しばき隊って何?暴力団体?リンチ事件や男組についても! エンタメ

しばき隊って何?暴力団体?リンチ事件や男組についても!

しばき隊とは、在特会などをレイシストと定義して対抗するために、野間易通さんを中心に結成された団体です。しばき隊のメンバーやリンチ事件についても調べました。しばき隊と共に活動していた男組やその中心人物の高橋直輝こと添田充啓さんについてもまとめました。

目次

[表示]

しばき隊とは?

rawpixel / Pixabay

しばき隊とはどんな団体なのでしょうか。まとめてみました。

正式名は「レイシストをしばき隊」

しばき隊は、正しくは「レイシストをしばき隊」です。名前の通り、ネット右翼や在特会をレイシストと定義して、その妨害をすること、しばくこと、在特会を衰退させることを目的としています。

名前の由来は「レイシスト」と、「しばきたい」と「隊」からの造語です。レイシストをしばく行為を「カウンター」と呼び、右派系の団体にカウンターなどを行っています。

暴力には否定的

geralt / Pixabay

公式サイトでは、暴力行為には否定的な立場を示しています。ネット右翼系の団体の暴言や暴行などの行為を阻むための非暴力団体でした。

カタカナで「シバキ隊」と表記されることもありますが、正式には平仮名表記で「しばき隊」です。

レイシストとは?

RobinHiggins / Pixabay

レイシストとは、人種や国籍において差別的な思想を持つ差別主義者や排外主義者のことです。しばき隊はネット右翼や在特会などをレイシストと定義しています。

ネット右翼とは

kaboompics / Pixabay

広義では、ネット上で右翼的、保守的な言動を取る人たちの呼称です。ネトウヨと蔑称で使われることも多い言葉です。ネット右翼の中には、朝鮮人や韓国人に対して、嫌悪感や憎悪感情を表す人も少なくありません。

在特会とは、在日特権を許さない市民の会の略称です。在日韓国人・朝鮮人への入管特例法などを在日特権とし、その廃止を目的に設立されました。設立者・初代会長は桜井誠さんです。

野間易通さんが主催者となって発足

rawpixel / Pixabay

2010年頃、在特会などに対抗するデモに参加していた野間易通さんが中心となって発足しました。

団体の見解としては、2013年1月12日、野間易通さんが「在特狩り行きたいな」とツイートし、結成したとのことです。翌月9日、レイシストと糾弾する在特会に初めてのカウンターデモを行ったとしています。

在特会などの右派系団体をしばくために結成された

isabellaquintana / Pixabay

しばき隊は、在特会などの右派系の団体の妨害や、しばくために結成されました。「しばく」は暴力をふるうことという意味がありますが、しばき隊は右派系団体の過激な行動を阻むという目的を持つ非暴力団体でした。

在特会などがするデモに対して、中指を立てたり、プラカードを掲げたり、拡声器で「帰れ!」などとシュプレヒコールを行うなどのカウンターデモをしています。

デモをするなら許可が必要

Utility_Inc / Pixabay

デモを行う時は、警察署にデモ行進の時間や場所を届け出て、許可を得なければなりません。カウンターデモを行うなら、同じ時間に同じ場所で届けなければなりません。

しかし、警察は違う2団体に許可を出すことはしません。しばき隊がただの歩行者などと主張してするカウンターデモは、違法行為である可能性が高いです。

国会議員の有田芳生さんも参加

congerdesign / Pixabay

国会議員の有田芳生さんはしばき隊のデモによく参加していました。路上で寝転ぶなど、デモの妨害行為をして、警察が安全性を慮り、デモ中止要請をすることになったことがあります。

しばき隊が違法デモをしている可能性があるにも関わらず、警察が検挙できなかったのは、有田さんがカウンターデモに参加していることと関連があるとされています。

桜井誠さんが主張するしばき隊の資金源

Ashish_Choudhary / Pixabay

桜井誠さんは、しばき隊の資金源について、ある主張しています。在日本大韓民国団から、ある政治団体に寄付された資金が不動産会社を介して渡されたものだと主張しています。

2013年10月以降は「対レイシスト行動集団(C.R.A.C)」名義で活動中

Free-Photos / Pixabay

しばき隊は2014年9月30日に解散しました。翌月1日に、後継団体の「対レイシスト行動集団(C.R.A.C)」を結成しました。

「C.R.A.C」は「Counter-Racist Action Collective」の略です。反韓デモの「カウンター」などの活動をしていた団体や人々が一体となった団体であるようです。

しばき隊の正体は?差別主義者?暴力も?

しばき隊の正体や、しばき隊が起こした暴力沙汰についてまとめました。

しばき隊は差別主義者?

kalhh / Pixabay

しばき隊は、非暴力団体でした。しかし、自分たちがレイシストと思った者を弾圧するためなら、暴言や実力行使も正しいという過激な集団になっています。

差別的な罵声を浴びせる

NunoSantos_21 / Pixabay

しばき隊が沿道で、「国帰れ、田舎者が」などと出自で人を差別するような内容の罵声を浴びせていたという証言があります。日章旗にバツ印を付け掲げていたと報告されるなど、差別主義者と思われる行動をしています。

レイシストではないのかという質問に

geralt / Pixabay

しばき隊は、「政治主張を暴力で強制的に排除するあなたたちはレイシストでは?」という質問をされました。しばき隊は、このように答えています。

「レイシストとは人種・民族差別主義者であり、日本人が日本人を非難するのはレイシストではない」(@kino_toshiki)

(引用:ニコニコ大百科)

しばき隊の中心人物、野間易通の発言は?

