強く、マイナスエネルギーを解放して心身のバランスを良い方向に整え、免疫力を高めてくれる効果まであるといいます。

澄んだ美しい音調は、「天使界の扉を開く音」と呼ばれるほどです。主な効果は下記の通りになりますが、もちろん個人差で効果の有無は異なってきますので、ご注意ください。

  • 被爆治療
  • 若返り
  • 難病治療
  • ヒーリング効果
  • 記憶力アップ
  • 免疫力の向上
  • ネガティブ意識の浄化

鬱病やパニック障害、癌にも効果的?実験結果もある?

langll / Pixabay

アメーバブログで、子宮頸がんの治療日記を書いている女性がいます。その方は「闘病中にソルフェジオ周波数の力を借りた」とブログで公表していて、癌細胞を死滅させる444Hzを聴いていたと語りました。

病気発覚から手術の前までお世話になりました。ドバドバ出ていた不正出血が止まり、最初は2bと言われていた病気の進行具合が、最終的に2aとなりました。(引用:子宮頸がん☆3大治療とリンパ節郭清後からのダンス復活劇)

「ありがとう」の周波数の力を試す実験とは?

geralt / Pixabay

「ありがとう」という言葉は528Hzであると少し前にご説明しましたが、この周波数が持つ力に関して、面白い実験が行われていたのでご紹介します。

まず、お米を炊いて2つの容器に分けます。そして片方のお米には「ありがとう」「素敵」など綺麗な言葉をかけ、もう片方のお米には文句や「馬鹿野郎!」などと暴力的な言葉をかけ続けます。

4か月が経過した頃、前者のお米は黄色に変色する程度だったのに対し、後者のお米は真っ黒になってカビが生えたという結果になりました。他にも水や花で実験している人もいますので、ぜひ検索してみてください。

ソルフェジオ周波数は嘘?本当?

ソルフェジオ周波数の種類や効果についてご紹介してきましたが、その効果について本当であると主張する人と、嘘だと主張する人の2通りに分かれるといいます。

ですので次は、ソルフェジオ周波数の効果は信用できるものなのか、はたまたプラシーボ(プラセボ)効果なのか、について詳しくみていきましょう。

ソルフェジオ周波数はほとんどの楽曲に含まれている?

TheDigitalArtist / Pixabay

では、ソルフェジオ周波数はどういった楽曲に含まれているのかについてですが、これに関して意見を述べている作曲家がいました。彼は以下のように発言しています。

これについて作曲家の立場から書いていこうと思いますが、先に結論だけ書いておきますと、周波数にこだわらず、ポジティブな気分でリラックス出来るインスト曲なら何でも良いです。(引用:note 5th)

音にはドレミファソラシドがありますが、ピアノでそのひとつひとつの音を弾いてみると、他の色々な音が混ざって鳴っているといいます。つまり、ひとつの音でもいくつかの周波数が発生しているのです。

さらに、例えばイギリスの人気バンド「ビートルズ」のある曲は528Hzのコードから作られている、という意見もありますが、この周波数はかなりメジャーで当たり前とも言えるようです。

ソルフェジオ周波数という言葉を聞いただけだと、なにか特別な周波数であると感じてしまいますが、実際には周波数は数え切れないほどあるため「ほとんどの楽曲に含まれている」と言っても過言ではないといいます。

ソルフェジオ周波数は疑似科学という声も

jarmoluk / Pixabay

ソルフェジオ周波数が人間に良い影響を及ぼすという因果関係に関して、確たる根拠がなく曖昧なものとなってしまっています。そのため、ソルフェジオ周波数のことを「疑似科学」と主張する人も多いとされています。

実際にソルフェジオ周波数で効果があったという体験談がありながらも、科学的根拠が特にないことから、このように言われているのでしょう。

DNAそのものに働きかけることはできない?

qimono / Pixabay

冒頭で、ソルフェジオ周波数は昔から「グレゴリオ聖歌」などにも使われていたとご説明しましたが、日本でも古来から祭り事や神事などで使われていたとされています。

このことから、ソルフェジオ周波数の音を心地良く感じることは、本能的なものであると言われています。つまり、DNAそのものに働きかけているわけではなく、本能で心地良く感じているだけだといいます。

さらに傷付いたDNAは、音波だけで良くなるようなものではないという意見もあり、「DNAそのものに働きかける」「DNAを修復する」という言い方には語弊があると主張する人も多くいます。

科学的根拠はない?プラセボ効果という指摘

NeuPaddy / Pixabay

これまでご説明してきて、ソルフェジオ周波数に科学的な根拠がない曖昧なものであるということはお分かりいただけたことでしょう。

そういった点から、ソルフェジオ周波数は「プラシーボ(プラセボ)効果」の一種であるという主張が最も多いとされています。

プラシーボ効果とは薬理作用に基づく薬物ではなく、治癒効果があると信じ込むことで心理効果が期待できる偽の薬物のことです。プラシーボは、ラテン語で「気に入るようにしましょう」という意味です。

プラシーボ効果の具体例は?

qimono / Pixabay

プラシーボ効果の具体例を簡単にご紹介します。どちらの例も、本人が「効果がある」と信じ込んでいることによる結果だと分かります。

まず、手術の後などによく使われる「モルヒネ」という鎮痛薬がありますが、最初の1回だけ本物のモルヒネを与え、2回目以降は鎮痛効果のない薬を与えました。すると2回目以降の投薬でも鎮痛効果が認められました。

