荒木由美子の現在!壮絶な介護生活や旦那は?息子が医者・癌の噂とは エンタメ

荒木由美子の現在!壮絶な介護生活や旦那は?息子が医者・癌の噂とは

アイドル歌手としてデビューし女優・タレントへと華麗なる転身を遂げた荒木由美子さんは現在何をしているのでしょうか。マルチタレントの湯原昌幸さんと結婚した後壮絶な介護生活を送ったという噂や子供が医者になった噂などその噂の真相についてまとめました。

目次

[表示]

荒木由美子の現在は?引退後、復帰していた!

荒木由美子さんとは1970年代後半から1980年代前半にかけて歌手、タレント、女優と多方面で人気を博し活躍していた方です。

芸能界の地位を築き仕事も順調で大活躍していた最中に結婚。これを機に芸能界を一時引退しますが、2004年に芸能活動を再開させました。

そんな荒木由美子さんのプロフィールや現在の活動などについてご紹介します。

現在の年齢は?荒木由美子のプロフィール

  • 氏名:荒木由美子(あらきゆみこ)
  • 生年月日:1960年01月25日
  • 出身地:佐賀県神埼郡神埼町
  • 血液型:B型
  • 出身校:堀越高等学校卒業
  • 所属事務所:株式会社ハブマーシー

現在の年齢は59歳、東京オリンピックが開催される2020年にちょうど還暦を迎えることになります。

2017年に新曲「私はブランコ」をリリース!37年ぶり!?

一時芸能界から引退していた荒木由美子さんですが、2004年に芸能活動を再開させてからはTV番組などに度々登場するなどしています。

元々歌手としてデビューした荒木由美子さんは、2007年に旦那さんである湯原昌幸さんとのデュエットで歌手活動を再開しました。

そして2017年12月にはソロとしては1980年のリリース曲「愛しかないのに」以来37年ぶりとなる新曲「私はブランコ」をリリースしました。

曲は「みんなのうた」にも起用された

mojzagrebinfo / Pixabay

「私はブランコ」は時代の移り変わりとともに成長し変化していく人々や、逆に時が流れても変わらないものをブランコの視点で描いている歌です。

この歌は2017年12月~2018年1月のNHK「みんなのうた」の新曲に選ばれ放映されています。

2018年には、小原孝と共にライブ&トークショーを開催

connie_sf / Pixabay

2018年1月には「私はブランコ」を作曲したクラシックピアニストの小原孝さんと共に、ソロとしての歌手活動を再開してから初めてのライブ&トークショーを恵比寿で開催。

これは荒木由美子さんのレコードデビュー40周年と新曲「私はブランコ」のお披露目が目的で開催されました。

その澄んだ声は以前と変わることなく、歌声も衰えることなく会場に響いていたそうです。

以降、ソロでの歌手活動を行っている

IADE-Michoko / Pixabay

本格的にソロでの歌手活動を再開した荒木由美子さんは、お披露目会以降もミニライブやディナーショーなどを開催。

テレビでその歌声を聞くことがないのは非常に残念ですが、精力的に歌手活動を行っているようです。

荒木由美子はテレビにも出演!「なないろ日和」

荒木由美子さんはテレビ東京の「なないろ日和」という主に家事や料理の裏技やエクササイズなどの生活情報や健康を取りあげる番組にも出演しています。

リポーターとして登場することが多い荒木由美子さんはこの番組にレギュラーとして出演しています。

「虎ノ門市場」にも出演予定

「虎ノ門市場」はテレビ東京で放送されているお取り寄せグルメの番組です。「なないろ日和」のコーナー扱いの番組で、正式な番組タイトルは「虎ノ門市場~幸せごはん漫遊記~」です。

荒木由美子さんは「虎ノ門市場」にも不定期で出演しています。2019年5月にも出演することが決まっているようです。

現在では、ラジオやコメンテーター・講演など幅広く活動

StockSnap / Pixabay

歌手活動やテレビ出演以外にもラジオの司会やコメンテーター、介護や福祉に関する講演会を催すなどその活動は多岐に渡ります。

特に講演会に関しては官庁や地域包括センター、社会福祉協議会など全国で幅広く活動を行っています。

現在の荒木由美子の画像は?

新曲「私はブランコ」の作詞を手掛けたもりちよこさんと、旦那さんである湯原昌幸さんと一緒に撮った写真がこちらになります。

写真の左側に笑顔で映るのが荒木由美子さんです。もうすぐ還暦とは思えないほどお美しいですよね。

荒木由美子は現在、結婚している?旦那・子供は?