しばき隊は、Twitterなどでよく批判されています。野間易通さんは、それらのツイートにリプライしており、抜粋すると、「アニメアイコンきっしょ」「ネット右翼は童貞」などと返答をしていました。

Twitterで野間易通さんがしばき隊について、「北朝鮮人民解放軍の便衣兵」ということを述べています。

しばき隊は非暴力を掲げている?

geralt / Pixabay

公式サイトでは、しばき隊という名前ではあるものの、しばきたいだけで、あくまで非暴力と暴力行為に否定的な立場を取っています。右翼系の暴言、暴行などの過激な行為を阻むための団体でした。

これまでにいくつも起こしている暴力沙汰

Free-Photos / Pixabay

しばき隊は、2013年2月23日、在特会の桜井誠さんをしばきました。翌月17日、在特会のデモに行こうとしていた参加者を襲いました。軽い怪我を負わせ、警察が被害届を受理しました。

さらにデモが終わった後1人になった参加者を襲い、強制的にお説教として長時間の拘束をしたと認めています。逮捕者は出ていませんが、一般人の自由を不当に長い時間奪っており監禁罪に抵触すると考えられます。

罵声を浴びせるなどの活動

geralt / Pixabay

反韓デモに罵声を浴びせたり、プラカードを持って歩道に並んだりなどの活動をしています。しばき隊は個人が勝手にしていると言っていますが、拡声器を使ったり、首謀者がお揃いの風船などを配布したと認めています。

逮捕者が出た

3839153 / Pixabay

6月16日、新大久保デモで警察関係者に暴力を振るい、久保憲司さんが逮捕されました。他にも逮捕者が出る騒ぎになりました。デモ側も逮捕者が出ました。

デモ側の逮捕者の個人情報を暴露

qimono / Pixabay

しばき隊の複数のメンバーがデモ側の逮捕者の個人情報を断りなく暴露しました。報道のソースがないのに、私人が個人の情報を暴露するのは名誉棄損に当たると考えられます。

8月24日のデモで騙し討ち

pixel2013 / Pixabay

原発再稼働のデモに向かう参加者を途中の駅で20名がかりで襲いました。この日は、野間易通さんなどが「カウンター活動はしない」と宣言していたため、結果として騙し討ちになりました。

9月8日のデモで物を投げつける

geralt / Pixabay

9月8日、2ヶ月ぶりの新大久保のデモで、再び妨害行為を行いました。デモ隊に、水入りのペットボトルや生卵を投げつけるなど暴力行為をしました。車道を無断占拠し、首都圏の交通を一時混乱させました。

脅迫行為や条例違反も?

Momonator / Pixabay

しばき隊のデモに対する活動は、警察側もデモにて「歩道上に抗議団体あり」と認定しており、無許可で集会・集団示威行動をするのは、公安条例違反となる可能性もあります。

機動隊に排除される

markinhos_07 / Pixabay

3月31日のデモに対し、デモ解散場所の近くの一般道路を許可なく埋め尽くして、拡声器や太鼓などを使った抗議活動をしました。現場の機動隊に排除されました。

6月30日、大久保において奴らを通すなと称し、デモ通行の阻止を狙って妨害行為を展開しました。機動隊に排除されますが、機動隊員が拳銃を所持して任務を遂行するという異常事態になりました。

事前に脅迫が確認された

Photographer2575 / Pixabay

6月30日の件の前に、レイシストは皆殺しにするなどという過激な内容の脅迫が複数あったことが確認されました。

さらにデモ隊に火炎瓶を投げつけると予告したり、椎名林檎さんのライブで日章旗と旭日旗がグッズで販売された際には、「物販を襲撃しろ」などと犯罪教唆を行ったりなどしています。

また、正当でない方法で入手した個人情報を晒し、レイシストは社会的制裁を受けるべきなどと過激な脅迫を日頃から行っています。

しばき隊が日本人を脅迫するyoutube動画!

しばき隊が日本人のデモ隊を脅迫する様子が収められた動画が、YouTubeに投稿されていました。2013年に起きた出来事の動画のようです。

しばき隊の主要メンバーは誰?

しばき隊の主要メンバーにはどんな人がいるのでしょうか。調べてまとめてみました。

しばき隊の中心的存在「野間易通(のまやすみち)」

野間易通さんの動画がありました。野間易通さんは、しばき隊の代表です。2011年4月から、「ツイッター・デモ」の実行組織のスタッフになっています。2013年1月にしばき隊を結成しました。

野間さんはカウンター活動を在日を守るためでなく、社会の公正さを守るために闘うという理念があるとしており、逮捕者が出たことは活動の失敗としています。カウンターで反対意見があることが伝わると言っています。

安倍首相の演説に「辞めろ」コール

2017年7月1日に安倍首相が秋葉原で街頭演説をしている中、しばき隊が作った横断幕を掲げ、「辞めろ」とコールしました。野間さんは、Twitterで「安倍死ね」などという罵倒をツイートしていました。

そして野間易通さんのTwitterアカウントが凍結されました。産経新聞によると、政治活動家・我那覇真子さんに対する暴言がTwitter社に通報されたため、アカウントが凍結した可能性があるそうです。

個人情報を暴露して訴えられる

ehrendreich / Pixabay

ブログ「凪論」の筆者に、野間さんが個人情報を書き込み、野間さんの支持者が筆者の職場に行くなどの行為があり、追い込まれてブログは閉鎖しました。

筆者は野間さんを訴えました。静岡地裁は相手に損害を与えたとして野間さんに20万円の損害賠償を命じました。高裁でも地裁の判断が支持され、控訴が棄却されました。

「民団新聞」による評価

ChristopherPluta / Pixabay

「民団新聞」とは、在日本大韓民国民団の機関紙です。それによると、野間さんを「元祖しばき隊」、体を張って抗議を続けているというような評価をしています。

NEXT:最初期メンバーで男組の弁護士を務めた「神原元(かんばらはじめ)」
1/3