トム・プライス(F1レーサー)の死因は不幸な事故だった?原因は?

1970年代にF1レーサーとして当時ベストドライバーだったトム・プライスさんですがレース中に事故で死亡されたのですがこの事故にはある疑問点が残りました。本記事ではトム・プライスさんの事故、死因は不幸な事故だったのか、またその原因についてまとめました。

トム・プライスとは?どんな人物?

qimono / Pixabay

トム・プライスさんは一体どんな方でF1レーサーとしてどのような活躍をされていたのでしょうか。ここではそれらについてまとめました。

F1で活躍した若きレーサー

  • 本名:トーマス・モルドウィン・プライス
  • 国籍:イギリス
  • 出身地:ウェールズ・クルイド州(現在のレクサム州)ロセット
  • 生年月日:1949年6月11日
  • 没年月日:1977年3月5日(27歳没)

10歳の時にパン運送用のバンに乗った事をきっかけに車に興味を持ち、両親もトム・プライスさんをレーサーにしようとされていました。

16歳の時学校を中退し、メカニックとして働きながらF3やF2に出場し、トム・プライスさんは優れた才能とマシンコントロールを学び、1974年にはベルギーグランプリでF1デビューを果たしました。

イギリス期待のドライバーだった

Free-Photos / Pixabay

F1レーサーとしてデビューしたトムプライスさんは雨と雪に見舞われた母国であるイギリスのレースで強豪を抑え見事優勝され、F1で史上初ウェールズ出身のドライバーで優勝を飾り今もその記録は保たれています。

その後も活躍を見せたトム・プライスさんは気取らない穏やかでフレンドリーな性格で容姿もハンサムでF1レーサーとしても文句ない活動を見せ人気は急上昇しイギリスでは「期待の星」と呼ばれていました。

トム・プライスのレース映像は?

Free-Photos / Pixabay

トム・プライスさんのレース映像は現段階では発見できませんでした。

しかしトム・プライスさんのF1としてのセンスはあのジャッキー・スチュワートでさえ「天賦の才能を持っている」と大絶賛をされていました。

このことからトム・プライスさんがどれだけF1において天才で、どれだけ指示を得ていたかが伺えます。

トム・プライスの死因は、不幸な事故だった?

NettoFigueiredo / Pixabay

そんな大活躍をみせていたトム・プライスさんはF1レース中に事故にになり亡くなられますが、ただ「不幸な事故」によって亡くなられたのでしょうか。ここではトムプライスさんの死因・事故についてまとめまいした。

NEXT 事故の経緯は?