また、アメリカでは痛みを和らげる薬として、全く同じ薬を高値の薬「A」と、安値の薬「B」に区別して渡しました。すると、ほとんどの人が高値の薬の方が効果があると主張しました。同じ薬なのに、です。

物理学者、心理学者の実験結果は?どこにも作用しない?

geralt / Pixabay

2017年2月、物理学者でもあり心理学者でもある柊木匠が、自身の公式ブログに「ソルフェジオ周波数に物申す!」というタイトルのブログを投稿しました。

彼は「声紋分析」という方法で、ソルフェジオ周波数に関するある実験を行いました。声紋分析とは、声を周波数に分解してから色に対応させることにより、その人の体調やストレス具合が分かるという分析法です。

声紋分析の結果は?

彼は不安などを緩和させる396Hzと、DNAを修復してくれる528Hzに的を絞って分析の実験を行いました。上が実際の分析結果を表す画像で、396Hzは右側、528Hzは左側のものです。

この画像から分かることは以下の2つであると、彼は語ります。

  • 本質的な潜在意識には何も届いていない
  • ほとんどどこにも作用していない

そして彼は、「根拠もなく広めようとする人がいるが、理論とデータに基づいて話してほしい」と語りました。

ソルフェジオ周波数は危険?寿命が縮まる?

人間に良い影響を与えるというソルフェジオ周波数ですが、実は「危険」「寿命が縮まる」といった情報まであります。

ソルフェジオ周波数の副作用は?好転反応は?

ColiN00B / Pixabay

世の中には様々な種類の薬が存在しますが、そのほとんどに副作用があると言われています。例えば風邪薬を飲んだあと、眠くなったりお腹を壊したり、といった体験はないでしょうか?

では、ソルフェジオ周波数はどうでしょう。癌細胞を死滅させるほどの力を持つソルフェジオ周波数ですが、現時点では副作用が出たという事例は起きていません。

ですが、場合によっては以下のような「好転反応」が起こる可能性は捨てきれないとされています。好転反応とは、治療の過程において一時的に起こるという身体反応のことを指します。

  • お腹を壊す、ゆるくなる(特に285hzと417hz)
  • 頭が痛くなる(特に852hzと963hz)
  • 喉が痛くなる(特に741hz)
  • 過去のトラウマを思い出す(特に396hz)
  • 身体がだるくなる

曲が合わない場合がある

ソルフェジオ周波数の副作用や好転反応についてはご説明しましたが、最も大切なことは「自分に合う曲を聴く」ということだといいます。

これまでに掲載した動画を視聴した人なら分かるでしょうが、ソルフェジオ周波数の中には全く似ていない曲調のものも多くあります。

つまり人によって合う曲、合わない曲があるということです。合わない曲を聴き続けてしまうと、心身に悪影響を及ぼす可能性もありますので、注意して曲を選びましょう。

危険な周波数440Hzとは?

3dman_eu / Pixabay

冒頭でご説明したソルフェジオ周波数の種類の中には含まれていない、「危険な周波数」「デビルトーン」と呼ばれる周波数が存在しています。それは440Hzです。

ソルフェジオ周波数を広めたレオナルド・ホロウィッツ博士は、「ション・レノンを殺した凶気の調律 A=440Hz」という書籍まで出版しています。

この本によると、440Hzは人を興奮させる効果があり、ヒステリーなどを起こしてしまう可能性があるといいます。

実は世の中でも使われている?

Didgeman / Pixabay

本当に危険な周波数なのかどうか、こちらも科学的な根拠はありません。「ただ単に不快な音っていうだけ」だと主張する人もいます。

ですがこの440Hzは世の中でも使われていて、例えば駅のホームで電車が発車する時の警告音や、携帯電話の地震警報アラームがこれに当たります。

ソルフェジオ周波数528Hzで寿命が縮まる?悪夢を見る?

congerdesign / Pixabay

「奇跡の周波数」や「ありがとうの周波数」と言われる528Hzの効果については冒頭でご説明しましたが、実はこの528Hzにも危険だとされている説があります。

この周波数には、脳を活性化させてDNAを修復するという効果があると言われています。つまり、脳内時間が早くなってしまうのです。このことから、寿命が縮まるのでは?と危惧されています。

さらに、528Hzを聴いたら悪夢を見た、という体験談もあるようです。ですがこれに関して、528Hz自体が影響を及ぼしたのでなく、脳が刺激を受けて深層心理にある不安が夢に表れたからだと言われています。

吐き気を催すことも?

Counselling / Pixabay

さらに、528Hzの周波数をを聴いたことにより吐き気を催したという話がアメーバブログに投稿されました。

「ぽんちゃんからの伝言」というブログですが、この方は528Hzの音を聴いて気持ち悪く感じ、長く聴いていられるものではない、と語っています。さらに、以下のように投稿されました。

私の知人の二十歳になる娘さんで、明らかに深層脳の使い手と解る素養をふんだんに醸し出す方がおられます。彼女のお母様が528Hzの音叉をお持ちで、あるとき何気に音叉を鳴らし、頭蓋骨の骨伝導で娘さんに聞かせました。すると娘さんは吐き気をもよおし、暫く具合が悪くなってしまいました。

(引用:ぽんちゃんの伝言)

NEXT:ソルフェジオ周波数の効果的な聞き方とは?
1/3