Foundry / Pixabay

荒木由美子さんは過去に結婚を機に芸能界を一時引退し、その後2007年に芸能活動を再開し現在に至ります。

現在も結婚しているのでしょうか?旦那さんや子供はいるのでしょうか。荒木由美子さんの現在の家族関係について見ていきましょう。

荒木由美子の現在の夫は?湯原昌幸?

callumramsay / Pixabay

荒木由美子さんの現在の旦那さんは昔も今も変わらず湯原昌幸さんです。13歳も歳の差がある二人ですが結婚当初から夫婦仲はとても良かったそうです。

結婚から30年以上経過した今もその仲の良さは健在のようで、周囲にはおしどり夫婦として認知されています。

1983年に湯原昌幸と結婚して電撃引退

Pexels / Pixabay

荒木由美子さんは1983年に13歳年上で歌手やレポーター、俳優などをこなすマルチタレントの湯原昌幸さんと電撃結婚しました。

当時23歳だった荒木由美子さん。13歳も年上の湯原昌幸さんととの結婚は当時とても話題になりました。

そして人気絶頂で大活躍していたにもかかわらず、本人の意思できっぱりと芸能界の引退を決断しました(その後、一部CMなどの仕事は受けています)。

荒木由美子に現在、子供はいる?

geralt / Pixabay

荒木由美子さんには現在息子さんが一人います。湯原昌幸さんとの電撃結婚の翌年に出産されています。

お子さんはこの息子さん一人のみで他に子供はいらっしゃらないようです。一人息子ということで目一杯の愛情を注いだのではないでしょうか。

1984年に第一子となる息子が誕生

荒木由美子さんと湯原昌幸さんとの電撃結婚から1年ほど経過した1984年に第一子となる息子さんが誕生。息子さんも現在は30代半ばとなっています。

結婚、妊娠・出産と幸せの階段を順調に上っているように見えますが、実はこの頃には既に義母の介護が始まっていました。

妊娠中も含め、出産、育児の最中で介護もしていたのですから、息子さんの育児中は寝る暇もないような多忙な日々だったでしょう。

現在の生活の様子は?ブログやfacebookはしている?

fancycrave1 / Pixabay

義母の介護生活が終わりその後芸能活動を再開した荒木由美子さん。現在は旦那さんと息子さんと三人で生活しているようです。

今になってやっとご夫婦でゆっくりと過ごす時間がもてたり、息子さんと向き合う時間がとれるようになったそうです。

荒木由美子の息子は誰?医者の噂とは?

荒木由美子さんの息子さんは既に30代半ばとなっていますが現在は何をされているのでしょうか?

両親ともに芸能人であれば荒木由美子さんの息子さんも、最近よくテレビで観るような二世タレントとして活動しているのでしょうか。

息子は芸能活動をしている?それとも一般人?

Free-Photos / Pixabay

荒木由美子さんの息子さんは芸能活動などはされておらず一般人として生活しているようです。

親が芸能人だと芸能の世界に憧れや興味を抱きその道に進むことも考えそうですが、荒木由美子さんの息子さんは一般人としての生活を選択したようです。

2017年「バイキング」に出演!32歳の息子と住んでいる?

Free-Photos / Pixabay

荒木由美子さんは2017年6月にフジテレビの「バイキング」に出演されました。

出演当時32歳の息子さんと一緒に暮らしていると番組内で話しています。息子さんも32歳なら独立・自立していても何らおかしくない年齢です。

しかし母親である荒木由美子さんは「20代30代でも教えなければいけないことがまだある」と語っています。

坂上忍から「さっぱりわからない」とのコメント

荒木由美子さんのこの発言に番組司会者である坂上忍さんも驚いたようで「さっぱりわからない」とコメントしています。

この反応を受け「子離れできていないのかな」と少し反省したような発言をした荒木由美子さん。

一人息子が可愛いことや当時義母の介護に追われ息子さんとの時間をしっかり持てなかった分、今一緒にいる時間を大切にしているのかもしれません。

息子は医者と噂になっているがその様子はなさそう

Free-Photos / Pixabay

芸能活動はされていない息子さんですが、一部でその職業が医者だと噂されています。

実際は息子さんの職業について確かな情報は何もありません。芸能人の子供が本当に医者になっていたとすれば何かしら話題になっても良いはずです。

噂の出どころも不明ですが、荒木由美子さんが長期に渡る義母の介護をしていたことに焦点があたった事であらぬ憶測がものを言う事態になったのではないでしょうか。

荒木由美子は壮絶な介護生活を送っていた!

Counselling / Pixabay

湯原昌幸さんとの電撃結婚を発表し自身も芸能界から去った荒木由美子さん。一般人となり家庭に入った荒木さんにとって、旦那さんとの新婚生活は第二の人生のスタートでした。

しかしその幸せな時間はわずか二週間で突然に奪われてしまったのです。同居していた旦那さんの母「吉の」さんが倒れてしまいます。

これをきっかけに、その後荒木由美子さんは長い介護生活を余儀なくされました。

結婚してわずかで夫の母親が糖尿病に倒れる!

kalhh / Pixabay

湯原昌幸さんと結婚しこれからは旦那さんを側で支えようと家庭に入り新婚生活がスタートしたわずか二週間後、同居していた義母である吉のさんが突然倒れてしまいます。

診察の結果倒れた原因は「糖尿病」と判明。そしてそのまま2か月ほど入院することとなりました。

当時義母は66歳だったそうですが、糖尿病の他に高血圧、心臓肥大と合併症を起こしかねない疾患があり、それぞれの治療のため3ヶ月に1回のペースで入院していたそうです。

以降は厳しい介護生活に

eliola / Pixabay

糖尿病での入院以降、七大生活習慣病のうち3つを患っていた義母の介護(世話)をする生活が始まりました。

この頃は糖尿病の血糖コントロールが主だったため、義母が家にいる間は荒木由美子さんがカロリー計算をしながら食事を作り毎日3食一緒に食事をとっていたそうです。

とは言え、毎日カロリー計算をしながら料理をするのは結婚したての荒木由美子さんにはとても大変な労力だったことでしょう。

出産後、義母が今度は認知症を発症

geralt / Pixabay

義母の自宅介護をしている間に荒木由美子さんには妊娠します。妊婦になっても義母の糖尿病の食事療法や薬の管理、入退院の付き添い、そして家事をこなしました。

忙しさとストレスにより妊娠5ヶ月の頃に流産しそうになり3日ほど入院。更に妊娠9ヶ月に入ると切迫流産の危険性があるとして絶対安静となったそうです。

度重なる流産の危険を乗り越え結婚の翌年に無事に長男を出産します。その後は義母の介護の他に子供の育児も加わり、今まで以上に目まぐるしい日々を送りことになりました。

認知症の始まりは義母の不機嫌

Free-Photos / Pixabay

義母の介護や長男の育児と多忙な毎日でしたが、荒木由美子さんは義母から信頼され可愛がられていたようです。入院していない時には一緒に出掛ける仲の良さでした。

そんな義母がある日突然些細なことで怒るようになります。荒木さんの作った食事じゃなければ嫌だと言っていたのに作っても食べなくなるなど不機嫌になっていきます。

自分が嫌われてしまったのかと悩んだりもしましたが、そのうちに自宅からお金や物がなくなるようになりおかしいと思い始めたころに主治医から認知症の告知を受けたのです。

2003年、20年にも渡る介護生活が終わる

Neoloky / Pixabay

認知症の診断と前後し義母は金遣いが荒くなり男性に対しての態度が変化したそうです。荒木さんの長男を見て「由美ちゃんのところに若い男がきている」と言うこともあったようです。

幼稚園児だった息子さんも義母の異変を目の当たりにし次第に怯えるようになったそうです。そして認知症は日に日に悪化し家の中を徘徊したり妄想を口にするようになったと言います。

それでも荒木由美子さんは義母の手を握ると、もう嫌だと思う気持ちも憎しみも消え去り「私はまだ大丈夫」と思えたそうです。

自宅介護から施設介護への切替え

congerdesign / Pixabay

自宅での在宅介護で孤軍奮闘していた荒木由美子さんですが、7年間続いた介護生活によりいつの間にか自身の心身はむしばまれていました。

毛髪が大量に抜け胃痙攣を起こすようになります。手も震え、勝手に涙が溢れてくる。本人も気付かないうちに自律神経失調症を患っていました。

これを境に旦那さんである湯原昌幸さんは義母を施設に入れることを提案し、荒木由美子さんも在宅介護に固執することから解放されたのです。

急性白血病で急逝

Alexas_Fotos / Pixabay

施設介護になってからもほぼ毎日義母の元を訪れ身のまわりの世話を続けた荒木由美子さん。しかし2002年の年末に急性白血病の疑いがあると診断を受けます。

そして2003年の年明け早々に病状は悪化したそうですが、元旦から三が日が終わるまでの間義母はとても調子が良くボケもせずに家族で穏やかな時間を過ごせたそうです。

しかし翌日容体は急変。義母は衰弱し意識は混濁するのです。そして1月9日に義母は息を引き取ります。荒木由美子さんの20年に及ぶ介護生活もこうして終わりを迎えました。

NEXT:本「覚悟の介護」を出版して介護体験をつづっている
1/2